旗揚!けものみち 4話の感想 「ストーリーの流れがパターン化してちょっとマンネリな気がしてきた」

スポンサーリンク




 

感想(ネタバレあり)

 

今回は目新しいことがほぼ無い通常回という感じ。ストーリーがちょっとマンネリ感じてきました。

 

そしてストーリーと同じように源蔵も魔獣に関すること以外、全く進歩してない状態。

それもマンネリ化に影響しているのかも。

 

現状、源蔵がそうやって魔獣に掛かりきりになれるのも全部シグレのおかげ。

 

でも逆を言えばシグレが金策してくれるから、源蔵が頼りっきりになっているとも言えます。

仮にシグレがいなくなったら数日で源蔵たちは破たんするでしょうね。

 

個人的にはシグレのありがたみを源蔵たちが身に染みて知るような話希望ですわ。

 

 

3話の感想記事はこちらからどうぞ。

旗揚!けものみち 3話の感想 「行き倒れてた少女リンダブレアの正体は?」

 

3話はリンダブレア改め花子と源蔵が出会うお話。

居付かれて大変な目にあるのほぼ確定でしょうかねえ。

 

 

 

スポンサーリンク

源蔵と夢を共有するシグレは今日も剣を拾う

旗揚!けものみち4話より引用

 

お金を稼ぐために内職に勤しむシグレ。

その一方、源蔵は魔獣やコボルト奥さんにご執心、花子は大食らい、花子の従者のカーミラは酒飲んで熟睡。

本当にここにはシグレ以外金食い虫しかいないのかよ(蟻さんは除く)。

さらに源蔵はコボルト奥さん(20匹の子持)にご執心だし。

 

というか、源蔵はペットショップを開きたい訳でしょ。

そして開くには国にお金を収めて開業の許可を貰う必要がある。

そのお金を銀行から借りるためには頭金を何とかしなければならない。

 

ちゃんと道筋があるのに、それに向けて頑張らない主人公って…。

 

ただシグレにも問題があるのですよ。

シグレが金策するので、源蔵たちは働かなくても食べていけるから。

 

源蔵たちを見捨てて逃げてもいいのに、それをしないシグレって、夢や大望がある貧乏ミュージシャンや貧乏芸人を養っている健気な女性にも見えてきます。

 

でもその金策もいろいろと…。

 

旗揚!けものみち4話より引用

 

だって金の源泉は陽炎が持っている貴重な剣ですからね。

陽炎が源蔵にお仕置きされる度に、陽炎の剣を拾ったと宣い、そのまま自分のものにして、それを売って金に換えているので。

 

仮に陽炎が源蔵たちに話掛けてこなくなれば、金策の手段がなくなり万策尽きそうな気がするのは私だけでしょうか?

まあ、陽炎は完璧なアホなので、これからも源蔵に話掛けてその度にシグレが剣を拾うことになりそうですけどね。

 

 

源蔵たちはまったく進歩なし!!その一方邪悪そうな姫さまが…

 

銀行に頭金を入れる約束をすっかり忘れていた源蔵はギルドの仕事を引き受けることに、

依頼内容はグリフォン討伐。

 

当然結果は失敗。

 

旗揚!けものみち4話より引用

 

そして助けたグリフォンは大きく成長し、そのエサ代で源蔵たちの財政はさらに圧迫と。

 

ここでシグレは怒った方がよかったと思いますけどね。

魔獣にご執心で緩みきった源蔵にカツを入れるためにも。

たぶん今後も同じこと繰り返しますよ源蔵は。

 

さすがにこのパターンばかり毎回見せられると視聴者はちょっと飽きてくるというか、呆れますよ。

 

 

ただマンネリパターンが脱出するかもしれない可能性がアバンとCパートに。

 

 

まずはアバンの方。

 

旗揚!けものみち4話より引用

 

1話以来の登場となるアルテナ姫。

ただ1話の一件のため、周りからは尻姫という不名誉なあだ名がつけられた模様。

源蔵を探しているようですが、源蔵を探し出してどうするのでしょうか?

 

 

そしてCパート。

 

旗揚!けものみち4話より引用

 

 

ダークな感じとダメそうな感じの匂いがするキャラが出てきましたね。

格好つけてますが、CVのために残念キャラにしか見てきません。

たぶんそれも狙いなんでしょうけど。

 

 

スポンサーリンク

終わりに

 

今回はここで終了。

そろそろ新しい展開が欲しいですね。

マンネリ化してきて、視聴者もそろそろこのパターンに飽きてくるころだと思います。

そのためのアバンの尻姫とCパートの新キャラなんでしょうけど、果たしてマンネリ打破をしてくるのか?

次回が楽しみです。

 

5話の感想記事はこちらのリンクからどうぞ。

旗揚!けものみち 5話の感想 「その人は魔王じゃなくてMAOだから」