鬼滅の刃 21話「隊律違反」の感想 「禰豆子が鬼殺隊の討伐対象?」

スポンサーリンク

 

感想(ネタバレあり)

 

今回は前半と後半で別の話でした。

前半は塁の回想と懺悔。

そして後半は禰豆子を巡って鬼殺隊の内部の対立です。

 

 

禰豆子のことは義勇さんや鱗滝さんが上層部に掛け合って黙認を貰っていると思ってたのですが。

 


第20話の感想記事はこちらからどうぞ。

鬼滅の刃 20話「寄せ集めの家族」の感想 「5人?いいえ80人でしょ?しのぶさんは全部お見通し」

 

19話が神回だったこともあり、20話はちょっと間延びした感じがしましたね。

内容的には炭治郎の攻撃をしのいだ塁を富岡義勇が倒す一方、姉蜘蛛を胡蝶しのぶが倒したところで終わりました。

 

 

 

スポンサーリンク

塁が家族に飢えている理由

前回義勇に首を切り落とされた塁。

ここで塁の回想が始まります。

 

元々体が弱かった塁。

無惨から血を分けて貰い鬼の体を得ます。

 

元気な体。

父親も母親も喜んでくれるはず。

塁はそう考えたのでしょう。

 

 

しかし現実は違いました。

鬼になったということは人間を食しなければいけません。

つまり塁が生きるためには人を殺さなければいけないのです。

 

今後ずっと人殺しをしなければいけない我が子。

親だったら絶望ものです。

 

そして塁の父親は決意します。

塁を殺すことを。

 

他の人間に迷惑を掛けられない。

父親としては苦渋の決断だったと思います。

 

鬼になったとしても塁は実の子供。

好んで子供を殺す親なんていませんから。

 

でも塁はそういう父親の心情は理解できず、逆に父親を殺し、さらに自分を庇ってくれなかった母親を殺してしまいます。

 

そして父親と母親を害した後に気付くのです。

どうして自分を殺そうとしたかを。

 

それ以来家族というものを欲しがるようになった塁。

自分を守ってくれる家族を自分の手で失ったために、余計に欲しがるようなったのですね。

 

大事なものって失ってから気付くものなので。

 

そして二度と本物の家族を得ることができなかった塁。

 

でもやっぱり親は親でした。

多くの人間を殺し地獄行がほぼ確実である塁。

その塁に父親と母親は付いていこうと言うのです。

 

最後の最後で塁は救われましたね。

 

まあ、これまで塁に殺された人たちの無念を考えれば、素直に感動できませんが。

 

 

義勇と炭治郎の考え方の違い

 

鬼には鬼になった事情がある。

そのため鬼への敬意を忘れない炭治郎。

 

その一方鬼は人を食べる怪物であり、敬意なんて払う必要がないというのが義勇さんの考え方。

 

今回義勇さんは塁が消滅した後に残った塁の着物をわざと踏みつけます。

義勇さんは炭治郎の優しい心を危惧しているのでしょう。

鬼へ感情移入しすぎると辛いし、また油断が生じるかもしれないので。

 

まあ炭治郎は禰豆子のことがありますからね。

鬼=怪物だと単純に考えることができないことも鬼への態度に影響を与えているのでしょう。

鬼=怪物だとすれば、禰豆子も怪物だという結論になってしまうので。

 

 

スポンサーリンク

義勇VSしのぶ

事情を知らない者からすれば禰豆子は鬼であり、討伐の対象。

伊之助もそうでしたし、今回のしのぶさんも同じ。

 

ただしのぶさん、事情を説明しようとしても聞き入れないのはどうかと。

しのぶさん的には禰豆子を庇う炭治郎は正気を失っているとか思っていそうですけど。

 

さっきまで意見の相違が表面化していた義勇と炭治郎ですがしのぶさんを前に言い争いなんてやっている暇はありません。

 

第1話で禰豆子を殺さず鬼殺隊のこと教えたのは義勇さんなので、当然この場面でも炭治郎と禰豆子を助けるためにしのぶさんと対立します。

 

しのぶさんから「嫌われている」とか精神攻撃を受けながらも炭治郎と禰豆子が逃げる時間を作ろうとする義勇さん。

 

しのぶさんが言う通り鬼殺隊の隊律違反になるんでしょうねえ。

だって鬼を切るのを邪魔したのだから。

 

鬼ごっこ?

義勇さんが時間稼ぎをしている間に禰豆子を抱えて逃亡を始めた炭治郎。

しかし追手はしのぶさんだけではありませんでした。

何ともう一人追手がいたのです。

 

その追手は炭治郎や善逸たちと一緒に最終選別を突破した女の子。

名前はカナヲ。

 

そして始まるカナヲと小さくなった禰豆子の鬼ごっこ。

何かこの場面だけほのぼのしてきます。

ただ禰豆子は逃げ回っているだけで捕まるのは時間の問題のような気もしますが。

 

 

後始末

 

突如飛来したカラスの伝令より、炭治郎と禰豆子は拘束されることに。

一応禰豆子の命は助かりましたが、あくまで一時的なもの。

今後鬼殺隊の中で禰豆子をどうするか話し合いがされるのでしょうね。

 

ただ禰豆子は鬼であり、かなり分が悪いと思います。

鬼=怪物というのがほとんどの鬼殺隊士の認識でしょうから。

炭治郎に味方するのは話しベタの義勇さんぐらいではないでしょうかねえ。

 

善逸や伊之助も炭治郎に味方するでしょうけど、下っ端に発言権はないでしょうし。

 

そういえば伊之助。

かなり意気消沈してましたね。

上には上がいると知って自信喪失したようです。

 

まあ伊之助の場合はすぐに元気になりそうな気もしますけどね。

根拠はないけど。

 

スポンサーリンク

終わりに

 

今回はここで終了。

最後の最後で柱がいっぱい出てきましたね。

この流れだと炭治郎が裁かれるのでしょう。

鬼である禰豆子をそのままにしてたので。

 

禰豆子に関しては鱗滝さんや義勇さんが手を回していたと思ってましたが。

 

炭治郎と禰豆子はどうなるのでしょうか?

次回も楽しみです。

 

第22話の感想記事はこちらからどうぞ。

鬼滅の刃 22話「お館さま」の感想 「結論は禰豆子の行動次第?」