エンゲージキス(Engage Kiss) 10話の感想「アスモデウスの目的」

スポンサーリンク
この記事は約7分で読めます。

 

感想記事という性質上ネタバレも含みます。その点はご注意ください。

 

 

さあ盛り上がってきました。

アスモデウスとの最終決戦です。

 

ただ最後でシュウの妹も復活したみたいで、アスモデウス=妹なのか、アスモデウスと妹が別存在なのかは今のところ不明。

 

もっと盛り上がらせるつもりならアスモデウス=妹にするでしょうけどね。

 

でも現在のシュウは母の顔すらわからないくらい記憶があやふや。

妹であってもシュウは躊躇なく殺してしまいそうな気配です。

 

記憶を代償にキサラを強くするって設定、良い感じで作用してますね。

普通の主人公だったら悩み苦しむところをサラッと回避できるので。

 

しかし同時にヒロインたちのことまであやふやになって、もの悲しくなってくる。

キサラとアヤノさんがシュウを巡ってドタバタしてた頃が懐かしいです。

 

 

ではいつものように今回明らかになったことを箇条書きにしておきます。

 

  • AAA社がシャロンを保護(監禁)してた
  • シュウはアヤノさんの名前すらあやふな状態になってる
  • アスモデウスはヨーロッパで暴れまわってた
  • 16年前にアスモデウスはシュウの母親と入れ替わってシュウの妹を生んだ
  • シュウの父親は最強のエクソシストだった
  • ベイロンシティはメガフロート
  • 事故のあった採掘場を隠すためにベイロンシティごと動かしていた
  • D災害が起こった場所を線で結ぶと紋章の形になっちゃった
  • アスモデウスの目的は人間と悪魔が手を携えて一緒に仲良く生きる世界
  • 例の事故(シュウの父親が起こした爆発)でアスモデウスはこっちの世界に現れなくなった
  • マイルズが引き起こしたD災害の目的は均衡を壊しシュウの妹をゲートにして悪魔をこっちの世界に呼び込むこと(アスモデウスも含む)
  • シュウは母親の顔すら覚えていない

 

アスモデウスの目的は「人間と悪魔が共存する世界」。

言葉にすれば良い感じですが、シャロンは皮肉みたいに言ってたので、現実は悪魔が人間世界を乗っ取り、好き勝手やる感じなんでしょうねえ。

人間はよくて悪魔の奴隷、最悪悪魔のための生贄とかにされそう。

 

 

第9話の感想記事を読みたい方は以下のリンクをご利用ください。

エンゲージキス(Engage Kiss) 9話の感想「悪魔アスモデウスの正体」

 

 

目的地は事故があった採掘場

エンゲージキス第10話より引用

 

AAA社が匿っているシャロンの元でメインキャラたちが集まり情報整理です。

その結果、あの事故が起こった採掘場が怪しいということで一致します。

 

まあ、あそこにはシュウの妹が封印されているので、一度調べる必要があるのは確かですからね。

 

そういえばこのシーンでシュウはアヤノさんの名前がすぐに出てきませんでした。

記憶をキサラに渡し過ぎて記憶のあやふやな領域が増えたのでしょう。

これはフラグなんでしょうかねえ。

このフラグは折らないとシュウの廃人エンドなりそうで怖いです。

 

 

さて、ヒロインたちはそれぞれ採掘場を目指すことになります。

 

個人的にはこの後キサラとシャロンが手を組んだのが意外でした。

手を組むならキサラとアヤノさんだと思ってたので。

 

まあ、キサラとシャロンは打算からの一時共闘なのは確実。

たぶんアスモデウス倒したらシャロンは再びキサラの首を狙うでしょうから。

 

 

 

 

 

副市長から情報を得ようとしたけれど

エンゲージキス第10話より引用

 

親友(?)の凛花(ベイロンシティ副市長)から情報を得ようとしたアヤノさん。

ただ得られたものは少なかったですね。

 

副市長誘拐犯にでっち上げられた上に採掘場の現在の場所くらいしか情報が得られなかったので。

 

採掘場の場所はシャロンが予測してキサラと共に先行してましたし。

 

ただ採掘場の場所の情報をシュウに渡せたことで、キサラのピンチにシュウは駆けつけることができました。

恋敵のキサラを救ったしまった形ですが、アスモデウス倒さない限り、シュウを巡る戦いをやる余裕がありませんからね。

 

結果的にアヤノさんグッジョブということになりそうです。

 

 

アスモデウスの目的は悪魔と人間の共存?

エンゲージキス第10話より引用

 

採掘場に向かう船の中でシャロンの口から重要な情報が語られました。

その中で一番重要だったのはアスモデウスの目的。

 

それは「人間と悪魔が手を携えて一緒に仲良く生きる世界」の成立。

 

一見良いことのように思えてきますが、こんなこと誰も信じないでしょう。

というかシャロンが嘲り含んだ口調で言ってるのですから、これはあくまで建前、実質は悪魔が人間社会を牛耳り好き勝手やるって感じになるかと。

 

まあ、悪魔にとって人間なんて使役するものぐらいにしか思ってないでしょうからね。

 

 

 

衛星兵器で採掘場ごと破壊するの失敗

エンゲージキス第10話より引用

 

ベイロンシティの警察庁長官であるミハイル先輩。

ベイロンシティの秩序を守るためなら何でもするヤバいやつ。

その一端を今回見ることができました。

 

キサラたちが採掘場にいることを知りながら衛星兵器で採掘場を破壊しようとしたのですから。

 

でも失敗。

まあ、この手の兵器で悪魔倒せるなら星天教会もエクソシストもいりませんからね。

 

それに50年前の衛星兵器って……。

元ネタはアメリカのスターウォーズ計画のやつでしょうかねえ。

ソ連に対抗するために当時のレーガン大統領が提唱したやつ。

 

 

エンゲージキス第10話より引用

 

 

 

私と同世代くらいのオタクだったら覚えている人多いかと。

この世界だと実際に衛星兵器作ってたのですねえ。

悪魔には役立たずだったけど。

 

 

 

 

アスモデウスの復活とキサラ負傷

シュウの妹をゲートとしてアスモデウスが戻ってきた模様。

シャロンとキサラが迎撃しますが、防戦一方。

 

そんな時にシュウが到着して、母親の姿をしたアスモデウスの分身(?)をシュウが躊躇なく攻撃します。

 

家族の仇を取るために記憶を失っていったシュウ。

その家族の顔を認識できないくらいに記憶を失ったシュウを見るのはいたたまれませんわ。

たぶんキサラも同じ気持ちだったのでしょう。

 

そしてこのままだと自分たち(ヒロインたち)のことすらも記憶から消えてしまうかもしれないと考えたのかも。

 

 

実際にマイルズの記憶をキサラに渡したことでそれに付随する記憶があやふやになったみたいですからねえ。

アヤノさんの名前がすぐに出てこないくらいに。

 

アスモデウスのことも大変ですが、ラブコメ視点から言えばシュウの記憶のことも重要。

 

シュウからすべての記憶を渡すと言われたキサラ。

さあ、どうする?というところでキサラ負傷し、シュウの妹復活です。

 

 

エンゲージキス第10話より引用

 

 

シュウの妹の格好はどう見ても悪魔。

アスモデウスがシュウの妹と同化しているのか、操っているだけなのかは現在のところ不明。

 

次回はシュウとシュウの妹の戦いが見れそうですね。

シュウは妹のことを覚えているか?

それによって戦いの行方も変わってきそうな感じがします。

 

エンゲージキス(Engage Kiss) 10話を視聴し終わって

記憶があやふなになっていながらも戦い続けるシュウ。

妹と対峙した時に躊躇なく攻撃できるか?それとも記憶が残っていた攻撃できないか?

 

どっちに転んでも良い気分にはならないでしょうね。

でもここでシュウが負けたら人類に未来ない感じ。

 

シュウは戦えるのか?

次回が楽しみです。

 

第11話の感想記事はこちら。

エンゲージキス(Engage Kiss) 11話の感想「契約破棄」



Engage Kissの感想
スポンサーリンク
Aかん:声優・アニメ感想ブログ