食戟のソーマ神ノ皿 4話の感想 「田所が四宮先輩の教えを吸収できるようになった理由とは?」

スポンサーリンク




 

感想(ネタバレあり)

 

3ndバウト開始です。

そして今回はもも先輩VS田所の対決がメインとなります。

 

もも先輩と田所のテーマ食材はリンゴ。

デザート全般を得意とするもも先輩圧倒的に有利の中、予想以上に田所が善戦することになります。

 

田所が善戦できたのは特訓してくれた四宮先輩のおかげ。

ただ最初は四宮先輩に萎縮してしてしまいダメダメだった田所。

そんな田所が四宮先輩の教えをスムーズに受けいることになった理由は?

 

 

3話の感想記事はこちらのリンクからどうぞ。

食戟のソーマ神ノ皿 3話の感想 「3rdバウト開始!!そしてCパートにあの男の姿が」

 

2ndバウトはセントラル側の圧勝。

反セントラル側は3rdバウトに創真たちを送りこみます。そして会場には四宮先輩の姿が。

 

 

スポンサーリンク

田所のスポ根アニメ好きが四宮先輩の教えを吸収できる契機となった

 

連帯食戟の会場にやってきた四宮先輩。

その理由はやはり弟子の戦いが気になるのでしょう。

 

スタジエールで指導した創真、そして今回列車の中で指導した田所のことが。

 

時間が少し遡り、創真たちが連帯食戟備えて列車内で特訓している時のこと。

堂島先輩の招きで四宮先輩も後輩の指導のためにやってきます。

 

その四宮先輩に個別指導してもらったのが田所です。

 

食戟のソーマ神ノ皿4話

食戟のソーマ神ノ皿4話

食戟のソーマ 神ノ皿4話より引用

 

四宮先輩と田所には因縁があります。

アニメ1期で描かれた宿泊研修で田所をクビにしようとしたのが四宮先輩。

そして田所のクビを撤回させるために創真が四宮に非公式の食戟を挑み、創真は遠月に入学して初めて敗北したのです。

 

たぶんあの時田所はトラウマを負ったのでしょう。

だって遠月をクビになりかけたのですから、トラウマにならない訳ありません。

 

当然萎縮した田所は失敗の連続。

こりゃあダメだ。

アニメ組の視聴者はそう思ったことでしょう。

 

しかし最終的にこの師弟コンビ上手くいくことになるのです。

 

食戟のソーマ神ノ皿4話(コーチと田所)

食戟のソーマ神ノ皿4話

食戟のソーマ 神ノ皿4話より引用

 

 

田所が四宮先輩の指導を吸収できるようになった理由。

それは田所がスポ根漫画の読者で、スポ根漫画のキャラと自分達を重ね合わせたから。

 

小さい頃からスポ根漫画が大好きだった田所。

そして今の自分の状態は勝負に勝つため、コーチが熱血指導を受けているところ。

すべては勝つため。

そのために厳しい特訓を受けている。

そう思ったらあら不思議、トラウマなんて消滅し、田所は四宮先輩の教えをどんどん吸収して技量を上げていったのです。

 

田所がスポ根漫画好き、そして自分と漫画の主人公を重ね合わせるような性格が田所自身を助けることになりましたね。

 

たぶん四宮先輩の教えを吸収できていなければ、もも先輩相手に善戦することなんて絶対に無理だったでしょう。

今回はホント上手くいきましたわ。

 

もも先輩相手に田所がフランス料理の手法で食い下がる

 

次は肝心の勝負のお話。

先に料理を完成させたのはもも先輩。

 

食戟のソーマ神ノ皿4話 もも先輩のタルト

食戟のソーマ神ノ皿4話

食戟のソーマ 神ノ皿4話より引用

 

もも先輩が作ったのは「女王さまの林檎タルト」。

見た目から気品が溢れ味も当然美味。

 

食戟のソーマ神ノ皿4話 モモ先輩の料理に魅了される審査員たち

食戟のソーマ神ノ皿4話

食戟のソーマ 神ノ皿4話より引用

 

 

一方の田所が作ったのがこちら。

 

食戟のソーマ 神ノ皿4話より引用

 

 

ジャパニーズデザート「どら焼き」

何気に遠月の焼印入り。

どうでも良いところにこだわりを感じます。

 

たぶん焼印入れる道具も用意されていたのでしょうね。

こんな学生しか見てない連帯食戟で焼印用意する意味はわかりませんけど。

 

見た目は地味すぎてもも先輩のタルトの相手になりそう気配全くなし。

本作は後攻が絶対有利なはずですけど、先攻のもも先輩に勝てる要素ないのですけど。

 

 

そして食べ始める審査員たち。

中身は林檎入りの白あん。

中身の描写も地味…でも。

 

 

四宮先輩から教わったフランス料理の技法「モンテオブール」は伊達ではない。

そういわんばかりに審査員たちを魅了する田所のどら焼き。

 

田所予想以上の善戦ですわ。

 

 

連帯食戟であることを最大限生かす創真・タクミ・田所が協力するシーンも

 

この記事では田所のシーンにフォーカスして感想を書きましたが、それ以外にも見せ場はありました。

それが創真・タクミ・田所が協力して互いの料理を補うシーンです。

 

今回の食戟は連帯食戟。

つまり同じ陣営の者たちは強力することが可能。

2話で美作と久我先輩が協力するシーンがありましたが、今回は創真・タクミ・田所が互いに補い合うシーンが描かれていました。

 

たぶん個々の能力はセントラル側の十傑たちの方が上ですが、互いに協力しあえばもしかして…という可能性も。

 

こういうシーンを見ると創真たち全員が勝ち残って欲しいと感情移入してしまいます。

でも…。

 

スポンサーリンク

終わりに

 

今回はここで終了。

 

次回はもも先輩VS田所の勝敗、そして他の叡山先輩VSタクミ、斎藤先輩VS創真の死闘が描かれることになるでしょう。

 

個人的に3ndバウトは叡山先輩VSタクミの戦いがお勧め。

今までとは違うタクミが見れるので、アニメ組の人はびっくりするかも。

 

次回も楽しみです。

 

5話の感想記事はこちらのリンクからどうぞ。

食戟のソーマ神ノ皿 5話の感想 「すべてはタクミの想定内だった」