シャインポスト第1話の感想「目標はライブで中野サンプラザを満員にすること」

スポンサーリンク
この記事は約7分で読めます。

 

感想(ネタバレあり)

 

私の推し声優の一人、鈴代紗弓さん。

彼女が主人公のCVを担当するということで視聴した本作。

1話本当に良かったです。

 

作画良し、テンポ良し、声優さんの演技も概ね良し、そしてストーリーも単純(褒め言葉)。

 

強いて言うなら、主人公の春と直輝マネージャーの視点、どっちかにまとめて欲しかったですね。

感情移入しにくいので。

 

 

 

ストーリーは、人気がないアイドルグループ「TiNgS」が中野サンプラザで結成一周年のライブを開催。

 

そのライブで中野サンプラザの定員である2000人動員できなければTiNgSの解散決定。

解散阻止のため、新しいマネージャである直輝とTiNgSのメンバーが悪戦苦闘しながらライブ成功のために頑張るというサクセスストーリーでしょうか。

 

ただ直輝マネージャーにはある特殊な能力があるという感じ。

 

直輝マネージャーの能力は蛇足な感じもします。

ただきっとストーリーに大きく絡んでくるのでしょう。

どう絡んでくるか期待です。

 

 

原作(ラノベ)は電撃文庫から発売中。

興味のある方は読んでください。

 


現在第3巻まで刊行されております。

 

 

 

崖っぷちアイドルTiNgSに突き付けられた解散

アイドルグループ維持するのも楽ではありません。

最大で37人しか動員できないアイドルなんて事務所が見切り付けても仕方ないでしょう。

グッズ販売で大儲けでもしてない限り。

 

 

でも事務所の社長も鬼ではありませんでした。

「結成1周年記念ライブで中野サンプラザを満員にできればTiNgSの解散は無し」という条件を出してきます。

 

無謀ですがチャンス貰えるだけマシかも。

 

 

杏夏と理王(シャインポスト1話)

シャインポスト第2弾PVより引用

 

 

さて物語はこの崖っぷちアイドル「TiNgS」がメインとなってストーリーが進むようですが、メンバー3人のキャラ付けは結構王道な感じです。

 

元気っ子の春、冷静な杏夏、そしてお調子者の理王。

何かイヤホンズを彷彿とさせますが、春はともかく杏夏と理王はいろいろある感じ。

 

第9話まで視聴すると、一番ヤバいのは春だったことがわかります。

 

 

各キャラについては少しずつ明らかになっていくのかもしれませんね。

 

 

 

3話4話が杏夏メイン回。5話6話が理王メイン回。そして9話が春のメイン回となっております。

 

 

直輝マネージャーの特殊能力

TiNgS解散阻止のため、事務所の社長は新しいマネージャーを招聘します。

それが直輝マネージャー。

 

真面目な感じが漂う直輝マネージャーですが、ある特殊能力を持っていました。

それはオーラの有無で嘘をついているかどうか判断できるということ

 

仕事では役に立ちそうな能力ですが、プライベートでもオーラの有無で嘘ついているかどうかわかるのはキツイですね。

信頼する相手にオーラが見えるとその段階で嘘ついているの確定、その結果人間不信になりそう。

 

たぶん直輝マネージャーも多かれ少なかれそんな経験をしているのかと。

 

だから最初マネージャーするの断っていたのでしょう。

 

そんな直輝マネージャーの気持ちを変えさせたのは嘘を言わない春の存在だったのかも。

 

 

マネージャーに笑顔で応じる春(シャインポスト1話)

シャインポスト第2弾PVより引用

 

 

嘘偽りのないまっすぐな言葉を聞けば、直輝じゃなくても応援したいという気持ちになりそうな気がしますわ。

それに春の屈託のない笑顔。

見るだけでお癒されますわ。

 

 

 

シャインポスト1話を視聴し終わって

個人的にはアイドルアニメは結構苦手な分野。

これまで視聴したことあるアイドルアニメはゾンビランドサガぐらい。

 

推しの声優である鈴代紗弓さんが主人公を演じてなければおそらく0話切りしてましたけど、視聴して良かったです。

 

次回以降さらに困難や障害が出てくるでしょうけど、春たちがどんなふうに乗り越えていくか楽しみです。

 

第2話の感想記事はこちら。

シャインポスト第2話の感想「ファンの民度が高い世界」