シャインポスト第11話の感想「蓮ちゃんの春に対する想い」

スポンサーリンク
この記事は約4分で読めます。

 

 

アニメの感想記事という性質上ネタバレを含みます。その点はご注意ください。

 

 

今回は杏夏メイン回と思ったら、蓮ちゃんの春への強い想いを伝える話だったと思います。

もちろん杏夏の話もありましたが、どちらかというと次回がメインなる感じかと。

 

蓮ちゃんの春への執着凄いですよね。

そして必死な思いが伝わってきます。

 

でも現在のHY:RAINに春が加わっても逆に面倒になりそうな気がします。

武道館でのライブも成功させトップアイドルになっているHY:RAIN。

 

 

シャインポスト第11話より引用

 

そこに春が加わったら逆にバランスがおかしくなりそうな気がしますけど。

 

それにHY:RAINの全員が春の再加入を希望してるかどうか。

 

春がHY:RAINにいた時に在籍してたメンバーは良いかもしれませんが、春が脱退した後に加入した子は春への思い入れとかないでしょうし。

 

 

まあ、春自身がきっぱり断ったので、仮に中野サンプラザのライブで蓮ちゃんを納得させることができなくても、春のHY:RAIN再加入は完全になくなったと思いますが。

 

 

第10話の感想記事を読みたい方は以下のリンクからどうぞ。

シャインポスト第10話の感想「春を巡る『TINGS VS 蓮ちゃん』の戦いが始まる」

 

 

 

蓮ちゃんが春に執着する理由

蓮ちゃんが春に執着する理由が今回の話で明らかになりました。

 

シャインポスト第11話より引用

 

 

幼馴染で一緒にアイドルになると誓った仲。

さらに自分の実力不足で春の足を引っ張ったという後悔。

 

これらが積み重なった結果、春への異常な執着を生んだようです。

 

そして春が再びHY:RAINに戻ってきて貰うために努力を重ねる蓮ちゃんとHY:RAINのメンバーたち。

逆恨みせず自分たちの実力不足を認めて努力する。

いいですねえ。

純粋だし眩しいですわ。

 

蓮ちゃんを含むHY:RAINメンバーたちの素直さがその後のHY:RAINの成功に繋がったのが何となくわかります。

HY:RAINを応援したくなりますね。

 

他のアイドルモノだったら、HY:RAINは嫌なグループに描かれたもおかしくありません。

 

その点本作は変に対立構造にせず、ライバルのアイドルチームの印象を強める演出上手いです。

ギスギスな感じがないので安心して視聴できますわ。

 

春はHY:RAIN再加入をきっぱり断る

蓮ちゃんの春への執着。

たぶん春も嬉しいと思います。

HY:RAINというトップアイドルグループから必要とされているのです。

これほど光栄なことはありません。

 

でも春は蓮ちゃんにに伝えました。

HY:RAINには加入しないことを。

 

躊躇なく断る春はカッコいいです。

 

そして春はTINGSに手応えがあるのでしょう。

自分の力を今のTINGSだったら全力で出せると。

 

 

蓮ちゃんはタイミングを間違えましたね。

春が実力出せないことにTINGSの他メンバーが気付いてギクシャクした時だったら、ワンチャン可能性あったのに。

 

 

 

 

 

杏夏が再び落ち込む

春がHY:RAIN入りを断った。

 

その場でそれを聞いた杏夏は嬉しかった半面、ビビったと思います。

 

春はHY:RAINでなくTINGSを選んだ。

つまりそれだけTINGSのポテンシャルに春は期待しているということ。

他のメンバーはともかく、自分はTINGSの足を引っ張らないかと。

 

 

シャインポスト第11話より引用

 

ネガティブモードに入った杏夏は結構ウザい。

しかしこのままではいけません。

中野サンプラザでのライブは目前なのです。

 

そこでマネージャーが何か仕掛けるようですね。

でも今回はここまで。

 

良いところで終わりやがった。

早く続きが見たいです。

 

 

 

シャインポスト第11話を視聴し終わって

中野サンプラザのライブまで残り僅か。

 

マネージャーは杏夏に大きな役割があるような言い様で終わりましたけど、おちゃめなジョーク以外で杏夏が戦力になるようなことって何かあるのでしょうかね。

 

まあ、次回それが明らかになるかと思います。

次回も見逃せませんわ。

 

 

第12話の感想記事はこちら。

シャインポスト第12話(最終話)の感想「中野サンプラザの次は?」