エンゲージキス(Engage Kiss) 13話(最終話)の感想「シュウを巡る女の戦いは終わらない」

スポンサーリンク
この記事は約6分で読めます。

 

 

感想という記事の性質上ネタバレを含みます。その点はご注意ください。

 

 

最終話のタイトルは「未解決で大団円」。

まさにそのタイトル通り終わり方でした。

 

「シャロンoutカンナin」ぐらいの変化があったくらいで、シュウを巡る女の戦いは継続してますからね。

 

でもこれで良いと思います。

変に決着がつくより、現状維持でこの関係が続く方が面白いので。

 

続きは「ソシャゲーで」って感じの終わり方でもありませんでしたが、気になる方はソシャゲー「Engage Kill」を遊びましょう(最終話放送時点ではまだ始まってないけど)。

 

 

第12話の感想記事を読みたい方は以下のリンクをご利用ください。

エンゲージキス(Engage Kiss) 12話の感想「ブラコン妹が年上女どもを狙う理由」

 

 

カンナVSシュウ(+カンナ以外のヒロインたち)の戦いが決着!ついでにアスモデウス倒しちゃった

カンナと対峙するキサラ(エンゲージキス第13話)

エンゲージキス13話WEB予告より引用

 

記憶がないまま参戦したキサラ。

手に浮かび出た文字に従っただけなんでしょうけど、キサラの参戦でシュウたちががぜん有利に。

 

キサラ強いです。

どれくらい強いかと言えば「カンナの中から出てこようとしたアスモデウスを一撃で消滅させるくらいに」。

 

 

エンゲージキス第13話より引用

 

 

 

え?

アスモデウスは最終的に退治されるとは思ってましたよ。

でもキサラの一撃で瞬殺されるなんて。

 

アスモデウスは強敵」というイメージを視聴者に植え付けてきたのに。

 

シュウの記憶が無い分、加減してないのでしょうかねえ。

周りの被害を気にする必要ありませんし。

 

アスモデウスを倒しカンナも倒したところで戦いは終了。

 

カンナを殺すこともなく封印もせず。

何か拍子抜けですが戦いは本作のメインではありませんからね。

これで良いと思いますわ。

 

後のシーンで芦屋局長が「しばらくはこちらへの干渉はない」と言ってたので、アスモデウスは完全消滅した訳ではなさそうです。

 

 

 

 

キサラが同業者たちから認められる?

ベイロンシティを守った悪魔退治業者たち(エンゲージキス第13話)

エンゲージキス第13話より引用

 

 

ベイロンシティはもう終わり。

そう結論付けてベイロンシティを去ろうとしてたAAA社以外の悪魔退治業者たち。

でも誰一人逃げませんでした。

 

ベイロンシティへの愛着、悪魔退治業者としての矜持、いろんなもんが重なり合って戦うことを選んだのだと。

 

王道的な展開ですが、こういう展開は楽しいです。

 

 

そしてすべての戦いが終わった後、悪魔退治業者たちはキサラを同じ仲間として認める感じになってました。

 

まあ、キサラ無しでベイロンシティ守れませんでしたからね。

 

一緒に戦っていろいろ思うところがあったのでしょう。

 

 

市長一家(蜂須賀家)内部では権力闘争起きるかも?

ミハイルの言葉に頭が痛くなる姉二人(エンゲージキス第13話)

エンゲージキス第13話より引用

 

 

 

キサラがカンナを倒したことでベイロンシティは救われました。

 

悪魔たちの跳梁を世界が許すわけもなく、ベイロンシティの外では世界各国が攻撃準備をしてたのです。

副市長たちの会話からわかったことは以下の通り。

  • ベイロンシティの外では4か国+星天教会の戦力が集結
  • 戦力は軍艦6隻、戦闘機23機
  • あと30分鎮圧が遅れたらベイロンシティは地図からなくなってた

 

星天教会は悪魔退治に奔走するのはわかります。

でも4か国はベイロンシティ消えたら困るように思えるのですけどねえ。

ベイロンシティ無くなったらオルゴニウムの流通が大混乱すると思うのですけど。

 

まあ、オルゴニウムの流通が減るより悪魔の跳梁の方が脅威だったんでしょうねえ。

 

 

しかしカンナは捕まりアスモデウスは退治されました。

これで市長一家の権力も安泰だったら良いのですけど、今後待ち受けるのは責任の所在

 

子供たちは市長に責任取らせるつもり満々ですが、問題はその後。

市長の跡目を誰が継ぐか。

三人の子供の争いが起こりそうな気配ですねえ。

 

それはそれで面白くなりそうですが。

 

 

妹も加わったシュウの争奪戦は続く

シュウの部屋で対峙するキサラと小姑のカンナ(エンゲージキス第13話)

エンゲージキス第13話より引用

 

 

キサラの記憶は戻らずじまいですが、シュウとキサラは何か良い感じ。

雨降って地固まるということなんでしょうか?

 

でもシュウを巡る女の戦いは終わってません。

捕えられたカンナはちょくちょく脱走してシュウのアパートに転がり込んでいるようですし、アヤノさんもシュウを諦めていません。

 

シャロンはベイロンシティ離れましたけど、シュウへの執着が収まったかは不明。

今までのシャロンの行動を見ればたぶん未練がありそうな気配です。

まあ、アヤノさんをおちょくるためにまだ未練があるように装っているだけかもしれませんが。

 

 

シュウがさっさと1人に決めればすべて終わりそうですけど、シュウって女性に関しては優柔不断ですからね。

この関係がズルズル続きそうな感じがします。

 

冴えカノに例えると2期最終話の関係に似てるかも。加藤優位は変わらないけど、詩羽先輩もえりりも諦めてない感じが、そのままキサラ優位で、アヤノさんとシャロンの現状に重なります。

 

 

あとお墓参りのシーンについて。

両親の墓の隣がマイルズの墓なんですねえ。

 

キサラから記憶を返還してもらったので、シュウもマイルズのことを思い出したのでしょう。

マイルズもシュウも好きだったあれをお供えするところは何か良いです。

 

言葉はないけど伝わってきます。

 

エンゲージキス(Engage Kiss) 13話(最終話)を視聴し終わって

最終話面白かったです。

私は冴えカノみたいな「ラブコメ」を期待してたので、この終わり方で良かったと思います。

 

そしてソシャゲーへの繋ぎはしっかりと果たしたと思いますわ。

解決してないことがいっぱいありますけど、謎が多ければ多いだけソシャゲーをプレーしてみようという気持ちになる人も多いと思うので。

 

 

 


 

この3か月楽しめました。

面白い作品作って頂きありがとうございました。

 



Engage Kissの感想
スポンサーリンク
Aかん:声優・アニメ感想ブログ