グランクレスト戦記第15話「帰還」の感想 「常闇の森よ、私は帰ってきた」

感想(ネタバレあり)

念願だったロッシーニ家の打倒を

やり遂げ、

さらに黒魔女ヤーナまで

倒すことに成功したテオとシルーカ。

これで前提条件が整いました。

さっさとブルタヴァに戻って

アルトゥーク条約の盟主に・・・

と思っていたのですけど。

スポンサーリンク

ヤーナ退場

地下の牢獄に幽閉されているヤーナ。

前回シルーカと魔法で戦い敗れた後、

治療した上でここで幽閉されているようです。

グランクレスト戦記第15話より引用

大講堂の惨劇の実行犯かどうか

ヤーナを詰問するシルーカ。

しかしヤーナは発狂したような態度を取り、

まともに尋問できません。

尋問に立ち合っていたアイシェラは

一人その場を離れます。

前回の態度といい、

今回といい、

アイシェラは何か知ってそうですね。

シルーカはヤーナ捕縛の報を

魔法師協会に報告してました。

そしたらすぐにヤーナを処刑するというお達しが。

まあ大講堂の惨劇に関係していることが

濃厚な容疑者だから

処刑は仕方ありませんが

しっかりと尋問してから処刑しても

いいような気がしますが。

何か急ぐ理由があるのでしょうか?

そしてシスティナ島に魔法師協会から

使節が派遣され、

テオたちや使節の前でヤーナの処刑が行われます。

処刑方法は火刑。

ヤーナは魔女ですから

それ以外の方法は考えられませんよね。

でもすんなり処刑されるほど

聞き分けがよくないヤーナさん。

最後の最後で意地を見せます。

「いつもそう。

みんな私を利用するだけ利用して捨てていく」

そう言い放つと

何とデーモンロードを召喚。

そして首チョンパ。

何という悪玉らしい最期。

でも最後に残した言葉って

ヤーナを利用した黒幕がいると

言っているようなもんですよね。

そしてヤーナが首チョンパされた直後、

魔法師協会の使節にニヤケ顔が移ったことを

考えると・・・。

黒幕はもしかして魔法師協会?

あと思わせぶりな態度から

アイシェラも関係ある?

ミルザー焦る?

アルトゥークの平定が上手くいかないミルザー。

日々イライラが募っているようです。

まあそれだけ前領主であるヴィラールが

善政を敷いて慕われていたということでしょうね。

そしてさらにミルザーをいらいらさせる情報が

もたらされます。

テオのシスティナ島の平定と領主就任。

テオのやり方をこっぴどく非難していた

ミルザーとしては

これ以上不愉快なことはないでしょう。

眼中にないと言っても

そんなん誰も信じませんわ。

ミルザーの元に派遣されている

テリオスも

テオの動きを危険視しています。

テオのシスティナ島の平定の報が

反乱軍を勢いづかせてしまうかもと。

そこに伝えられる反乱軍の襲撃による

砦陥落の情報。

ここに至り、

テリオスはミルザーに

領民の殺害を進言します。

爵位制度に基づき

アルトゥークの支配者となった

ミルザーに逆らうのは

領民としてあるべき姿ではない。

領民ではなく敵なのだから

虐殺しても構わないという思考方法なんでしょう。

まあテリオス自身

これが詭弁だとわかっているようですが

他に方法がない以上仕方ありません。

アルトゥーク条約軍が

大人しくしているなら

時間を掛けて領民を味方に付ける

施策も行えたでしょうけど、

アルトゥーク条約にとって

アルトゥーク奪回はある意味悲願ですので。

手始めに

白魔女と人狼集落を襲うミルザーの軍勢。

そして反抗する独立君主も倒し

一応目的達成です。

盟主就任失敗

アルトゥーク条約の会議に参加するため

戻ってきたテオとシルーカ。

システィナ島を平定して戻ってきたテオに

ラシックは大喜びです。

その一方ラシックの後ろに控えるモレーノ顔w

そしてここに意外な人物が。

一角獣城が落城した時、

毒を飲んで自殺したはずのラウラさん。

何と生きていたのです。

グランクレスト戦記第15話より引用

あの時飲んだ毒は実は仮死状態になるもの。

原作ではラウラ自身、

あの毒の成分を知らなかったのだから

ラウラを責めるのは酷ですわ。

でラウラは今、

アルトゥーク戦役で契約魔法師を失った

エドキアの仕えているそうです。

うん、この流れだと原作7巻のあのシーン

ありそうですねw

さてアルトゥーク条約の会議が始まります。

前回の会議でラシックが盟主となっているので

本来ならばラシックの魔法師であるモレーノが

司会進行するのが通常。

しかしシルーカがモレーノに頼みこんで

司会進行役を譲ってもらっています。

目的は条約の盟主をラシックからテオに

委譲させるような流れを作るため。

前回の会議では

テオに実績が足りないと判断され

盟主に就くことが敵いませんでした。

しかし今はシスティナ島を平定したという

輝かしい実績があります。

あとは会議をシルーカが望む方に

誘導するだけ。

しかしその目論見は見事に失敗します。

テオに批判的なクロ―ヴィス王はともかく、

エドキアまでラシック続投を支持するとは。

まあテオがシスティナ島に行っている間、

援軍を出して助けてくれたのは

ラシックですし。

テオが実績作っている間に

ラシックも自然と実績と信頼を強固に

していたのです。

ラシック自身はテオに盟主の座を譲って

テオに従属したいのですけど、

ホント上手くいきませんね。

そこでテオは

君主たちの信頼を得るために

ミルザー打倒を宣言します。

アルトゥーク条約が成立した目的の1つに

アルトゥーク奪還というものもあり、

アルトゥーク奪還のための

ミルザー打倒は条約の悲願でもあります。

まあさすがにミルザーを打倒すれば

クロ―ヴィス王やエドキアも

テオの盟主就任を

認めざるを得ないでしょうから。

アルトゥーク奪還作戦開始

ヴァルドリンドを訪問している

ミルザーとウルリカ。

呑気にお茶とお菓子を楽しんでいますが

そこにテオが

常闇の森を奪還を宣言したという報告が。

テオからすれば、

「常闇の森よ、私は帰ってきた」って

感じでしょうね。

もともと常闇の森は

アルトゥ―ク領の一部ですが

魔境みたいな感じですので

ミルザーをあえて手を出してませんでした。

その一方テオはもともと

ヴィラールに代わって常闇の森を

治めていたので

常闇の森のことを良く知っています。

だから常闇の森に入って

治めるのは簡単なはず。

さらに常闇の森の占領を

宣言することで、

アルトゥークの領主である

ミルザーのメンツが丸潰れに

なります。

当然ミルザーは怒り狂い

常闇の森に攻め込んでくるはず。

シルーカはここまで

考えているようです。

騎兵による攻撃が得意のミルザー軍と

戦う場合、

常闇の森に誘い込んで

戦う方が何倍も有利ですので。

また同時に援軍が来るのを阻止するため、

前回テオに従属させた

ジュゼル・ロッシーニをスタルクに派遣し

一斉蜂起を起こさせようとします。

ジュゼルとしては功績をあげるチャンス。

危ない役目ですが

テオに家臣内における

自分の地位を確立するために

一生懸命頑張ることでしょう。

終わりに

今回はここで終了。

今回印象的だったのはヤーナですね。

派手というか

あそこまでやるかって感じです。

召喚できるなら

テオやシルーカを狙えばいいのに。

原作では第14話に出てきた

悪魔を召喚していたのに

アニメ版だとデーモンロードを

召喚しちゃいましたわ。

そして首チョンパ。

原作では悪魔と一緒に異世界に

行ったのに。

あと人狼の集落が出てきたけど

コーリン出てきませんでしたね。

原作だとジードの嫁になっているのに。

一方ウルリカの元に行ったジードが

人狼の集落にいるし。

原作とは微妙に変わっているのも

アニメ版の魅力。

原作読んでいるからこそ、

その違いが面白いです。

いよいよ次回、

テオとミルザーの直接対決ですね。

この流れだとあと1話で決着つくかも。

果たしてミルザーが勝つか

それともテオが勝利するか。

次回も見逃せませんわ。

今回のまとめ三行

・ヤーナがデーモンロード召喚

・条約の盟主はお預け

・常闇の森へ帰還

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする