ダンまち3 第5話「惨劇の王者」の感想 「ゼノス襲撃でリヴィラ壊滅す」

この記事は約6分で読めます。

 

感想(ネタバレあり)

 

第5話の内容をまとめると以下の通りです。

 

  • ウィーネがディックスたちに捕らえられる
  • ディックスの部下が「ぐへへ」失敗
  • ベル君とアイズが会話して、アイズの考えをベル君が知る
  • ゼノスたちが18階層のリヴィラの街を襲撃
  • ダンジョン閉鎖
  • 各ファミリアの思惑
  • ガネーシャファミリアに紛れてベル君も18階層へ

 

 

ディックスたちに仲間が襲撃されたことでゼノス達の中の強硬派が暴発。

18階層のリヴィラの街を襲います。

どうしてゼノス達がリヴィラの街を襲ったかは今回ちょっとだけヒントがありましたが、次回辺りにハッキリと分かることでしょう。

 

そして3期が始まって以来OP以外では全然登場してなかったメインヒロイン(?)のアイズさんが登場。

ベル君の意味深な会話をします。

まあ、この会話は伏線になってくるので覚えておいた方がいいかも。

 

 

 

第4話の感想記事を読みたい方は下のリンクをご利用ください。

ダンまち3 第4話「遠い夢(アコガレ)」の感想 「ダンジョンの方が安全だと思ってたのに」

 

第4話ではベルたちと別れたウィーネがディックスの罠にハマってしまい危機に陥ったところで終わりました。

 

 

 

スポンサーリンク

ウィーネがディックス達に捕らえられる

囮を使ってウィーネ達をおびき出したディックス率いるイケロス・ファミリア。

そして次々に狩られて行くゼノス達。

ウィーネにもディックスたちの魔の手が迫る。

 

ダンまち3 第5話より引用

 

胸糞悪い展開です。

アニメ組の方もこういう展開になるのはある程度わかっていたでしょうけど、やっぱり嫌ですねえ。

 

ただ不幸中の幸いなのはウィーネは売りものなので、デイックス達も「ぐへへ」なことはしないということ。

その一方、蜘蛛のモンスターさんが「ぐへへ」されそうになったは、すぐに殺処分するからです。

 

怪物趣味のディックスたちの部下はザマァですわ。

そして蜘蛛のモンスターさんに負傷させられたことがリヴィラ襲撃の伏線になっとります。

この負傷した屑野郎どもがリヴィラの街に入ったシーンがありましたからね。

 

 

 

 

 

ベル君とアイズの会話!二人の考え方の違いが表面化した?

ダンジョンから戻る途中、アイズと出くわしたベル。

ベルはアイズと会話するが、アイズのモンスターに対する認識を知ることに。

 

ダンまち3 第5話より引用

 

第3期初登場のアイズさん。

まあ所属するファミリアが違うので、会う機会なんて本来こんなものですからねえ。

1期がおかしかったんです。あの頻度で出会うのが。

 

さて今回ベル君とアイズの会話でアイズの考え方が明らかになります。

 

モンスターのせいで誰かが泣くのなら、私はモンスターを殺す」。

 

 

普通の冒険者ならば、モンスターということだけで問答無用で倒すと答えるでしょう。

 

その一方アイズの場合は「モンスターのせいで誰かがなくのなら」という条件を付けてます。

単純に「モンスター=狩る対象」と考えてないのでしょう。

 

ただ同時にモンスター側に何かしらの事情があったとしても、結果的にそれで泣く人がいるならモンスターを倒すという意味でもあります。

この辺がベル君の考えと違うところ。

今のベル君はモンスター側(ゼノス側)の事情にも関心を払わなければいけないと考えるようになってますからね。

 

ベル君とアイズのちょっとした考え方の違い。

これも大事な伏線となるので覚えておくが良いと思います。

 

グロス達強硬派が主導権を握りリヴィラの街を襲撃する

 

ウィーネ達が襲われたことでゼノス内部で対人類強硬派のグロスたちが優勢となる。

グロス達は18階層のリヴィラの街を襲撃する。

 

ダンまち3 第5話より引用

 

仲間が襲われた以上人類に対する感情が悪化するのは当たり前です。

まあ、ベル君のような人間もいるのに、全部人類で括って「人類=悪」と考えるグロス達も単純だと思いますけど。

 

こうなった以上、リドが何を言っても意味がないですからね。

 

グロスたちは18階層のリヴィラの街を襲撃します。

ウィーネ達を襲った報復でもありますけど、別の意図が。

たぶん次回明らかになります。

 

 

仲間を助けるならまず情報を集めなければいけませんからね。

 

 

スポンサーリンク

各ファミリアの思惑!そしてベル君は18階層へ

リヴィラの街が襲撃され、ダンジョンが封鎖される事態に。

各ファミリアの思惑が交差する中、ベル君はウラノスの願いでガネーシャ・ファミリアに紛れてリヴィラの街へ向かう

 

ダンまち3 第5話より引用

 

リヴィラの街が襲撃されてダンジョンがギルドにより閉鎖された。

その報を聞き各ファミリアの動向が明らかになります。

 

まあ、動くのはヘルメス・ファミリアとガネーシャ・ファミリアぐらいでしょうか。

ガネーシャ・ファミリアはギルドからの指名なので動かざるを得ないので仕方ないですが、ヘルメス・ファミリアの方は主神が主体的に動こうとしてます。

 

ヘルメスはアスフィに情報収集させる一方、アイシャを使ってベル君の動向をリューさんに伝えることに。

まあ、ヘルメスの意図はリューさんを動かしてベル君を護衛させることなんでしょうけど。

 

ダンまち3 第5話より引用

 

 

ヘルメス的にはベル君を守るためにどんな手でも打っておきたいのでしょうねえ。

何かヘルメスってヘスティア以上にベル君に入れ込んでいる気がしますわ。

 

ヘルメスにとってベル君は大事な「英雄」候補。

そのベル君のためならどんな犠牲も厭わない。

そういう考え方も今後の伏線。

 

ホントに本作って伏線やフラグが多過ぎ。

 

 

ダンまち3 第5話「惨劇の王者」を視聴し終わって

今回も続きが気になるところで終わりました。

 

ベル君は18階層で何を見ることになるのでしょうか?

またアイシャにベル君のことを聞かされたリューさんはどういう行動を取るのか?

そして騒動の発端を作ったディックス達の動向は?

 

ホントに気になることばかり。

原作読んである程度のストーリーはわかっていますが、やっぱり映像になるとシーンの理解度が上がりますからねえ。

早く続きが見たいです。

 

 

第6話の感想記事はこちらから。

ダンまち3 第6話「人造迷宮(クノッソス)」の感想 「ダイダロスの呪いが子孫を狂わす」