無職転生(第1クール) 第1話~第11話の感想 「ルディ一行の旅は続く」

スポンサーリンク
この記事は約66分で読めます。

 

無職転生第1クール1話から11話までの感想記事です。

感想記事という性質上、ストーリーに触れる部分が多々ありますので、まだアニメを視聴されてない方はご注意ください。

 

なろう史上屈指の名作と言われた無職転生のアニメ化。

なろう原作はアニメ失敗作も多々ありますが、本作は間違いなく成功の部類。

良いプロデューサー、良い監督、良いスタジオに恵まれました。

まあ、スタジオは本作のために設立されたのですけどね。

 

異世界転生した主人公の半生を描くことになる本作。

出会いと別れを繰り返しながら成長していく主人公ルディを見守るはホント面白いです。

 

 

死にがえりとかがないので、後味の悪いルートもありますが、それが物語の緊張感と深みをましているかと。

もちろんギャグ要素というか楽しい要素の部分もあるし、そこら辺も良い塩梅に調整されて上手いです。

 

この手の作品の中では間違いなく上位の作品だと思います。

 

 

  1. 無職転生(第1クール) 第1話の感想 「転生した世界で本気を出す?」
    1. 引きこもりニートが高校生を救おうとして死亡?
    2. 転生先は家族愛あふれる異世界
    3. 魔法の才能があることを親が知ったらロリッ子の魔法の先生がやってきた
    4. 無職転生第1話を視聴し終わって
  2. 無職転生 第2話の感想 「トラウマ克服!そして師匠との別れ」
    1. 転生の忌まわしき記憶とロキシーの見てはいけない姿を見てしまった話
    2. トラウマ克服で卒業試験も楽勝?
    3. ロキシーとの別れ!そして感動を台無しにする御神体の存在
    4. 無職転生第2話を視聴し終わって
  3. 無職転生 第3話の感想 「親友シルフィとの出会い」
    1. 緑色の髪の毛の子を助ける
    2. パウロのお説教にも屈しない
    3. シルフィは女の子だった
    4. パウロの助言と関係なくシルフィと仲直り
    5. 無職転生第3話を視聴し終わって
  4. 無職転生 第4話の感想 「ルディが次の舞台へ」
    1. ゼニスが妊娠!そしてリーリャも妊娠
    2. ルディの機転がリーリャを助ける
    3. 妹2人誕生!そしてルディは先のことを考える
    4. ルディの旅立ち!
    5. 無職転生第4話を視聴し終わって
  5. 無職転生 第5話の感想 「ルディの仕事はお嬢様の家庭教師」
    1. ルディは親戚の家で家庭教師の出稼ぎすることに
    2. パウロは良いところのお坊ちゃんだった?
    3. エリスは暴力お嬢様
    4. 狂言誘拐でエリスを大人しくさせるつもりだったに
    5. 目の前で人の死を見てルディが恐怖する
    6. 無職転生第5話を視聴し終わって
  6. 無職転生 第6話の感想「エリスやギレーヌと過ごす研鑽の日々」
    1. エリスの性格は祖父のせい?
    2. 前世の性格が災い(?)をルディにもたらす
    3. 休日をショッピングと市場調査で過ごす
    4. エリスやギレーヌからのプレゼントは?
    5. 無職転生第6話を視聴し終わって
  7. 無職転生 第7話の感想 「エリスの努力は実を結んだ?」
    1. エドナがルディに相談したことは?
    2. 獣人好きという点でルディとフィリップは意気投合
    3. ルディも嫌々ながらダンスの練習に参加
    4. ロキシーの手紙とルディ作のフィギュアの行方
    5. 何の努力が実を結んだ?
    6. ルディがエリスとギレーヌに魔術の杖を授与する
    7. 空に浮かぶ赤い球体は何?
    8. 無職転生第7話を視聴し終わって
  8. 無職転生 第8話の感想 「光がすべてを飲み込んだ」
    1. 誕生日パーティ―の準備とパウロの実家の話
    2. ルディの誕生日パーティ―開催
    3. ボレアス・グレイラット家とフィリップの野望?
    4. ルディとエリスの5年後の約束
    5. 異変を感知した人々
    6. 光がルディ達を飲み込んだ
    7. 無職転生 第8話を視聴し終わって
  9. 無職転生 第9話の感想 「転移先は魔大陸だった」
    1. 胡散臭い「ヒトガミ」との遭遇!そしてヒトガミの助言とは?
    2. 転移先は魔大陸!そしてスペルド族の男「ルイジェルド」と出会う
    3. ミグルド族の村で出会ったのはロキシーのお父さんだった
    4. ルイジェルドの悲願とは?
    5. 挨拶はみんなを笑顔にする
    6. 無職転生 第9話を視聴し終わって
  10. 無職転生 第10話の感想 「価値観の違いが露呈」
    1. エリス無双でルディたちの出番無し
    2. リカリス潜入作戦
    3. 人生初の冒険者ギルドへ
    4. エリスさまがナンパ師を撃退
    5. 夢(?)の中でヒトガミと再会
    6. 猫探しの仕事でルディとルイジェルドの考え方の違いが露呈
    7. 無職転生 第10話を視聴し終わって
  11. 無職転生 11話(第1クール最終話)の感想「目的はアスラ王国への帰還」
    1. ロキシーがフィットア領にたどり着く
    2. トクラブ村愚連隊のピンチを利用する?
    3. 後味の悪さだけが残った
    4. ウマ男の脅迫でルイジェルドが正体を明かす
    5. ルディとルイジェルドとエリスが心を一つに
    6. 無職転生 第11話を視聴し終わって

無職転生(第1クール) 第1話の感想 「転生した世界で本気を出す?」

無職転生第1話の内容をまとめると以下のようになります。

 

  • 家を追い出されたニートが高校生を救おうとして死亡
  • 異世界に転生してルーデウス(ルディ)と名付けられる
  • 転生前の記憶はばっちり残っている
  • 魔法の先生としてロキシーと対面
  • ロキシーの歓迎会でこの世界で本気で生きていくことを決意する

 

第1話を見た感想は「丁寧に金掛けて作られている」。

なろう小説のアニメ化は多いですが、ここまで作画のクオリティが高い作品ってほぼありません。

どんだけ金掛けているんだよと言いたいです。

 

正直1話のストーリーはそこまで面白いものではありません(今度どんどん面白くなってきますが)。

でも作画や音楽や声優さんの演技が良いからストーリーに引きつけられてなくても、十分1話の最後まで見ることができるのです。

 

この作品本当に恵まれています。

もちろんそれはこの作品の素晴らしい内容だから。

個人的は魔法大学のお話をこのクオリティで見たいですねぇ。

まだまだ先ですけど。

 

 

引きこもりニートが高校生を救おうとして死亡?

引きこもりニートが高校生3人を救おうとして重傷を負う。

そして病院に搬送されるが。

 

無職転生第1話より引用

 

異世界転生もののお約束交通事故。

もちろん本作でもありますよ。

今では結構使い古された転生方法かもしれませんが、本作がなろうで公開された時はまだまだ目新しかったかも。

 

まあ、この辺は序章というかそこまで重要ではないので飛ばしてもいいかもしれませんけど、一応伏線というか今後の展開に影響を与えることもちょっとだけあるのですよね。

 

交通事故に会ったのは高校生3人。

そのうち男女1人ずつが行方不明なのです。

遭難事故でもないのに行方不明。

一体どこに行ったのでしょうかねえ。

 

 

 

転生先は家族愛あふれる異世界

 

赤ちゃんに転生してた前世でニートだった男。

前世の記憶を持ったまま成長していくが、ここは前世とは違う魔法がある世界だった。

ルーでウスと名付けられた元ニートは家族の愛に包まれながら成長していく。

 

無職転生第1話より引用

 

前世の記憶を持ったまま異世界に転生して赤ちゃんに。

この時点である意味チートですよね。

赤ちゃんなのにいろんな知識を持っているのですから。

 

他の作品ならば前世の知識を生かして成り上がっていくのですが、本作の場合はそこまで前世の記憶を使うということはありません。

強いていうなら、前世の失敗を戒めとするぐらい

 

前世で引きこもりニートになって失敗したから、この異世界では同じ轍を踏まないという強い決意があるからこそ、今後のストーリーでもルディは諦めないのです。

 

ただ前世の記憶はメリットだけではありませんでした。

デメリットとしては成人男性だったため、性癖もそのまま引き継いだこと。

 

赤ちゃんが母親の使用済みのパンツ被って喜ぶって…。

さすがに春日部の幼稚園児でもそこまではしないぞ。

 

 

魔法の才能があることを親が知ったらロリッ子の魔法の先生がやってきた

成長したルディは水魔法を自力で習得し、そのことを両親に知られてしまう。

そしてルディの魔法の才能をさらに伸ばすべく魔法の先生がルディの家にやってきた。

 

無職転生第1話より引用

 

転生した先は魔法が使える世界。

当然魔法を使ってみたいと思うのは当然です。

 

ただ最初は上手くいきません。

そりゃあ本を読んでトライ&エラーを繰り返しながらやってますからね。

案外前世でも凝り性だったのかもしれません。

 

ルートを踏み外さなければ前世でも普通の人生を送れていたかも。

その辺の話は描かえるのですかねぇ。

 

それはともかく、魔法の練習を重ねた結果、しくじって家を壊してしまい、魔法を使えることが両親の知るところに。

 

その結果、主に母親の主導で魔法の先生がルディの家にやってきます。

 

魔法の先生の名前はロキシー。

はい、メインヒロインの1人とルディの出会い発生です。

最初からロキシーのことを気に入ったルディ。

すでにこの時フラグは立っていたのです。

 

まあ、普通の男の子だったらこんな可愛い先生と出会ってしまったら普通に好きになりますよ。

 

ただルディとロキシーの恋の話はかなり後になりますからねえ。

そこまでアニメ化してくれればいいのですが。

 

ロキシーとの仲よりも他の二人のメインヒロインの話が先に来るので、案外ロキシーのことを忘れる視聴者多いかも。

 

 

無職転生第1話を視聴し終わって

よく出来た1話だったと思います。

ストーリー的には見せ場なくても作画その他で十分引き付けることができたと思いますわ。

 

まあ、ストーリーはジワジワ面白くなっていくので、しばらくは他の要素で満足していくしかないかも。

 

1話からいろいろフラグや伏線が立ってました。

アニメでどこまで回収されるかその点でも楽しみですわ。

 

 

無職転生 第2話の感想 「トラウマ克服!そして師匠との別れ」

第2話の内容をまとめると以下のようになります。

 

  • ルディが忌まわしき転生前のことを夢で見る
  • 誕生日のパーティ―で卒業試験の通告
  • ロキシーのおかげでルディはトラウマ克服
  • 卒業試験突破
  • ロキシーが旅立つ
  • 御神体がリーリャに見つかる

 

今回の話のメインはトラウマ克服。

 

転生前はずっとニートで、さらに外に出たがために死んでしまったという記憶はそのまま転生後のトラウマになってしまっております。

簡単には克服できないと思ったトラウマ。

でも師匠であるロキシーのおかげで簡単に克服しちゃった。

 

呆気ないものですねえ。

トラウマレベルは結構高いような感じでしたが。

やっぱり美少女の力は凄いということでしょうか。

 

これでトラウマも消えてルディは無敵…とは言いませんが、今後の展開が開けることに。

 

今回はいろいろ伏線もありましたからねえ。

転生前に助けようとしたJkとか、スペルド族とか、魔法大学とか、そして御神体とか。

 

せっかくロキシーとの別れが良かったのに、最後のオチで台無しだよ(褒め言葉)。

 

ちなみに先の話のネタバレですが、ルディの御神体を収拾する性癖は治りませんから。

 

 

 

転生の忌まわしき記憶とロキシーの見てはいけない姿を見てしまった話

 

転生前の記憶を夢として見てしまうルディ。

目が覚めると両親のあの声が。

両親を揶揄うつもりで両親の部屋に向かったルディが見たのは…。

 

無職転生第2話より引用

 

 

第1話の冒頭でも描かれた転生前の話。

それが第2話冒頭でも描かれております。

 

まあね、親の葬式にも出ず部屋であれをやっているニート。

そりゃあ親戚一同見放しますよ。

 

ただ生きる術を持たない奴を着の身着のまま追い出すのはいかがなものですかねえ。

それこそ死ねと言っているのと同じですから。

 

転生前の家族と転生後のルディの家族。

良い具合に対比できてますねえ。

 

たぶん周りの人々によって人は変わるというのを暗示しているのでしょう。

もちろんそれだけでなく本人の決意も必要ですけど。

 

そしてまさか映像化するとは思ってなかったロキシーの痴態。

ギリギリの描き方だと思いますけど、返ってそそりますわ。

ここは監督と演出さんグッジョブと言いたいです。

 

 

 

トラウマ克服で卒業試験も楽勝?

月日は流れルディの誕生日。

そこでルディはロキシーから卒業試験を通告させる。

卒業試験を受けるために家の敷地から出ることになったルディ。

 

しかしルディにはトラウマが…。

 

無職転生第2話より引用

 

魔法の才能にあふれるルディですが、一つだけ克服できないものがありました。

それが外出。

正確に言えば家の敷地から外に出ることができないのです

その原因は転生前の虐め。

それがトラウマとなってルディを縛っている状態。

 

原因が原因なので克服するのは大変。

少なくとも転生前のニートの両親は克服させるのに失敗してますからねえ。

 

でもトラウマを克服して家の敷地の外に出なければ卒業試験を受けることができません。

さらに加えると卒業試験を合格すると待っているのはロキシーとの別れ。

それをルディは認識しているので余計に家の敷地の外に出たくないのです。

 

しかしトラウマは呆気なく解消されました。

師匠であるロキシーのおかげで。

 

これでルディの世界は広がりました。

仮にこれを克服できなければこの後の展開はありませんでしたからね。

幼馴染に出会うことなく、某お嬢様とも出会うことはなかったでしょう。

 

ロキシーのおかげでルディはその後の人生を手にするチャンスを得ました。

本当にルディは良い師匠を持ちましたわ。

 

 

ロキシーとの別れ!そして感動を台無しにする御神体の存在

卒業試験に合格したルディ。

そして訪れたロキシーとの別れ。

 

ルディの両親に慰留される中、ロキシーはルディにあるものを渡す。

 

無職転生第2話より引用

 

卒業試験の合格。

それはロキシーがルディに教えることがなくなったことを意味します。

そして訪れるロキシーの別れ。

 

ルディの転生前の世界とは異なり、一回別れれば再会できるとは限らない世界ですからね。

 

本当に感動的な別れ。

これで終われば良かったのに、まさかオチまで用意されているとは。

 

無職転生第2話より引用

 

 

外に出ることができないというトラウマは克服できたけど、エロ好きのニートの記憶はそのままだったようです。

さすがに引くわ。

パンツを御神体にするなんて。

 

でもこのシーンも実は伏線。

メイドのリーリャがこの御神体のことを黙っていたことがリーリャを助けることになるとは。

 

たぶん次回か次々回ぐらいに描かれるかと。

 

 

無職転生第2話を視聴し終わって

ロキシーとの別れは寂しいですけど、すぐに次の新キャラ出てきますからね。

 

仮にロキシーそのままで新キャラ出てきたら、いきなり修羅場突入というシナリオも存在したかも。

まあ、ルディは鈍感主人公ではないので、巧みに修羅場を回避したと思いますけど。

 

今回は前述したようにたくさん伏線が出てきました。

さすがに今期全部の回収は無理でしょうけど、全部回収されるまではアニメ化して欲しいですわ。

 

次回も楽しみです。

 

 

無職転生 第3話の感想 「親友シルフィとの出会い」

第3話の内容をまとめると以下のようになります。

 

  • 虐められていたシルフィを助けて友達になる
  • シルフィが女の子だと判明
  • パウロが女の子と仲良くなる方法を指南
  • シルフィと仲直りする

 

別れの後には出会いがある。

という訳で前回ロキシーとお別れしたルディですが、今回新しい出会いがありました。

出会ったのはシルフィという子。

 

ショタ大好きなお姉さんもお兄さんどっちも満足できそうなシルフィさんですが、実は女の子だったというオチ。

 

ともかく幼馴染をゲットしたルディ。

まあ、幼馴染って大抵結ばれないものなんですけど、例外ってありますからねえ(意味深)

 

 

あと今回父親であるパウロが父親らしいことをすることに。

ませガキのルディ相手に父親としてどう接すればいいか悩んでいそうなパウロですが、自分の得意分野で父親としての役割を演じればいいんじゃね?と思います。

 

そういえば今回モテること再び強調されたパウロですが、これは次回のフラグみたいなものです。

次回はパウロが原因で家族崩壊の危機が訪れるので。

ちなみにいじめっ子の母親とは何にもありませんよ。

 

 

緑色の髪の毛の子を助ける

散歩中、虐めを目撃したルディ。

魔法でいじめっ子を撃退し、虐められてた子を助けたのだが。

 

無職転生第3話より引用

 

ロキシーのおかげで家の敷地外に出ることができるようになったルディ。

家の中では体験できない新世界が広がっており、ルディはそれを体感します。

この作品、ホント風景の作画も綺麗ですねえ。

たぶんルディが体験していることを視聴者にもわかってもらうためもあってこれだけ綺麗な風景を描いているのでしょう。

この部分だけでも本作を視聴する価値があると思います。

 

さて虐められた子を助けたルディ。

自分も前世で虐められたので見て見ぬ振りができなかったのかもしれません。

 

まあ、ここで助けたことでルディはかけがいのないものを手に入れるのですからね。

 

助けた子の名前はシルフィ。

今後このシルフィとはずっと縁が続くことになります。

 

正直原作を読んでいる頃はこの子がメインヒロインになるなんて全く予想できませんでしたけどね。

だって幼馴染って後から来たヒロインにその席を奪われるのがお約束だったので。

 

 

 

パウロのお説教にも屈しない

帰宅したルディを叱るパウロ。

パウロはいじめっ子の母親の話を鵜呑みにしてルディが理由なくいじめっ子を殴ったのだと誤解していたのだ。

これに対してルディは。

 

無職転生第3話より引用

 

いじめっ子の母親の話を聞いて全部ルディが悪いと判断したパウロ。

まあ、私が同じ立場でもルディが悪いと思うでしょうねぇ。

だっていじめっ子は殴られた跡があったのですから、少なくとも誰かに殴られたのは確実。

ルディは強いということをパウロも知ってますから、ルディがやってたと思っても仕方ありません。

 

もちろんこの時点で誰が殴ったのは不明なので、ルディの話を聞くまでは謝らないという選択肢もありました。

ただここで突っぱねて本当にルディが殴っていたのなら、後から謝るのは相手も硬化している可能性が大ですからねえ。

一応ここは謝っておくのが大人として普通の考えだと思いますわ。

 

ただパウロはルディがやったと先入観を持ってルディと対峙したのは悪手でしたねえ。

ルディの話を聞いてから判断すべきなのに。

 

まあ、ルディに父親としての威厳を知らしめる良い機会だと思ってた可能性もありますが。

 

 

シルフィは女の子だった

シルフィに魔法を教えるようななったルディ。

ある日びしょ濡れになった二人は一緒にお風呂に入ろうとするが。

 

無職転生第3話より引用

 

シルフィを男の子だと誤解し、あわよくば美男子シルフィによってくる女の子のおこぼれを貰えれば幸いと思ってたルディ。

 

まさかシルフィが女の子だったとは想定外だったことでしょう。

 

子供だとはいえ、女の子であるシルフィの下着を剥ぎ取ったルディはまさかに鬼畜。

そりゃあ、あの世界でも一発アウトでしょうよ。

 

しかし、ルディのマッパをそのまま描くとは思っていませんでしたわ。

大事なところは桶とかで隠すと思ってたのに。

まあ、さすがにシルフィの方は見えない様にしてましたけどね。

 

パウロの助言と関係なくシルフィと仲直り

シルフィに悪いことをしたと落ち込むルディ。

そんな息子にパウロは女の子と仲良くなる方法を伝授して父親の威厳を見せようとするが。

 

無職転生第3話より引用

 

結局シルフィとは仲直り。

これまでのシルフィと過ごしてきた時間とシルフィからの信頼がルディを助けたと言うところでしょうか?

 

あとパウロの助言。

今回はルディの役に立ったとは言えませんが、パウロの教えは後に役立つことになる…かも。

パウロの今回の助言って女の子相手というより女性相手の助言ですからねえ。

 

まあ、女の子と仲直りするためのアドバイスってモテるパウロらしいと言えばらしいですわ。

ただモテる男って自分をしっかりコントロールしないと大変な事態を引き起こす危険があります。

それがわかるのが次回のお話。

 

パウロが欲望をコントロールしていればあんな事態にならなかったのに。

 

 

無職転生第3話を視聴し終わって

第3話はここで終了。

最後にシルフィと仲直りできてよかったです。

まあ、パウロの助言はそこまで役立ってないような気もしますが、パウロとしては父親としてルディに助言できたことで満足していることでしょう。

 

ただ次回はそのパウロが原因で家族崩壊の危機を迎えることに。

どんな原因かというとパウロはモテる上に女好き

 

次回の修羅場、ルディはどうやって乗り越えるのでしょうかねぇ。

次回も楽しみです。

 

 

 

無職転生 第4話の感想 「ルディが次の舞台へ」

第4話の内容をまとめると以下のようになります。

 

  • ゼニス(ルディの母親)が妊娠
  • リーリャ(メイド)が妊娠
  • リーリャのお腹の子の父親はパウロだった
  • ルディの機転がリーリャを助ける
  • ゼニスとリーリャが女の子を産む(ルディの妹が2人誕生)
  • ルディは魔法大学へシルフィと一緒に行くために金を稼ぎたい
  • ルディがパウロに敗北
  • ルディがギレーヌと一緒に旅立つ

 

今回は2つの話が合体した内容。

前半は家庭内の問題がメイン。

本当パウロって屑ですわ

 

仮にルディのが機転を利かせなければリーリャは出ていき、ゼニスはいつまでも後悔してたかもしれませんね。

それもこれもパウロがリーリャに手を出すのが悪い。

例え最初に誘ったはリーリャだったとしても(えっ?)。

 

後半はルディの旅立ちの話。

まあ、最後のシーンはルディとギレーヌが一緒の馬車に乗っているだけですが、直前のシーンの家族たちの言葉と合わせればルディがどっかに行っちゃうことがわかると思います。

 

 

ゼニスが妊娠!そしてリーリャも妊娠

ゼニスが妊娠しみんな喜んだのもつかの間、メイドのリーリャも妊娠したことが発覚する。

そしてリーリャの妊娠が家族崩壊の危機を招くことに。

 

無職転生第4話より引用

 

妊娠中の妻とできないので、その間にメイドに手を出す。

最悪の事態です。

特にゼニスはリーリャのことを気に入ってましたからね。

本当にパウロはクズですわ。

 

ゼニスは決断を迫られます。

リーリャをどうするか?

 

お咎めなしにすると示しがつきませんし、かといって放逐するのはリーリャのことを想うとできない。

ゼニス自身も妊娠してるのに。

 

やっぱりパウロはクズですわ。

 

 

 

 

ルディの機転がリーリャを助ける

パウロを悪者にすることで家庭崩壊の危機を救ったルディ。

ただし今回浮気、先に誘ったのはリーリャだった。

 

無職転生第4話より引用

 

女たらしのパウロ。

ただし今回に限ってはパウロが誘った訳ではありません。

最初に誘ったのはリーリャの方だったのです。

 

リーリャが誘ったとしても妻帯者の癖にリーリャの誘いに乗ったパウロが悪いのは変わりません。

それにリーリャに聞かれる可能性あったのに、ゼニスとずっこんばっこんしてたのも落ち度ですし。

 

さらに言えばゼニスと結婚する前、リーリャを襲って純潔奪ったのもパウロですし、やっぱりパウロが悪いという結論に。

 

まあ、ルディのおかげで丸く収まってので良いでしょう。

パウロの家族内での地位は低下しましたけど。

 

しかしまあ、御神体をリーリャが見逃した件が、リーリャ自身を助けることになるとは。

ストーリーの組み立てが上手いですわ。

 

 

妹2人誕生!そしてルディは先のことを考える

ゼニスとリーリャは無事出産し、ルディは2人の妹の兄となる。

またロキシーの手紙を貰ったルデイは将来のことを考えはじめることに。

無職転生第4話より引用

 

ゼニスもリーリャも無事出産し、ルディは晴れてお兄ちゃんに。

名前はノルンとアイシャ。

EDのクレジットを見るとそれぞれ声優さんが配置されていて、そのまま大きくなっても声優さんの変更はなさそう。

 

あとルディは魔法大学への進学を考え始めます。

シルフィを1人にしておけず、シルフィと一緒に進学するつもりのようですね。

 

シルフィがルディと離れたくないと言ってたので仕方はないのでしょうけど、普通は彼女の進学のお金まで用意しようとせんだろ。

 

この辺は過保護というか何か考え方が理解できません。

シルフィは自分が守るという意思の現れなのかもしれませんが。

 

まあ、少なくともパウロはこのままではいけないと思ったはず(少なくとも原作では思ったようですけど)。

 

そして次の展開に繋がることになります。

 

 

ルディの旅立ち!

パウロ家にやってきたギレーヌを紹介されたルディ。

その直後パウロに攻撃され敗北。

ルディが目を覚ますとそこは馬車の中、そして目の前に座っているのはギレーヌだった。

 

無職転生第4話より引用

 

シルフィの学費を稼ぐためにお金を稼ぎたい。

そのルディの考えがこの事態を招いてしまいました。

 

まあ、詳しいことは次回わかることですが、ギレーヌはルディを次の舞台に運ぶためにやってきたのです

 

シルフィのために頑張ろうと思ったらシルフィと離れ離れになる事態に。

ホント人生でどう転ぶがわかりません。

 

 

無職転生第4話を視聴し終わって

今回はここで終了。

次回から舞台が変わり、3人目のメインヒロインが登場します。

ロキシー、シルフィと性格の良いヒロインが続きましたが、3人目は…。

 

ロキシーやシルフィと真逆のタイプなので、そういうタイプのヒロインが好きな方には嬉しいと思いますわ。

次回も楽しみです。

 

 

無職転生 第5話の感想 「ルディの仕事はお嬢様の家庭教師」

第5話の内容をまとめると以下のようになります。

 

  • ルディがパウロからの手紙を読む
  • ルディの仕事はエリスの家庭教師
  • エリスに暴力を振るわれるルディ
  • 狂言誘拐の予定だったのにエリスとルディが本当に誘拐されてしまう
  • 誘拐犯の元から脱出
  • 誘拐犯と戦闘になりギレーヌのおかげで助かる
  • エリスがちょっとだけデレる

 

今回から舞台が変わり、新しいヒロインが出てきます。

ロキシー、シルフィ―に続く3人目のヒロイン「エリス」。

 

他の2人のヒロインに比べてタイプが違い過ぎるエリスに面食らうアニメ組の方は多いと思います。

でも大丈夫です。

しっかりデレるので。

そこまで我慢しましょう。

 

あと今回ルディは結構大きな経験を得ることになります。

死の恐怖と人の死。

これまで全く味わなかったものです。

 

前世では親の死にも何ら感情を現さなかった。

でもさすがに目の前で人が死ぬのを見て、いろいろ思うところがあったかと。

 

 

ルディは親戚の家で家庭教師の出稼ぎすることに

 

パウロが書いた手紙をギレーヌから受けとったルディ。

そこにはギレーヌことと共にルディの働き先のことが記してあった。

 

無職転生第5話より引用

 

パウロが書いた手紙には、「ギレーヌのこと」、「ルディの働き先のこと」、そして「5年間戻ってくるな」ということが書かれていました。

 

パウロとしてはルディの「働きたい」という希望を叶えたという体裁ですが、実際のところはどうなんでしょうねえ。

 

まあ、シルフィとルディは互いに依存し過ぎるので、それを矯正する方がメインの目的なんでしょうね。

 

パウロが自身はルディを泣く泣く追い出したのかも。

パウロは親として剣の師匠としてまだルディには教えることがあるみたいなことを前回言ってたので。

 

まあ、シルフィへの依存がなくなり、家庭教師をしてお金を貯めることができて、そして何より9歳のお嬢様とお近づきになれる。

ルディにとっては一石三鳥ぐらい良いお話。

 

そりゃあシルフィと会うことができなくなるぐらい我慢しようと思いますわ。

 

シルフィに依存していると思ってたけど、案外ドライな感じですねぇ、ルデイは。

 

 

あとギレーヌのこと。

やっぱりパウロは手を出してました。

ギレーヌのことをいろいろディスってましたけど、まだまだ未練というか手を出したいという願望がにじみ出てたかも。

パウロって本当に懲りませんねぇ。

 

 

パウロは良いところのお坊ちゃんだった?

ロアの街に到着し、雇い主となるフィリップと対面するルディ。

そこでフィリップとパウロが従兄弟であることを知る。

 

無職転生第5話より引用

 

知性とか礼儀とか全く関係ないような風貌だったパウロ。

しかし実際はあれでも身分の高い家のお坊ちゃんだったのです。

 

今回のルディの仕事はその伝手を使ったという訳。

人は見かけに寄らないとはよく言ったものですわ。

 

さて、そのパウロの従兄弟にあたるフィリップ。

こっちはこっちは何かきな臭い風貌ですよね。

何か企んでいるいるかのような細目。

見た目だけで言ったら絶対に悪者だと思いますもん。

 

でも実際はグレイラット家では珍しいまともな人なんですけどね。

 

エリスは暴力お嬢様

ルディが勉強を教えることになったエリス。

しかしエリスは家庭教師に暴力を振るってクビにする暴力お嬢様だった。

 

無職転生第5話より引用

 

暴力系お嬢様っていないことはありませんが、ここまで暴力振るうタイプは結構珍しいかも。

目には目を、歯には歯を、暴力には暴力を」って嫌過ぎる。

理不尽が服着てるって言っても良いと思いますわ。

 

これまでロキシー、シルフィというどちらかというと心がほっこりするようなヒロインと出会ってきたルディにとってエリスのインパクトは大きすぎというか、トラウマレベルかと。

 

ただだからこそデレた時の威力も大きいのですけどね。

 

 

狂言誘拐でエリスを大人しくさせるつもりだったに

 

ルディが目を覚めるとそこは汚い部屋の中。

フィリップに進言した狂言誘拐が始まったと認識するルディ。

しかしその認識は間違っていた。

ルディとエリスは本当に誘拐されてしまったのだ。

 

無職転生第5話より引用

 

本作って作画が綺麗なのも売りですが、作画が良いとえげつないシーンのインパクトも絶大。

エリスが誘拐犯に殴られてボロボロになるシーンはリアルすぎて視聴しているこっちまでいたたまれなくなります。

 

たぶんエリスをボロボロに描くことで、暴力お嬢様の悪いイメージをちょっとだけ相殺しているのでしょうけど、視聴者ドン引きですわ。

 

一方のルディ。

狂言ではなく本当に誘拐されたのだとわかっても、当初の目的の通り、エリスの矯正に利用しようとするところは良い性格してますわ。

 

まあ、この機会を利用しなければエリスの矯正は上手くいかないでしょうからね。

仮に生還できても、誘拐なんて手段は二度と使えないでしょうから。

 

 

目の前で人の死を見てルディが恐怖する

監禁場所から脱出し、ロアの街に戻ってきたルディとエリス。

ルディはフィリップの使用人と合流を果たし、屋敷に戻るつもりだったのだが。

 

無職転生第5話より引用

 

狂言誘拐が本当の誘拐になってしまった理由。

それはフィリップの使用人が情報を流していたから。

 

「使用人のくせに仕えている主人の娘を本当に誘拐させるなんて恩を仇で返す酷い奴だ」と言いたいろころですが、エリスにだいぶん苦労させられたようですからねえ。

 

今回の誘拐はエリスの暴力が招いたと言っても過言ではないかと。

 

さてここシーンでは「金でデレは買えない」という名言が飛び出す一方、ルディは初めての経験をすることになります。

 

人の死と死の恐怖。

他のなろう小説でもこの辺で葛藤あるのはお約束。

そりゃあそうです、現代日本では死の恐怖や人を殺すところなんてまず経験しませんから。

 

首が落とされ血が流れ出る。

脳だけでなく、視覚人の死を経験したのですから、ルディの精神は大混乱だったかと。

 

ルディが人の死に驚愕する一方、誘拐犯の死には何ら感情が動かずギレーヌを見つけて笑顔になるエリス。

現代日本の認識とこの異世界の認識の差が色濃く出ているシーンだったかもしれません。

まあ、エリスが幼過ぎて人の死に鈍感だったという可能性もありますけどね。

 

 

無職転生第5話を視聴し終わって

今回の一件でルディを認めたエリス。

何とか家庭教師として仕事ができるようになったようです。

 

ちょっとだけデレたけど、まだまだって感じ。

まあ、金よりデレを取ったのですからしっかりデレるまでルディには頑張って欲しいですわ。

 

 

 

無職転生 第6話の感想「エリスやギレーヌと過ごす研鑽の日々」

第6話の内容をまとめると以下のようになります。

  • エリスの祖父サウロス、そしてエリスの母ヒルダと初対面
  • エリスがルディに魔法を教えてくれと頼む
  • ルディがエリスやギレーヌとロアの街を散策
  • エリスとギレーヌがルディが欲しがってた媚薬をプレゼント

 

エリスの暴力は相変わらずですが、基本のどかなですよねえ。

ルディはエリスに勉強を教える一方、ギレーヌから剣術を習う日々。

そして休日はエリスたちとお買い物。

 

ホントに平和です。

前回は狂言誘拐関連で血なまぐさい感じだったのが嘘のよう。

こんな平和な日々ずっと続けばいいのですけどねえ(続く訳ない)。

 

今回はいわゆる日常回。

普通はダレるところですが、さすが無職転生。

日常回であってもいろいろな出来事が重なって面白いです。

 

ストーリーが進むと転生者であるという設定がどんどん置き去りになっていくものですが、本作は違います。

スケベなニートの性格がそのままルディの行動の指針になっており、それが良いスパイスになっていると思いますわ。

 

まあ、そのせいで本作から女性ファンが逃げちゃうかもしれませんけどね。

 

 

エリスの性格は祖父のせい?

エリスの祖父サウロス、そしてエリスの母ヒルダと対面するルディ。

そこでサウロスからエリスに魔法を教えてやって欲しいと頼まれるルディ。

しかしルディはエリス本人が頼むのが筋だと主張する。

 

無職転生第6話より引用

 

また新しい登場人物が出てきました。

エリスの祖父であるサウロスとエリスの母のヒルダです。

 

ヒルダは最初からルディへ嫌悪感を抱いている模様。

まあ、その理由は第7話で明らかになります。

 

さてもう一人の新キャラ「サウロス」。

典型的な孫に甘いお爺ちゃんであり、暴力を多用する困った爺さんでもあります。

 

エリスが暴力お嬢さまになったのはこのサウロスが原因なんでしょう。

 

サウロス:ボレアス・グレイラット家の当主。息子のフィリップと同居している。フィリップ同様獣人大好きマン。

 

しかしルディも勇気がありますねえ。

サウロスはボレアス・グレイラット家の長。

 

逆らえば家庭教師が首になる可能性もあったのに。

正論を解き、「エリス自身から魔法を教えてくれ」という言葉を引き出すとは。

 

まあ、そのおかげでエリスのツインテールお願いが見れた。

ルディグッジョブです。

エリスの教育という点でも良いシーンが見れたという点でも。

 

 

前世の性格が災い(?)をルディにもたらす

算術の授業を受けてくれないエリス。

エリスを探すため馬小屋にやってきたルディは寝ているエリスを見つける。

 

無職転生第6話より引用

 

ルディの前世の記憶。

これはルディのプラスにもなり、マイナスにもなります。

 

で、このシーンでは明らかにマイナス。

さすがにスカートの中に手を入れるのはね~よ。

確実に逮捕案件ですわ。

 

つ~か、エリスがこのことをフィリップかサウロスに言い付けたら確実にヤバかったはず。

ある意味暴力で済んで助かったと言えるでしょう。

 

ルディは良い子ですが、ホント前世はクズだったんですねえ。

こういうシーンからそれが伝わってきますわ。

 

 

休日をショッピングと市場調査で過ごす

エリスのストレスを解消するため休日制度を導入したルディ。

そして休日当日。

ルディはエリスやギレーヌとロアの街を散策する。

その一方ルディは物価の調査を同時に行うことに。

 

無職転生第6話より引用

 

休みがないと勉強の効率が落ちる。

先週の「五等分の花嫁∬第6話」でも同じようなことになってましたね。

そして効率を上げるにエリスに休みを与えることに。

 

なろう版だとここでエリスのもう一人の先生が出てくるのですが、カットされたようですね。

 

結構ゆっくり進んでいる感じがする無職転生ですが、原作と比べると結構カットされているところがあります。

それを感じさせないのはやっぱりシリーズ構成や監督の取捨選択が上手いからですかねえ。

 

さてロアの街にやってきたルディは物を価格を調べてはしっかりとメモを取っていきます

まあ、物の値段を知っておけば、ぼったくり価格で物を買ったりして損することを防止できますからねえ。

ここはルディの前世の記憶がプラスに働いているところかと。

 

 

あとこのシーンではルディが媚薬を勧めれていましたね。

ここだけの話かと思ったら、オチに繋がるなんて。

 

 

エリスやギレーヌからのプレゼントは?

エリスとギレーヌからプレゼントを貰うルディ。

しかしエリス達からプレゼントされたものは?

 

無職転生第6話より引用

 

最後のオチのシーン。

まさかさっきの媚薬をエリス達が買ってルディにプレゼントするとは。

 

結局落として媚薬をダメにしてしまいますけど、仮にここで媚薬が現存していればルディはどこで使ったのでしょうかねえ。

 

まあ、年齢が年齢なので使うのはまだ先。

ということはここで落とさなくても使う機会はなかったかもしれません。

だって次回か次々回あたり、あれが起こりますからねぇ(第8話の最後で起こりました)。

 

 

エリスやギレーヌと過ごす研鑽と楽しい日々。

ずっと続けばいいのに…。

 

 

 

無職転生第6話を視聴し終わって

今回はここで終了。

日常回でもやっぱり面白いです。

原作を損なわず、無駄なところはカットすることでテンポもよくサクサク見れるのはいいですねえ。

 

なろう作品って制作会社や監督などのスタッフさんのよってクオリティが全然違ってくるものですが、無職転生は本当に当たりを引いたと思います。

 

早く先のストーリーをアニメで見たいですわ。

 

 

無職転生 第7話の感想 「エリスの努力は実を結んだ?」

第7話の内容をまとめると以下のようになります。

 

  • ルディの元をエリスの礼儀作法の教師であるエドナが訪問する
  • 獣人好きということでルディとフィリップが意気投合
  • ロキシーからルディに手紙と手書きの魔人語の参考書が届く
  • シーローンの王子がルディ作のロキシーフィギュアをゲットしたことをルディが手紙で知る
  • エリスの10歳の誕生日当日
  • ルディがエリスとギレーヌに魔術の杖をプレゼント
  • サウロスとルディが空に浮かぶ赤い球体を見る

 

今回はエリスとルディのダンスがメイン。

ダンスのシーン動き回ってましたね。

高貴な人々が見守る中のダンスシーン、ルディとエリスに焦点を合わせてそれ以外の人々のピントをボカすことで二人のダンスに集中できるような演出よかったです。

 

剣術のステップをそのままダンスに応用するシーン。

なろう版やコミックス版だと練習の時点でルディがエリスに教えてたのですが、アニメ版だとぶっつけ本番になってましたね。

 

本番で教えるようにしたことで、ルディの機転の利くところがより強くなったような気がします。

 

あとダンスの練習に打ち込んだエリスでしたが、結局エリスを助けたのはダンスの練習ではなく、剣術の練習だったというのはエリスらしいです。

 

まあ、どっちにしろエリスの努力が実を結んだことには変わりありませんけど

 

 

 

エドナがルディに相談したことは?

ルディの部屋を訪れたエリスの礼儀作法の教師エドナ。

エドナはルディが持っているエリスの授業時間の融通をお願いする。

 

無職転生第7話より引用

 

エリスがダンスをマスターするために授業時間譲渡の依頼。

これがエドナがルディの元を訪れた理由です。

 

エリスは貴族の一族として10歳の誕生日パーティでダンスを踊らなければならないのに、エリスはダンスが全然できないらしい。

 

エリスが苦手なものって算術だけではなかったのですね。

つ~か、貴族の一族なのに貴族らしいこと苦手なエリスって完全に育てられ方間違ってるんじゃね?

全部祖父のサウロスが甘やかしたのが原因なんでしょうか?

 

まあ、ルディにとっては関係ない話ですが、エリスの授業時間を譲渡すれば、それだけ自分のために時間を使えます。

給料変わらないのならそりゃあ喜んで譲渡しますよ。

 

魔術や算術の教えるのにタイムリミットとかないですからね。

 

 

獣人好きという点でルディとフィリップは意気投合

授業時間を譲渡したことで語学の勉強をすることにしたルディ。

語学の本を借りる際、フィリップと獣人のことで意気投合し、獣人語をマスターすることに。

 

無職転生第7話より引用

 

 

結構真面目キャラだと思ってたエリスの父フィリップ。

しかし本当は獣人好きの普通の男性キャラでした。

 

この第7話の最後のシーンではエリスの祖父サウロスも獣人のメイド相手にお楽しみしてたし、獣人好きは血なんでしょうね。

だからグレイラット家の血を引いているルディが獣人好きであっても不思議ではありません。

 

まあ、ルディの場合は前世の時から獣耳好きだったのかもしれないので、血だけが原因ではないかもしれませんが。

 

もともと語学を勉強しようとしてたルディですが、フィリップの話を聞いて俄然やる気が出たようです。

目標なく勉強するより目標持って勉強する方が効率良いですからね。

 

 

ルディも嫌々ながらダンスの練習に参加

エリスのダンスの練習は難航。

仕方なくルディもエリスのダンス練習に参加することに。

 

無職転生第7話より引用

 

「うん、知ってた」って展開ですね。

エリスがダンスの練習に難渋しているのに、ルディが関与しない訳ありませんから。

 

それにダンス初心者のルディが参加すれば、ルディに負けたくないというエリスの闘争心に火が付き、ダンス習得のためにさらに練習しようという気になるかもしれませんからね。

 

 

ロキシーの手紙とルディ作のフィギュアの行方

ルディの元にロキシーからの手紙と荷物が届く。

そこでルディはロキシーお手製「魔人語の教科書」をゲットする。

さらにロキシーの手紙でルディが造形したロキシーフィギュアがシーローン王国の王子の元にあることを知る。

 

無職転生第7話より引用

 

ルディがマスターすると決めた獣人語と魔人語。

獣人語の方はギレーヌにわからないことを聞けば良いのですが、問題は魔人語。

さすがのルディも魔人語の習得に苦労してましたが、持つべきものは魔人族の師匠ですね。

 

ロキシーお手製の魔人語の教科書ゲットで勉強もはかどることでしょう。

それに師匠のお手製ということでやる気も上昇するでしょうし。

 

 

あとルディが造形しロアの街で売却したロキシーのフュギュア。

まさかシーローン王国の王子の元にたどり着いていたとは。

 

ルディは金貨1枚で売却したシーンがありましたが、王子の手元に来た時いくらになってたのでしょうかねえ。

個人的にはそっちの方が気になります。

 

 

しかしロキシーも凄い顔するんですねえ。

まあ、自分に似たフィギュアを大嫌いな王子が持っており、それを愛でているところ見たのですから仕方ないですけど。

これでさらに王子に対して嫌悪感が強くなったと思いますわ。

 

 

何の努力が実を結んだ?

エリスの10歳の誕生パーティ―でダンスを踊るエリス。

しかし最初のダンスで失敗してしまう。

見かねたルディはエリスをエスコートすることに。

 

無職転生第7話より引用

 

誕生日パーティー前日。

エリスのダンスは何とか形になりましたけど、本番で緊張してしまい本番最初のダンスで失敗してしまいます。

 

たくさんの高貴な人々の目の前でダンスを踊る。

たとえダンスが上手くても緊張しますよ。

エリスってまだ10歳なのに。

 

エリスがダンスで失敗しようが魔術と算術の担当のルディには全く関係ありません。

でもエリスと一緒にいることで情が沸いたのでしょうね。

それか前世のことを思い出し、笑いモノにされるのが許せなかったのかもしれませんが。

 

 

剣術のステップを応用してエリスのタイミングをずらし、ダンスを成功に導くルディ。

ルディの機転が一番の勝因でしょうけど、エリスが剣術でステップをマスターしてたのも大きかったですね。

 

まあ、ダンスをマスターするために払った努力は実を結びませんでしたけど、剣術に払った努力が形を変えて実を結んだということなんでしょうね。

 

ルディがエリスとギレーヌに魔術の杖を授与する

誕生日パーティ―が終わり、ルディの部屋でささやかな祝勝会を開催するルディ。

そこでルディはエリスとギレーヌに魔術の杖を授与する。

 

無職転生第7話より引用

 

弟子に杖を与える。

魔術師の伝統のようなものですが、筋肉馬鹿とか言われてたギレーヌにはこれほど嬉しいプレゼントはないでしょう。

魔術を使えることで剣技以外でも認められたということでもありますからねえ。

 

一方のエリスは杖よりルディの作ったフィギュアの方に興味深々のようですが。

 

無職転生第7話より引用

 

ギレーヌからエリスが貰った魔除けの指輪。

パウロというある意味魔物よりタチの悪い野郎には効かなかったようですね。

ただパウロの話を出したおかげで、ルディというパウロと同様にたちの悪い奴になるかもしれない男の抑制に繋がりましたけど。

 

エリスがルディと一緒のベッドで寝たのはダンスの時助けてくれた感謝の印なんでしょうか?

それともエリスがデレた証拠なんでしょうかねえ。

 

空に浮かぶ赤い球体は何?

翌朝、ルディは獣人メイドとお楽しみ中のサウロスの元を訪れる。

そこでルディは空に赤い球体が浮かんでいることを知る。

 

無職転生第7話より引用

 

ぺルギウスの城とかが空に浮かんでいるこの世界。

赤い球体が空に現れてもそこまで大騒ぎにならないのでしょうねえ。

 

またサウロスが言う通り、良い風に取るしかありません。

それを理解したからこそルディも空から女の子が降ってくる云々とか言ったのでしょう。

 

ルディは明らかにラピュタを意識したのでしょうけど、まさかそれが…。

 

たぶん次回あれが起こるはずなので、アニメ組の方は次回をお楽しみに。

 

 

無職転生第7話を視聴し終わって

空に浮かぶ赤い球体。

まあ、あれのせいで多くの人々の運命が狂うことになります。

 

次回は大変です。

 

 

無職転生 第8話の感想 「光がすべてを飲み込んだ」

 

第8話の内容をまとめると以下のようになります。

 

  • 誕生日パーティー開催
  • ボレアス家の伝統と陰謀のお誘い
  • エリスと5年後の約束
  • ギレーヌVSアルマンフィ
  • 光がすべてを飲み込んだ

 

 

第8話のサブタイトルは「ターニングポイント1」。

ルディが大きな岐路に立たされるお話でした。

 

 

親元を離れてロアの街に連れて来られたのもターニングポイントと言えばその通りですが、その規模というか影響が段違いですからね。

 

ただこの8話が起こった時点でルディ達に何が起こったのか具体的なことは不明。

わかっているのは、ルディ、エリス、ギレーヌが光に飲み込まれたということだけ

 

日常系ラブコメ路線まっしぐらだったのに「どうしてこうなった?」って感じですわ。

 

エリスとシルフィがルディを取りあう未来、見てみたかったです。

 

 

誕生日パーティ―の準備とパウロの実家の話

エリスを追跡したルディは、エリス達がルディ10歳の誕生日を祝る準備をしていることを知る。

そしてルディはつい最近知ったパウロの実家のことを考える。

 

無職転生 第8話より引用

 

この世界では貴族は10歳の誕生日を大いに祝うのが習わし。

しかしルディの誕生日はある事情で盛大に祝うことができないルディ可哀想

ということでエリス達は身内だけでルディに誕生日を祝ってあげようと考えたのです。

 

暴力お嬢様だったエリスがそこまでルディのことを考えるようになるなんて。

これもすべてルディの教育の賜物ですね。

 

 

ではどうしてルディの誕生日を盛大に祝ることができないのか?

その理由はルディの血筋のせいでした。

 

ルディの父であるパウロ。

パウロはノトス・グレイラット家のお坊ちゃまだったのです

しかし家を飛び出したため、ノトス家はパウロの弟が継ぐことに。

 

ノトス・グレイラット家:4つあるグレイラット家の1つ。パウロの実家。

 

 

そして問題なのは「パウロの弟が無能だった」ということ。

 

周りの人間の中には「無能な当主を追放してもっとマシな奴を当主にしよう」と考える者もいるはず。

パウロの弟の追放を考える人々にとってルディは当主候補としてまたとない逸材なる可能性がある。

 

一方パウロの弟の方も「自分のライバルになるような奴なんて何とか排除しよう」とするはずですからね。

 

つまり誕生日を盛大に祝うとルディの存在をノトス家の人間たちに気付かれる恐れがあるので、盛大に祝えないという訳です。

 

ホント貴族って面倒ですわ。

 

ルディの誕生日パーティ―開催

誕生日当日。

ルディは事前に知っていたことを隠すために驚いて殊勝な態度を取る。

それを見たエリスの母であるヒルダはルディに対する態度を改めて、ルディをエリスの婿にすると言い出す。

 

無職転生 第8話より引用

 

ルディの演技上手いですねえ。

仮に普通の10歳で事前にパーティ―のことを知ってたら、「パーティ―のこと知ってた」とか暴露して周りを唖然とさせたかもしれません。

 

その点前世の記憶が残っているルディは「場の空気を壊さない術」を知ってて良かったです。

ただその殊勝な演技が上手すぎて、これまでルディを嫌っていたヒルダが豹変してしまったのですが。

 

ヒルダ:エリスの母。ルディを嫌っている素振りを見せていた。

 

 

まさかヒルダの口からエリスとルディを結婚させるという言葉が出てくるとは

 

あれが起こらなければルディとエリスが普通に結婚してボレアス家の跡目争い再燃というストーリーもあったかもしれませんね。

あれが起こらなければ。

 

さて誕生日と言えば切っても切り離せないがプレゼント。

エリスの誕生日の時ルディはエリスへ杖をプレゼントしました。

ではエリスは何をプレゼントするか?

 

はい、エリスからルディへのプレゼントも杖でした

ただし大魔法使いが使うような立派な杖。

 

これはエリスがマウント取ろうとした結果ではたぶんありません。

エリスはルディに釣り合うような杖をプレゼントしようとしただけかと。

 

エリスはルディの魔法の才能を尊敬してますからね。

ルディ、良いプレゼントもらえましたわ。

 

ただエリスからのプレゼントは杖だけではなかったのですが。

 

ボレアス・グレイラット家とフィリップの野望?

パーティ―終了後、酔ったフィリップはルデイにボレアス家の伝統について話す。

そしてそれはボレアス家の権力闘争へのお誘いでもあった。

 

無職転生 第8話より引用

 

 

酒の席での戯言…とは思えないような感じの話でしたね。

フィリップはボレアス家の家督相続で敗北したことをルディに話し、その結果をひっくり返したい気持ちがアリアリと出てたと思います。

 

ボレアス・グレイラット家:4つあるグレイラット家の1つ。現当主はフィリップの父であるサウロス。跡目はフィリップの兄が継ぐ予定。

 

ボレアス家の家督争いで敗れた者は自分の子供を家督争いの勝者に差し出す(養子に出す)

ただし男児のみ。

これは敗者が自分の子供を使って再び権力闘争を仕掛けるのを防ぐ仕組みであり、結構有効な手だと思います。

 

でも子供を小さい時に奪われる母親には堪ってものではありません。

そりゃあヒルダは荒れますよ。

そしてルディに八つ当たりするのも仕方ないかも。

 

あとフィリップってエリスすら自分の復権のための道具としか考えていないのでしょうかねえ。

いくら暴力娘で半ば諦めてたとはいえ、ルディとの交渉の道具として差し出そうとするなんて。

 

まあ、あれはルディだからこそエリスを指し出しても良いという父親としての側面の方が強そうですけど。

エリスがルディへ気があるのが確実。

だったらエリスの意に沿うし、自分の復権にも役立つ

 

そりゃあエリスを差し出すのもアリだと考えますよ。

 

 

一方のルディ。

こっちはエリスは欲しいけど、権力闘争に巻き込まれるのは御免被るという気持ちが良く出てます。

まあ、権力闘争に巻き込まれたら命の危険がありますからね。

フィリップの話に簡単に乗る訳にはいきませんわ。

 

ルディとエリスの5年後の約束

自室に戻ったルディ。

そこで待ってたのはエリスだった。

ルディは冗談半分でエリスに話掛けるが、エリスの返答はルディを驚かせる。

 

無職転生 第8話より引用

 

ルディは10歳になったばかり。

さすがにね~よ。

つ~か、まだ出ないでしょ。

 

アバンで毛の話してたけど、まさかこんなところに繋がってたとは。

 

結局エリスの覚悟が足りなかったことで、そういう事態にはなりませんでした。

ただしエリスは5年後だったらOKだと。

 

それを聞いたルディは大喜び。

うん、性欲は慎重は思考をマヒさせるのですね。

 

エリスとそういう関係になれば、フィリップが言ってたボアレス家乗っ取りの片棒を担ぐことになるかもしれないのに。

 

さらにシルフィが待っているのに別の女の子とそういう関係になったら…。

 

ルディもシルフィの存在を思い出してマズいと思ったようですが、ちょっと遅かった。

5年後、血を見るのは確実。

 

実際ルディにとってはそんな5年後の未来の方がマシだったかもしれません。

あれが起こるよりは。

 

 

 

異変を感知した人々

何かが起こっている。

それに気付くロキシー、オルステッド、キシリカ・キシリス、そしてぺルギウス。

その中でぺルギウスは異変の調査のため、アルマンフィを派遣する。

 

無職転生 第8話より引用

 

いきなりストーリーのテイストが変わってきました。

 

何が起こる。

それを察知して動き出す人々。

 

この時点はまだ顔見世程度でルディに大きく関わってくる訳ではありません。

新キャラの中だとこの8話でルディに関わってくるのはアルマンフィのみ。

 

ただこのアルマンフィってちょっと考え方がヤバい。

まあ、ぺルギウスの命令の出し方に問題があったかもしれませんが。

 

否、ぺルギウスがそんな命令を出さざるを得ないくらい緊急でマズい状態だったのかもしれません。

 

ぺルギウス:甲龍王。ラプラス戦役で功績をたて、空中城塞に住む。12の使い魔がいる。アルマンフィの使い魔の1人。

 

光がルディ達を飲み込んだ

 

ロアの街の郊外で魔術の練習をしていたルディ達。

そこに出現したアルマンフィはルディが異変の元凶だと誤解して攻撃を仕掛ける。

 

ギレーヌの説得で剣を収めたアルマンフィだったが、その直後、世界は光に飲み込まれる。

 

無職転生 第8話より引用

 

勝手に誤解して攻撃仕掛けるアルマンフィって危ない奴ですが、アルマンフィが誤解するくらいルディの魔術が凄いということだったんでしょうね。

 

ただそんなことはどうでもいいです。

問題はあの光。

 

第7話の最後に出てきた赤い球体が本当の元凶なんですけど、さすがにこの展開には唖然呆然としたアニメ組の方が多かったかも。

 

まあ、エリスだけでなくルディも光に飲み込まれたので、即死亡ってパターンでないことはわかるでしょうけど、トンデモナイ展開になっていきます。

 

それにしてもルディの人生って波乱万丈過ぎるだろ

 

無職転生 第8話を視聴し終わって

今回で序章が終了って感じです。

次回からルディの苦しい旅が幕開けします。

 

10歳には過酷な運命ですが、ルディ以上に過酷な運命に直面する人もたくさんいるので、後々まだまだマシだったと思えてくるかも。

 

登場人物もルディと後1人以外ガラッと入れ替わるのでそっちの方も期待ですわ。

 

 

無職転生 第9話の感想 「転移先は魔大陸だった」

第9話の内容をまとめると以下の括弧の中の記述になります。

 

  • ルディがヒトガミと遭遇
  • ルディの転移先は魔大陸
  • スペルド族の男「ルイジェルド」に同行してもらうことに
  • ミグルド族の村を訪問
  • ロキシーの父親へロキシーの近況を話す
  • ルイジェルドの悲願を聞く

 

第8話の最後で光に飲み込まれたルディ。

胡散臭い奴「ヒトガミ」との遭遇を経て気付けば魔大陸、さらに目の前にはスペルド族の男が。

 

前回までほのぼの日常系だったのにどうしてこうなった。

まあ前回までが序章で今回からが無職転生の本番ということなんでしょうか。

 

あと勉学や知識って身を助けるものなんですね。

エリスの家庭教師の合間に勉強した魔神語がこんなところで役立つことになるとは。

空いた時間を有効活用したルディは偉いです。

 

 

 

胡散臭い「ヒトガミ」との遭遇!そしてヒトガミの助言とは?

光に包まれたルディ。

そんなルディは前世の体となって「ヒトガミ」という者と遭遇する。

 

そしてヒトガミはルディへある助言を与える

 

無職転生第9話より引用

 

ルディの一生に付きまとうことになる「ヒトガミ」がここで登場です。

原作の「うさん臭さ」と「ウザさ」がここまで再現されるとは。

プロの声優さんは凄いです。

 

まあ、ヒトガミのCVがくじらさんだったことにはかなりビックリしましたけど。

個人的にはCV石田彰さんやCV櫻井孝宏さんで再生されてましたからね。

 

 

くじら:81プロデュ―ス所属の声優。銀魂のお登勢、NARUTOの大蛇丸などのCVを担当する。

 

 

でもこの9話を見て、ヒトガミの声はくじらさんの声で固定されましたわ。

 

さてこのヒトガミ、二つの助言をルディへ与えます。

 

  • 目が覚めた時に近くにいる男を頼れ
  • その男を助けろ

 

完全に相反する助言ですが、受け入れるかどうかはルディ次第。

まあ、私だったらこの助言を聞いくだけ聞いて実行しないでしょうね。

 

転移先は魔大陸!そしてスペルド族の男「ルイジェルド」と出会う

目が覚めたルディ。

そしてそのルディの目の前にいたのはスペルド族の男だった。

 

無職転生第9話より引用

 

ヒトガミの助言の一つ。

目覚めた時に近くにいる男を頼れ。

 

近くにいたのはスペルド族の男だったんですけど。

ルディの師匠であるロキシーから絶対に近づくなと言われたあのスペルド族。

 

さあ、ここでルディは決断に迫られます。

ヒトガミの助言を聞き入れて、このスペルド族の男を頼るか?

それともロキシーの言葉に従い、このスペルド族の男から逃げるか?

 

 

普通だったらロキシーの言葉に従うでしょう。

ただ今は非常事態ですし、エリスがいますからね。

ルディ一人だけだったら、このスペルド族の男から逃れることもできるかもしれませんが、エリスを連れてはちょっと無理そう。

 

ルディはヒトガミの助言に従い、このスペルド族の男に従うことにします。

 

結果的にルディは正解の選択肢を選んだことに。

まあ、厄介ごとも背負い込んだことになりますけど、それを入てもこのスペルド族の男「ルイジェルド」に頼ったことは正解だったと思います。

後の展開を考えたら。

 

 

 

そういえばスペルド族を見ても平静を装ったルディに対して、スペルド族を見てエリスは取り乱してましたね。

まあ、エリスは12歳なので、エリスの反応の方が普通なんでしょう。

平静を装う10歳のルディの方がおかしいのです。

 

あとルイジェルドとの会話で、ルディ達が転移してきたのは魔大陸であると判明します

 

街どころか、大陸を移動しちゃってる。

まだ子供の範疇に入るルディやエリスには過酷過ぎますわ。

 

 

ミグルド族の村で出会ったのはロキシーのお父さんだった

ルイジェルドと共に旅をすることになったルディとエリス。

そしてある村に立ち寄ることになった一行は、その村で以外な者と出会う。

 

無職転生第9話より引用

 

世界は狭いというべきか、それともご都合主義と言うべきか。

たまたま立ち寄った村でルディが出会ったのはロキシーの父親だったなんて。

 

青い髪、そしてその風貌。

ロキシーの面影そのまんま。

 

さすが親子です。

 

はじめルディを警戒してたロキシーパパですけど、ルディとロキシーが知り合いだとわかって、警戒心が結構緩んだ感じがします。

 

そしてここで役立つ魔神語。

家庭教師業が暇な時に勉強してた語学がこんなところで役立つなんて。

 

もしかして「勉強って意外なところで身を助けるかもしれないよ」と言う金言だったの?

 

あとこのシーンでロキシーの本当の年齢も明らかに。

ロキシーの年齢44歳。

うん、完全にロリ〇バアですわ。

 

 

ルイジェルドの悲願とは?

村の長の家に泊まるルディ達。

そこでルディはルイジェルドがルディ達を助けた理由、そしてルイジェルドの悲願を知ることに。

 

無職転生第9話より引用

 

この9話で一番重要なシーンはここだったかもしれません。

 

ルディの方はヒトガミの助言に従い、ルイジェルドを頼りました。

ではルイジェルドは大人の責任感だけでルディ達を助けたのでしょうか?

 

実はルイジェルドには悲願があり、ルディ達を助けたのはその一環だということが判明します。

 

ルイジェルドの悲願、それは「スペルド族の名誉回復」。

 

ルディ達を助ければ「スペルド族は優しい」という印象を与えるから助けたって感じなんでしょうね。

 

 

ではどうしてスペルド族は忌み嫌われる存在となったのか。

なろう版は結構長く説明してますが、アニメ版は結構あっさりな感じに。

 

要はラプラスに騙された

ラプラスから貰った槍を使ったら、理性を失って敵味方関係なく殺しまくり、気付いたら悪評たってた」と。

 

さてルディはここで再び選択を迫られます。

ヒトガミのもう一つの助言、「彼を助けろ」を実行するかどうか。

 

結果的にルディはルイジェルドを助けるという選択肢を選びます。

 

魔大陸を脱出するためにはルイジェルドの助けは必要不可欠でしょうし、ルディ自身ルイジェルドに何か感じるものがあったのでしょうね。

 

前世では誰も受けいれてくれなかったルディ。

ルイジェルドに自分の前世を重ねたのかも。

 

挨拶はみんなを笑顔にする

村を後にするルディ一行。

エリスはロキシーの両親に挨拶をするが。

 

無職転生第9話より引用

 

エリスがロキシーの両親に別れの挨拶して、ロキシーの両親も挨拶を返す。

挨拶を返されたエリスは嬉しそうでしたね。

 

何か魔大陸に舞台が移ってから始めて和んだかも。

 

ただこれは見方を変えるとルディを巡る女の子がライバルの女の子(?)の両親に挨拶をしたことにもなります。

 

まあ、他のハーレムものと違ってエリスとロキシーは。

 

あとロキシーママの年齢は102歳だそうです。

見えねえ。

三桁には全然見えんわ。

 

 

無職転生 第9話を視聴し終わって

舞台が変わってルディ達の過酷な旅が始まる…と思ったら、ルイジェルドが同行してくれることで案外容易に旅ができる感じ。

 

まあ、実際に大変なのは…。

 

ヒトガミの助言に従ったことで上手く行ったルディ。

ただヒトガミは一癖も二癖もあるキャラ。

 

今後も出てくる最重要キャラの一人なのでヒトガミのことは忘れ無いようにしましょう。

まあ、あんな濃いキャラを忘れる訳ありませんけどね。

 

 

無職転生 第10話の感想 「価値観の違いが露呈」

今回は前半と後半で対極的な感じでした。

前半はどちらかというとオチャラけた感じで、軽いノリ

一方後半は逆にルディとルイジェルドの価値観が違いが露呈して重い雰囲気に。

 

死に対する価値観や善悪の考え方は人によって違うのは仕方ありませんわ。

 

またエリスはルディに絶対的な信頼を持っていることがわかりました。

これまで何度もルディに助けられたことが影響しているのでしょうけど、無条件で信頼し過ぎだろ。

 

あとなろう版と比べてペット探しの依頼人が出て来なかったり、削られているところもありました。

 

 

 

エリス無双でルディたちの出番無し

魔物相手に怯まないエリス。

気付けばエリスの周りは魔物死体の山に。

無職転生第10話より引用

 

冒険者に憧れてたいたエリス。

貴族の令嬢なのになぜか今の方が似合ってる感じが。

 

強さだけで言えば、ルディたちがいなくても魔大陸で生きていけるんじゃね?と思えてきます。

 

 

魔物の肉なんてお嬢様の口に合わないと思いますが、「私、冒険者みたいなことやっている」という高揚感が味をマヒさせているんでしょうかねえ。

 

リカリス潜入作戦

 

次の目的地である街リカリス。

旅を続けるためにこの街に入る必要があるが、問題はルイジェルド。

ルイジェルドと共にリカリスの街へ入るため、ルディは策を練る

 

無職転生 第10話より引用

 

デッドエンドという二つ名を持つルイジェルド。

見事に警戒されております。

 

まあ、スペルド族ですからねえ。

そりゃあ魔族だって警戒しますよ。

前回お世話になったミグルド族の村のルイジェルドへ対する無警戒は例外だったんでしょうねえ。

 

城壁を飛び越えることができるならそっちの方が良さそうですが、結局はルイジェルドの髪の色を青色にすることによって侵入成功。

 

コケみたいなもので髪の色を染めるなんて。

ルディ機転が効き過ぎ。

また髪の色だけでルイジェルドを警戒しない門番の警備ザル過ぎ。

 

人生初の冒険者ギルドへ

 

お金を稼ぐために冒険者ギルドへ登録にやってきたルディ一行。

ルイジェルドを本物のスペルド族と認識させないため、ルディはあえて自分達の素性を晒す作戦に出る。

 

無職転生 第10話より引用

 

  • スペルド族の本物のルイジェルドはリカリスの街に入ることができない
  • 本物が本物であると名乗る訳ない。

 

先入観を逆手に取った作戦で冒険者ギルドへやってきたルディたち。

さらにわざと道化を演じ馬鹿にされることで、本物のルイジェルドがいると思わせない徹底ぶり。

ルディは策士過ぎます。

これで10歳なんだから末恐ろしいですわ(精神年齢は40歳だけど)。

 

またあえてニセモノを名乗ることでルイジェルドという名前に対する冒険者たちのイメージが変わることも意図しているようです。

 

現状ルイジェルドという名前は恐怖感がセットになっております。

でもニセモノが気軽にルイジェルドという名前を使うことで、その恐怖感が薄れて嘲りが増していくでしょうからねえ。

 

その嘲りもルイジェルドが冒険者ギルドの依頼を達成するうちに消えて、ルイジェルドの名前は善人の名前になるかもしれません。

 

本当に策士ですわ。

 

 

エリスさまがナンパ師を撃退

宿屋にやってきたルデイたち。

そこでエリスは他の冒険者パーティ―に誘われるのだが。

 

無職転生第10話より引用

 

初ナンパされるエリスお嬢様。

しかし残念なことにエリスは魔神語が理解できません。

 

だからナンパ師たちをコテンパにしたのはナンパされたのが理由ではありません。

コテンパにした理由はルディが初めて買ってくれたフードをナンパ師たちが壊したから

 

エリスさん、ルディにゾッコンですねえ。

 

 

あとナンパ師こと、トクラブ村愚連隊のみなさん。

 

あの決めポーズはギニュー督戦隊にしか見えません

私のようなドラゴンボール世代は同じ感覚だったと思いますわ。

 

 

夢(?)の中でヒトガミと再会

ヒトガミと再会したルディ。

ヒトガミはルデイへ再び助言を与えるが。

 

無職転生第10話より引用

 

ウザい。

本当にウザさしかありませんね、ヒトガミは。

 

それに加えてうさん臭さもあるし。

 

ただ前回の「目の前の男を頼れ」という助言はルディたちを助けることになりましたからね。

 

そして今回の助言は「子猫探しの依頼を受けろ」。

 

冒険者がやるような依頼じゃないし、報酬も少なそうですし、どうしてこの依頼を受けろなんて助言するのでしょうか。

 

 

まあ、結果論書くと確かに金儲けという面ではこの助言は当たりだったと思います。

その代わりルディとルイジェルドの考え方の違いが露呈し、パーティ―がちょっとギクシャクしそうな雰囲気ですけど。

もしかしてヒトガミって後者を狙った?

 

猫探しの仕事でルディとルイジェルドの考え方の違いが露呈

 

子猫探しの依頼を受けたルディたち。

ルイジェルドの額の目のおかげで子猫が捕まっていると思われるところを特定し、中に侵入するが。

 

無職転生第10話より引用

 

話がいっきに重たくなりました。

 

子猫探しの依頼の方は簡単にクリア。

その代わりルディとルイジェルドの考え方の違いが露呈し、パーティーがちょっとおかしい雰囲気に。

 

ルイジェルドにとって悪者は悪者

殺しても問題ないという考え方です。

 

一方のルデイ。

正確には前世の男ですが、良くも悪くも現代日本の価値観をかなり引っ張っているので、「悪人でも簡単に殺してはいけない」という考え方のようです。

 

ちなみにエリスはどちらかというとルイジェルドに近い考え方なんでしょうか。

ルイジェルドがルディを蹴ったやつを殺してもそれに関しては「我関せず」を貫いていましたし。

 

 

ペットを使ったマッチポンプをやってたパーティと手を組むことにしたルデイ。

悪者と手を組むのは言語道断という考え方のルイジェルドはこのルディの方針に反発することに。

 

悪に対する考え方はルイジェルド潔癖ですねえ。

たぶんスペルド族の名誉を重んじるあまり、そういう考え方になったのでしょうけど。

 

ルディとルイジェルド。

どっちも両極端過ぎます。

 

不協和音が出てしまいましたけど、この先上手くやっていけるのでしょうか?

 

エリスが接着剤的な役割を演じてくれればいいのですけど、エリスはルディにべったりですからねえ。

 

 

無職転生 第10話を視聴し終わって

日々の生活費を稼ぐために冒険者となったルディたち。

同時にルイジェルドの評判を良くしなければいけなのですから、ストレスマッハでしょうねえ。

 

まあ、ルディにはエリスと共に故郷へ帰還するという目標があるので、ストレス云々言っている暇ないですけどね。

 

さらにルディとルイジェルドの間に隙間風みたいなものが吹いてきましたし、本当に大丈夫?

 

 

無職転生 11話(第1クール最終話)の感想「目的はアスラ王国への帰還」

他人のピンチを利用して最大限恩を売る。

まあ、よくあるパターンですが、救援が遅れると後味が悪い結果となります。

今回はまさにそれです。

 

ルイジェルドの進言を退けて最大限の利益を得ようとしたルディ。

恩を売ることには成功したようですが、その代わり後味の悪さとルイジェルドの信頼を失うと結果に。

 

 

主人個補正が効かず何でも良い方向に向かわないところ。

こういうところが他のなろう原作作品と違うところでしょうね。

 

このままだとルイジェルドと喧嘩別れ…となりそうな感じですが、何とか和解。

ルイジェルドは本当に良い人です。

 

またルディも自分の悪かった点を反省できるところが大きいですわ。

拗ねて「自分は悪くない」と言い張ってもおかしくはないですから。

 

前世での失敗がルディをまともにしたのかもしれません。

反省できていれば、兄弟から家を追い出されて事故に合うこともなかったでしょうから。

 

雨降って地固まるって感じで、ルディは自分ですべて背負い込むを止め、ルイジェルドやエリスと会議をして物事を決めていくことに。

 

ルディたちの目的は「アスラ王国への帰還」。

そのための旅はまだまだ続きます。

 

 

 

ロキシーがフィットア領にたどり着く

フィットア領があった場所にたどり着いたロキシー。

そこでパウロが残した伝言を見つける。

 

無職転生11話より引用

 

ルディが心配でフィットア領にやってきたロキシー。

そこでルディ以外のキャラの行方がちょっとだけ判明します。

 

パウロとノルン(パウロとゼニスの娘)は無事でミリス大陸に。

ゼニスとリーリャとアイシャ(パウロとリーリャの娘)は行方不明。

 

パウロは魔力災害の時にノルンを抱いていたのでたぶん離れ離れにならなかったこでしょう。

同じように魔力災害が起こった時にエリスをかばったルディもエリスと同じところに転移してましたし。

 

まあ、ルディの家族は全滅…という事態になってないだけまだマシですね。

フィットア領に人々は魔大陸だけでなく世界各地に転移させられ、命を失った者だっていますし。

その辺は追々描かれることでしょう。

 

あとこのシーンではロキシーがパウロの元仲間であるエリナリーゼ、タルハンドと出会います。

タルハンドはともかく、エリナリーゼはルディにも大きく関わってくるので、2クール目以降期待大ですわ。

 

 

トクラブ村愚連隊のピンチを利用する?

 

大蛇と戦闘を開始したトクラブ愚連隊。

ルイジェルドはすぐに救援すべきと主張するが、ルディは却下する。

愚連隊の危機を最大限利用して最大限恩を売るために。

 

無職転生第11話より引用(画像はWEB予告より)

 

仲間ではないけど、知らない仲ではない愚連隊。

その愚連隊の危機を利用して愚連隊に恩を売ろうとするルディ。

 

こういうところはルディらしいですけど、恩の売り時を見極める結構大変ですからね。

下手をすると愚連隊に被害が出てしまうので。

 

まあ、ルディは少しぐらい愚連隊が怪我しても良いと考えているかもしれません。

 

ただルディは全知全能ではないのです。

その結果、最悪の事態となってしまいました。

 

 

後味の悪さだけが残った

ルディたちが救援する前に犠牲者を出してしまった愚連隊。

ルディ達が大蛇を撃破した後、ルイジェルドはルディを非難する。

 

無職転生第11話より引用(画像はWEB予告より)

 

犠牲者を出してしまった。

それもルディが救援のタイミングを誤ったために

 

仮にルイジェルドが進言したタイミングで救援していれば、愚連隊は犠牲者出さずに済んだ可能性が高いでしょう。

 

ルディが愚連隊のピンチを最大限利用しようとした結果、この事態を招いたのです。

 

ルイジェルドがルディを非難するのは当たり前。

ルディだってそれがわかっているからこそ、あんな呆然とした顔をしているのです。

 

ルディもですが、このシーンを視聴している視聴者も辛いです。

後味悪いです。

 

でもこんなことを怒り得るのがこの異世界。

俺強いに終始する他のなろう原作作品とはこういうところが違うのでしょうね。

 

 

あと愚連隊の生き残りであるクルトがルディたちに感謝するシーン。

 

救援で恩を売ろうと考え失敗したルデイは狡賢い嫌な奴。

一方「クルトは良い奴」というイメージが大きくなりました。

 

たぶんルイジェルドも同じような感じになっているのではないでしょうかね。

ルディが子供じゃ無ければ確実にルイジェルドはルディを見放していると思いますわ。

 

 

ウマ男の脅迫でルイジェルドが正体を明かす

街へ帰ってきたルディたちの前に現れるウマ男ことノコパラ。

そしてノコパラはルディたちの依頼交換に気付きルディたちを脅迫してくる。

 

ルディはノコパラ排除を決意するが。

 

無職転生第11話より引用

 

ウマ男って本当に嫌な奴です。

ただ今回に限ってはこのウマ男の脅迫がルディたちを救うことになります。

 

ウマ男の脅迫を受けて、ルディはウマ男を消そうと決意。

それを感じ取ったルイジェルドがルディが一人で全部背負い込んでいることを気付き、「ルディとルイジェルドの和解の端緒」になったのですから。

 

仮にウマ男が脅迫してこなければ、ルイジェルドのルディへの不信感は払しょくできず、下手をすればパーティ崩壊だってあったかもしれません。

 

それを考えれば今回に限ってはウマ男グッジョブと言いたいです。

 

ただこの一件でこの街に滞在することはできなくなりました。

ルディが早まった行動に出ないよう、ルイジェルドが正体をバラしてウマ男を逆脅迫したので。

 

 

まあ、そろそろ潮時だったかもしれないので、これはこれで良かったかも。

 

ルディとルイジェルドとエリスが心を一つに

街の外でルイジェルドと合流したルディ。

ウマ男の脅迫の一件でいろいろわかったルディとルイジェルドは和解する。

そしてルディは今後パーティのことを決めるために定期的に会議をすることを提案する。

 

無職転生第11話より引用

 

ルディが頑張ってきた理由。

それはエリスをアスラ王国に無事に帰還させるためです。

そのために1人で考えてきました。

 

しかしそれがいけなかったと気付き、これからはみんなで会議して決めることにします。

 

要はルイジェルドやエリスをもっと信頼するということなんでしょう。

ルディは心のどこかでルイジェルドやエリスをイマイチ信頼できなかったのだと思います。

エリスに関しては「戦闘以外思考的にいろいろ任せることができないという意味」で。

 

でもそれが失敗の原因だと気付いた。

まあ、信頼しなければこの魔大陸で生き残るのは大変でしょうからね。

まさに雨降って地固まるです。

 

アスラ王国への帰還。

そのために三人は結束します。

 

1クール目最終回としては良い終わり方ですわ。

 

 

無職転生 第11話を視聴し終わって

 

1期1クールはこれにて終了。

既に2クール目の制作が発表されているのでしばしの休憩となります。

 

 

結束したルディたちの旅はまだまだ続きます。

過酷さも増して。

 

そしてロキシーたちもルディを探すために旅立ちます。

この二つのパーティは出会うことができるのでしょうか?

 

無職転生第11話より引用

 

早く続きが見たいですわ。