エンゲージキス(Engage Kiss) 11話の感想「契約破棄」

スポンサーリンク
この記事は約7分で読めます。

 

 

※感想記事という性質上ネタバレを含んでおります。その点はご注意ください。

 

今回はいつも以上に早く終わった感じ。

それだけストーリーに没頭できたのかも。

 

今回はシュウの妹であるカンナの話はそれほどなく、ほとんどシュウとキサラの過去の話がメインでした。

シュウとキサラの関係、契約方法、そして契約破棄。

 

キサラはシュウとの契約を終了破棄し、自分だけでカンナを倒すつもりなんでしょうか?

まあ、シュウがこのまま引き下がるとは思えませんけど。

 

前述したように今回シュウの過去がちょっとだけわかったのですけど、シュウってやっぱり屑ですわ。

 

 

では今回明らかになった事実を書いておきます。

  • キサラの中のシュウの記憶をカンナが盗み見た模様
  • 衛星兵器の攻撃でカンナは海の中へ沈み行動停止
  • カンナとの攻防をペイロンシティは火山噴火だったと隠蔽
  • カンナを星天教会はS級悪魔と認定した
  • カンナが原因でペイロンシティに悪魔が出現し、AAA社以外の業者が退治した
  • シュウの遠縁に人間と悪魔のハーフ(キサラ?)がいるらしい
  • 悪魔(キサラ)を洞窟に封印したのはシュウの一族
  • キサラはシュウの先祖の子?
  • シュウとキサラは血が繋がっている
  • 悪魔との契約の代価は「魂、記憶、寿命、五感」などがあるらしい
  • 記憶を代償に選んだのはシュウ自身
  • 悪魔との契約の順序は「代価の指定、両者の合意、悪魔への名付け」
  • 儀式の簡略化のためにシュウが契約書を作成
  • キサラは自分で契約書を書き換え、キスを契約の方法とした
  • キサラはシュウとの契約を破棄

 

 

 

第10話の感想記事を読みたい方は以下のリンクをご利用ください。

エンゲージキス(Engage Kiss) 10話の感想「アスモデウスの目的」

 

 

 

カンナがシュウの記憶を盗み見

エンゲージキス第11話より引用

 

妹の救出を第一に頑張ってきたシュウ。

その一方妹のカンナの方もシュウに興味があったのでしょうか?

 

キサラを槍で貫き、そこからキサラがシュウから奪ったシュウの記憶を盗み見したようです。

 

カンナがブラコンかどうかはこの時点ではわかりませんけど、仮にブラコンだったら激おこだと思いますわ。

 

シュウの記憶ってこれまでの女性遍歴満載ですから。

 

記憶を盗み見されたことの怒ったキサラでしたが、カンナを攻撃できません。

シュウから奪ったカンナの記憶が足を引っ張ったのかも。

 

 

衛星兵器でカンナを活動停止に追い込んだけど

前回登場した衛星兵器。

 

エンゲージキス第10話より引用

 

この手の作品だと衛星兵器とかは全く歯が立たないのが相場。

ところが本作の衛星兵器は悪魔に対しても効力を発揮したようです。

 

衛星兵器のピンポイント攻撃によりカンナは海の底に沈み活動停止。

カンナにピンポイントで当てるのも凄いのに本当に活動を止めちゃった。

 

衛星兵器強すぎ。

 

ただカンナを倒すまでは行かなかった模様で、今度活動再開するのは確実でしょう。

 

現にベイロンシティ内では低級の悪魔が複数出現し、AAA社以外の悪魔退治の業者が荒稼ぎしたみたいなので。

 

この悪魔退治業者たち、意外と個性がありそうで、この人たちにスポットライト当てた話も見たかったかも。

まあ、ソシャーゲーの方で描かれるかもしれないので、そっちに期待ですわ。

 

 

S級認定と隠蔽

活動停止したカンナ。

しかしこれで終わりだとは誰も思っていません。

 

星天教会はカンナをS級悪魔と認定。

星天教会は全力を挙げてカンナ潰しにまい進するでしょう。

 

一方ベイロンシティの上層部。

カンナの出現と攻撃を海底火山の噴火と隠蔽して時間を稼ぐつもりのようです。

 

今後どうするべきか?

話し合う三姉弟。

 

次女の凛花は弟のミハイル先輩に激おこの模様です。

 

 

エンゲージキス第10話より引用

 

第10話でアヤノさんと一緒にミハイル先輩の指令を受けた悪魔退治業者に攻撃されましたからね。

そりゃあ弟恨むのも当たり前です。

 

ただ怒っていても、現在はカンナをどうするべきかの方を優先させます。

この辺はまともな為政者って感じですね。

 

ちなみに三姉弟の父ちゃん(市長)は各国からの抗議の対応をさせられているようです。

市長って完全に三姉弟の傀儡状態ですね。

何か哀れですわ。

 

 

シュウとキサラの過去、そして契約破棄

エンゲージキス第11話WEB予告より引用

 

カンナの攻撃で瀕死の重傷を負ったキサラ。

傷口も完治せずシュウたちを心配させますが、夜目を覚ましてシュウと話をします。

そしてすべての記憶をキサラに渡そうとするシュウ。

 

シュウはカンナを助けるためにすべてを差し出すつもりだったんでしょう。

 

しかしキサラは受け入れませんでした。

それどころかキサラはシュウとの契約を終了させてしまいます。

 

 

ここからは過去の回想。

シュウとキサラの関係とかが明らかになります。

 

一気にいろんな情報が明らかになりましたね。

キサラとシュウが遠縁だとか、悪魔の代償の種類とか、悪魔との契約の順序とか。

 

詳しくは前述した通りですけど、シュウって意外に優秀みたいです。

 

優秀じゃないとあれだけぶ厚い契約書なんて作れないですし、契約終了の記載(補足263)を目立たなくさせるなんて芸当できませんから。

 

補足263(契約破棄の条件、順序):「儀式時にシュウが両手の指を組んで神に祈ったら、契約破棄の意思とみなす」という内容だった

 

 

シュウの誤算はキサラがあの契約書を隅から隅までしっかりチェックしたことでしょう。

普通は読み飛ばして後悔するってパターンであり、シュウもそんな風に想定してたはずなので。

 

結果、契約破棄はキサラの方からもできるようになって契約成立。

 

そしてキサラが負傷して入院しているタイミングで契約破棄をキサラが決断したのです。

 

 

新補足263(契約破棄の条件、順序):「契約破棄は儀式(キス)している時に手を恋人繋ぎすると効力発生」

 

 

キサラはシュウが大事だからこそシュウを巻き込みたくないのでしょう。

 

 

 

契約破棄後、キサラの口から飛び出した言葉。

 

「あなたは誰?」

 

 

シュウの立場だったら発狂しちゃうかも。

それくらい恐ろしい言葉です。

 

 

キサラがシュウのことをわからない。

つまりキサラが奪ったシュウの記憶がキサラの中に無いということになるかと。

 

契約破棄で奪った記憶がすべてシュウに戻されたのですかね?

そうなるとマイルズとの記憶や惨劇が起こった時の記憶も戻ってシュウは精神的にまずいかも。

 

 

エンゲージキス第11話を視聴し終わって

キサラがシュウとの契約を破棄して今後どうなるのでしょうか?

普通ならシュウを巻き込まず、キサラだけでカンナとの決着を付けるのでしょうけど、キサラはシュウの記憶が無くなり、カンナと戦う意味すらわかんなくなっているかも。

 

回を経る度に次が気になるように展開になっていきますね。

 

早く続き見せてくれ。

 

 

第12話の感想記事はこちらから。

エンゲージキス(Engage Kiss) 12話の感想「ブラコン妹が年上女どもを狙う理由」



Engage Kissの感想
スポンサーリンク
Aかん:声優・アニメ感想ブログ