転スラ(転生したらスライムだった件)第4話「ドワーフの王国にて」の感想 「エルフのお店でウフフキャハハ」

スポンサーリンク

 

感想(ネタバレあり)

 

今回の内容を三行にすると

こんな感じになります。

 

  • ドワーフの国へ入国する前にフラグ回収
  • カイジンとの出会い
  • キャバクラでエルフ相手にウフフキャハハ

 

ドワーフの国に

職人を探しにきたリムルですが

厄介ごとに巻き込まれます。

 

まあ、この手の異世界物の場合

厄介ごとに巻き込まれない方が

稀ですけどね。

 

そして怪我の功名ではありませんが

目的だった職人と知り合い、

さらにその職人に連れられてやってきた

キャバクラでウフフキャハハ状態に。

 

ただ楽しいことの後は…。

 

 

なお前回の内容を忘れた方は

こちらからどうぞ。

 

転スラ(転生したらスライムだった件)第3話「ゴブリン村での戦い」の感想 「名前付けたらパワーアップしちゃった」
今回は牙狼族との決戦がメイン…と思ったら、その後の名前付けの方が重要だったかも。名前付けただけでパワーアップするなんて。

 

 

第3話は牙狼族の長を倒し、

名前を付けた話。

 

名前を付ける前と後の

落差あり過ぎです。

 

 

スポンサーリンク

ドワルゴン入国前に一騒動

 

目的地である

ドワーフの国「ドワルゴン」。

 

ゴブリンの足で2か月かかるところを

わんこ(暴風牙狼)の背中に乗って

移動することでわずか3日で到着予定とのこと。

 

便利ですねぇ、わんこw

 

到着するまで

リムルはリグルやゴブタなどと

いろいろな話を聞きます。

 

例えばリグルの兄は

どうして名前を付けて貰ったか?

とか。

 

どうやら先代のリグルは

魔王軍の幹部に

名前を貰ったみたいなのです。

 

第3話を思い出せばわかりますが

名前を付けるには魔力が必要。

つまり魔王軍の幹部は

名前を付けることができるだけの

魔力を持っているということ。

 

 

転スラ第4話より引用

 

リムルであっても

油断できません。

 

またゴブタからは

武装国家ドワルゴンの話も聞きます。

 

ドワルゴンには

魔物も入国することが

できるようですが、

過去いざこざがあったとか。

 

ゴブタが喋っているのに

リグルが話したせいで

しっかりとは聞こえませんでしたが

なんかヤバそうな感じ。

 

これは完全にフラグですね。

リムルもそれを感じ取ったようです。

もう厄介ごとが起こるのほぼ確定です。

 

そして案の定、

厄介ごとに巻き込まれました。

 

別にリムルが悪い訳ではありませんよ。

 

リムルとしては手加減して方です。

スライムだと思って

ふざけたこと言ってきた人間に対して

牙狼に変身して威圧を使っただけ。

だから正当防衛と言えなくもないのです。

まあ、過剰防衛気味でしたが。

 

ただ問題を起こしたのは確か。

ドワルゴンの警備兵に捕まり、

投獄されるリムル。

 

フラグ回収乙です。

 

 

スポンサーリンク

リムルとカイジンの出会い

 

投獄されてしまったリムル。

これでしばらく牢屋生活と思ったら

ひょんなことから抜け出す切っ掛けを

掴みます。

 

丁度ドワーフの鉱山で魔物が暴れ、

多数の負傷者が発生。

でも回復薬が足りない模様です。

回復薬さえあれば…。

 

回復薬?

それだったらヒポクテ草の

回復薬があるじゃない。

 

第2話で重傷のゴブリンに使って

その効用は確認済み。

 

ということで

リムルはヒポクテ草の治療薬を

警備隊長のカイドウに渡し、

それを使うことを勧めます。

 

他に手がない以上、

リムルの提供した回復薬に

すがるしかありません。

 

そして当然

重傷者はみんな完治。

千切れかかった腕が

繋がるなんて

チート過ぎますが。

 

この功により、

リムルは牢屋から出され、

さらにカイドウの兄を紹介されます。

 

この牢屋番の兄こそ、

ドワーフの職人「カイジン」。

これがリムルとカイジンとの

出会いでした。

 

そしてリムルは

カイジンが請け負った仕事を

手伝うことで

カイジンからの信頼を勝ち得ます。

 

転スラ第4話より引用

 

ベクター大臣からの無理難題で

とても納期に間に合いそうになかったのに

リムルのおかげで間にあったのですから。

 

カイジンたちが材料が足りないと言ったら、

魔鉱石を出すし、

納期に間に合わないと言ったら

剣を解析してコピー。

一瞬で剣20本を作り上げる。

 

もうチートの大盤振る舞い。

ここまで堂々とチート使われたら

逆に気持ちいいですわ。

 

さらにリムルは

カイジンと交渉して

技術指導の約束も取りつけるし。

さらにカイジンはあるお店に

連れて行ってくれるし。

 

もうリムルにとっては

言うことない展開ですね。

 

ただこの後、

このカイジンが原因で

大変な目に合うのですけど、

それは次回のお話。

 

 

スポンサーリンク

エルフのキャバクラで楽しい一時

カイジンの仕事を手伝った

ご褒美として

キャバクラに連れて来られたリムル。

そこには美人のエルフさんがいっぱい。

これは嬉しいご褒美です。

 

転スラ第4話より引用

 

ドワーフの国に

エルフのキャバクラがあるのは

どうかとは思いますが、

たぶんこの世界では

ドワーフとエルフの仲は

そこまで悪くないのかも。

 

転スラ第4話より引用

 

エルフも柔らかいものが大好きなのか

リムルさん大人気!!

 

エルフの綺麗どころに

抱き締められて

体が伸びる延びるw

 

死ぬ前は大手ゼネコン勤務だった

はずですけど、

こういうところには縁がない

現場担当だったのですかねえ。

 

ただこういうところの免疫ない人は

どっぷりハマって抜け出せなくなる

危険性もあるのですけどね。

 

それはともかく至福の時を過ごすリムルさん。

でも楽しい時って長くは

続かないものなのです。

 

さあこの後リムルさんはどうなる?

 

スポンサーリンク

終わりに

 

今回はここで終了。

楽しい時間を過ごすリムルですが

次回はとばっちりで大変な目に合います。

 

あと途中から出てきなくなったゴブタ。

果てしてゴブタは無事なんでしょうか?

 

次回のタイトルは

「英雄王ガゼル・ドワルゴ」。

 

ガゼフではなくガゼルですから。

どっかのガイコツと戦って敗北した人では

ないので。

 

少しネタバレすると、

この人国王さまです。