鬼滅の刃の感想

鬼滅の刃の感想

鬼滅の刃第24話「機能回復訓練」の感想 「しのぶさんはいつも怒ってる匂いがする」

今回は日常回と見せかけて後半重い話が。しのぶさんの過去って結構きついですわ。
鬼滅の刃の感想

鬼滅の刃 23話「柱合会議」の感想 「炭治郎も禰豆子もこれまで通り」

今回は前半が禰豆子が風柱の試練(血をさし出す)に打ち勝つかどうかの話。後半は炭治郎が善逸や伊之助と再会するお話ですが伊之助どうした?
2019.09.15
鬼滅の刃の感想

鬼滅の刃 22話「お館さま」の感想 「柱たちが変人過ぎて富岡義勇がまだまともに見える」

今回は柱たちによる会議がメイン。柱って強い代わりにわがままで粗暴な奴が多い感じ。特に風柱。まあ、後で柱爆上げのエピソードとか入ってくるのでしょうけど、現時点では印象最悪ですわ。
2019.09.08
鬼滅の刃の感想

鬼滅の刃 21話「隊律違反」の感想 「禰豆子が鬼殺隊の討伐対象?」

今回は塁の回想の後、禰豆子を巡る鬼殺隊の隊士同士の意見の相違が明らかに。義勇さんと鱗滝さんは手回ししてなかったのかよ。
2019.09.01
鬼滅の刃の感想

鬼滅の刃 20話「寄せ集めの家族」の感想 「5人?いいえ80人でしょ?しのぶさんは全部お見通し」

今回は義勇VS塁と姉蜘蛛の回想がメイン。塁って死んでなかったのかよ。
2019.08.25
鬼滅の刃の感想

鬼滅の刃 19話「ヒノカミ」の感想 「神回という言葉がこんなに相応しい回は他に無い」

今回は神回です。後半の塁と炭治郎の戦闘シーンはテレビアニメの歴史に残るくらいのクオリティで描かれています。もうここまでのクオリティのテレビアニメは出てこないかも。
2019.08.18
鬼滅の刃の感想

鬼滅の刃 18話「偽物の絆」の感想 「義勇さん強すぎ」

今回は父蜘蛛と伊之助の戦いがメイン。伊之助の逆襲で伊之助優位に傾きますが、父蜘蛛が脱皮すると再度形勢が逆転し、伊之助大ピンチ。そこの現れたのは富岡義勇。義勇さん強さがハンパないです。
2019.08.11
鬼滅の刃の感想

鬼滅の刃 17話感想 「善逸の霹靂一閃六連が炸裂!」

今回は善逸のメイン回。兄蜘蛛との死闘を演じながら善逸の過去がちょっとだけ明らかになります。
2019.08.04
鬼滅の刃の感想

鬼滅の刃 16話「自分ではない誰かを前へ」の感想 「塁の母撃破でようやく1体終了」

今回は蜘蛛の糸で鬼殺隊の隊士や首なし鬼を操る塁の母との戦いがメイン。これで那田蜘蛛山の鬼の中で一番ヒエラルキーが下って嘘だろ?
2019.07.28
鬼滅の刃の感想

鬼滅の刃 15話「那田蜘蛛山」の感想 「伊之助は猪突猛進だけではなかった」

今回から戦いの舞台が那田蜘蛛山へ。十二鬼月の鬼かもしれない鬼たちとの戦いが始まります。
2019.07.21
鬼滅の刃の感想

鬼滅の刃 14話「藤の花の家紋の家」感想 「三人とも重傷だった」

シリアスな話が続きましたが、今回は中休み回という感じ。前回までと同じアニメかと思うくらいギャグ寄りでした。偶にはこんな回も良いかも。
2019.07.14
鬼滅の刃の感想

鬼滅の刃 13話「命より大事なもの」感想 「善逸は良い奴、伊之助は悪い奴?」

今回で響凱(鼓の鬼)退治が終了。ところがその後新たな問題が。そしてそこで善逸の評価が一変します。善逸本当に良い奴です。
2019.07.07
鬼滅の刃の感想

鬼滅の刃 12話「猪は牙を剥き 善逸は眠る」感想 「炭治郎のやる気が復活した理由」

今回は炭治郎、善逸、伊之助がバラバラとなってそれぞれ鬼と対峙します。しかし炭治郎は手毬鬼との戦いの傷が完治しておらず、やる気減退。そんな炭治郎が自分を奮い立たせるために使った方法とは?
2019.06.30
鬼滅の刃の感想

鬼滅の刃 11話「鼓の屋敷」感想 「善逸ウザい」

善逸と合流し一緒に屋敷内に突入する炭治郎。しかしその屋敷はまさにからくり屋敷のごとく部屋が変わる。そして鼓の鬼と対峙する炭治郎ですが、そこに猪頭の剣士が乱入してきます。一体彼の正体は?
2019.06.23
鬼滅の刃の感想

鬼滅の刃 10話「ずっと一緒にいる」感想 「呪い発動で手毬鬼が…」

今回は矢印鬼や手毬鬼との戦いが決着します。手毬鬼に関しては意外な終わり方でした。また炭治郎は善逸と再会することに。
2019.06.16