五等分の花嫁∬第4話の感想 「五つ子の決断」

この記事は約6分で読めます。

 

感想(ネタバレあり)

 

第4話の内容をまとめると以下のようになります。

 

  • 四葉を助けるためにフータローと五月が入れ替わり作戦を実行
  • 髪を切った二乃が陸上部の部長にガツンと言う
  • 四葉の問題解決
  • 二乃と五月が仲直り
  • 期末試験
  • フータローが家庭教師を辞める
  • 五つ子が決断
  • フータローが川に落ちて五つ子が救おうとする
  • フータローが家庭教師に復帰

 

第2期第1部最終回って感じの終わり方でした。

まあ、実際今回が一区切りでしたからね。

 

ストーリー的には細かいところを切ってますが、メインストーリーは原作通りって感じ。

 

フータローの家庭教師と贅沢な生活を天秤に掛けてフータローの家庭教師の方を取った五つ子。

フータローの存在感がそれだけ大きくなったということなんでしょうね。

 

 

 

第3話の感想記事を読みたい方は以下のリンクをご利用ください。

五等分の花嫁∬第3話の感想 「2つの別れ」

 

第3話ではフータローと零奈の会話の中身が明らかに。

また四葉のためにフータロー達が動き始めたところで終わりました。

 

 

 

フータロー立案の入れ替わり作戦始動

陸上部のことで悩む四葉を助けるため、入れ替わり作戦を立案するフータロー。

四葉と入れ替わることを五月に頼むのだが…。

 

五等分の花嫁∬第4話より引用

 

人の良い四葉では陸上部の部長に引っ張られて期末試験の勉強ができない。

それに四葉も陸上部を辞めたがっていることが第3話でわかり、四葉と陸上部を引き離すために一肌脱ぐことになったフータローですが、まさか入れ替わり作戦を立案するとは。

 

五つ子だから顔は一緒。

自分も違いがわからないから、たぶん陸上部の部長も四葉と五月が入れ替わってわからないはず。

フータローはそう考えたのでしょう。

 

ただ顔は一緒でも髪の長さが違いますからねえ。

それを考えず五月に入れ替わりを頼んだフータローは本当にアホですわ。

 

 

 

三玖が二乃とがっつり話す

二乃の宿泊するホテルに現れた三玖。

二乃は三玖にフータローに騙されたことを話すが…。

 

五等分の花嫁∬第4話より引用

 

 

フータローに騙されていたことがよっぽど悔しかったのでしょうねえ。

三玖に愚痴るくらいですから。

でも三玖が言ったように五つ子は結構フータローを騙していますから、どっちもどっちだと思います。

二乃だって1期の時にフータロー騙していますし。

 

そして緑茶と紅茶の茶葉の話からいろいろ納得する二乃と三玖。

まあ、違ったように見せても元は一緒。

五つ子もそれと同じだと二乃も悟ったのでしょうね。

 

ここで二乃はある決断をします。

その決断は結果的に五月や四葉を助けることに。

 

仮にここで二乃が決断しなければ四葉を陸上部から引きはがす作戦は失敗してたかも。

 

 

 

二乃の圧に陸上部の部長も降伏

四葉と入れ替わった五月だが、髪の長さで四葉でないことが陸上部の部長に看破されてしまう。

そこに四葉が戻ってきたのだが…。

 

五等分の花嫁∬第4話より引用

 

顔が一緒だからバレないと安易に考えてたフータロー。

髪の長さが違うことは考えてなかったのでしょうねえ。

 

この世界ではみんなフータロー並の馬鹿ばっかりと思ってましたが、髪の長さに目がいかないのはフータローだけだったようです。

 

まあ、髪の長さで見分けがつくなら、髪の長さが四葉と一緒なら見分けがつかないということ。

という訳で二乃が髪の毛切って四葉に変装。

そして陸上部の部長にガツンと言ってやります。

いいですねえ、二乃の圧ってフータローへ向けられている時は本当にイライラしますけど、嫌な奴に向けられると何か頼もしく感じますわ。

 

二乃が髪の毛を切ったのは四葉を助けるためというよりは、過去の自分との決別の意味が大きいのでしょうね。

だからこの後のフータロー関連での決断でも二乃は反対意見を述べなかったのでしょう。

 

仮に三玖と話す前の二乃だったら、残りの4人がフータロー関連で決断する時、1人だけ反対意見言ってたかもしれません。

フータローに騙されていたことに怒っていたので。

 

 

フータローが家庭教師辞任!そして五つ子は決断する

期末試験が終わり、フータローが来るのを待ってる五つ子。

そこにやってきた義父の運転手である江端から、フータローが家庭教師を辞めたこと、そしてフータローがこのマンションへの立ち入り禁止となったことを知る。

 

フータローに家庭教師を続けて貰うため、五つ子はある決断をする。

 

五等分の花嫁∬第4話より引用

 

ここのパートは一番不満が多いところかも。

原作ではフータローと五つ子の義父の会話があり、フータローが説教するシーンがあったのですが、会話シーンがほぼカットされてしまい見どころも消滅。

 

フータローがどれだけ五つ子のことを想っているか分かるシーンだったのでちょっと残念です。

 

その一方膨れっ面になっている三玖のシーンが切られないで良かったです。

原作でもあそこは三玖の見どころシーンの一つなので。

 

フータローを救うため川の中へ

12月24日。

新しいバイトに勤しむフータローの前に現れた五つ子。

ケーキのデリバリーを頼み、フータローを連れだすことに成功した五つ子が向かった先は?

 

五等分の花嫁∬第4話より引用

 

フータローがマンションに入れないなら、五つ子が引っ越せばいい。

という訳でマンションからアパートに引っ越し、フータローは家庭教師を続けることに

 

五つ子無茶しますねえ。

フータローが再度断るという可能性を考えなかったのでしょうか?

またフータローを助けるためとはいえ、全員川に飛びこむって…。

 

まあ、全員飛びこんだのは一人の例外もなくフータローを助けたいと思ったからでしょうけど。

 

一番の注目はやっぱり二乃だったでしょうか?

絶対フータローになびかないと思ってたのに、胸がドキドキしてたということは…。

 

またケーキの心配している五月はブレないなぁと思いました。

 

 

五等分の花嫁∬第4話を視聴し終わって

 

今回はここで終了。

第4話で原作第6巻(第50話)まで消化しました。

このペースだと本当に原作第10巻まで1クールで消化してしまうかも。

 

さて次回はタイトル見ると一花メイン回になるみたいです。

2期のOPの一花の姿が本編で見られるはず。

次回も楽しみです。

 

次回の感想記事はこちらから。

五等分の花嫁∬第5話の感想 「一花メイン回!ただし出番的に一番美味しかったのは?」