おさまけ 第12話(最終話)の感想『「おさかの」とは?』

この記事は約9分で読めます。

 

感想(ネタバレあり)

 

今回で最終回のおさまけ。

作画的にはギリギリセーフって感じでした。

 

1話があの出来だったのに、その後大崩壊を起こさず最終回を終えたのは評価できると思います。

 

ただ最終回も部分的には悪いところありましたけどね。

シロやモモに比べてクロは崩れる割合高すぎるような気がします。

 

一方演出については文句が何点かあります。

まずは冒頭の紫苑のシーン。

どうしてパンツを強調したのか意味不明。

これまでちょいエロとかで売ってきた作品だったら、紫苑のパンツもアリだったと思いますけど、この作品エロさで人気を集める作品ではないですからね。

 

最後の最後でファンサービスのつもりだったのかもしれませんが、たぶんこの作品のファンは求めてなかったと思います。

 

仮にもっとエロいシーンだったら…。

 

 

次にBパート最後の「末晴のファンクラブの話」とCパートの「チャイルドキングの真エンディング」。

原作とは順番が逆になってましたけど、順番を変える必要はなかったと思いますわ。

 

AT-Xで放送された時にSNSや掲示板の書き込みを見てましたけど、夢オチと勘違いしている人いたようでしたからね。

 

順番を変えたのは末晴のファンクラブの話をCパートにしたら「続編あるかも?」と誤解する人が出ない様にするためだったかも。

まあ、それだったら末晴のファンクラブの話自体を消してしまえば良かったのだから、順番変えた意味が何かあるのでしょうかねえ。

 

演出への文句最後はクロの回想シーン。

原作でもあんな感じですがちょっと長すぎ。

あそこは工夫して欲しかったです。

 

 

最後に「おさかの」について。

 

「おさかの」の説明についてはあんなもんでしょう。

もともと原作でもわかりにくい話でしたからね。

 

 

 

第11話の感想記事を読みたい方は以下のリンクをご利用ください。

おさまけ 第11話の感想「トラウマにも寄り添える子が一番」

 

 

 

クロと末晴の思い出の場所は?

ドキュメンタリー撮影の最後はクロ。

クロは末晴を思い出の場所に連れていく。

 

おさまけ第12話より引用

 

クロシロモモの中で最も末晴と一緒に過ごした時間が長いクロ。

自分が一番末晴のことを知っているという自負が伝わってくる一方、自分の知らない末晴がいることに複雑な心境なのが伝わってきました。

 

末晴に対する独占欲だけが強いのかもしれません。

だからこそ、シロやモモと仲良くなれないのかも。

 

一応クロって原作などの記述を読むと敵を作らない性格ですからね。

シロやモモも末晴を巡るライバルでなければ上手くやっていたと思います。

 

でも現実はシロもモモの恋敵。

仲良くすることはできないのです。

 

 

さてクロが撮影場所に選んだのは洞窟。

母を亡くした末晴の気持ちを知った場所でもあります。

 

自分の家にいると怖い(寂しい)から秘密基地を作ってそこにいる。

それだけ母の死が重かったのでしょう。

母の死は直視できないけど、怖さ(寂しさ)で間接的に母親がいないという苦しさを味わっていると考えるとやるせませんわ。

 

ここに末晴を連れてくれば、末晴のトラウマを刺激するかもしれない。

その危険性もあったはず。

でもクロはここを選んだ。

 

モモに続きクロも末晴のトラウマに寄り添うつもりなんでしょう。

 

自分のことしか考えてなかったシロの評価、どんどん低くなっていきますわ。

 

 

あとクロが末晴を好きになった理由についても言及ありました。

一番リアルですよね。

好きになった理由がわからないというのは。

 

 

クロの秘策「おさかの」とは何?

クロの告白に心が揺らぐ末晴。

意を決した末晴はクロへ返答しようとするが。

 

おさまけ第12話より引用

 

 

末晴の返答を時間切れと一刀両断したクロ。

そのクロが末晴に提案したのが「おさかの」になります。

 

このおさかの意味を原作第4巻からおおまかに引用すると以下の通り。

 

 

  • 付き合うまでは行ってない
  • 付き合うに準じた好意を持っていることを相手に伝えている
  • 今は付き合えないけど、何かの切っ掛けがあったら付き合うことを約束
  • 関係の解消はどちらからでも言うことが可能
  • デートはするのは可
  • 手を繋ぐのも可
  • 付き合ってないので相手以外の人とデートするのも可
  • キスは付き合う合図(つまりキスした時点でおさかのから恋人に)
  • 胸を触るのは付き合ってから(恋人になったら可ということ?)
  • 「おさかの」の関係は秘密

 

 

イマイチわかりづらいですが「恋人になることの予約」みたいなものですかね。

 

予約段階なので、相手以外の人とデートしても文句を言われない。

また相手以外の人が好きになったら関係を解消しても良い。

こんな感じ。

 

 

末晴は現時点でシロとクロ、どちらか一方に決められない。

だからクロの告白を断ろうとした。

 

仮にここで振られたらクロは2度振られたことになり、そのダメージははかりしれません。

1回目振られた時はライバル不在でまだ安心できたでしょうけど、現在は強力なライバルが2人もいますからね。

 

振られるのはマズい。

そこで次善の策としてクロが出したのがこの「おさかの」という訳です。

 

クロとしてはこの「おさかの」を使ってどんどん末晴との関係を進展。なし崩し的に恋人になろうという魂胆なんでしょうね。

優柔不断な末晴には結構有効な手かも。

 

 

しかし、第3話で末晴の告白を受けいれていれば、「おさかの」というモノを持ち出す必要なかったのに。

ホントあれがターニングポイントだったと思います。

 

 

スポンサーリンク

末晴の人気上昇でクロシロモモに危機感が

公開されたドキュメンタリーとチャイルドキングの真エンディング。

その結果末晴の人気が上がり、学校で末晴のファンクラブができてしまう。

それを知ったクロシロモモは危機感を感じることに。

 

おさまけ第12話より引用

 

ドキュメンタリーで末晴が子役を辞めた真相を知って同情。

そしてチャイルドキングの真エンディングを見て末晴の演技力を再評価。

そりゃあ人気出るし、モテまくるのは当たり前です。

 

クロシロモモはこうなる事態を考えてなかったのでしょうかねえ。

 

否、そんなことはありません。

群青同盟を作る時点で女子の加入希望者の割合について哲彦から聞いてますからね。

当然3人ともある程度は覚悟してたと思います。

ただファンクラブができるくらいまでモテまくるようになったのは想定外だったということでしょう。

 

この事態に3人はどうするか?

それは原作第5巻のお話となります。

 

正直このシーンはいらなかったと思いますよ。

このシーン入れたことで「2期のへの布石?」と考えるファン絶対にいますから。

 

まあ、それを恐れて本来原作第4巻の最後のシーンであるここを、チャイルドキングの真エンディングと順番入れ換えたのでしょうから。

 

ただ入れ換えた結果、真エンディングが浮いた状態になってしまったのですけどね。

 

 

哲彦と先輩との会話でクロの恐ろしさを再確認

群青同盟の部室を訪れる先輩。

いつものように先輩は哲彦に今回の採点を聞く。

 

おさまけ第12話より引用

 

おおよそ3話毎になる哲彦・先輩による評価です。

原作ではここで先輩がハーディ・瞬と哲彦の関係に首を突っ込みそうになって哲彦が大激怒するのですけど、アニメ版ではそのシーンカットされてました。

 

さて、今回の採点でわかったことはクロの恐ろしさです。

シロ自身に不利になることを言わせるように誘導しただけでなく、末晴に秘密と言ってた「おさかの」の話を哲彦にバラしてたなんて。

 

まあ、哲彦は敵に回すより味方にしておく方がいいですからね。

「おさかの」のことを先に哲彦に教えておけば、哲彦はそれを壊すより利用しようと考えるでしょうから。

 

哲彦って意外と優しいところありますからね。

末晴を毎回手玉に取ってますが、踏み入ってはいけないラインには絶対入らない様にしているので。

 

それにしてもこの哲彦と先輩のシーン、ラブコメの解説としては上手く考えたと思いますわ。

ラブコメって関係が複雑化してこんがらがることがよくありますけど、このような形で解説があるとこんがらがるのを回避できますので。

 

ただ先輩の作画はもうちょっと頑張って欲しかった。

まあ、ヒロインに手を抜かれるよりはマシですけどね。

 

 

おさまけ最終話まで視聴し終わって

おさまけ第1話の感想記事でも書きました、放送前の期待値が高すぎたのがこの作品の悲劇だったと思います。

去年の特番で放送されたPV見た時点で「この作品はヤバいかも」と認識すべきでした。

 

でもそれができなった。

完璧すぎる声優起用と制作会社「動画工房」の名前が視聴者まで惑わせたのだと

 

個人的には原作買って放送を楽しみにしてたので、この結果は本当に残念です。

おそらくアニメでの続編は無理でしょうから、できればドラマCDなので声優さんたちの演技を堪能したいですね。

 

賛否両論でしたが、個人的にはちょっと懐かしさを感じさせる演出は結構好みでした。

ただし最終回で紫苑のパンツを強調した演出には幻滅しましたけど。

 

 

製作時間が短すぎたのか、資金的に余裕がなかったのか、それとも動画工房の事情なのかはわかりません。

でも大崩壊せず、また1回も万策尽きなかったことは良かったと思います。

 

原作者さま、スタッフの皆さん、お疲れさまでした。