異世界かるてっと2 第2話「潜入!こうちょうしつ」の感想 「顔の細い人ケーニッヒの知名度急上昇」

スポンサーリンク
この記事は約5分で読めます。

 

感想(ネタバレあり)

 

顔は覚えているけど名前が出てこない。

こういう経験ってありますよね。

 

今回はその顔は覚えているけど名前が出てこないキャラの知名度が急上昇したお話。

もちろんストーリー的にはキャラの名前を覚えることがメインではないのですけど。

 

しかし今後幼女戦記の続編を作られて場合、ケーニッヒは視聴者から絶対「顔の細い人」のあだ名で呼ばれるようになりますね。

 

実際に1月25日にAbemaTVで放送された劇場版幼女戦記の中で、ケーニッヒが登場するシーンでコメント欄は「顔の細い人」というコメントで結構埋まりましたので。

 

1話の感想記事を読みたい方はこちらのリンクご利用ください。

異世界かるてっと2 第1話「参戦!てんこうせい」の感想 「転校生より目立っていたのは?」

 

1話では盾の勇者一行が転校してきたお話。

また盾の勇者一行以外にも1期には出ていなかったヴィルヘルム、セバス、ちょむすけが新たに登場しました。

 

 

 

スポンサーリンク

狙うは校長室に保管されている赤いやつ

 

学生生活送っていますが、ほとんどのキャラは元の世界で大人扱いされていた者も多いです。

当然赤い飲料(ワイン)の味も知っています。

大人が赤いやつ。

でもこの世界には赤いやつもシュワシュワもありません。

 

でも一か所だけ赤いやつがある場所があったのです。

それが校長室。

 

まあ、あるのなら頂いてしまおうという考えるのは仕方ありませんね。

 

今回このミッションに挑戦するは幼女戦記からグランツ、ノイマン、ケーニッヒ、このすばからカズマさん…そしてこの人、自称女神のアクア!!

 

異世界かるてっと2第2話より引用

 

この時点でミッションの難易度が上がることを悟るカズマさん。

アクアに足を引っ張られ続けたカズマさんの言うことだから説得力ありますねえ。

 

あとこの辺のシーンで、グランツのボイスがかなりのイケボボイスであることに気付きました。

 

小林裕介さんの声ってあんまりバリエーションないと思っていて、スバルとグランツはほとんど変わらないと思っていましたが、グランツの長セリフを聞くと、グランツを演じる時はスバルを演じる時より格段にイケボだと認識しましたわ。

 

 

校長室は罠の宝庫!!そして顔の長い人の知名度急上昇

 

アクアが加わったせいなのか。それとも始めから難易度が高いミッションだったのか。

今となってはわかりませんが、校長室は罠の宝庫。

そこまでして赤いやつを護りたいのか?と言いたくなります。

 

赤いやつのビンを持っただけで発動するレザービーム発射装置、入り口に見せかけたミミックもどき、そして極めつけはジャイアントトード!!

 

このすばで多くのキャラを飲み込み、臭いヨダレだらけにしたジャイアントトードまで罠の一環で現れるなんて。

でもあの軍旗の裏からよく出てこれましたね。

あの裏ってもしかしてこのすばの世界に繋がっていたりして…それはないか。

 

ともかくグランツとノイマンがジャイアントトードの飲み込まれて不味い状況に。

残りのジャイアントトードは2匹。

現状残っている3人のうち2人が犠牲になればあと一人は逃げ切れる。

 

ここで自分を犠牲にアクアを逃がそうとするケーニッヒですが、カズマもアクアも名前を覚えておらず「顔の細い人」と呼んでしまいます。

 

ただカズマとアクアが「顔の細い人」と呼んだことでケーニッヒの知名度は急上昇したことでしょう。

今後ケーニッヒの名前を忘れても「顔の細い人」というあだ名は絶対に忘れないので。

 

地味にこれはケーニッヒの認知度があがることになり、幼女戦記の関係者は大喜びだと思いますわ。

 

たぶん幼女戦記推し以外の視聴者の多くは幼女戦記のキャラ、特に少佐の配下の軍人たちの全員の名前を覚えている人はほとんどいないでしょうからね。

 

私もヴァイツとグランツはわかるのですが、ノイマンとケーニッヒは全く覚えていませんでした。

でも今回のお話で確実にケーニッヒは覚えることに成功したと思いますわ。

 

 

次回は生活指導室で一騒動起きそう

最後はアクアを犠牲にして赤いやつを校長室の外に持ちだすことに成功したカズマさん。

アクアを囮にする当たりさすがとしか言えません。

まあ、カズマがジャイアントトードに飲み込まれるよりアクアが飲み込まれる方が絵になりますからね。

 

あとはカズマさんが勝利の美酒を味わうだけ。

とは問屋は下ろしません。

 

異世界かるてっと2第2話より引用

 

 

ラムの告げ口でロズワール先生にバレてしまったカズマたち。

当然お仕置きされることに。

 

具体的にはカズマたち5人は生活指導室送りにされてしまいます。

初めて名前が出る生活指導室。

 

一体どんな目の合うのでしょうかねぇ。

生活指導室というくらいなので、オーバーロードの恐怖公配下のGに体の中まで入り込まれたり、同じくオーバーのニューロ二スト(校長と同じ声)にあれを入れられて拷問されたりするのかもw

 

いろいろ想像が膨らみますねえ。

 

まあ、生活指導室での指導は簡単触れるくらいで新しい話になる可能性もありますけどね。

 

 

そういえば今回も盾の勇者が出てきましたが、ハッキリ言って影が薄いです。

やっぱり組が違うのが大きいですねえ。

組が違うのでそれこそ1期の時にやった体育祭みたいな行事でないと2組と絡むことがなさそうなので。

 

タイトルがそのまカルテットであること、2組ではなく1組に転入となったこと、OPEDで盾の勇者のキャラがそこまで大きく取り上げられないところをも見ると、盾の勇者はあくまでゲスト出演という立ち位置なんでしょうね。

 

3話の感想記事を読みたい方はこちらからどうぞ。

異世界かるてっと2 第3話「反省!しどうしつ」の感想 「生活指導の恐怖!カズマもアクアも限界?」