SAO3期(アリシゼーション)第8話「剣士の矜持」の感想 「イメージの力が万能過ぎる」

スポンサーリンク

ソードアート・オンラインアリシゼ―ションタイトル

 

ソードアート・オンラインアリシゼ―ション第1話より引用

 

 

感想(ネタバレあり)

 

今回はイメージ最強!!

って感じのお話でした。

 

それに気付いていた

キリトさんさすがですわ。

 

そして新しい女性キャラも登場。

ますます華やかになる一方で

アスナに再会した時、

キリトはどうなるのでしょうか?

地味にそっちが心配です。

 

 

なお前回第7話の感想を

参照したい方はこちらから

どうぞ。

 

SAO3期(アリシゼーション)第7話「剣の学び舎」の感想 「キリトの新しい剣が厄介ごとを招き寄せる」
ルーリッドの村を出て2年。央都で修剣士になっていたキリトとユージオ。美人なリ―ナ先輩の元で剣技を学ぶ一方、やっぱりキリトは面倒事に巻き込まれてしまいます。

 

 

久しぶりのアンダーワールドの

お話でした。

 

新キャラがいっぱい出てきて

華やかになりましたね。

 

 

 

スポンサーリンク

模擬試合は引き分け

リーバンテインとの模擬試合に臨むキリト。

そしてキリトはリーバンテインの強さの源を知ることに。

 

ソードアート・オンラインアリシゼ―ション8話より引用

 

この世界では

イメージの力が強さになる。

 

そしてそれが

リーバンテイン先輩の強さの

源泉だったようです。

 

ただしリーバンテイン先輩は

イメージ力=強さと直接的に

気付いている訳ではなく、

家の代々の家訓を信じることが

自分の強さに直結すると

思っているだけのようですけど。

 

まあ、キリトからすれば

直接的に気付いていようが

気付いていなかろうが

それほど重要ではないですけどね。

少なくともこの模擬試合中は。

 

今まで倒した相手の血が

強さの源泉であるリーバンテイン。

 

そして自分の仲間たちが

力の源であるキリト。

一応ユージオやエギルやクラインも

イメージに入ってましたが

女性キャラが圧倒的に多い!!

 

そして最後にイメージした

アスナの存在感がハンパないです。

嫁は別格なんでしょうねえ。

 

まあリーバンテインは

キリトの背後に

キリトの仲間たちではなく、

ギガスシダーが見えたのですけどw

 

模擬試合は結局

アズリカ先生の判断で途中で終了。

アズリカ先生が止めなければ

完全に相打ちでしたね。

 

相打ち寸前のキリトとリーバンテイン(8話)

ソードアート・オンラインアリシゼ―ション8話より引用

 

真剣であることを考えれば

キリトヤバかったかも。

 

仲間たちを想うイメージを

使ってもあれがやっと。

 

上級生との力の差は

かなりあるようですね。

 

まあ相手は学年首席なので

あそこまでやれたのは凄いですけど。

 

キリト=無双って印象が強いですけど、

今回の模擬試合を見ると

ホントギリギリって感じがしてきます。

 

イメージの力で花を再生させちゃった

リーバンテイン相手に引き分けたキリト。

リ―ナ先輩たちと祝勝会を行った後、キリトのことを良く思っていないライオスたちと出会い、あるものを受け取る。

それは…。

 

ソードアート・オンラインアリシゼ―ション8話より引用

 

はい、せっかくリ―ナ先輩と一緒に飲んで

良い気持ちだったキリトさん。

 

屑どものせいで

一気に嫌な気分と言うか

悔しい気分に。

 

卒業のために育てていた

リ―ナ先輩の好きな花が

屑どもに蹂躙されちゃった。

 

この展開は

第7話でキリトが花を世話をするところを

屑どもが見ていたので

ある程度は予想できましたけど、

やっぱり気分悪いです。

 

しかし屑どもは馬鹿ですねえ。

わざわざキリトに言わなくてもいいのに。

 

キリトに対する優越感に

浸りたいのなら

花が荒されているのを見て

呆然自失になっているところを

隠れて見た方がいいでしょうに。

 

まあ、ここまでの展開は予想できましたが

まさかイメージの力というか、

周りに花の力を貰って

花を再生させるなんて。

 

花をイメージの力で再生させるキリト(8話)

ソードアート・オンラインアリシゼ―ション8話より引用

 

どんだけイメージの力万能なんだよw

 

謎の声が後押ししたというのも

ありますけど、

ホントイメージ力凄すぎ。

 

あとあの声の主は誰なんでしょうねえ。

 

キリトとユージオが進級!!そして可愛いお世話係が

無事に進級したキリトとユージオ。

上級生となった2人には傍付きが付くことになる。

 

ソードアート・オンラインアリシゼ―ション8話より引用

 

ホント時間が経つのが早すぎ。

リ―ナ先輩が卒業し、

いつの間にかキリトとユージオが

進級してました。

 

この辺って原作では

どうなっているのでしょうね?

やっぱり尺の問題で圧縮されたのでしょうか。

 

リ―ナ先輩もハーレム要員になると

思っていたのに

あっさり卒業したから

これで退場なんでしょうかねえ。

 

そうだったらアスナさんも

一安心でしょう。

たぶん。

 

あとユージオが傍付きしていた先輩、

結局一言も喋りませんでしたよね。

何か可哀想ですw

 

まあそれはいいとして、

キリトとユージオが進級したことで

二人にはお世話をしてくれる下級生の

傍付きが付ました。

 

ロニエとティ―ゼ(8話)

ソードアート・オンラインアリシゼ―ション8話より引用

 

 

傍付きって貴族以外にも付くのですね。

てっきり身分の高いものだけに

付くものだと思ってました。

 

まあ、それだけ上級生に進級するのが

凄いことなんでしょう。

 

二人が進級できたことで

さらに屑どもが目の仇に

してくるのでしょうけど。

 

 

終わりに

 

今回はここで終了です。

 

リ―ナ先輩が2話で退場し、

新しい女性キャラが出てきました。

 

ロニエとティ―ゼ。

どちらも可愛いですけど、

どんな性格なんでしょうね?

 

まあ、これから彼女たちの

人となりとかも

描かれるでしょうから、

楽しみに待つとしましょう。

 

あとできれば早く

屑どもをキリトが

〆る場面見たいです(あればですけど)。

 

次回も楽しみです。