SAO アリシゼーションWoU 14話「無限の果て」の感想 「ベルクーリが目的達成」

この記事は約6分で読めます。

 

感想(ネタバレあり)

 

第14話の内容は以下の通り。

 

  • クラインに続きエギルやリズやシリカたちがアンダーワールドに降臨
  • アスナが再び前線に立つ(バーサクヒーラーの本領発揮)
  • 比嘉がキリトを復活させる方法を思い付く
  • ベルク―リの飛竜が時間を稼いだおかげでベルク―イがベクタを倒す
  • ベルク―リが死亡。そして自分の中のアドミニストレータと再会
  • ファナティオがベルク―リが死んだことを察する
  • ガブリエルがGGOのアカウントでアンダーワールドに戻ることを宣言

 

たくさんの仲間たちがキリトやアスナを助けるためにアンダーワールドに降り立つ。

このシチュは燃えますねぇ、たぎりますねえ。

使い古された演出ですがだからこそ多くの人を惹き付けるのだと思います。

 

その一方満身創痍のベルク―リが最後の最後でやってくれました。

アリスを拉致したベクタに一矢を報い…どころかベクタを倒し、アリスの解放に成功したのです。

その代わり、ベルク―リ自身は命を失いましたが。

 

ベルク―リ自身は満足だったことでしょう。

目的は達成したのですから。

しかし残されたファナティオの気持ちを考えるとやるせませんが。

 

 

 

第13話の感想記事を読みたい方はこちらのリンクからどうぞ。

SAO アリシゼーションWoU 13話「アンダーワールド大戦」の感想 「絶対絶命のアスナの前に降臨したのは?」

 

ベルク―イはベスタに敗北寸前となり、アスナは満身創痍状態。

そこに援軍としてクラインがアンダーワールドに降り立ったところで前回は終わりました。

クラインがこんなにカッコいいと思ったことはこれまで無かったかもしれません。

 

 

 

スポンサーリンク

援軍続々到着でアスナも一安心?

SAO アリシゼーションWoU 14話より引用

 

 

絶対絶命の大ピンチだったアスナを救ったのはかつての仲間たち。

前回アンダーワールドに降り立ったクラインに続き、エギル、リズ、シリカ、そしてGGOで一緒に戦った仲間たち。

アカウントを再コンバートできなくなるかもしれないのに、2000人ものプレイヤーがアンダーワールドに来るなんて。

11話でのリズの演説かなり効果があったようですね。

 

まあ、敵にアメリカ人のプレイヤーは5万人らしいので、戦力差はかなりありますが、味方は廃プレイヤー揃い(たぶん)。

良い勝負となることでしょう。

 

そして何よりアスナがバーサクヒーラーとしての本領発揮しそうな気配。

 

SAO アリシゼーションWoU 14話より引用

 

アスナはこうでなくっちゃ。

 

 

キリト復活の糸口を掴んだ?

SAO アリシゼーションWoU 14話より引用

 

キリトを復活する糸口を比嘉が見つけ出します。

それはキリト以外の人物のキリトのイメージ(3人分)を抽出して、それをキリトの損失領域に合わせること。

 

アスナやシノンがアンダーワールドにやってきた時のキリトの反応からこういう結論を導きだした比嘉って頭良いですねぇ。

 

何か劇場版で重村教授がやろうとしたことと方向性が似ているような気がしないでもないですけど、比嘉も重村教授の教え子だから同じような思考方法を取るのでしょう。

 

 

比嘉は時々ミスったりするのが偶に瑕ですが(アンダーワールドとの時間差が等倍になっているのに気付いてなかったところとか)、勇気はあります。

自分を危険に晒してもキリトを助けるなんて普通は考えませんもん。

自分が思いついたことを実践したいだけかもしれませんけど。

 

 

ただ一つだけ懸念が。

 

SAO アリシゼーションWoU 14話より引用

 

 

比嘉と同行すると言ったこのおっちゃん。

見るからに怪しいのですけど。

現実世界でも一波乱起こりそうな気がしますわ。

 

スポンサーリンク

ベルク―リ主従がベクタを倒す

SAO アリシゼーションWoU 14話より引用

 

満身創痍のベルク―リ。

これはベクタに完敗だな。

そしてアリスはアスナたちがやってきて助けるのだろう…と原作未読の私は思ってましたが、最後の最後でベルク―リ閣下が意地を見せました。

正確にはベルク―リと飛竜の主従が身を犠牲にしてですけど。

 

 

ベルク―リとしてアリスの救出が最優先。

少なくともそれには成功したので満足したような顔だったんでしょう。

 

SAO アリシゼーションWoU 14話より引用

 

そして死んでから自分の中のアドミニストレータと再会してましたし。

何やかんやでベルク―リってアドミニストレータと気が合ってたような気がしますわ。

 

SAO アリシゼーションWoU 14話より引用

 

 

ただその一方ベルク―リの子供を身ごもっているファナティオが可哀想ですが。

覚悟していたとはいえ、ファナティオは辛いでしょうねえ。

愛する者の死、お腹の中の子供、そして副団長として整合騎士を今後統率しなければいけないのですから。

 

 

 

SAO アリシゼーションWoU 14話を視聴し終わって

今回はここで終了。

 

ベルク―リが自分を犠牲にしてベクタを倒すことに成功しました。

アリスをベクタから助けるという最低限の目的は達成したことになります。

ただそのせいでファナティオを悲しませることになったはやるせないですが。

 

倒されてしまったガブリエル(ベクタ)はGGOのアカウントを使ってもう一度アンダーワールドに戻るようです。

アリスに執着しますねえ。

まあ、これでこそラスボスですが。

 

SAO アリシゼーションWoU 14話より引用

 

 

キリト復活の糸口も見えたし、次回以降も見逃せませんわ。

 

第15話の感想記事はこちらからどうぞ。

SAO アリシゼーションWoU 15話「扇動」の感想 「新しい増援と共にヴァサゴが襲い掛かる」