SAO(ソードアート・オンライン)アリシゼーション 第23話「アドミニストレータ」の感想 「タイトル通り今回のメインはアドミニストレータだった」

スポンサーリンク




 

感想(ネタバレあり)

 

今回はクライマックスということを割り引いてもちょっと詰め込み過ぎな気がしますね。カーディナルとアドミニストレータの話とキリト復活の話は別にした方が良かったと思いますわ。

前半はアドミニストレータとカーディナルの会話から、アドミニストレータの非情性とダークテリトリーへの現実的な備えを考えているところがわかる大事なシーンなので、駆け足にするのが勿体ないような気がしました。

 

今回はタイトル通り、アドミニストレータのメイン回だったと言えるでしょう。ずっと喋りっぱなしだし、良い具合にヘイトを集めまくってましたから。

やっぱりいいですよねえ、強大な力を持つムカつく敵って。

ムカつけばムカつくほど、キリトさんが倒した時のスカッと感が強くなりますので。

 

あと今までCV坂本真綾さんだと善人キャラのイメージが強かったですが、本作でだいぶんイメージが変わりましたわ。

声優さんの演技凄いです。

 

今回も簡単な人物相関図を作成しました。

 

ストーリーに理解にご活用ください。

 

前回第22話の感想を読みたい方はこちらからどうぞ。

 

SAO(ソードアート・オンライン)アリシゼーション 第22話「剣の巨人」の感想 「あのキャラ降臨で形勢逆転?」

 

22話はチュデルキンあっさり退場からのソードゴーレム召喚。そしてシャーロットの時間稼ぎでカーディナルの応援で形勢逆転したところで終わりました。

 

スポンサーリンク

アドミニストレータは案外現実主義者だった

 

カーディナルってアドミニストレータを倒すためだったら犠牲は厭わないタイプの性格。

個人的にはそのように思ってたので、ソードゴーレムがヒューマンユニット300体から作られたと知って、攻撃できなくなるのは意外でした。

 

そこまでアンダーワールドの住民を大事に思ってたのですね。でもそれだったらよくアンダーワールドを消去しようと考えていたのと矛盾するような気もしますけど。

確かキリトと一番最初に図書室で会った時に言ってましたよね、この世界を消去する云々って。

まあ口で言うことと実際にすることに矛盾が出るのは誰だってあるのでそこは仕方ありませんが。

 

それとカーディナルはアドミニストレータが約束を守ると思ってたのでしょうかねえ。約束しても自分の得にならなければ簡単に破りそうな性格なんですけどアドミニストレータは。

カーディナルは優しいけど、甘ちゃんに見えてきましたわ。

 

その一方、アドミニストレータさん。

この人は結構現実主義者でしたね。てっきり自分の世界を守るために近視眼的な視野しかないと思っていたら、ダークテリトリーに対する手段を考えていたのですから。

 

まあ、ヒューマンユニットをソードゴーレムに変えたり、整合騎士の記憶を利用したりするのに嫌悪感がありますけど、人界を守るためという視点から考えれば仕方がないという一面もあります。

 

ダークテリトリーが攻めてきて敗北すれば、人口の半分どころか人が全滅になるかもしれませんから。だったらソードゴーレムを量産して防衛した方がマシというのはわからんでもありません。

 

でもアドミニストレータの場合、民を守るというよりも自分の権力を守るためというところに力点があるので、何だかなぁと思えてくるのだと思います。

 

 

あとカーディナルがキリトたち3人に手出ししないようにアドミニストレータと約束した場面。最高神ではなくフラクトライトに誓わせたのは意味あるのでしょうか?

そこが伏線なのか、カーディナルが神なんぞ信じないから別のものに誓わせたのか気になります。

 

 

アリスの記憶を得てユージオ特攻

 

アドミニストレータに痛めつけられ瀕死の状態のカーディナル。一撃で倒さないところはアドミニストレータの粘着質というか性格悪いところが現れています。

それだけカーディナルに対する憎悪が強いのと、やっとカーディナルに寝首を掛かれるかもしれないという一種の恐怖感から解放されるという喜びがあるだと思いました。

 

カーディナルのある意味献身のおかげで、一応アドミニストレータから命の保証をされた?はずのキリト、アリス、ユージオですが、それを信じるほどおバカさんではなかったようですね。

 

まあユージオが言ったように、3人の命は助けるけど、ソードゴーレムを量産するためにヒューマンユニットを犠牲にするでしょうから。

そしてアドミニストレータの性格からして、ユージオやアリスに縁があるヒューマンユニット(セルカとかティ―ゼなど)を一番最初に犠牲にしそうな気がしますわ。

 

だったら自分が剣となってソードゴーレムとアドミニストレータを倒そうとするのはある意味正しい選択だと思います。

 

ただここで問題なのはキリトがユージオの決意に何ら助けようとしなかったことですね。ユージオが倒されて呆然自失となるのはわかりますが、そうなる前にキリトは動くべきだったのに。

 

あとユージオが剣になって特攻する時の演出がちょとと無機質過ぎるような感じもしました。そりゃあ剣なのであれが正解かもしれませんけど、無機質過ぎてユージオが剣からヒューマンユニットに戻った後を見てもイマイチ感情移入できず呆然でした。

もしかして監督はそれを狙っていたのですかねぇ。

 

終わりに

今回はここで終了。

さあ次回が最終回です。おそらくキリトが勝ってくれるでしょうけど、その後どうなるのか?

次回も見逃せませんわ。

あと次回に3クール目をいつやるかアナウンスするかどうかも気になります。

 

次回第24話の感想記事はこちらからどうぞ。

SAO(ソードアート・オンライン)アリシゼーション 第24話「ぼくの英雄」の感想 「アドミニストレータとの戦いが終わったら次は現実世界がヤバいことに」