ダンまち2 第12話(最終話)の感想 「永遠のストーカー宣言&新キャラ登場」

スポンサーリンク




ダンまち2タイトル画面

 

感想(ネタバレあり)

 

今回の話を三行にすると以下の通りです。

 

  • ヘスティアがベル君へ永遠のストーカー宣言
  • ベル君も一緒にいたいと言っちゃった
  • Cパートで新キャラ(ウィーネ)出てきた

 

 

ベル君を巡るヒロインレースはヘスティアの勝利?

ただこの辺はどうとでも解釈できるような感じです。

 

まあ、村長さんの話を聞いり、村長さんの死に際の様子を見て、ベル君はベル君なりにヘスティアとの接し方を決めた感じですが。

 

 

あと忘れてはいけないのはこちら。

 

ダンまち2第12話より引用

 

3期の製作発表&来年夏クール放送予定きました(ついでにOVAの発売も決定)。

外伝のソード・オラトリアも含めれば通算4期目のアニメ化となります。

ここまで息の長いコンテンツになるとは。

ファンとしは感無量です。

 

まあ、この3期の話とOVAについては別に記事を作っているのでよかったらどうぞ。

【祝】ダンまち第3期の放送決定!!第3期はどこまでアニメ化されるか?

 

 

第11話の感想記事はこちらのリンクからどうぞ。

ダンまち2 第11話の感想 「ヘスティアが神質になっちゃった」

 

第11話はアレスの神質になってしまったヘスティアをベル君が救出しようとして二人とも激流の中へ。そして二人を追い掛けてアイズも激流に飛びこんだところで終わりました。

 

 

スポンサーリンク

ヘスティア、ベル君、アイズが村に滞在

 

ヘスティアが目を覚ますと横にはベル君が。

ダンまち2第12話より引用

 

ヘスティアが濁流に落ち、助けようとしたベル君もそれに続き濁流の中へ。

最後にアイズも飛びこんだところで11話が終わりましたけど、どうやらアイズがヘスティアとベル君を助けたようです。

 

よかったよかった。

そしてヘスティアの療養を兼ねてしばらくこの村に滞在することになります。

 

 

アイズは黒龍を憎んでいる?

 

黒龍の鱗が祀ってあるこの村。

どうやら黒龍の鱗には魔除けの効果があるようです。

 

ただ黒龍が倒されるとその効果も切れるかもしれない。

それを神妙に聞くベル君。

 

11話でヘルメスから英雄を作り出し、黒龍を倒して貰うという話を聞いてましたからね。

その一方黒龍を倒したらこの村に迷惑が掛かる。

ベル君からすればいろいろ迷うところです。

 

 

その一方、アイズさんはこんな様子。

 

ダンまち2第12話より引用

 

いつものアイズさんと様子と顔が違う。

どうやらアイズさんは黒龍に憎しみを持っているようです。

これがストーリーにどう絡んでくるのでしょうか?

 

まあ普通に何かのフラグなんでしょうねえ。

 

 

スポンサーリンク

ヘスティアのストーカー宣言&それをベル君が受け入れた?

 

村の祭りの最中、村長(カームさん)が倒れてしまいます。

村長の寿命も残りわずか。

 

ダンまち2第12話より引用

 

村長はヘスティアに尋ねます。

自分が敬愛し自分の命を救ってくれた神様と再会できるかと?

それを肯定するヘスティア。

 

実際は難しい話ですけど、あえてここで嘘を付くヘスティアは優しいです。

ただ村長さんを愛した女神ブリジットならばあるいは…。

ヘスティアはそう思ったのかも。

 

ヘスティアの言葉を聞き、またヘスティアに自分が愛した女神ブリジットを重ねて村長さんは息を引き取ります。

 

 

ダンまち2第12話より引用

 

女神様と再会できる。

そう思ったからこそ満足した顔で息を引き取ったのでしょうね。

 

ただもうちょっと養女であるリナさんのことを考えて欲しかったですわ。

仮にもずっと育ててきた子供なんですから。

 

個人的にはここがちょっと気に掛かりました。

 

 

 

さてヘスティアとベル君は二人っきりでお話します。

村長さんの生きざまを見て二人ともいろいろ思うところがあるようです。

 

そして…。

 

ダンまち2第12話より引用

 

 

「ボクはずっと君のそばにいるよ」

「離したりするもんか」

「たとえ死がボクたちを引きはがしたとしても、ボクは必ず君に会いに行く」

「何百年、何千年、何万年掛かったとしても、生まれ変わった君に、ベル君じゃなくなった君に会いに行くよ」

「そして言うんだ、ボクの眷族に、ファミリアにならないかって」

 

 

それに対するベル君の答えは、

 

「神様、僕はずっと、神様と一緒にいたいです」。

 

 

いい話です。

大事なお爺ちゃんを失い、何か失うのを怖くなったベル君。

神様であるヘスティアと人間である自分では、絶対に自分が先に行ってしまう。

つまりあの時自分が受けた「大事な人を失う苦しみ」を神様に与えてしまうことがある。

 

だからこそヘスティアの気持ちに気付いていても、それを受け入れることができなかった。

ホントベル君は良い子です。

そしてヘスティアの言葉というか決意を聞いて少し安心したのでしょうね。

 

ただ冷静に考えるとヘスティアの言葉って永遠にストーカーするという宣言とも取ることができます。

ある意味怖い言葉なんですよね。

転生したら生前の記憶が消えてしまうのに。

どこの誰だか知らない神様がずっと付いてくるのですから。

 

まあ、神さまは見た目変わらないから、その点ではまだマシかも。

 

 

Cパートで新キャラ「ウィーネ」が登場

 

ヘスティア、ベル君、そしてアイズがオラリオに帰還したころ、ダンジョンでは1匹のモンスターが誕生します。

 

ダンまち2第12話より引用

 

 

他の魔物とは違うような容姿。

そしてこの魔物は言葉を喋ってる。

 

果たしてこの魔物の正体は?

またベル君達とどう絡むのでしょうか?

 

EDのクレジットではヴィ―ヴル表記でしたが、公式さんがしっかりウィーネの名前を出しているのでうちのボログでもウィーネ表記にしております。

 

 


ウィーネのCVちゃんりなさんですか。

個人的には小倉唯さんか岡咲美保さんあたりが来ると思ってましたが。

ただちゃんりなさんのこの手の役は上手いから心配ないですね。

 

ウィーネの活躍は3期以降になります。

この続きはダンまち第3期で。

 

※来年まで待てない方は原作9巻を購入して読みましょう。

また概略を知りたい方は私が別のブログで第9巻のネタバレありの感想を書いているのでそちらをご覧ください。

 

【ラノベ】ダンまち第9巻の感想 「ウィーネとの出会いと別れ」
今回は新キャラ「ウィーネ」が登場します。もちろんヒロイン候補の一人ですが問題なのはウィ―ネの種族。ベル君惚れられるにもほどがあるだろうに。

 

 

 

スポンサーリンク

終わりに

 

今回でダンまち第2期は終了です。

お疲れさまでした。

ほぼ原作通りにストーリーが進み、原作7巻と8巻の内容はほぼアニメ化されてよかったです。

ただ残念なのは8巻のヒロインたちの話がカットされたことでしょうか。

リリの話だけもアニメで見たかったです。

 

さて3期は2期以上にベル君達が大変な目に合います。

ベル君って苦難を呼びよせるスキルでも持っているのかもしれませんね。

 

3期は来年夏の放送予定。

それまで他の作品を見て待つことにしましょう。

 

最後にスタッフの皆さん、面白い作品を作って頂きありがとうございました。