ありふれた職業で世界最強 総集編の感想 「最後の最後で残念ウサギが出てきた」

スポンサーリンク




 

感想(ネタバレあり)

 

今回は総集編です。

前回第5話の最後の次回予告には6話って出てたのに。

何か問題が生じていわゆる「万策尽きた」になったのでしょうか?

 

ただし、完全な総集編という訳でもありませんでした。

最後の最後、Dアニメストアで配信されているもので言えば21分29秒から新作カットが入っています。

第6話でメインとなる残念ウサギのカットが。

 

 

第5話の感想記事はこちらからどうぞ。

ありふれた職業で世界最強 5話の感想 「ユエと反逆者の住処でイチャイチャの2か月」

 

反逆者の住処にたどり着いたハジメとユエ。

武器や車を作りながらイチャイチャしておりましたわ。

 

 

スポンサーリンク

今回の総集編の良かった点について

 

いつもはストーリーに沿って、いろいろ感想を書き殴っていますが、今回は総集編のため、良かった点と悪かった点に焦点を当てて書くことにします。

 

まずは良かった点です。

 

時系列順になっているのでストーリーがわかりやすい

今回の総集編、1話からただ順番に流すのではなく、時系列順に再構成されていました。

第1話でいきなり前半の見せ場、ハジメが闇落ち(?)する場面を流していろいろ酷評されたのを考慮して、わかりやすいように時系列順にしたのでしょうか?

 

この時系列順にしたという点は個人的に良かったと思います。

だってストーリーがよりわかりやすくなったから

 

どんな異世界に飛ばされたか、どんなクラスメートがいるかを最初に把握できれば、ストーリーについていけますからね。

 

また本作の場合、「最初に示された異世界の内容」と「真実のこの世界の内容」が違いが大きな意味を持っているので。

 

ちなみに真実のこの世界の内容についてはハジメが第8話で愛ちゃん先生に語るシーンがあります。

ありふれた職業で世界最強 第8話の感想 「再会した愛ちゃん先生へトータスの真実を話すハジメの意図は?」

 

ハジメたちを召喚した神様はクソッタレだったようです。

 

 

残念ウサギを登場させ、意味深なセリフを喋らせた点

 

総集編はこれまで放送したものを流すのが一般的。

ただ今回の総集編、前述したように6話に登場予定の残念ウサギこと「シア」がちょっとだけ登場しているのです。

 

やっぱり新作カットがあると総集編を最後まで見てよかったという気持ちになれます。

 

ちなみにシアが言ったセリフ。

 

「いつになったら会えるんですか?」

 

まるでハジメたちが来ることを知っているかのようなセリフ。

これはシアの能力に関係する大事なセリフなんですけど、これをしっかりと入れた点は良かったと思います。

 

原作を読んでないアニメ組はこのセリフを聞いていろいろ考察されることでしょうから。

 

 

スポンサーリンク

今回の総集編の悪かった点

 

次は悪かった点。

一番はナレーションがなかったというところです。

 

一般的な総集編ってわかりやすいようにメインキャラを演じる声優さんがナレーションを入れるのが普通。

 

例えば去年のグレンクレスト戦記の総集編の場合はシルーカ役の鬼頭明里さんがナレーションしており、そのため初見の方でも内容がわかりやすくなっています。

もちろんそれで全体像を完璧に掴める訳ではありませんけど、興味を持つ端緒によりなりやすいはず。

 

その一方本作の場合、ナレーションはなく、ただこれまで放送した内容を継ぎはぎしただけ。

正確にはこの異世界「トータス」についてハジメが語っている部分がありますが、あれって本放送で流してものかも。

 

今まで視聴している方ならば、それでも内容を掴めますが、初見さんには絵だけで理解しろとするのはキツイと思いますわ。

 

急な問題が生じて、ナレーション作る時間さえなかったのかもしれませんけどね。

 

終わりに

 

6話を楽しみにしてたので今回は本当に残念でした。

是非次回こそは6話を視聴したいですわ。

 

 

第6話の感想記事はこちらからどうぞ。

ありふれた職業で世界最強 第6話の感想 「サブヒロインのシアが登場してもユエの地位は揺るがず」