陰の実力者になりたくて! 第3話の感想「ラブコメ主人公ルート入っちゃった」

スポンサーリンク
この記事は約6分で読めます。

 

 

アニメの感想記事という性質上ネタバレを含ます。まだ3話を視聴されてない方はご注意ください。

 

 

「本作は落差を楽しむ作品」を再認識させられる第3話だったと思います。

陰の実力者がモブを演じるルートが望みだったのに、気付けばラブコメ主人公ルート。

さらに恋人の王女様が失踪して冤罪で使っちゃうことになりそう。

 

目立たず陰の実力者ゴッコを楽しみたいだけだったのに、主人公可哀想。

 

 

作画や声優さんの演技は言うことなし。

特に主人公のCVである山下誠一郎さんの演技は良かったですねえ。

エロマンガ先生やロードエルメロイ2世の事件簿なんかで名前は知ってましたけど、シドの落差ある演技がホント上手かったです。

 

 

第3話の感想記事を読みたい方は以下のリンクをご利用ください。

陰の実力者になりたくて! 第2話の感想「シャドウガーデンを作った理由」

 

 

 

転生前の主人公はヤバい奴だった

主人公が異世界転生した原因は交通事故。

これは1話の時点でわかってましたけど、事故直前の詳しい描写が3話のアバンで描かれました。

 

主人公予想以上にヤバい奴でした。

 

錯乱状態でトラックに突っ込んで異世界転生って。

 

トラックの運転手気の毒過ぎます。

完全に主人公の頭がいっちゃってたの悪いのに。

 

 

異世界転生の方法って大概事故ですが、主人公の方が悪い事故ってあんまり例がないかも。

 

仮に現実世界に主人公が残ったままだったら、絶対何かやらかしたと思いますわ。

 

 

七陰が主人公に別れを告げた理由

陰の実力者になりたくて!第3話より引用

 

前回の最後のシーン。

七陰から別れを告げられた主人公ですが、その理由も今回明らかになりました。

 

主人公は七陰から見捨てられたと思っているようですが、現実は違います。

 

七陰は世界規模の組織だったディアボロス教団に対抗するため世界に散ったのです。

 

まあ、ディアボロス教団の規模が大きいとわかり、このまま七陰がまとまって行動するより各自行動して組織を充実させる方が良いと思ったのでしょう。

 

なろう版だとアルファたちがそのことを主人公にしっかり伝えるのですけど、アニメ版だとそこら辺がぼかされました。

 

異世界転生時の事情のようにあとで再び描かれるのでしょうかねえ。

 

 

 

モブキャラルートがラブコメ主人公ルートになっちゃった

陰の実力者になりたくて!第3話より引用

 

実力者と言えばその正体を隠すもの。

これはある意味お約束。

 

主人公のシドも「実力者のお約束」を守るべく、学園生活ではモブキャラとして目立たない生活を送るつもりだったようです。

 

モブはモブを呼ぶ。

という訳かどうかはわかりませんが、友人にうだつの上がらないモブキャラの権化みたいなヒョロとジャガを選びます。

 

 

主人公のモブ友の一人、ヒョロのCVは松岡禎丞さん。このキャステイングのせいで「ヒョロも実力隠している」とかミスリードする視聴者さん多そうな気がします。経歴的にモブやるような声優さんではないので。

 

でもモブキャラライフはすぐに終わりを告げました。

 

まさか王女様への告白イベントが成功しちゃうなんて

 

はい、これでモブキャラルートは終わり、ラブコメ主人公ルートに入っちゃいました。

 

 

ここから主人公は目立ちまくり。

そりゃあ、王女様の恋人なんです。

目立たない訳ありません。

 

一応シド自身はそこまで目立ってないというモノローグありましたが、そんな訳ないです。嫉妬するような奴はターゲットの粗探しをするので、絶対にシド自身も目を付けられていますわ。

 

 

王女様の恋人って嫉妬を集めてロクなことになりませんからね。

 

 

 

王女様が主人公シドを恋人にした理由

陰の実力者になりたくて!第3話より引用

 

王女様がモブキャラ演じてた主人公を恋人にした理由。

その第1は時間稼ぎだったようです。

 

王女様にはフィアンセがおり、それが学校の剣術指導してるゼノン。

欠点がない完全無敵の相手であり、それが王女様をいらつかせている模様。

 

傍から見ればツンデレに見えなくもありませんが、欠点だらけの王女様からすれば、欠点が全くないゼノンは自分をイラつかせるだけの相手のようです。

 

時間稼いでも無駄なような気もしますけどね。

ゼノンは絶対に王女を諦めたりしないでしょう。

完全な逆玉なので。

 

仮にゼノンが諦めるとするならば、それはゼノン自身が取り返しのつかないような失態を犯した場合だけかと。

王女様はそれを待っているのでしょうけど、完璧に近いゼノンは失態犯しそうにないです。

 

でもゼノンに裏の顔とかあれば別ですけどね(意味深)。

例えば秘密結社の構成員だとか。

 

 

基本に忠実過ぎるために、目立つ姉と比較されて屈折した性格になっちゃった王女様。

案外主人公にお似合いのような気がします。

性格というか性分が似ているので。

 

 

あと主人公。

モブキャラ演じるつもりだったら、王女様の前でもモブで通せよと言いたいですわ。

 

ラブコメ主人公ルート入って戸惑っていたくせに、自分からラブコメ主人公ノリノリでやってるじゃないか。

恋人に反論を言うなんて完全な彼氏の立ち位置そのもの。

 

シドと王女様は喧嘩別れしたようにも見えますが、あれ絶対落ちましたわ。

王女様のドS気質がさらに上がるけど、それは好きの裏返しという感じになっていきそう。

 

でも本作は真っ当なラブコメではありません。

当然大どんでん返しというか、主人公が危機に陥る流れになっていきます。

 

 

冤罪を掛けられた主人公シド。

さあ、取り調べという名の拷問の始まりだ」という流れですな。

 

中世と近世の間のような世界で、まともな人権なんて存在しないでしょうから。

 

 

陰の実力者になりたくて!第3話を視聴し終わって

王女様が失踪して冤罪被りそうな主人公。

そういえば1話2話3話って全部誰かが誘拐されてますね。

毎回誰かが誘拐されるのが本作のお約束になるのでしょうか?

 

次回は王女様失踪の謎が明らかになるのか?

そしてその原因は?

 

次回も楽しみです。

 

第4話の感想記事はこちら。

陰の実力者になりたくて! 第4話の感想「シャドウガーデン再始動」