SAO アリシゼーションWoU 18話「記憶」の感想 「キリト復活」

この記事は約6分で読めます。

 

感想(ネタバレあり)

 

第18話の内容をまとめると以下のようになります。

 

  • 和人(キリト)が学校からの帰宅途中でいろんなキャラとすれ違う
  • ヴァサゴの心意で中韓プレイヤーが同士討ち
  • ユウキがアスナを奮い立だせる
  • ヴァサゴが望むのは黒の剣士の復活と討ち果たすこと
  • ヴァサゴさん、キリト復活のために皆殺し宣言
  • みんなの声援とユウキのアシストでアスナがヴァサゴを撃破?
  • ヴァサゴが煽って中韓プレイヤーが突撃開始
  • キリトのトラウマ回想
  • キリトの葛藤
  • ユージオの言葉がキリトを動かす(実際はユージオのデータでキリトを補完?)
  • キリト復活

 

 

今回テンションの上げ下げが激しかったですわ。

ユウキ登場で狂喜し、キリトのトラウマと葛藤のシーンでは辛くなり、そしてキリト復活で再び狂喜。

できればキリト無双も見たかったですけど、それは次回のお楽しみということなんでしょうね。

 

またキリト復活を祝う別作品のキャラ達のセリフがツイッターで公開されたのも良かったです。

 

 


さすが天下のアニプレックス。

あざとい感じもしなくはありませんが、それ以上にキリト復活の特別感が出て良いですわ。

 

 

第17話の感想記事を読みたい方は以下のリンクをご利用ください。

SAO アリシゼーションWoU 17話「悪魔の子」の感想 「ヴァサゴの過去よりも参戦したあのキャラたちに目が行っちゃう」

 

第17話では劇場版に登場したエイジとユナが参戦。

ヴァサゴの前にエイジは敗北しましたが時間稼ぎには成功したと思います。

あとはキリトが復活してくれれば…。

 

 

 

スポンサーリンク

疲れ果てたアスナの背中を押すユウキは尊い

SAO アリシゼーションWoU 18話より引用

 

今回のメインはキリトの復活。

それしか頭になかったので、ユウキがアスナを奮い立たせてアスナが再び戦うシーンにびっくりし、そして嬉しかったです。

 

SAOはキリトの物語であるのと同時にアスナの成長の物語でもあります。

そしてアスナの大きな影響を与えた一人がユウキ。

そのユウキが再び登場してアスナの背中を押すなんて尊すぎるだろ。

 

それにこういうシーンってユウキは出ても喋らないことも多いのですが、今回ユウキは喋ってたし。

 

今回ユウキの登場を見れただけでも十分に満足ですわ。

 

 

ヴァサゴのキリトへの執着は愛?

ヴァサゴがキリトに執着する理由の一端が今回明らかになりました。

ヴァサゴはキリトが大嫌い…ではなく、大好きで憧れがあるからこそ、自分で倒したいという願望があるようです。

 

ソードアート・オンラインの世界でどれだけ嫌がらせしてもへこたれず、ついにはアインクラッドの解放をやりとげた黒の剣士。

その黒の剣士キリトへのいろんなものを含んだ感情がいつしか執着に繋がったって感じなんでしょうねえ。

 

ただ単に嫌いという感情だけなら、キリトが感情を失っている状態の時に始末すればいいのですから。

 

そしてアスナの攻撃を受け瀕死の重傷を負ってもその心意は衰えず煽り続けるのもキリト復活までは死ねないという気持ちの現れなのかも。

 

まあ、最後の方は人の命を吸った武器に操られているような感じもしてましたが。

 

ヴァサゴは本当に悪役に相応しいです。

でもヴァサゴはラスボスではないのですからね。

せいぜい中ボスなので。

 

 

スポンサーリンク

キリトのトラウマと葛藤!そしてキリトは復活した

アスナとユウキ、そしてヴァサゴ。

キリト以外のキャラのシーン濃すぎて忘れがちですけど、今回のメインはあくまでキリト復活です。

この18話の中でも結構紆余曲折ありましたね、キリトが復活するまで。

 

 

ヴァサゴはキリトのへこたれない強さに憧れを感じてたようですが、キリト自身は結構溜めこんでいたようです。

確かにトラウマになるような出来事いっぱいありましたからねえ。

今回は順を追ってそれを見る感じ。

 

SAO アリシゼーションWoU 18話より引用

 

特にこのサチたちのシーンは本当に心が痛いと思う視聴者は多いことでしょう。

 

また普通はトラウマにならないようなシーンもキリトにとってはトラウマになっていたことも今回わかりました。

オベイロンを倒したシーンはキリトも視聴者も胸がスカッとするところだと思ってましたが、キリト自身にとってはあれも十分トラウマだったなんて。

 

それが今回全部出てきてキリトの葛藤を大きくしたと。

 

SAO アリシゼーションWoU 18話より引用

 

 

キリトが自分自身を傷つけるシーンは見てていたたまれなくなりました。

自傷シーン見て何かこのままキリトは復活しない方が幸せなのかもという気持ちも出てきました。

 

結局復活しても新しいトラウマを背負い込むだけですからねえ。

 

でもキリトは復活します。

その原動力、最後のひと押しになったのはユージオ。

 

SAO アリシゼーションWoU 18話より引用

 

 

やっぱりユージオは別格だったんですね。

 

 

キリトの失われた心の復活は外形的には比嘉たちがおぜん立て+ユージオのデータでキリトを補完したから。

そしてキリトはこれまでのトラウマで心を閉ざした状態で、それを解放させたのもユージオ。

 

本当にユージオさまさまって感じ。

だからこそユージオ失ったショックは大きかったのですね。

仮にアドミニストレータ戦の後、電流が流れなくてもキリトは心を閉ざした状態になっていたのかも。

 

 

 

 

アドミニストレータとの戦いで失った右腕を再生させ、アスナのピンチを救ったキリト。

 

SAO アリシゼーションWoU 18話より引用

 

キリト復活で反撃開始です。

 

 

SAO アリシゼーションWoU 18話を視聴し終わって

今回はここで終了。

この18話は見応え十分でした。

 

次回はヴァサゴの戦いが決着付きそうですね。

ヴァサゴとキリトの戦いがどのように決着するか楽しみです。

 

第19話の感想記事はこちらからどうぞ。

SAO アリシゼーションWoU 19話「覚醒」の感想 「ヴァサゴ戦終了!!そして戦いはラスボスとの最終決戦へ」