ダンまち4 第2話の感想 「フラグ立てすぎ」

スポンサーリンク
この記事は約9分で読めます。


※感想という記事の性質上ネタバレを含みます。読む際はその点にご注意ください。

 

 

今期は金掛けてる。

 

2話視聴して実感しました。

作画のクオリティ高いですもん。

 

ダンまちのテレビシリーズってOPと1話の作画クオリティ高いけど、2話以降クオリティがガクッと下がるのがお約束だったので。

 

そして動く。

2話最後の戦闘シーンが動く動く。

2話からそんなに動かして大丈夫というくらいに。

 

あと背景。

これまでもダンジョン内部の描写はありましたけど、25階層からのいわゆる「下層」の描写は段違い。

 

時間と金掛ければクオリティ爆上がりすることがよくわかりましたわ。

 

鬼滅の劇場版あたりからクオリティ重視のアニメの本数増えてきたような気がします。

良い傾向ですわ。

 

 

 

では第2話の内容を大雑把に書いておきます。

  • 1話特殊EDの続き(24階層での戦い)
  • キャンプ設営
  • ベル君は偽善者になると宣言
  • 食事後の会話シーンでフラグ乱立
  • 25階層グレートフォールへ
  • 貴重な素材をゲット
  • ルヴィスと遭遇
  • 未知のモンスターと戦闘し、千草負傷
  • ルヴィスと千草が植物(苔?)に浸食される

 

 

ストーリー的にはそれほど大きくは動いておらず、テンポ重視に方には物足りないかもしれませんが、ここらのシーンは大事なところ。

ここで立ったフラグがストーリーの重厚感を増すことになるので。

 

 

第1話の感想記事を読みたい方は以下のリンクをご利用ください。

ダンまち4 第1話の感想「ダンジョン遠征始めました」

 

 

原作12巻の感想記事(ネタバレあり)を読みたい方はこちらのリンクからどうぞ。

【ラノベ】ダンまち12巻の感想「ベルの成長、そして仲間たちの成長」
12巻はダンジョンの冒険がメイン。ダンジョンでベル君危機一髪です。

 

 

ベル君は偽善者になる

 

 

3期の時、ディックスから偽善者と罵られたベル君。

そりゃそうです。ゼノスは助けて普通のモンスターは倒すのですから。

 

真面目なベル君のこと、自身でも葛藤があったでしょう。

 

でも吹っ切れたようです。

偽善者と言われるならばそれでも良いと。

 

まあ、偽善でもそれで助かる人がいますからね。

ベル君のおかげで何人何匹助かったことか。

 

もちろんそういう偽善は回りまわってベル君を助けることになります。

 

仮にゼノスを助けなければ、ベル君はこの遠征で死んでいたことでしょう。

 

情けは人のためにならず。

まさにその通りの展開になります。

 

 

それと仲間の信頼厚いベル君。

でもベル君に頼り過ぎじゃないですかねえ。

 

ベル君中心にコンビネーションが上手くいっているのはわかります。

でもその起点のベル君がいなくなったら?

 

頼りすぎると後が怖いです。

ダンジョンは何が起こるかわかりませんから(フラグ)。

 

 

 

フラグ乱立であとが怖い

ダンまち4第2話より引用

 

食事後の各ペアによる会話のシーン。

どのペアの会話もフラグや伏線のオンパレードでしたわ。

 

  • 春姫・命:春姫を命が絶対に守る
  • ベル・ヴェルフ:ヘスティアナイフは魔法を貯められない
  • ダフネ・リリ:最悪の事態
  • カサンドラ・千草:予知夢
  • ベル・アイシャ:このパーティーはあんた(ベル)次第、ダンジョンの理不尽さ

 

どれも嫌なフラグや伏線ですね。

原作組の方はわかるでしょうけど、このフラグ、全部現実になっちゃうのですよ。

 

アニメ1期でタケミカヅチファミリアにパスパレードされて窮地に陥ったことがあるベル君。

今回はあのレベルではありません。

 

ベル君たちも視聴者も絶望を思う存分味わうことになります。

 

 

食事や食事後のシーンの中で、酒盛りやアイシャの食べごろ発言がカットされてました。まあ無くても問題ないと判断されたのでしょう。
原作通り進むと今後グロいシーンがいっぱい出てきます。どんなふうに表現されるかちょっと楽しみです。

 

 

25階層グレートフォールへ

ダンまち4第2話より引用

 

前述した通り、4期は背景がより素晴らしいです。

そしてグレートフォールの水量と巨大さが目から十分伝わってきます。

 

モンスター出なければ観光地になりそうですが、水の中も岩の中もモンスターがいっぱい潜んでいるのですよね。

今回もいきなり岩の中からモンスターが現れて、命がサマーソルト決めてましたし。

 

あとこのシーンでもフラグ伏線立ってました。

 

水の中に落ちたら云々というやつ。

まさか水の中落ちる奴なんておらんやろ…と思いたいのですが。

 

 

それとリリのこの笑顔。

 

ダンまち4第2話より引用

 

リリが重視するのは遠征の収支。

ウンディーネ・クロスなど装備に金が掛かってますからね。

 

貴重なアイテムゲットでほくほく顔になるのは仕方ありません。

 

手のひら返しが返って心地よいです。

 

 

 

ルヴィスと遭遇そして未知のモンスターとの戦い

ダンまち4第2話より引用

 

1話で唐突に登場したルヴィス。

2話にして早くも再登場です。

片腕失った状態で。

 

そしてルヴィスの後ろには緑色のデカいモンスターが。

 

 

ダンまち4第2話より引用

 

シルエットの状態だとミノタウロスと見間違えても仕方ありません。

第1話の最終シーンでは、このモンスターをミノさんと誤認した視聴者さんいっぱいいたようですし。

 

ただミノさんよりこっちの方が厄介です。

飛び道具がありますからね。

 

その飛び道具のために千草負傷。

そして傷口から植物が生えてくる事態に。

 

ほぼお約束ですね。

植物が生えてきてエネルギーが吸い取られるの。

 

さあ、千草(それとルヴィスさんも)どうなる?

 

 

ベル君が言ってた通り、このモンスターの正体は強化種。他のモンスターの魔石を食べて強くなった奴です。ソードオラトリアでも同じような奴いましたね。あっちはお姉さん的なビジュアルでしたが。

 

 

ダンまち4第2話を視聴し終わって

今回はここで終了。

ルヴィスと千草が植物に浸食されてしまい、カサンドラの予知夢通りになってきた?

そしてあの未知のモンスターは?

 

キリがいいところですけど、次回が気になる終わり方でしたわ。

 

次回も楽しみです。

 

 

第3話の感想記事はこちら。

ダンまち4 第3話の感想「憧れのあの人と同じように」