【アニメ】精霊幻想記のキャラ紹介と原作5巻までの人物相関図

この記事は約25分で読めます。

 

精霊幻想記に出てくるキャラの紹介記事です。

アニメ1期の範囲でキャラを説明しております(一部例外あり)。

 

  • アニメ化される範囲はABEMAで先行放送された第1話のOPに第5巻の描写と思われるシーンがあったこと、さらに「原作サイドからセリアの話に一区切り付けて欲しい」というオーダーがあったことを監督がインタビューで話していることから原作第5巻までアニメ化されると判断しました。

 

 

ネタバレには違いないので、アニメ組の方でネタバレNGの方はブラウザバックしてください。

 

 

アニメの感想はこちらから。

精霊幻想記 第1話の感想 「転生したら孤児だった」

精霊幻想記 第2話の感想 「差別とイチャイチャ」

精霊幻想記 第3話の感想 「濡れ衣と旅立ち」

精霊幻想記 第4話の感想 「リオを接客した少女と暗殺者の正体は?」

精霊幻想記 第5話の感想 「魔法を使えない理由が判明」

精霊幻想記 第6話の感想 「秘密の共有」

精霊幻想記 第7話の感想 「両親の故郷」

精霊幻想記 第8話の感想 「母の素性」

精霊幻想記 第9話の感想 「別れと再会」

精霊幻想記 第10話の感想「結婚?」

精霊幻想記 第11話の感想 「セリアが政略結婚に応じた理由」

精霊幻想記 第12話(最終話)の感想 「強奪と再会」

 

 

  1. 精霊幻想記第1巻から登場するキャラと人物相関図
    1. 第1巻の人物相関図
    2. リオ/天川春人(平民/前世の記憶あり)
    3. セリア=クレール(王立学院講師)
    4. クリスティーナ=ベルトラム(王女)
    5. フローラ=ベルトラム(王女)
    6. ロアナ=フォンテーヌ(貴族令嬢)
    7. ヴァネッサ=エマール(クリスティーナ付の騎士)
    8. アルフレッド=エマール(近衛騎士団長)
    9. 綾瀬美春(日本人)
    10. アイシア(リオの契約精霊)
    11. アルフォンス=ロダン(貴族のバカ息子)
    12. スティアード=ユグノー(貴族のバカ息子)
    13. シャルル=アルボー(近衛騎士/アルボー公爵の息子)
    14. フィリップ=ベルトラム(ベルトラム王国国王/クリスティーナとフローラの父)
    15. ガルシア=フォンティーヌ(王立学院の院長/元フォンテーヌ公爵)
    16. ギュスターヴ=ユグノー(公爵/スチュワードの父親)
    17. レイス=ヴォルフ(?)
  2. 精霊幻想記第2巻から登場するキャラと人物相関図
    1. 精霊幻想記 第2巻の人物相関図
    2. ラティーファ(狐獣人/前世の記憶あり)
    3. リーゼロッテ=クレティア(ガルアーク王国の貴族令嬢/?)
    4. コゼット(リーゼロッテのメイド)
    5. サラ(精霊の民の里の住人)
    6. オーフィア(精霊の民の里の住民)
    7. アルマ(精霊の民の里の住民)
    8. ウズマ(精霊の里の住民)
    9. ドリュアス(準高位精霊)
  3. 精霊幻想記第3巻から登場するキャラと人物相関図
    1. 精霊幻想記 第3巻の人物相関図
    2. ユバ(カラスキ王国民)
    3. ルリ(カラスキ王国民)
    4. サヨ(カラスキ王国民)
    5. シン(カラスキ王国民)
    6. サガ=ゴウキ(カラスキ王国の武士)
    7. サガ=カヨコ(カラスキ王国民)
    8. サガ=ハヤテ(カラスキ王国民)
    9. サガ=コモモ(カラスキ王国民)
    10. カラスキ=ホムラ(カラスキ王国国王)
    11. カラスキ=シズク(カラスキ王国王妃)
    12. ゴン(カラスキ王国民⇒犯罪奴隷)
    13. ルシウス(天上の獅子団団長)
  4. 精霊幻想記第4巻から登場するキャラと人物相関図
    1. 第4巻の人物相関図
    2. 千堂亜紀(日本人)
    3. 千堂雅人(日本人)
    4. ヒロアキ=サカタ(坂田弘明/勇者)
  5. 精霊幻想記第5巻から登場するキャラと人物相関図
    1. 第5巻の人物相関図
    2. ルイ=シゲクラ(重倉瑠衣/勇者)
    3. サツキ=スメラギ(皇沙月/勇者)
    4. ローラン=クレール(伯爵/セリアの父)
    5. テナシナ(シャルルの第一夫人)

精霊幻想記第1巻から登場するキャラと人物相関図

 

原作第1巻から登場するキャラです。

主に王立学院関係者が多いですね。

 

第1巻の人物相関図

 

まずはリオが王立学院に入る前の人物相関図。

孤児となったリオがたまたまフローラを助けたことでいろいろなことに巻き込まれることに。

シャルルに対するヘイトが溜まります。

 

 

次は王立学院入学後。

リオの味方はセリアのみ。

アルフォンスやスティアードがリオの濡れ衣を着せてリオは逃亡生活に入ります。

 

【ラノベ】精霊幻想記 第1巻の感想 「胸糞の連続とリオの旅立ち」
第1巻はリオの学生時代と旅立ちの話。ずっと胸糞な話が続くので読むのが辛いなるかも。ただしその分「ざまぁ」の喜びは大きいですけど(第1巻ではざまぁは少なめ)。

 

 

 

リオ/天川春人(平民/前世の記憶あり)

アニメ「精霊幻想記」第6話より引用

 

 

本作の主人公。

大学生であった天川春人の記憶があること、さらにリオ自身の悲惨な境遇が影響したのか、沈着冷静というかちょっと冷めた感じの性格

また顔が良いこともあり、女性キャラの入れ食い状態になるが、本人は色恋沙汰に興味を示さない傾向。

欠点らしい欠点がない。

 

 

母子家庭で育つ。

しかし母がルシウスに殺害され、それ以降はスラム街で極貧生活へ。

そしてリオが7歳のころ、前世(天川春人)の記憶が蘇る(春人の記憶が入り込んだ感じ?)。

 

誘拐されたフローラを助けたが、誤解された上拷問されることに。

誤解が解けて平民の身分で王立学院で学ぶことが許されるが、当然身分差別のオンパレード。

終いには脱げ衣を着せられて学院卒業目前で逃亡生活へ。

 

逃亡途中、刺客に襲われるがその刺客が義妹になったり、精霊の民の里では気に入られていろんな道具や武具を貰う。

 

その後両親の故郷であるカラスミ王国で肉親と面会、さらに日本から転移してきた美春たちを助ける。

 

王立学院時代、唯一リオの心の支えだったセリアが意に沿わぬ結婚をすることを知ると、結婚式当日セリアを強奪することに成功。

セリアを連れて再び逃亡することに。

 

リオのCVは松岡禎丞さん。松岡さんと言えばミノタウロスと戦う役をよく演じているイメージがありますが、本作でもミノタウロスと戦うことになります。

 

松岡さんの代表作ソードアート・オンライン。そのSAOで松岡さんが演じたキリトの異名が「黒の剣士」。そして本作のリオも名誉騎士の称号と一緒に「黒の騎士」の名称を貰うことになるのです(原作9巻)。松岡さんって黒色に縁がありますねえ。

 

黒の騎士の名称を貰ったリオ。その時のリオの思考はホント面白いです。リオが中二病から程遠いことがわかるエピソードかと。

 

セリア=クレール(王立学院講師)

アニメ「精霊幻想記」第2弾PVより引用

原作第1巻のメインヒロイン。

あと5巻でもメインヒロインとして活躍する(2巻はラテイーファ、3巻はサヨ、4巻は美春がメインヒロイン枠)。

 

クレール伯爵家の令嬢で誘拐されたフローラを探している最中、リオと出会う。

 

リオが王立学院に入学すると講師としてリオに優しく接し、リオの方もセリアと一緒にいる時だけが安らぐ時間となっていたらしい。

 

後にシャルルの7人目の妻にされかけるが、結婚式でリオに強奪(セリアの意思でもある)。

そのままリオと一緒に逃亡することを選択する。

 

セリアのCVは藤田茜さん。リオ役の松岡さんとはエロマンガ先生でも主役ヒロインのコンビを組んでましたね。

 

クリスティーナ=ベルトラム(王女)

アニメ「精霊幻想記」第11話より引用

 

ベルトラム王国の第一王女。

誘拐されたフローラを探すためスラム街を訪れリオと出会う。

リオと2度目に会った時、誤解からリオをビンタしてしまい、そのことをずっと後悔する。

 

アニメ1期の範囲では最後の最後で良いことを言って終了です。

 

1期の範囲内だと「臭い」というセリフと「ビンタ」、そして11話でセリアに言ったあの台詞ぐらいかな。
過去の行いをずっと悔いることになり、原作読んでいるこっちが「引きずり過ぎ」と思うくらい、リオに対する対応を悔やむことになります。

 

フローラ=ベルトラム(王女)

アニメ「精霊幻想記PV第1弾より引用

 

ベルトラム王国第二王女。

 

リオに2度助けられる(アニメ1期の範囲外を合わせると4度)。

そのためかリオに関心がある様子。

 

一方リオからすれば、フローラを助けると厄介ごとに巻き込まれるため(1度目は拷問、2度目は濡れ衣で逃亡生活)、できれば近づきたくない感じ?

 

アルボー公爵派がユグノー公爵派との権力闘争に勝利すると、ユグノー公爵派の旗印となるべく、ユグノー公爵と共にロダン侯爵領へ行くことに。

 

 

フローラが報われるのは原作15巻以降なので、アニメではずっと報われない状態で終わるかと。
未遂も含めて合計3回誘拐されることに。そのうち2回に関わってくるのはルシウス。よく「ぐへへ」展開にならなかったと思いますわ。

 

ロアナ=フォンテーヌ(貴族令嬢)

アニメ「精霊幻想記PV第1弾より引用

 

貴族令嬢でクリスティーナの取り巻き。

金髪美少女枠。

 

誘拐されたフローラ探索のために訪れたスラム街でリオと出会う。

 

アニメ1期の範囲ではほぼ空気。後に勇者弘明のお世話係兼婚約者として結構な頻度で登場するようになる。

 

ヴァネッサ=エマール(クリスティーナ付の騎士)

精霊幻想記第1話より引用

 

 

クリスティーナの護衛を務める騎士。

リオがシャルルから拷問を受けた際、拷問を中止させる。

 

後にある襲撃で負傷し、リオの治療で意識を取り戻す。

 

クリスティーナの護衛なので、クリスティーナの出番が少ない序盤では活躍のしようがない。アニメでの出番は最初だけかも。

 

アルフレッド=エマール(近衛騎士団長)

精霊幻想記第1話より引用

 

シャルルのせいで貧乏くじを引くことになる騎士。ヴァネッサの兄。

一応王国最強で、「王の剣」の称号を持っている。

 

アルボー公爵親子の失脚で近衛騎士団長に就任するが、アルボー公爵が復権するとシャルルの下に。

シャルルの結婚式でリオと戦うことに(OPで描かれている戦闘シーンのやつ)。

 

ちなみにアニメ範囲外でもう一度リオと戦うことになる。そちらもシャルルが原因。

 

綾瀬美春(日本人)

精霊幻想記第12話より引用

メインヒロインの一人。

本格的な登場は原作第3巻からだが、1巻でも登場。

 

天川春人の幼馴染であり、想い人でもある。

高校の入学式直後に異世界転生を果たし、奴隷商人に捕まる。

その後運良くハルト(リオの仮の名)に助けられて一緒に行動することに。

 

アニメ1期の範囲では活躍する場が少ないかも。

 

メインヒロインなはずなのにセリアに比べると影が薄い。ただちょっと引いた感じなところは魅力的かも。
原作4巻のメインヒロインだったのに、アニメ版では見事にカット。最終話で出てくるのかもしれないけど、メインヒロインなのに可哀想過ぎる。

 

アイシア(リオの契約精霊)

アニメ「精霊幻想記」テイザーPV第2弾より引用

 

名前は明示されてないが原作1巻から登場。

リオの危機に現れ、リオに魔力の使い方を教える。

 

次に現れたのは原作2巻。

 

そして原作4巻では実体化してリオと同衾する。

リオのことは何でも知っている。

 

花嫁強奪ではリオが囮になっている間にセリアの脱出の手助けをすることに。

 

他のヒロインとは一線を画す。まあ、妖精だから仕方ないけど。美春関連では結構重要な役目を果たすことに。ただしアニメの範囲外。

 

原作20巻でようやくヒロインらしい立場に。

 

アルフォンス=ロダン(貴族のバカ息子)

精霊幻想記第2話より引用

 

貴族の馬鹿息子その1。

平民出身であるリオを馬鹿にする。

野外演習での失態などをすべてリオになすり付ける。

 

後に騎士となるがしっかり「ざまぁ」となるのでご安心を(ただしアニメの範囲外である原作7巻で)。

 

 

スティアード=ユグノー(貴族のバカ息子)

精霊幻想記第3話より引用

 

 

貴族の馬鹿息子その2。

野外演習で失態を演じるがすべてリオになすり付ける。

さらに2巻では奴隷であったラティーファを虐めていたことも判明する。

 

アルフォンス同様、後に「ざまぁ」となる(アニメの範囲外で)。

 

アルフォンスに比べると「ざまぁ」が若干弱い。尊厳を失う訳ではないし、死んでないし。ただし貴族の長男としてはこれ以上の「ざまぁ」はないかもしれない。

 

シャルル=アルボー(近衛騎士/アルボー公爵の息子)

精霊幻想記第1話より引用

 

 

アルボー公爵の長男。

そしてリオの引き立て役となる哀れな男

 

原作1巻では自分の失態を覆い隠すためリオを拷問する。

その後王立学院に入学したリオと模擬戦闘をする機会を得るがリオの前に敗北して大恥をさらす。

 

父であるアルボー公爵が権力を取り戻すとセリアを7人目の妻にしようとするが、リオにセリアを強奪される。

 

リオを引き立てるために存在していると言っても過言ではない。アニメの範囲外だとさらに凄いリオの引き立てをやってくれる。

 

レイスと仲が良いが、巧みにレイスに誘導されていることに気付いてないバカ。

 

フィリップ=ベルトラム(ベルトラム王国国王/クリスティーナとフローラの父)

精霊幻想記第1話より引用

 

ベルトラム王国の国王。

 

フローラ誘拐を機に国政を壟断してたアルボー公爵一派の権力縮小に成功する。

野外演習の件では、ユグノー公爵派が失脚してアルボー公爵派が復権することを恐れてリオに濡れ衣を着せることを許容することに。

 

 

無能じゃないけど優秀とも言えないイマイチな王様なイメージ。

 

 

ガルシア=フォンティーヌ(王立学院の院長/元フォンテーヌ公爵)

精霊幻想記第3話より引用

 

元フォンテーヌ公爵家の当主。

現在はベルトラム王立学院の院長を務める。

 

アニメ版ではユグノー公爵が提案した野外演習の失態をリオに擦り付けることを了承する。

 

原作では国王と話し合ってリオに罪をなすりつけることを決める。

そしてそれに抗議したフローラをあしらう。

 

アニメ版より原作の方があくどいイメージ。

 

ギュスターヴ=ユグノー(公爵/スチュワードの父親)

精霊幻想記第3話より引用

 

ベルトラム王国の公爵であり、アルボー公爵派と権力闘争やっているユグノー公爵派の頭目。

 

フローラ誘拐事件を利用してアルボー公爵・シャルルの親子を失脚して権力奪取に成功する。

 

その後野外演習で実の息子であるスチュワードがやらかすと、その尻拭いに奔走し、すべての罪をリオに擦り付け、さらにリオの暗殺を画策。

 

暗殺者として育てたラテイーファをリオ暗殺のために差し向ける。

 

リオがベルトラム王国を離れている間に巻き返したアルボー公爵派に敗北。

フローラやロアナを連れてロダン侯爵領へ逃げ込み、そこで勇者坂田弘明を召喚する。

 

切れ者だとは思うけど、リオの心象は最悪。追手を差し向けたことはまだしも、ラティーファに対する行いは許し難し。

 

レイス=ヴォルフ(?)

精霊幻想記第1話より引用

 

 

リオの宿敵。

一応ベルトラム王国駐在のプロキシア帝国太子という肩書を持っているが正体は不明。

ラスボス枠?

 

ミノタウロスを召喚したり、精霊の里を襲撃させたり、いろんな陰謀を繰り出す。

 

ただしリオが絡むと陰謀のほとんどは失敗してしまう。

シャルルとは別の意味でリオの引き立て役と言えなくもない。

 

 

裏で画策する一番嫌われるタイプ。とても人間とは思えない。CVは遊佐浩二さん。どんな演技を見せてくれるか楽しみ。やっぱりねっとりボイス?

 

 

スポンサーリンク

精霊幻想記第2巻から登場するキャラと人物相関図

 

原作第2巻から登場するキャラです。

精霊の里関連のキャラが多くなってます。

 

精霊幻想記 第2巻の人物相関図

ベルトラム王国から逃亡したリオを暗殺するため派遣されたラティーファ。

リオに襲い掛かりますが逆に撃退され、その後リオと旅をすることになり、そのうちリオのことを「お兄ちゃん」というくらい打ち解けます。

 

その後リオとラティーファは誤解が解けて精霊の民の里に滞在することになり、そこでサラ、オーフィア、アルマと知り合うことに。

 

リオはラティーファを精霊の民の里に預け、両親の生まれ故郷であるヤグモ地方に向かうところで原作2巻は終了。

 

獣人好きにはたまらない展開の連続です。

1巻に比べると胸糞展開がかなり減ってます(全く無い訳ではない)。

 

【ラノベ】精霊幻想記 第2巻の感想「義妹爆誕と精霊の里での出会い」
第2巻は逃亡中のリオに刺客が差し向けられリオと戦闘することに。さらに義妹爆誕からの精霊の里で新しいで会いが。女性キャラどんどん増えていきます。

 

 

ラティーファ(狐獣人/前世の記憶あり)

アニメ「精霊幻想記」第2弾PVより引用

 

原作第2巻のメインヒロイン。ブラコン。

 

狐獣人で、ユグノー公爵に暗殺者として育てられる。

 

濡れ衣を着せられ逃亡するリオを抹殺するように命令されるが、リオに返り討ちにされ、そのままリオと一緒に旅をすることを選ぶ。

 

旅をするうちにリオを兄と慕うようになり、リオの許可を得てリオを「お兄ちゃん」と呼ぶことに。

 

リオと同じく前世は日本人であり、その時の記憶もある。

 

 

アニメの範囲内で出演するヒロインの中では一番押しが強いタイプ。義妹ポジションなためリオとイチャつくことがいっぱいできるが、それ以上進展するのが難しいのがネックか。

 

リーゼロッテ=クレティア(ガルアーク王国の貴族令嬢/?)

アニメ「精霊幻想記」第2弾PVより引用

ガルアーク王国所属のクレティア侯爵家の令嬢。

アマンドの代官と共にリッテ商会の代表も務める。

 

時々ロッテの名前で店に出ており、リオがリッテ商会に買い物に来た際、対応する。

なおリッテ商会にはパスタや饅頭など異世界には不釣り合いな名前の商品が販売されている。

 

アニメ1期では空気。

 

才女。とてもとても頭が切れる。結構人気が出るタイプだと思う。残念ながら活躍するのはアニメの範囲外。OPではしっかり彼女の正体バレしとる。

 

 

コゼット(リーゼロッテのメイド)

精霊幻想記第4話より引用

 

リーゼロッテのメイド軍団の主力の1人。

少しお調子者で色恋沙汰に目がなく、同じメイド仲間のナタリーによく注意される。

 

後にリオの大活躍を目の当たりにしてリオに興味を持つ。

 

 

アニメ1期では空気。それでも登場シーン自体が削られた同じリーゼロッテメイド軍団のアリアやクロエよりマシ。

 

 

サラ(精霊の民の里の住人)

アニメ「精霊幻想記」第2弾PVより引用

銀狼獣人の女の子。

精霊の民の里出身ガールズの長女ポジション。

 

リオに恋心を抱いているのは確かだが、オーフィアやアルマに比べるとかなり奥手。

 

酔うと本性をさらけ出します。リオへの想いとか。

 

オーフィア(精霊の民の里の住民)

アニメ「精霊幻想記」第2弾PVより引用

ハイエルフの女の子。

精霊の民の里出身ガールズの次女ポジション。

 

料理が得意で、リオと一緒によく調理する。

 

サラと比べるとリオに対して積極的。

 

アルマ(精霊の民の里の住民)

アニメ「精霊幻想記」第2弾PVより引用

エルダードワーフの女の子。

精霊の民の里出身ガールズの末っ子ポジション。

 

サラやオーフィアと同じくリオを慕っている。

 

モノの製作などに秀でており、後にリオの邸宅のお風呂を改造したりする。

 

 

ウズマ(精霊の里の住民)

精霊幻想記第5話より引用

 

精霊の里の住民で翼獣人。

結構な武闘派。

 

リオが精霊の里を入り込んだ際、早とちりでリオを攻撃して負傷させる。

後にその責任を問われ謹慎することに。

 

後にリオから「バトルジャンキー気質がある」と評される。

 

 

早とちりせずリオとしっかり話し合いをしていれば、もしかしてサラたちみたいにヒロインになってた可能性も。OPの存在感半端ない。

 

ドリュアス(準高位精霊)

精霊幻想記第5話より引用

 

精霊の民の里の大木に宿る準高位精霊。

リオの中に高位精霊(アイシア)が眠っていることに気付く。

 

アイシアと対面した際、アイシアに精霊としての基礎を教えることに。

 

 

精霊幻想記第3巻から登場するキャラと人物相関図

原作第3巻から登場するキャラです。

ほぼカラスキ王国関連のキャラになります。

 

精霊幻想記 第3巻の人物相関図

 

ヤグモ地方のカラスキ王国の村で両親の情報を得たリオはその村に滞在することに。

やがてリオが素性が明らかになり、リオは祖父母に対面します。

 

そしてサヨの告白、ゴウキ達の志願を断り、リオはカラスキ王国を後にします。

 

第3巻は和風テイスト漂う設定。

中世ヨーロッパみたいな異世界設定に飽きている方には目新しく映るかも。

 

【ラノベ】精霊幻想記 第3巻の感想 「両親の故郷へ」
両親の故郷カラスキ王国。そこでリオは新しい出会いを繰り返します。そして初告白を受けることに。

 

 

 

ユバ(カラスキ王国民)

精霊幻想記第7話より引用

 

 

リオが立ち寄った村の村長を勤める女性。

リオの父方の祖母にあたる。

 

リオをリオの両親の墓に案内する。

リオを自分の家に居候させることに。

 

 

 

 

ルリ(カラスキ王国民)

アニメ「精霊幻想記」第2弾PVより引用

 

ユバの孫であり、リオの従姉にあたる。

リオより1歳年上。

 

当初はサヨと同じくヒロインになると思ってたら、ゴウキの息子であるハヤテに恋している模様。

アニメ版ではハヤテと良い雰囲気になるシーン全カットされちゃった。

 

 

リオに対して冗談半分で告白もどきをしている。ちょっとは気持ちあったのかも。

 

 

サヨ(カラスキ王国民)

アニメ「精霊幻想記」第2弾PVより引用

 

原作第3巻のメインヒロイン。

ユバの村の村人で、兄であるシンと二人暮らし。

 

リオと接していくうちにリオに恋する。

カラスキ王国首都では二人でショッピングして簪をリオからプレゼントされている。

 

リオが村を出て行くことを知り、リオに告白するが失敗。

しかしリオのことが諦めきれずにゴウキたちの誘いを受け入れ、リオを追いかけることに。

 

なお再登場するのは原作17巻。すでにリオの周りにはヒロインたくさん。気後れしても仕方ありません。美春のおかげで踏みとどまったけど。

 

 

シン(カラスキ王国民)

精霊幻想記第7話より引用

 

サヨの兄。

要領の良いリオに嫉妬している。

 

でも妹想いであり、サヨがリオが村を出ていくことを知って落ち込むと、リオに土下座して村から出て行かないように懇願する。

 

サヨがリオに振られた後、サヨに気持ちを確認しゴウキたちに同行することを決める。

 

シンに対する周りの男性たちの気持ちを代弁してくれるキャラ。あの世界の男だったら、少なからずリオに嫉妬すると思います。

 

サガ=ゴウキ(カラスキ王国の武士)

精霊幻想記第8話より引用

 

カラスキ王国の武士。

リオの父であるゼンの同僚であり、リオの母に忠誠を誓っていた。

リオが忘れ形見だと知り、家臣して欲しいと懇願するがリオに拒否される。

しかし諦めきれず、リオに告げずにリオの後を追うことに。

 

原作19巻ではその実力を思う存分発揮する。

 

サガ=カヨコ(カラスキ王国民)

精霊幻想記第8話より引用

 

ゴウキの妻であり、リオの母親であるアヤメの元護衛役。

家庭内ではゴウキも頭が上がらない様子。

 

ゴウキがリオを追い掛けてカラスキ王国を出る際、ゴウキと行動を共にする。

 

原作19巻でゴウキと共にその実力を発揮することに。

 

サガ=ハヤテ(カラスキ王国民)

精霊幻想記第7話より引用

 

カラスキ王国の検税官であり、ゴウキの長男。

ユバの村を訪れた際、ユバの家に泊まる。

 

リオ以外の若い男性キャラとしては珍しく温厚で優しくまともな性格の持主。

ルリとは相思相愛?

 

サガ=コモモ(カラスキ王国民)

精霊幻想記第8話より引用

 

ゴウキの娘。

王都で攫われそうになったところをリオに助けられる。

 

ゴウキと共にリオの後を追う。

 

カラスキ=ホムラ(カラスキ王国国王)

精霊幻想記第8話より引用

 

カラスキ王国の国王でありアヤメの父。

つまりリオの祖父にあたる。

 

リオと対面できたことを喜ぶ。

 

リオがルシウスへの復讐を考えていることを聞き、ゴウキとの模擬試合をするように促す。

 

カラスキ=シズク(カラスキ王国王妃)

精霊幻想記第8話より引用

 

カラスキ王国の王妃であり、リオの祖母にあたる。

リオからアヤメの面影があると言われ喜ぶ。

 

 

 

 

ゴン(カラスキ王国民⇒犯罪奴隷)

精霊幻想記第7話より引用

 

ユバの村の隣村の住人。

粗暴を絵に書いたような人物で、ルリに夜這いして手籠めにした上でユバの村を乗っ取ろうと画策する。

 

しかし計画失敗。

ユバの村に滞在していたリオに半殺しにされてしまう。

 

最終的にゴンは犯罪奴隷となり、被害者慰問金がユバの村へ支払われることに(実質的にはゴンの売却代金)。

 

 

正真正銘の屑野郎。リオに殺されそうになった初めてのキャラかも。

ルシウス(天上の獅子団団長)

精霊幻想記第8話より引用

 

本作一番の敵役。

リオの父を殺し、リオの目の前でリオの母アヤメを乱暴して殺したサイコパス野郎。

 

元はベルトラム王国の貴族だったが没落し、冒険者家業へ。

レイスの元でいろいろ悪さをするが、原作7巻でリオと再会し激突する。

 

 

シャルル以上の「ざまぁ」が見れるので、是非原作7巻と原作14巻のところまでアニメ化希望。
ルシウスは2度リオと戦うことになるが、その2回ともフローラが絡むことに。
スポンサーリンク

精霊幻想記第4巻から登場するキャラと人物相関図

第4巻では召喚された勇者や勇者召喚に巻き込まれた新キャラが登場します。

 

 

第4巻の人物相関図

 

勇者の召喚に巻き込まれた美春たち。

途中奴隷商人に捕まるがリオが救出することに。

 

美春に気付いたリオだが、天川春人の記憶があることは伏せる。

 

一方ベルトラム王国では復権したシャルルの結婚式が開催されようとしていた。

 

 

千堂亜紀(日本人)

精霊幻想記第12話より引用

 

 

勇者の召喚に巻き込まれたこの世界にやってきた日本人。

千堂雅人の義理の姉にあたる。

アニメのOPで本に吸い込まれたキャラの一人。

 

天川春人の妹だったが親の離婚で離れ離れに。

それが原因で天川春人に見捨てられたと逆恨みしており、亜紀の前で春人の名前を出すことがタブーとなっている。

自分を見捨てなかった美春に懐いているが、後にその美春を裏切るようなことをやってしまう。

 

ちなみに天川春人の両親の離婚の原因に亜紀は絡んでいる…という原因そのもの。

本人に責任はないけど。

 

アルフォンスやスティアード以上にヘイトを集めてしまうかも。

 

千堂雅人(日本人)

精霊幻想記第12話より引用

 

勇者の召喚に巻き込まれた日本人。

千堂亜紀の義理の弟にあたる。

アニメのOPで本に吸い込まれたキャラの1人(一番最後に吸い込まれた男の子)。

 

助けてくれたリオに懐き、リオから剣術を学ぶことに。

1期の範囲ではほぼ活躍するところなし。

 

 

 

ヒロアキ=サカタ(坂田弘明/勇者)

ベルトラム王国のユグノー公爵派に召喚された日本人。

 

オタク気質の浪人生であり、見栄っ張りでチョロく、そして空気が読めない残念なキャラである(セリアに向かって「合法ロリ」と言ってしまうくらい空気読めない)。

 

「SHIROBAKO」のタローをもうちょっとヤサグレにしたら、ヒロアキっぽくなるかも(ドラマCD版のCVはタローと一緒の吉野裕行さん)。

 

アニメの範囲では活躍するシーンはなし。

というか、尺の関係でアニメには出て来ない可能性も。

 

坂田弘明を含めて勇者は全部で6人召喚されるが、坂田はまだマシな方。坂田以下の屑が3人いるので。

 

 

 

精霊幻想記第5巻から登場するキャラと人物相関図

 

原作第5巻から登場するキャラです。

ベルトラム王国関連のキャラが多くなってますね。

 

第5巻の人物相関図

 

第5巻はシャルルと政略結婚することになったセリアの強奪がメイン。

セリアが決断するまでがちょっと焦れったいです。

 

 

ルイ=シゲクラ(重倉瑠衣/勇者)

ベルトラム王国政府(アルボー公爵派)に召喚された勇者。

お金持ちの御曹司であり、勇者の中ではたぶん沙月の次くらいにまとも。

沙月とは日本で面識があった。

 

原作5巻では逃亡を図るリオを阻止するため、リオを攻撃する。

 

勇者の中ではまともな部類のルイですが、人間関係でちょっとトラブルが(色恋沙汰)。

サツキ=スメラギ(皇沙月/勇者)

ガルアーク王国に召喚された勇者。

5巻の最後に勇者であることが明らかになった(本人の登場はまだ先)。

 

美春たちの知り合いであり、美春たちを勇者召喚に巻き込む。

沙月も勝手に召喚されただけであり、沙月に罪はないが。

 

召喚された6人の勇者の中では一番まとも。

次第にリオに魅かれていく。

 

ドラマCD版のCVは戸松遥さん。アニメでも戸松さんが続投となれば、SAO、ダンまちに続き、松岡・戸松コンビで主人公・ヒロインと演じることに(ダンまちと精霊幻想記はメインヒロインではないけど)。

 

 

ローラン=クレール(伯爵/セリアの父)

精霊幻想記第11話より引用

 

 

ベルトラム王国クレール伯爵家の当主であり、セリアの父。

 

フォンテイーヌ公爵派の一員であるが、ユグノー公爵派とのつながりを疑われてシャルルの圧力に屈し、セリアがシャルルに嫁ぐことを認める。

 

セリアのことを「ちゃん」付で呼ぶ記述があり、結構な親馬鹿。

 

 

アルボー公爵派から結構な頻度で疑いを掛けられているが、首の皮一枚で切り抜けている印象。

 

 

 

テナシナ(シャルルの第一夫人)

精霊幻想記第11話より引用

 

シャルル=アルボーの第1夫人。

セリアとシャルルの結婚式前に他の夫人たち(シャルルの第二夫人から第六夫人まで)を引き連れてセリアと対面、セリアをいびる。

 

内心は伯爵令嬢であるセリアが夫人たちの序列を乱すこと、そして子供が生まれた場合の相続問題が発生することを恐れ、前もってセリアに圧力を掛けた模様。