幼馴染が絶対に負けないラブコメ 「おさまけの基本的な内容とキャラの基礎知識」

この記事は約9分で読めます。

2021年4月から放送される幼馴染が絶対に負けないラブコメ、略して「おさまけ」。

その基本的なストーリーとキャラの基礎知識をまとめてみました。

 

ところどころネタバレ書いているのでその点はご注意ください。

 

アニメ第1話から第5話の感想記事はこちらからどうぞ。

おさまけ第1話の感想 「初恋相手に復讐しよう」

おさまけ 第2話の感想 「もう一人の幼馴染?」

おさまけ 第3話の感想 「決戦!告白祭」

おさまけ 第4話の感想 「三人目のヒロイン登場!」

おさまけ 第5話の感想 「幼馴染は記憶喪失」

 

 

おさまけの内容について

 

おさまけは主人公を複数のヒロイン達が取り合う「ハーレム系ラブコメ」に分類されます。

主人公である末晴以外は頭が回るキャラばかりであり、ヒロイン同士の騙し合いも見どころに一つかと。

恋愛頭脳戦とまでは言いませんけど、駆け引きが面白いのは確かです。

 

また「初恋は毒」、「嘘は薬」などいろいろと考えさせるキーワードを使っているところも特徴かな。

 

 

アニメ化される範囲でヒロインとして認識されているのはクロ、シロ、モモの3人。

 

一応幼馴染ポジションにいるはクロですが、幼馴染も定義によっていろいろ変わってきます。

 

またタイトル的には「幼馴染勝利」が確定しているように思えますが、タイトルはあくまで「負けない」というだけであり、勝つとは書いてません

 

1話を視聴する前はこれぐらいの知識があれば良いと思います。

 

 

おさまけに登場するキャラ説明

今回はラノベ2巻までに登場する主要キャラについて簡単に説明しておきます。

結構ネタバレになる内容も書いているのでご注意ください。

 

 

あと原作第1巻のクロが末晴へ復讐を提案した時点での人物相関図も作ってみました。

 

丸末晴(主人公)

おさまけ第2弾PVより引用

 

 

本作の主人公。

正直者で馬鹿でスケベ。

鈍感とまでは言えないけど、いろいろな情報を鵜呑みにして恋へ警戒感が強い。

 

典型的なラノベ主人公タイプであり、シロに憧れている。

 

 

ところがシロに付き合っている相手がいることを知り意気消沈。

幼馴染であるクロから「シロへの復讐」を提案され、それに乗ることに。

 

 

後に結成される群青同盟での役職は「正直すぎて残念」。

 

 

末晴から見た主将キャラとの関係

  • クロ⇒幼馴染
  • シロ⇒初恋の相手(それだけ?)
  • モモ⇒妹的存在
  • 哲彦⇒悪友

 

 

志田黒羽(ヒロイン)

おさまけ第1話より引用

 

通称「クロ」。

末晴の幼馴染ポジション。

4人姉妹の長女(4つ子ではない)。

 

末晴の隣に住んでおり、末晴のことが好きなことを隠さない。

末晴に告白したが撃沈済。

一度末晴に振られた恨みは強く、告白祭で末晴の方から告った際には「ヤダ」の一言で受け入れず。

その後受け入れなかったことを後悔することにになるが。

 

 

コミュ力が高い一方、ライバルであるシロを嫌っている。

 

末晴にシロへの復讐を提案する一方、その間疑似恋人関係になるなど策士の一面も。

名前通り結構クロい。

 

末晴の振ったことで末晴にトラウマが残ったことが判明すると記憶喪失になったと偽装し、末晴との関係を修復しようとするが、末晴にバレてさらに険悪な状態へ。

 

その後「末尾に好きを付ける」作戦などを駆使して末晴との関係を元に戻す。

 

 

原作4巻では色仕掛けを危惧するモモやシロに対して自身のことを「乙女」と言い張る。

 

群青同盟での役職は「黒幕」。

 

 

人間的な欠点はほぼない(ただし味覚に難あり)。末晴がクロの告白を受けいれていれば問題起らなかったのに。

クロから見た主将キャラとの関係

  • 末晴⇒幼馴染、大好き
  • シロ⇒敵
  • モモ⇒敵
  • 哲彦⇒末晴の親友(利用価値はある?)

 

可知白草(ヒロイン)

おさまけ第2弾PVより引用

 

通称「シロ」。

末晴の初恋の相手ポジション。

 

気高く近寄りがたいイメージを作っているが、実際はコミュ障なだけ。

クラスで話すのは末晴以外だと芽衣子ぐらい。

 

 

芥見賞受賞作家であり、雑誌のグラビアに載るくらいの美形。

学校で阿部先輩と付き合っていると話してしまい、末晴の復讐を招く。

実際はずっと末晴のことが好き(全くブレない)。

 

子供時代の末晴からは「シロー」と呼ばれており、幼馴染と言っても良い関係。

末晴の方はシロが正体を明かすまで気付かなかったが。

 

哲彦は天敵だが、クロを出し抜くため一時的に手を握ることも。

その結果沖縄合宿が実現した。

 

末晴との関係性に悩むが沖縄合宿を経て、末晴との適切な位置を発見。

負傷した末晴の介護の名目で末晴との同棲を目論む。

 

 

群青同盟での役職は「ポンコツ」。

 

 

冴えカノで言えば詩羽先輩に近いかも。コミュ障気味で作家で毒舌でポンコツですし。

 

シロから見た主将キャラとの関係

  • 末晴⇒?
  • シロ⇒敵
  • モモ⇒敵
  • 哲彦⇒好ましい人物ではない

 

桃坂真理愛(ヒロイン)

おさまけ第2弾PVより引用

原作1巻の最後から登場。

 

通称「モモ」。

ヒロインレースではクロシロに続く3番手。

末晴の妹的ポジション。

 

毒親の元から姉と一緒に逃亡し、今は姉と一緒に生活している。

子役時代の末晴と出会った当初はヤサグレていたが、だんだんと末晴に懐いて行った。

 

末晴からは恋愛対象と見られていないことを認識し、恋愛対象と見られるまでクロシロと末晴を分け合ってもよいと考えている。

 

若手女優で大人気。

ただしクロと同等以上の腹黒である

 

群青同盟での役職は「客寄せパンダ」。

 

 

あざとさの権化。また腹黒さはたぶんヒロインで一番。見た目に騙されてはいけないという典型。ただし学力はない。

モモから見た主将キャラとの関係

  • 末晴⇒お兄ちゃんポジション、大好き
  • クロ⇒敵(末晴の過去の女)
  • シロ⇒敵
  • 哲彦⇒不明(たぶん何とも思ってない)

 

甲斐哲彦(悪友)

おさまけ第2弾PVより引用

末晴の悪友ポジション。

末晴とはよく喧嘩するが哲彦がすぐに末晴を丸め込んで仲直りする。

 

女癖が悪く三股したことがバレて学校では総スカン状態。

アニメ第1話の時点では七股継続中。

 

ただし頭はキレる。

原作ではヒロインたちの活躍の点数付け係みたいな感じに。

 

群青同盟を旗揚げし、金儲けを企む?

 

とある事情で深く憎む相手がいる。

 

群青同盟での役職は「だいたいこいつのせい」。

 

阿部充(シロの彼氏?)

おさまけ第1話より引用

末晴達の先輩。

現役の俳優でシロとは以前から親交があり、シロの彼氏だと言われている。

 

ただし阿部先輩自身はこれをあることに利用しようとするのだが。

 

嫌な奴に見えなくもないが実は…。

 

浅黄玲菜(後輩)

おさまけ4話より引用

 

原作2巻から登場。

 

末晴の学校の後輩。

哲彦が贔屓にしている何でも屋。

胸が大きい。

 

群青同盟のお手伝い係。

末晴に恋心を抱いていない。

 

峰芽衣子(シロの親友)

おさまけ第4話より引用

 

シロの数少ない親友。

お昼ごはんを一緒に食べる仲。

 

妄想して暴走しがちなシロのストッパー的存在。

出番はそんなにないかも。

 

 

 

志田碧(クロの妹)

おさまけ4話より引用

 

 

志田家の次女。幼馴染ポジション。

原作2巻から登場。

 

男勝りな性格で末晴とはいつも喧嘩している(ツンデレ?)。

ただし末晴が凝視するくらいに胸が大きい。

 

 

志田蒼依(クロの妹)

おさまけ4話より引用

 

志田家の三女。当然幼馴染ポジション。

朱音とは双子となる。

原作2巻から登場。

 

志田家の中では一番心優しい。

あるキャラへ淡い恋心を抱いている。

 

 

スポンサーリンク

志田朱音(クロの妹)

おさまけ4話より引用

 

志田家の四女。もちろん幼馴染ポジション。

原作2巻から登場。

 

朱音と異なり眼鏡を掛けている。

理知的だがコミュ障。

 

可知総一郎(シロの父親)

おさまけ第2話より引用

 

シロの父親。

末晴が出演したドラマのスポンサー企業の社長だったコネで、シロのために末晴を家に招待した。

 

シロクロモモの争いでは中立を保ち、シロに肩入れしない。

群青同盟の後ろ盾となる。

 

 

ハーディ・瞬(事務所の社長)

モモが所属している事務所の社長。

原作2巻から登場。

 

クロを馬鹿にしたことで末晴の関係が断絶。

末晴へCM対決を持ちかけ、末晴を芸能界復帰させようと画策するが群青チャンネルに敗退。

モモが事務所を離れることに。