SAO3期(アリシゼーション)第12話「図書室の賢者」の感想 「公理教会の最高司祭様はチーターだった?」

スポンサーリンク

ソードアート・オンラインアリシゼ―ションタイトル

ソードアート・オンラインアリシゼ―ション第12話より引用

 

 

感想(ネタバレあり)

 

今回はAパートがバトルパート。

そしてBパートはカーディナルから

公理教会の最高司祭アドミニストレータの

秘密を聞くパートとなっています。

 

しかしキャストが豪華ですねえ、

丹下桜さんに坂本真綾さんを

使うなんて。

 

やっぱりこれって

原作者の川原先生の意向が

大きく働いたのでしょうかねえ。

 

でも視聴者にも

嬉しい人選だと思います。

 

 

前回第11話の感想を読みたい方は

こちらからどうぞ。

 

SAO3期(アリシゼーション)第11話「セントラル・カセドラル」の感想 「すべてはアリスの予想通り」
罪人としてアリスに連行されるキリトとユージオ。でもこのまま何をしない訳ありません。脱走した二人の前に新しいキャラが。一方現実世界ではアスナが比嘉がプログラムしたあるものと対面する。

 

 

前回は捕らえられた

キリトとユージオが

鎖を利用して脱走したお話でした。

 

 

 

スポンサーリンク

整合騎士エルドリエさん、危うく記憶が戻りそうになる

アリスの命令でキリトとユージオの脱走に備えていた整合騎士エルドリエ・シンセサス・サーテイーワン。

キリトとユージオと捕らえようとするが。

 

ソードアート・オンラインアリシゼ―ション12話より引用

 

前回ラストで登場した

整合騎士のエルドリエさん。

 

噛ませの臭いがプンプンしますが

腐っても整合騎士。

 

キリト相手でも

有利に戦いを進めます。

 

まあ、キリトの武器は

鎖ですからね。

これに負けるようでは

整合騎士失格ですわ。

 

ただキリトのみに

意識を集中させていたのか

ユージオの奇襲を受けると

ちょっとヤバめに。

 

最初の余裕はどこへやら。

ようやくちょっと本気を出して

キリトとユージオを追い詰めます。

 

と思ったらまた形勢逆転。

実はエルドリエさんのことを

ユージオが知っており、

ユージオがエルドリエさんの本名を

口に出すと、

エルドリエさんの様子が…。

 

ああ、エルドリエさんって

整合騎士になる代わりに

昔の記憶を消去されていたのですねえ。

 

そして自分の本当の名前を聞き、

消去された記憶が

呼び覚まされたという訳ですか。

 

エルドリエを見るキリト(ソードアート・オンラインアリシゼ―ション12話)

ソードアート・オンラインアリシゼ―ション12話より引用

 

こうなってしまっては

エルドリエさんは戦闘不能。

 

奇策というか

エルドリエさんを記憶で揺さぶった

おかげでキリトとユージオが勝利。

 

これで一息付けると思ったら、

次の整合騎士が。

 

これもアリスの手配なの?

 

つ~か、

この整合騎士、

1話に出てた奴じゃね?

 

あと足を射られてどうしてキリト走れるの?

 

絶体絶命のキリトとユージオ、

そこにある少女が現れて

二人を別の場所にいざないます。

 

まあ、ご都合主義ですが

二人が助かって良かったですわ。

 

公理教会誕生とアドミストレータ誕生の秘密とは?

キリトとユージオを助けた少女カーディナル。

彼女はキリトに公理教会の誕生とその最高司祭アドミニストレータのことを話す。

 

ソードアート・オンラインアリシゼ―ション12話より引用

 

 

キリトとユージオを助けた少女の名前は

カーディナル。

 

カーディナル登場(ソードアート・オンラインアリシゼ―ション12話)

ソードアート・オンラインアリシゼ―ション12話より引用

 

そっち系が好きな

視聴者が飛びつきそうな容姿です。

そしてCVが丹下桜さんって

どんだけ完璧なんだよ。

 

まあ、それはともかく、

彼女からキリトは重要な話を聞くことになります。

 

この世界に神様は存在しないこと。

現実世界との連絡できるのは

公理教会の最高司祭だけ。

 

そしてこの話に付随して

公理教会最高司祭アドミニストレータの話も

キリトはカーディナルから

聞くことになります。

 

 

最初のフラクトライトの1人の

所持欲や支配欲などの

欲望が強かったせいで

歪みが生じ、

そしてそれが貴族制などに繋がっていった。

 

そしてそんな中登場したクィネラは

神聖語の法則と

レベル上げの術を知り、

さらに自分の権力を守るために

公理教会と禁忌目録を作ったと。

 

ただそんなクィネラも寿命には勝てず、

あとは消え去るのみ…と思ったら、

最後の最後で1発逆転。

 

病床のクィネラ(ソードアート・オンラインアリシゼ―ション12話)

ソードアート・オンラインアリシゼ―ション12話より引用

 

システムコマンドの一覧に

アクセスすることに成功。

寿命(天命)を回復して

元の容姿を取り戻すことに。

 

ここで満足しておけばよかったのに

欲を出したが失敗の元。

 

そして…。

 

つ~か、どうしてカーディナルは

こんなことを全部知っているの?

 

そしてアドミニストレータを

ある意味双子の姉と言ってたけど。

 

まだまだ秘密があるようですが、

どうやら今回はここまでのようです。

 

 

終わりに

 

今回はストーリー上、

かなり重要な回だったですね。

Aパートの戦闘シーンも

意味はありましたが、

Bパートの重要さに比べたら…。

 

 

公理教会は

アドミニストレータ(クィネラ)が

自分にとって代わる者の出現を

阻むために作った組織であり、

そしてアドミニストレータ自身、

ある意味チーターだった。

 

でもそのアドミニストレータは

カーディナルシステムと

融合しようとして

逆に取り込まれたことになり、

秩序維持という

ある意味ツマラナイことを

第一に考えるようになってしまった。

これにザマァという気持ちが大きいです。

 

やっぱりチーターは嫌いなので。

でもCV坂本真綾さんだから

アドミニストレータってある程度

人気出そうな気もします。

 

さて今回で年内の放送は最後。

次回は年明け1月5日の深夜から

放送再開です。

 

まあ放送無いのは次週だけなので

放送再開までゆっくり待ちましょう。