ダンまち3 第6話「人造迷宮(クノッソス)」の感想 「ダイダロスの呪いが子孫を狂わす」

この記事は約7分で読めます。

 

感想(ネタバレあり)

 

第6話の内容をまとめると以下のようになります。

 

  • ゼノス達がイケロスファミリアの団員を捕らえて尋問
  • 18階層でガネーシャ・ファミリアとゼノス達が抗戦
  • ベル君とリドが戦う
  • アスフィの言葉を聞かずリューさんとアイシャが加勢
  • リューさんがベル君の説得に失敗してアイテムを渡す
  • ダイダロス通りでヘルメスがイケロスを見つける
  • ベル君とフェルズがクノッソスの中に潜入
  • リリがソーマ・ファミリアの元団長であるザニスから情報を聞き出す
  • ディックスがダイダロスの血の呪いを話す
  • ディックスのカースでゼノス達が同士討ちを始める
  • 今まで登場してなかった喋るモンスターが仲間達と急行する

 

 

今回のメインは人造迷宮(クノッソス)を作ったダイダロスとその子孫であるディックスだったと思います。

ダンジョンに狂わされたダイダロスとそのダイダロスの血の呪いで狂ったディックス。

ディックスもある意味被害者ですけど、同情する気持ちにはなれませんね。

 

まあ、原作だともうちょっと説明とかあるのですけど、その辺がアニメでは切られていてディックスの悪い面が強調されている感じです。

 

そして今回は最後の最後であいつが初登場しました。

今期のラスボスであるあのモンスター。

次回はその片鱗が見れるかも。

 

 

第5話の感想記事を読みたい方は下のリンクをご利用ください。

ダンまち3 第5話「惨劇の王者(イケロス・ファミリア)」の感想 「真相を探るためにベル君も18階層へ」

 

第5話ではウィーネがディックス達に捕まり、グロス率いる強硬派がリヴィラを街を壊滅させ、その討伐隊にベル君が加わったところで終わりました。

 

 

スポンサーリンク

ダンジョンに狂わされた男

一心不乱に何を作り続ける男。

狂っているとしか思えないその男の正体は?

 

ダンまち3 第6話より引用

 

 

第6話のアバン。

この人誰?となりますよね。原作読んでない方は。

 

この人物の名前はダイダロス。

後でわかりますけど、デイックスの祖先にあたる人で、建築家として名声を得た人物です。

 

ただ同時にダンジョンを見て嫉妬し、人造迷宮(クノッソス)の建設を自分と自分の子孫に呪いを掛けた人物でもあります。

 

この人造迷宮を作るために金が必要となりモンスター売買に手を染めたのがデイックスという訳。

まあ、デイックス自身最近は金策のためというより自分が楽しいからモンスター狩りをやっているような感じですが。

 

 

 

捕らえられたゼノス達は18階層にいる?

 

リヴィラの街を破壊してブロスはイケロスファミリアの団員たちを尋問し、18階層の大森林にモンスター狩りたちのアジトに続く道があることを聞き出す

 

 

ダンまち3 第6話より引用

 

 

前回リヴィラの街を襲ったゼノス達。

その理由の一つがこの蜘蛛女の攻撃で負傷したイケロス・ファミリアの団員を捕らえて情報を聞き出すことでした。

そしてあっさり口を割るイケロス・ファミリアの団員。

口を割れば命だけは助かると思ったのでしょうねえ。

 

アニメではこのイケロスファミリアの団員たちがどうなったか描かれていませんが、同胞を殺した奴らをゼノス達がそのままにする訳はありません。

原作ではしっかりとゼノスたちに処分されました。

「ぐへへ」しようとした屑たちには相応しい報いですわ。

 

 

ベル君とリドが対峙する

 

18階層に到着した討伐隊はゼノス達と交戦に入る。

そしてベル君はリドと対峙することに。

 

ダンまち3 第6話より引用

 

内心はどちらも戦いたくないベル君とリド。

しかし状況はそれを許しません。

ベル君のために戦うよう促すリドは本当に良い奴です。

それがわかっているからこそベル君はリドと戦えないのでしょうね。

 

もどかしいですけど、ベル君らしいと言えばらしいです。

 

 

スポンサーリンク

ベル君の説得を諦めたリューさんが渡したものは?

 

ベル君とリドの間に割って入るリュー。

リューはベル君を説得して離脱させようとするがベル君は受け入れず。

説得を諦めたリューはベル君にあるアイテムを渡す

 

ダンまち3 第6話より引用

 

 

今回の第6話で意味わからんとなった人が多いと思うのがこのシーン。

どうしてリューさんはクノッソスの鍵持っているの?

リューさんはクノッソスの存在を知っているの?

 

まあ、みんなそう考えますよね。

ただこの辺はリューさん側の事情とかが絡んでくるので、アニメではああするしかなかったと思います。

原作10巻でもそこまで描かれてませんし。

 

ここはそういうものとしてあまり深く考えない方がよいかもしれません。

 

 

 

リリがザニスから情報を聞き出す

 

ソーマ・ファミリアの元団長ゼニスの言葉を思い出したリリは、ザニスが捕らえられてる独房へ。

そこでゼニスから新たな情報を得る。

 

ダンまち3 第6話より引用

 

第2期でリリを虐めまくったソーマ・ファミリアの元団長ゼニス。

リリからすればあんな奴には二度と会いたくないでしょうけど、ベル君のためということで情報を聞き出すために面会します。

 

そしてダイダロス通りの情報をゲット。

ゼニスももう少し勿体ぶってもいいのに。

簡単に口を割り過ぎ。

 

でもこれで2期から伏線が一つ回収できました。

まあゼノスのセリフが伏線だと覚えていた人はそんなにいないかもしれませんが。

 

 

 

ダイダロスの血の呪いがディックスを狂わせた?そしてカオスがゼノスたちを襲う

 

クノッソスの中に招き入れられたゼノス達。

そこにデイックスとモンスター狩り連中が姿を現すが、同時にベル君とフェルズも。

ディックスはダイダロスの血の呪いを語り始める。

 

ダンまち3 第6話より引用

 

 

今回のメインのシーン。

ダイダロスの呪いによってクノッソスを作り続けていること、クノッソスの建設費用のためにモンスター狩りを始めたことなどが語られます。

まあ、モンスター狩りについては最初こそ金のためでしたが、今は面白いから続けているだけですからねえ。

 

それにしても悪役がペラペラしゃべるのは本当にお約束ですね。

黙っていればいいのに。

 

今回に限っては同時にイケロスがダイダロスやデイックスの話をヘルメスに語っているシーンもあるので、説明を全部そっちにさせても良かったかも。

 

ダンまち3 第6話より引用

 

 

 

悪役が自分のことをペラペラしゃべるのはある意味フラグ。

あとは悪役が主人公に倒されて一件落着…と言いたいところですがまだまだ終わりません。

 

 

ダンまち3 第6話より引用

 

ディックスのカース(呪詛)でゼノスが同士討ちを始めてしまいます。

ホント一筋縄ではいきません。

 

カースを消すにはデイックスを倒すしかないとフェルズから聞いたベル君はデイックスの元へ。

 

次回はベル君VSディックスの戦いがメインになりそうですね…ここだけ見れば。

 

 

 

ダンまち3 第6話を視聴し終わって

デイックスとベル君の戦いが始まりそうな一方、あるモンスターも急行しております。

 

ダンまち3 第6話より引用

 

 

OPにも登場するあいつがようやく本編でも姿を現しました。

次回は大暴れする姿が見れると思います。

 

次回も楽しみです。

 

 

第7話の感想記事はこちらから。

ダンまち3 第7話「獣の夢」の感想 「幻影を追い掛けて舞台は地上へ」