将国のアルタイル第24話(最終話)「胎動」の感想 「ザガノスとマフは自分が信じる道を歩み始める」

感想(ネタバレあり)

帝国軍を打ち破り

ピノー大将を討ち取ったマフでしたが、

シエロではカルバハルが処刑され、

シエロは反帝同盟に統治下におかれることになります。

今回のタイトルは「胎動」。

一体何が始まるのでしょうか?

スポンサーリンク

マフがシエロの総督に任命される

カルバハルが処刑されたシエロをどうするか。

それを話し合うために反帝同盟の会議が

開催されます。

会議ではシエロの隣国エスパーダが

シエロを統治し、

さらにシエロ防衛のために

クオーレ同盟が雇用した傭兵たちを

使うという案が主流となっていました。

まあこの手の会議って

利権の分配が主目的ですからね。

クオーレ同盟としては

少なくない金を出した以上、

南ルメリアナ地方に足がかりが欲しいのでしょう。

エスパーダは

帝国軍の遠征軍を壊滅されるために

大きな役割を果たしたのですから

その代償が欲しいのは当然です。

しかし代償と言えば、

遠征軍を派遣して

カリルパシャを失ったトルキエが

一番血を流しています。

それに帝国の遠征軍を壊滅された作戦を

立案したのはトルキエ(マフ)ですからね。

会議に出席したザガノスが

それを主張しない訳ありません。

ただ会議自体は

トルキエに融和的な

ヴェネディック共和国のルチオが

帝国という猛獣を抑えるには

猛獣(トルキエ)が必要と主張。

結果的にトルキエがシエロの統治権を

得ることになります。

トルキエ将国建国以来、

本国外に初めての領土(属州)の獲得です。

トルキエでは将軍会議が開催されます。

議題はシエロの総督人事。

シエロ州はトルキエ本国から遠く離れており、

人選間違えると勝手に独立したり

帝国に州ごと寝返る可能性があります。

そういうことも考慮して

総督にはマフが任命されることに。

一応シエロ戦役の功労者ですし、

またトルキエを裏切る可能性が

低そうですからね。

帝国の遠征軍を壊滅された以上

マフが寝返りたいと言っても

帝国側が受け入れませんから。

あとたぶんザガノスの意向も

影響していると思います。

カリルの事実上の後継者であるマフも

当然帝国との戦争反対派。

将軍会議で邪魔されるより

属州の総督に祭り上げておく方が

ザガノスには都合が良いでしょうけどね。

帝国領侵攻

帝国では

遠征軍の敗北の責任問題、

というよりは今後どうするべきかが

話合われます。

一連の戦闘で

帝国が失った兵力は11万8000あまり。

強大な帝国といえども

かなり痛い損失です。

これほどの損害を出したのですから

しばらくは内政を充実させるべきという

意見が強くなるは当然。

しかしその意見を潰そうとする御仁が一人。

もちろんそれはルイ大臣。

そりゃあ遠征を強硬に推し進めたのは

あんたですし、

ここで内政充実なんて政策が

国の基本方針になったら

立つ瀬がありませんからね。

それにトルキエと和睦するとしても

相手がそれを受け入れるとは限らない。

特に今、

トルキエの将軍会議の主導権を握っているのが

帝国強硬派であるザガノスパシャだから。

ザガノスは帝国にとっても絶望の星。

どうやらルイ大臣はザガノスに関して

何か秘密を知っているようです。

最終回でそんな話持ってくるなよ。

気になるでしょうが。

将国のアルタイル第24話(最終話)より引用

一応ルイ大臣と会話した

赤髪の姉ちゃんがザガノスを小姓あがりと

言ってましたが

一体誰の小姓だったのでしょうか?

またどうして帝国に

恨みを持つようになったのでしょうか?

さてそのザガノス。

将軍会議を主導して

帝国領侵攻を決定させます。

カリルパシャがいなくなり、

ザガノスを止める人間がいなくなって

ザガノスはやりやすくなったようです。

もちろん他の将軍たちも

それなりに考えた結果、

帝国領侵攻に賛成したようです。

帝国とトルキエの戦力比は

8対1。

真っ正面から戦えば

まず勝てません。

しかし帝国は遠征軍を失い、

すぐにはその穴埋めができませんから

もしかして今なら勝てるかもしれない。

よしんば勝てないにしても

さらに帝国に損失を与えれば

トルキエと戦おうとはしばらくは

思わないでしょう。

ただし、

帝国に侵攻して大敗北すれば

今度は帝国に逆侵攻を

受ける恐れもありますけどね。

カリルと一緒のことをする

ザガノスと対峙するマフ。

第1話では歯牙にも掛けられなかったですが

シエロ戦役の武勲がマフにはありますからね。

おそらくザガノスもここまでの功績をマフが

上げるとは思ってなかったでしょう。

そんな二人の会話がたぶん

この24話のメインだと思います。

是非ここはしっかりと見てほしいですわ。

将国のアルタイル第24話(最終話)より引用

結局どちらが正しく間違っているかは

ザガノスもマフもわからないようです。

だから結局自分の判断を信じて進むのみ。

そんなもんでしょうねえ。

正しかったかどうかなんて

それを判断するのは後世の人々ですから。

帝国への恨み、

それに関しても真逆の価値観である

ザガノスとマフ。

ホントにザガノスは

過去にどんなことがあったのでしょうか。

気になるわぁ。

シエロの再建ために汗を流すマフ。

将国のアルタイル第24話(最終話)より引用

そこにあの秘密兵器の設計図を持って

バスコとブランカがやってきます。

もちろん目的は

マフに秘密兵器を作ってもらい、

帝国へ復讐すること。

しかしその有効性を認めつつ、

危険だと判断したマフは

その設計図を燃やしてしまいます。

ここ完全にカリルパシャと同じw

それをバスコから指摘されるマフですが

判断を変えることはありません。

将国のアルタイル第24話(最終話)より引用

でもバスコはここで諦めるのでしょうかねぇ。

どうせまた設計図の複写したの

取っているのでしょ?

次はザガノスのところに行きそうですわ。

終わりに

ザガノス率いるトルキエ軍は

帝国領への侵攻を開始します。

今回のタイトルの胎動って、

ザガノスとマフが

自分の信じる道を歩み始めることを

意味していたのでしょうかねえ。

将国のアルタイル第24話(最終話)より引用

それにしても

ザガノスは帝国打倒を達成できるのでしょうか?

物凄く気になりますが

このアニメ、

今回が最終回なんですよねえ。

良いところで終わり過ぎ。

たぶん続きが気になるなら

原作買ってねということなんでしょうねえ。

やり方悪どいわぁ。

でも気になるから原作買うかもw

2話や3話のころは

マフの青臭さに

感想書き始めたの後悔してましたが、

マフが現実を受け入れ

パシャとして成長して行く過程は

ホント面白かったです。

たぶんその過程に入るまで

我慢できなかった人が

大勢脱落したようですけどね。

あとマフはあくまで戦争反対を唱えますけど、

マフ自身言っていた通り、

マフはカリルパシャの影響を色濃く受けているので

そういう思想になるのは仕方ありません。

そしてそういう思想な方が

ザガノスとの対比となって

ストーリーがより面白くなったと思います。

やっぱり最後は

ザガノスとマフは対立するのでしょうかねえ。

それともザガノスが帝国に敗れて

マフがその敵討ちするという

ストーリーになるのか?

やっぱ気になるわ。

将国のアルタイル(15) (シリウスコミックス)

今回のまとめ三行

・マフがシエロの総督に任命される

・相容れないマフとザガノス

・帝国領への侵攻開始

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする