星合の空 12話(最終話)の感想 「試合後の高揚感は消え、残ったのは少年達の傷ついた心のみ」

スポンサーリンク
この記事は約6分で読めます。

 

感想(ネタバレあり)

 

「ここで終わるの?」

最終話を見た後、こう思いました。

多くの視聴者さんたちも同じ気持ちになると思います。

 

だって何一つ解決してないんだもん!!

試合を楽しんだ高揚感が一瞬でなくなり、待っていたのは非情な現実って…。

 

本作の監督である赤根和樹さんのツイッターによると本作は全2クールの予定(1クールずつの分割)で制作が始まったらしいですけど、途中で1クール全12話に変更になったとか。

ただし内容的には2クール24話編成は変えていないので、今回の12話もこういう終わり方だったようです。

 

普通の監督ならば無理に尺に合わせて、滅茶苦茶な作品にするかもしれないところですが赤根監督は肝が据わってますねえ。

構想に2年掛けたそうなので、それだけ思い入れが強かったのでしょう。

 

しかしまあ、絶対に賛否両論状態になるでしょうね。

個人的には詰め込んで駄作になるよりはこういう終わり方で良かったと思いますけど。

 

 

11話の感想記事を読みたい方は以下のリンクをご利用ください。

慎重勇者 11話「その真実は重すぎる」の感想 「聖哉が慎重な理由」

 

眞己・部長ペアが1勝したのでその時点で部の存続は確定。

ただその一方部長の家では部長の兄さんである涼真の口から驚愕の言葉が出たところで終わりました。

 

スポンサーリンク

星合の空12話(最終話)を視聴するならニコニコ動画で

 

星合の空12話は現在ニコニコ動画で無料公開中です(1週間限定)。

公式配信なので安心ですし、会員登録しなくても視聴できます。

 

星合の空 第12話 - ニコニコ動画
星合の空 第12話 動画一覧はこちら第11話 watch/1576643646新城家では涼真を前にして、母がある決断を下していた。一方、...

 

まだ視聴されてない方はニコニコ動画で。

五瀬兄弟相手に試合を楽しんだ眞己と部長

さて眞己・部長ペアと五瀬兄弟の試合。

相手は全国トップクラスのペアです。

 

さすがに眞己と部長でも相手になりません。

あっという間に追い込まれてしまいます。

 

普通ならこのまま終わるはず。

でも眞己はまだ諦めていません。

 

星合の空12話より引用

 

 

眞己と部長はコートの中を動き回り、相手の動揺を誘う作戦に打って出ます。

これ、直央たちがやった作戦ですよね。

さすがに五瀬兄弟には効果ないだろうと思ったら、五瀬兄弟をイライラさせてミスさせることに成功。

 

そしてとんとん拍子に試合が進み、何と眞己・部長ペアが五瀬兄弟を追い込みます。

さすがにご都合主義と言いたくなりましたが、眞己・部長ペアの勇戦もここまで。

 

星合の空12話より引用

 

互いのほっぺを平手打ちして正気に戻った五瀬兄弟。

その後は眞己・部長ペアはなす術無しで試合終了。

 

結果だけ見ると惜しかったように見えますが、やっぱり実力の差は歴然です。

そして五瀬兄弟は眞己と部長をライバルと認めたようなので、再戦してもたぶん眞己たちは勝てないでしょうね。

 

それはともかく一生懸命試合を楽しんだ眞己と部長。

最低限の目標だった地区大会で1勝というハードルもクリアして、部の存続もたぶん決定。

安堵と共に高揚感が最高潮に達したことでしょうね。

 

ここで終わればスポーツに青春をささげた普通のアニメという評価だったでしょう。

しかしある意味ここからが本作の本番なのです。

 

 

伏線とフラグはそのままでラストは衝撃一歩前で終わる

前回までにたくさん立てられたフラグや伏線。

普通の作品ならば最終回で回収されるところですが、本作の場合、ほぼ回収されず、立てたままで終わりました。

そりゃあそうです。元々の24話構成で作られた作品で、その構成のままで12話放送になったのですから。

ただいくつかは回収とは言えないまでも進展がありました。

 

副部長の本当の母親の件

 

11話で本当の母親が試合を観戦しに来ていたことを知り、追い掛ける副部長。

この展開だと「再会がある?」と思ってましたが、再会できず。

 

星合の空12話より引用

 

その後何か起こることもなく、この話は終了。

 

 

部長と母親の件

11話のCパート。

部長の母親と涼真が会話するシーンで部長に涼真以外に兄弟がいるような描写がありましたけど、それに関しての進展はなし。

ただし母親と部長に関しては大きい進展がありました。

 

星合の空12話より引用

 

 

兄である涼真に試合の結果を報告しようと電話する部長。

でも電話に出たのは涼真ではなく部長の母親でした。

 

そして部長は母親からある報告を聞きます。

「離婚するのよ」と。

 

まあ、父親と母親が離婚することなんてこのご時世では珍しいことではありません。

ただ問題はその後。

 

「嫌いなのよ。憎くてたまらなかった。私を苦しませたあなたが」

 

実の母親がいう言葉じゃないだろ。

たとえ内心そう思っていても言っていい言葉ではない。

 

これ、直央の母親よりムカつくわ。

直央の母親はモンスターペアレントだけど、まだ直央のためにやっているいますからね。

それに比べてこの部長の母親は。

 

これは部長の精神がボロボロにになるかも。

 

 

眞己の憎しみが最高潮に達し、眞己が行動に出る

部長のところも酷いですが、それ以上に酷いのは眞己のところ。

帰宅した眞己を待っていたのは2話以来の登場の璋さん。

 

そして眞己は机の上にあった袋ですべてを察します。

 

星合の空12話より引用

 

 

おそらくあの屑親父が金の無心に来て、金を無理やり持って行ったのでしょうね。

 

その後は本当に見るのが辛いです。

 

スーパーでこれを買い、

 

星合の空12話より引用

 

 

屑親父が住むボロアパートにやってきた眞己。

 

星合の空12話より引用

 

 

自分と母親を守るためにはそうするしかない。

そして…。

 

 

スポンサーリンク

終わりに

本作はここで終了です。

あのラストの後どうなったのか?

見たいようなみたくないような。でもやっぱり見たいかな。

 

それにしても消化不良感は残りましたね。

やっぱり24話全部見たいですわ。

 

毎週続きが気になる作品だったことは確かです。

興味深い作品を作ってくださり、本当にありがとうございました。

続編期待しております。