シャインポスト第5話の感想「素直過ぎる性格が仇に」

スポンサーリンク
この記事は約7分で読めます。

感想という記事の性質上ネタバレを含みます。その点はご注意ください。

 

順番通り今回は理王のメイン回。

春、杏夏に比べて人気のない理王。

 

ツンデレ風キャラでいかにもって感じですが、自分が足を引っ張らないように仲間のことを考える頑張り屋さんでした。

 

それでいて馬鹿正直すぎてすぐに失敗する。

 

ここまで外面と内面違いすぎるといろいろ大変そう。

まあ、こういう葛藤を乗り越えることで成長するのでしょうけど。

 

 

 

第4話の感想記事を読みたい方は以下のリンクをご利用ください。

シャインポスト第4話の感想「やりたいことをやるのがアイドル」

 

 

理王の馬鹿正直すぎる性格が仇に

中野サンプラザでのライブまで残り僅か。

プロモーションの一環として一日店長、テレビの地方ロケ、そしてミニライブをすることになったTiNgS。

 

マネージャー的にはミニライブ、一日店長、地方ロケの順で重要だと判断したようですが、理王は重要度が一番低い地方ロケに立候補します。

 

目立ちたがり屋の理王ですが、自分よりも春や杏夏を立てるところはホント好感が持てます。

 

ただ今回ばっかりは失敗しましたね。

地方ロケの最後は野菜料理の実食。

 

その野菜料理の中に理王が大嫌いなピーマンが。

 

 

シャインポスト5話より引用

 

 

テレビのロケなので普通は美味しくなくても美味しいように装うのがプロ。

直前に一緒にロケにやってきた事務所の先輩の七海がしっかりそれを実戦してたのです。

 

当然理王も同じようにするべきだったのですが。

素直過ぎる理王は食レポで言ってはいけないことを言ってしまうことに。

 

不味いものを不味いというのはある意味面白いですが、さすがにロケに協力してくれた人たちに失礼ですからね。

馬鹿正直すぎるのは本当に考えものです。

 

せっかくハプニング連続で良い感じだったのに。

 

 

 

自分はダメだけど仲間は見て欲しい

春、杏夏と比べて人気が今一つの理王。

中野サンプラザライブ告知のお渡し会でもその現実を目の当たりにすることに。

 

不機嫌になった理王は持ち場を離れてしまいます。

確か2話でも同じようなことやってましたね、理王は。

 

でも理王は逃げたわけではありませんでした。

 

別の場所に移動してビラを配っていたのです。

 

シャインポスト第5話より引用

 

 

そしてビラを貰ってくれた人に春や杏夏の良いところを売り込む理王。

 

理王ホントに良い子ですね。

「全部自分が」って感じのキャラなのに、自分より仲間たちの売り込みをするなんて。

 

もちろん人気がない自分の売込みよりも春や杏夏を宣伝した方がチケットが売れると判断したのかもしれません。

 

でも自分を抑えて仲間をアピールするのはなかなかできることではありませんわ。

自分を犠牲にする理王。

報われて欲しいですね。

 

 

理王をサポートするのは紅葉?

第3話第4話の杏夏メイン回の時、杏夏をいろいろサポートしたのは雪音。

 

今回の話見ていると、理王をサポートするのは紅葉になりそうですね。

 

 

シャインポスト第5話より引用

 

 

自分の仕事じゃないのに理王のロケに付いてくる紅葉。

いつも口喧嘩している二人ですが、だからこそ理王が心配なんでしょう。

 

ちょっと杏夏・雪音の時と重なるところがありますが、これはこれで良いかと。

 

 

 

 

シャインポスト第4話を視聴し終わって

理王の問題が片付かないうちに今回は終了。

杏夏に引き続き2話連続の話になるようです。

 

マネージャーが理王をどう導くのか次回が楽しいです。