五等分の花嫁 6話の感想 「五月とフータローが拗れる一方三玖がハプニング」

五等分の花嫁タイトル

 

感想(ネタバレあり)

 

今回フータローがピンチに陥ります。全員赤点回避って絶対に無理でしょ。そして赤点が1つでもあれば家庭教師クビって。

 

そして一花の機転で、フータローが五つ子のマンションに泊り込んで勉強を教えることになりますが、当然ハプニングが発生します。まさかフータローと美玖が同衾。

今回一応五月メイン回のはずですが、また三玖が美味しいところ持っていきましたわ

 

五等分の花嫁6話の人物相関図

 

前回第5話の感想を読みたい方はこちらからどうぞ。

 

 

前回は一花メイン回。フータローの言葉でオーディションが上手く行った一花。最後の膝枕はその報酬って意味なんでしょうね。

 

スポンサーリンク

中間試験で1人でも赤点取ったらフータローは解雇

中間試験まであとわずか。五月が心配なフータローは、五月に声を掛けるが。

 

五等分の花嫁6話より引用

 

フータローと五月。

最初のボタンの掛け違いがずっと尾を引く典型例ですね。

もちろんその後フォローするチャンスがいっぱいあったのにそれを生かし切れず、余計に怒らせるフータローが一番悪いのですけど。

 

3話と4話でフータローの印象がよくなってましたが、五月に対する言動でフータローの株が大暴落したと思いますわ。

 

でもフータローの言動は仕方ない面もあります。だってフータローは恋愛に興味ありませんから、当然女子の気持ちなんてチンプンカンプンなはず。

そんなフータローに期待するのが間違っているとも思えます。まあそれでもやっぱりあの言葉はないですけど。

 

まあ、家庭教師としての仕事は五つ子を無事卒業させること。まだまだ時間はある。たぶんフータローはそう考えていたようですが、事態は急転します。

 

中間試験で赤点1つでもあったら解雇。まさかこんな非常な宣告受けるなんて。五つ子パパ結構厳しい。

しかしそれぐらいクリアしなければ、無事卒業なんて無理な感じもします。それに高校生であるフータローの能力を試すには良い機会ですからね。

 

娘たちをあんな高級マンションに住まわせるくらいだから、お金はいっぱいあるでしょうし。仮にフータローを解雇してもすぐにもっと良い家庭教師見つけてくるでしょうね。

 

 

スポンサーリンク

5つ子のマンションに泊まりこんで勉強を教える

一花、三玖、そして四葉とゲームで遊ぶフータロー。でも頭の中は五つ子の父親との約束で…。

五等分の花嫁第6話より引用

 

息抜きも必要ですけど、ボードゲームはいけませんよ。だって長く時間が掛かるから。まあ、楽しむ3人とは違いフータローは余裕がありません。

 

何せ中間試験まで時間がありませんからね。まだ目の前でゲームに興じる三人はマシな方。少なくともフータローの指示に従ってくれますから。

問題は残りの二人。

 

まあ、二乃はフータローを追い出したがっているので何を言っても無駄。二乃には自発的努力を期待するしかありません。

そして五月。こっちはやる気があるけど、フータローと会話をする度にどんどん拗れていってしまい、歯がゆいですね。

 

一花は「五月とフータローは似た者同士」だと評します。そして二人には仲良く喧嘩して欲しいと。ただ似ていると逆に反発するのが普通ですからね。

似た者が近くにいると自分のアイデンティティが保てなくなると考えてしまうので。

 

それを考えると二乃以上に五月との関係修繕は困難な気がします。どちらも素直になれば何とかなりそうな気がしますが、それこそ現在の五月とフータローでは…。

 

二乃と言えば、フータローと五つ子パパの約束について知られてしまいましたね。

この時点でアウトな気がしなくもありませんが、その一方フータローへの興味があるからこそ五月と偽って話を聞き出したという可能性も。

 

 

次回のネタバレになりますが、二乃が大きい役割を果たすことになります。次回の話で二乃の対する印象が良くなる視聴者が増えるようなきがしますわ。

 

 

 

スポンサーリンク

三玖が寝ぼけてフータローと同衾?

一花の機転でマンションに泊まることになったフータロー。三玖のベッドを借りるが、寝ぼけた三玖が…。

五等分の花嫁第6話より引用

 

一花グッジョブです。ホント良いお姉さんですよね。三玖とフータローの仲を進展させてあげようとするし、五月と仲直りして欲しいと暗にフータローへ伝えるし。

 

ただ一花自身の気持ちはどうなんでしょうね。前回膝枕をしたり抱き合ったりしたことを考えると嫌いではないはずですが。

 

さすがにオーディションの報酬でも膝枕はやり過ぎ。普通はお礼を言って終わりでもいいはずなのに。

 

さて最後シーンですが、三玖の部屋でフータローが寝るとわかった時点でこの展開は予想できたと思います。

 

ハプニングイベント「フータローと美玖が同衾」発生!!

 

 

ただ寝ぼけていてもベッドの中に他の人がいれば気付くだろと言いたいですが、一花のベッドで一緒に寝ていたので、フータローと一花を勘違いしたのかも。

 

それはともかくこれはマズいです。もし他の姉妹、特にニ乃に気付かれたら間違いなく一発で追い出されるでしょうから。

 

ここからフータローはあることをやって難を逃れますが、それはまた次回。

 

 

スポンサーリンク

終わりに

今回はここで終了です。

三玖と同衾なんてフータロー羨ましすぎる。フータローやっぱりハーレム体質ですわ。

 

まあ、羨ましいことがあってもフータローのピンチに変わりはありません。五月との関係は破たん状態ですし、二乃に赤点の条件を知られて絶体絶命。

 

ここからの挽回は難しそうですが、フータローどうするつもりなんでしょうか?

アニメ組の方はたぶんモヤモヤ状態ですが、あと1週間待ちましょう。

 

第7話の感想記事を読みたい方はこちらのリンクをご利用ください。

 

三玖と同衾してしまったフータローがどうやって誤魔化したか?また五月との仲直りは?二乃はフータローの邪魔をした?など、第6話の伏線のいくつかが解決されております。