ゆるキャン△第1話~12話(最終話)の感想「JKとキャンプの組み合わせが絶妙で面白い」

この記事は約73分で読めます。

 

 

感想(ネタバレあり)

 

ゆるキャン△第1話から第12話(最終話)の感想記事をまとめた記事です。

正直放送前はそこまで期待してませんでしたが、1話を視聴した後「これは面白い」と思ったことを今でも覚えております。

 

JKの緩さの中にキャンプの楽しさを入れこみ、何度でも繰り返し視聴したくなるような出来。

日常系の作品でこういう気持ちになる作品は滅多にありません。

作画は崩れそうになった回もなくは無いですが、それでも十分視聴すべき作品だと思います。

 

 

この2018年の冬クールは「ゆるキャン△」と「よりもい」という数年に一度くらいの名作が放送され、アニメファンは至福のクールだったと思いますわ。

 

 

スポンサーリンク
  1. ゆるキャン△第1話「ふじさんとカレーめん」の感想 「なでしことリンちゃんの出会い!!この後リンちゃんが苦労する未来しか見えねえ」
    1. リンちゃんはキャンプの達人?
    2. なでしことリンちゃんの出会い
    3. なでしこの目の前にあるのは?
    4. 今回のまとめ三行
  2. ゆるキャン△第2話「野クルへようこそ!」の感想 「野クル加入でリンちゃんに再会?」
    1. まったり系サークルに加入
    2. なでしことリンちゃん「運命の再会」
    3. ソロキャンプになでしこ乱入
    4. 今回のまとめ三行
  3. ゆるキャン△第3話「ふじさんとまったりお鍋キャンプ」の感想 「リンちゃんがデレ始めたわ」
    1. お鍋美味しそう
    2. やっぱりリンちゃんのテントに潜りこんだか
    3. リンちゃんがデレた?
    4. 今回のまとめ三行
  4. ゆるキャン△第4話「野クルとソロキャンガール」の感想 「キャンプする前に悪魔の誘惑が多過ぎる」
    1. 「なでしこ」がウザい
    2. なでしこの体力は無限大?
    3. リンちゃんはソロで豪勢な食事を
    4. 今回のまとめ三行
  5. ゆるキャン△第5話「二つのキャンプ、二つの景色」の感想 「違う場所にいるはずなのに近くにいるみたいな感じ」
    1. やっぱり悪魔の囁きに負けた
    2. 温泉が潰れてもこの景色が見れれば
    3. 体は遠距離、でも心は隣に
    4. 今回のまとめ三行
  6. ゆるキャン△第6話「お肉と紅葉と謎の湖」の感想 「二人で焼き肉キャンプへ」
    1. 賽銭箱ならぬたき火用グリルを買っちった
    2. 焼き肉キャンプへ
    3. キャンプ本番は次回のお楽しみ
    4. 今回のまとめ三行
  7. ゆるキャン△第7話「湖畔の夜とキャンプの人々」の感想 「牛のお化けホントに出やがった」
    1. お隣さんはカップル?
    2. 備長炭に火がつかない
    3. 恩人へ御裾分け
    4. 牛のお化けとエンカウント
    5. 終わりに
    6. 今回のまとめ三行
  8. ゆるキャン△第8話「テスト、カリブー、まんじゅううまい」の感想 「ショッピング後の饅頭最高」
    1. 道具の手入れは大変
    2. ショッピング後の買い食いは当たり前
    3. 終わりに
    4. 今回のまとめ三行
  9. ゆるキャン△第9話「なでしこナビと湯けむりの夜」の感想 「夢で見るくらい意識してる?」
    1. ソロキャンパーとナビゲーション
    2. なでしこ一家総登場で千明ちゃんにプレッシャーが
    3. なでしこを意識するから夢で見る?
    4. 終わりに
    5. 今回のまとめ三行
  10. ゆるキャン△第10話「旅下手さんとキャンプ会議」の感想 「野クルの顧問の正体は?」
    1. まさか千明ちゃんが助けることになるなんて
    2. だが断る…と思ったけどやっぱり考える
  11. クリスマスキャンプの作戦会議
    1. 野クルの顧問爆誕!ついでに正体がバレた
    2. 終わりに
    3. 今回のまとめ三行
  12. ゆるキャン△第11話「クリキャン!」の感想 「みんなでワイワイやるキャンプも楽しい」
    1. みんな集合時刻より早くやってきた
    2. 今回の主役はちくわだった?
    3. 今回の飯テロは破壊力抜群
    4. みんなと一緒のキャンプも案外楽しい
    5. 今回のまとめ三行
  13. ゆるキャン△第12話(最終話)「ふじさんとゆるキャンガール」の感想 「そして二人は思い出の場所で再び出会う」
    1. 野クルメンバー+リンちゃんの未来?
    2. 四尾連湖で会った火おこしお兄さんの正体
    3. 朝食そして日の出
    4. 年が暮れていく
    5. 思い出の場所で再び出会う
    6. 終わりに
    7. 今回のまとめ三行

ゆるキャン△第1話「ふじさんとカレーめん」の感想 「なでしことリンちゃんの出会い!!この後リンちゃんが苦労する未来しか見えねえ」

今期のきらら枠、

ゆるキャン△が

とうとう始まりました。

 

 

 

 

ホントはこの作品に関しては

感想記事書くつもりありませんでしたが

原作第1巻を読んで気が変わりました。

 

果たしてアニメの方は

原作の良いところを

表現できているでしょうか?

 

 

 

リンちゃんはキャンプの達人?

 

アバンから時間が遡って

Aパ―ト。

 

ソロキャンパーのリンちゃん。

今日も一人でソロキャンプ。

 

慣れた手付きで

テントを組み立て

チェアーを準備。

 

ゆるキャン△予告編より引用

 

しかしまあ、

こんな冬の誰もいないシーズンに

キャンプなんてと思いますが

このオフシーズンだからこそ

キャンプ場を独り占めできるのですよねえ。

 

誰に気兼ねすることなく

独り占め。

考えようによってはこれほど

贅沢なことはありません。

寒さを我慢できればですけど。

 

 

寒さ対策でカイロ用意していたリンちゃん。

しかしカイロでどうにかなる

寒さではないようで、

嫌々ながらもたき火をすることに。

 

決めたすぐに行動。

薪を拾ってくることに。

でも結構薪集めって

重労働なんですよね。

 

Jkであるリンちゃんも

さすがに大変そうですが

何とか集め終わります。

 

ところで解説の声って

大塚明夫さんがやるのですねえ。

渋い声がやっぱり素敵で

良いアクセントになりますわ。

どうしても作品の性質上、

若い女性声優さんばかりなので。

 

 

 

そしてようやく着火。

 

もちろん新聞紙なんて使わず、

落ちていた松ぼっくりが着火剤代わり。

かさが開いているやつは

それだけ空気に触れる面が多いので

乾燥しているみたいです。

 

こういう豆知識って

サバイバル生活する時に役立つかも。

そんな日は来ない方がいいけどw

 

 

なでしことリンちゃんの出会い

 

最初に目にしたのは

キャンプ場に来た時。

疲れ果てたのかトイレ前の

休憩用のイスで寝ているJKが1人。

よくこんなところで眠れるもんですねえ。

 

次、

リンちゃんが薪割りの途中で

トイレに来たときもまだ寝てるJK。

寝相が悪いのか

かなり移動していたけど。

 

 

そして夜、

リンちゃんがトイレに来たとき、

そのJKはイスからいなくなった・・・

と思ったら、

泣きべそかいているJKと

鉢合わせw

 

リンちゃんでなくても

驚くし逃げるわw

 

 

この泣きべそかいているJKの名前は

なでしこ。

 

何でも富士山を見るために

このキャンプ場に自転車で

やってきたけど、

疲れ果てて寝ているうちに

帰れなくなったらしいです。

 

まあそれだけだったら

家族に迎えにきて貰えば

いいのですけど、

スマホは忘れてくるし、

自分の家の番号もわからない。

 

まあ家の電話番号は

引っ越してきたばかりだし、

それ以前に今は

スマホに記憶しているので

わざわざ番号を覚えておく

ことしませんからね。

こればっかりはなでしこを責めるのは

酷ですわ。

 

お腹が空いたなでしこの

カップめんを差し出すリンちゃん。

 

キャンプ場特価1500円らしいw

 

なでしこを元気づけるための

リンちゃんなりの渾身のボケなんでしょうけど、

なでしこの本気の回答で

逆に寒い空気になった感じですわw

 

お湯を沸かすことを

テキパキするリンちゃんに

目を見張るなでしこ。

 

そして沸いたお湯を

カップめん(カレーめん)に注ぎ

カレーめん完成!!

 

 

 

過酷な大自然の中で食べる

カレーめん。

さぞ美味しいことでしょう。

なんたってこの顔ですから。

 

ゆるキャン△予告編より引用

 

 

 

大満足な様子の

なでしこさんが

発した言葉、

それは、

 

ゆるキャン△予告編より引用

 

 

口の中やけどした!!

 

 

確かにそうかもしれないけど、

そこは美味しかったと言えよw

 

 

なでしこの目の前にあるのは?

 

 

なでしこがここの来た理由。

それは富士山を見るため。

 

しかし昼間は曇っていて

富士山は見えなかったらしいです。

 

自転車こいで

ここまで来たのに、

遭難しかかったのに。

 

なでしこって運がない子

なんでしょうか?

 

 

愚痴るなでしこに

言葉をかけるリンちゃん。

 

リンちゃんに促されて

後ろを振り向いたなでしこの

視界に飛び込んできたのは・・・。

 

ゆるキャン△予告編より引用

 

 

ここの富士山が

第1話の一番良いシーンでしょうね。

是非このシーンはご自身で

視聴して確認してくださいな。

 

まあ予告編PVに

そこのシーンがなかったので

画像を用意できかったのですけどね。

 

 

 

富士山の絶景を見たおかげか、

なでしこはお姉ちゃんの電話番号を

思い出します。

 

 

そして当然

キャンプ場まで飛んできて

なでしこの鉄拳制裁を食らわせる

なでしこのお姉ちゃん。

JKが夜になっても帰ってこないのですから

心配するのは当然ですし、

怒るのも当たり前ですわ。

 

 

帰宅するなでしこ。

でもその前に

自分の連絡先をリンちゃんの渡し

一言、

 

今度はちゃんとキャンプやろうね。

 

 

果たしてなでしこの希望、

叶うのでしょうかね?

 

まあ、この手に話って

孤独を愛するキャラが

コミュ障お化けみたいな

主人公キャラに苦労させられ、

いつの間にか心を開いているというのが

王道ですから。

 

そしてうちら視聴者は

それをニヤニヤしながら見るとw

 

私もまだ原作2巻までしか

読んでませんけど、

たぶんそうなるんじゃないでしょうか?

 

今回のまとめ三行

  • リンちゃんがソロキャンプ
  • リンちゃんとなでしこの出会い
  • 夜の富士山は絶景

 

 

ゆるキャン△第2話「野クルへようこそ!」の感想 「野クル加入でリンちゃんに再会?」

 

ゆるキャン△第2話の感想記事です。

前回富士山の絶景を見たことで

キャンプに興味を持ったなでしこ。

 

今回サークルに加入して

さらにキャンプへの興味を強くします。

あとついでにリンちゃんと再会しましたw

 

 

 

まったり系サークルに加入

 

キャンプに興味をもったなでしこ。

早速キャンプができそうな

部活に照準を定めます。

 

なでしこが

選んだのは野外活動サークル、

通称「野クル」。

 

名前だと外で活動すること

全般をやるようなサークルですけど

実際どんな活動しているのですかね?

一応まったり系サークルという

噂があるみたいですが。

 

これ大学のサークルだったら

絶対リア充だらけの

ナンパ系サークルですわ。

 

ノックして

部室に入るなでしこ。

しかし、狭い。

 

つ~か、

こんな部室しかない時点で

学校内でのこのサークルの評価が

わかるような気がしますわ。

 

部長に力ないか、

サークルが厄介者扱いされているか

どちらかでしょうね。

と思ったら、

部員数が少なかっただけみたいです(現在の部員は2人)。

 

 

さて、部室の中は

なでしこの言う通り

うなぎの寝床のように細長い構造。

そして半分くらいが棚になっています。

 

棚の中は薪など

キャンプに使うようなものが

揃っているようですね。

でもなぜ松ぼっくりまで。

松ぼっくりだったら

簡単に入手できるでしょうに。

 

まあ、こんなもんがあるということは

しっかり活動しているのが推測されますわ。

 

さて、

なでしこがいろいろ物色している最中、

一人のメガネっ子が

部室に入ってきてフリーズ状態になり、

そして出ていってしまします。

 

この現状だと、

なでしこ=泥棒と勘違いしたのかも。

そう思われても仕方ありませんけどね。

 

 

まあすぐに誤解が解けて

自己紹介。

メガネっ子がこのサークルの責任者である千明ちゃん。

そしてもう一人が部員のあおいちゃん。

 

ゆるキャン△第2話より引用

 

 

 

千明ちゃんはしっかりしているようで

抜けているタイプ。

一方のあおいちゃんは

ほわほわ系だけどしっかりしているタイプ。

 

ふわふわ系のなでしことは

相性が良さそうですね。

 

 

 

なでしことリンちゃん「運命の再会」

 

野クルのメンバー3人で

テント張りの実地訓練です。

 

ゆるキャン△第2話より引用

 

 

明らかになれていない手付きで

テントを張ろうとする3人。

 

第1話でリンちゃんがテキパキと

テント張るのと対比するのかなと

思ったら、

案外できてるじゃん。

 

でもやっぱりまだまだリンちゃんレベル

じゃないかな?

 

野クルがテントを張っているのを

図書室から見ているリンちゃん。

 

本当にリンちゃんとなでしこって

エンカウント率高いですねえ。

 

ただなでしこはリンちゃんに

気付く気配なし。

 

曇りガラスではないでしょうから

たぶん外からも図書室の中見えるでしょうけど。

 

それだけテント張りに

集中しているのでしょう。

 

ようやくテント張りも終盤、

あとちょっとというところで

野クルメンバーに悲劇が。

 

何とテントのポールが折れちゃった。

これ、結構お値段する感じがするし、

ポールがないとテント張れないし、

野クル大ピンチ。

 

ゆるキャン△第2話より引用

 

 

こんな時、

四次元ポケットから何でも出す

猫型ロボット、

いや、テント張りに精通した人が

いれば・・・。

 

っているじゃん。

図書室の中に。

 

一部始終を見ているリンちゃん。

当然ポケットこのピンチを解決する

知識があるけど、

肝心のスペア道具が。

 

って、なぜテント用具が

図書室にあるんだ。

そしてなぜそれに気付く斎藤さんw

 

さすがアニメ、

ご都合主義の権化ですわw

 

でもリンちゃんは

野クルを助ける気がない様子。

たぶん助けたら

なでしこが絡んでくるの確実。

自分のソロキャンプ生活が侵される

と考えているのでしょう。

 

結局、

斎藤さん経由で

スペア部品は野クルの元へ。

 

これで斎藤さんは

野クルを救った英雄に、

そして一件落着・・・とはいきません。

何と斎藤さん、

図書室からリンちゃんが見ているのを

なでしこに教えちゃいましたw

 

 

なでしこの立場からは

感動の再会、

リンちゃんの立場だと

あ~あ、面倒なことになりそう。

 

そんな心情でしょうね。

 

ゆるキャン△第2話より引用

 

 

 

ソロキャンプになでしこ乱入

 

 

週末、

富士山の麓のキャンプ場に

やってきたリンちゃん。

今日もソロキャンプです。

 

今回の目的は

キャンプ飯。

ただ途中で食材買えるスーパーが

なくて、

結局いつものカレー麺ですが。

 

しかしキャンプ場って高いですねえ。

使用料が2000円ですか。

まあ、トイレなどの維持費に

コストが掛かるのでしょうけど。

 

手慣れた手付きで準備をするリンちゃん。

さすがにリンちゃんのテントは立派。

どっかの980円のテントみたいに

ポールが折れるようなことはありませんw

 

準備が終わったころ、

斎藤さんからLINEが入り、

しばらくやりとりをするリンちゃん。

斎藤さんもリンちゃんもノリがいいですねえ。

臨機応変に面白い返しができる人好きですわ。

 

夕方、

なでしこのことを考えるリンちゃん。

そんなリンちゃんの耳には

なでしこの声が聞こえます。

 

幻聴が聞こえるくらい

なでしこのことが気になっているのですね。

と思ったら、

ホントになでしこがいたw

 

どうやら斎藤さんが

なでしこにリンちゃんの居場所を教えたようですw

 

斎藤さん、

ナイスアシストw

 

そしてなでしこが

わざわざやってきた訳は・・・

 

ゆるキャン△第2話より引用

 

 

 

キャンプ鍋をリンちゃんと

食べるため。

 

今回はここで終了です。

 

 

全体的に原作通りの展開で

原作を補強する形で

新たなカットが入っている感じですね。

原作の完成度が高いので

これでいいと思いますわ。

 

そしてしっかりと原作の雰囲気を

再現できているので

原作既読の私も(まだ2巻までだけど)

安心して視聴できます。

 

 

次回はなでしことの

キャンプ鍋。

次回も楽しみですわ。

 

 

今回のまとめ三行

  • なでしこが野クルに加入
  • リンちゃんと再会
  • なでしこ乱入

 

 

スポンサーリンク

ゆるキャン△第3話「ふじさんとまったりお鍋キャンプ」の感想 「リンちゃんがデレ始めたわ」

前回、富士山の麓キャンプ場で

ソロキャンプを楽しむリンちゃんの前に

なでしこがお鍋道具と一緒に参陣!!

 

今回はその続きからです。

タイトル通りだと

リンちゃんが断念したキャンプ飯が

食べれるはずですが・・・。

 

 

 

お鍋美味しそう

 

第2話の最後から少しだけ遡った時間。

家の物置でテントを探す

なでしこ。

 

野クルに加入して

キャンプに興味津々ですからね。

 

確か1話でお姉ちゃんがテントが

物置にあったと言っていたので

一生懸命探していたのでしょう。

 

そしてようやくテント発見。

でもこのテントでは流石に冬キャンは無理ですわ。

 

ちなみのこのテント、

タープとかタープテントとか

呼ばれるものらしいです。

一般的に雨や日光を遮るために

使うものでこの中で寝泊まりするのには・・・。

 

 

ちょっとがっかりのなでしこ。

そんな時に斎藤さんから

リンちゃんの情報が・・・。

 

丁度出かけるところだった

お姉ちゃんに乗せてもらい、

リンちゃんがソロキャンしている

麓キャンプ場へ。

 

かなり遠いみたいですけど、

そこまで連れていってあげて、

キャンプ場への入場料まで出してあげる

お姉ちゃん優しすぎです。

まあ後で徴収するでしょうけど。

 

 

そしてようやく前回の最後の場面に。

リンちゃんの前に現れたなでしこ。

手にはお鍋と料理の材料がいっぱい。

 

このキャンプ場に来る途中、

スーパーが一軒もなくて

泣く泣くキャンプ飯を諦めたリンちゃんは

嬉しいはず・・・とは

なりませんよね。

 

孤独じゃなくて静かなソロキャンプを好む

リンちゃんにしてみれば、

なでしこのようなタイプは苦手なはず。

 

でもやっぱりお鍋の誘惑には勝てなかったようです。

案外テキパキと用意するなでしこ。

 

なでしこのようなキャラは

何をやっても失敗するけど挫けないという

タイプがテンプレ。

 

しかしなでしこはその例外らしく、

しっかりと料理を作っていきます。

 

そして完成したのは

担々餃子鍋(餃子50個入り)!!!

 

ゆるキャン△第3話より引用

 

 

寒いところでこれが

美味しくない訳がありません。

箸が止まらないなでしこ。

 

おい、リンちゃんのために

作ったんじゃないのかよ。

 

なでしこの恩返しのはずなのにw

 

やっぱりリンちゃんのテントに潜りこんだか

 

車中泊した

なでしことお姉ちゃん。

日の出前にしっかりと起こしてくれるお姉ちゃんは

さすがです。

 

前日いきなり妹に頼まれて

そのまま車中泊に付き添うなんて

なかなかやりませんよ。

第1話でなでしこに鉄拳制裁した人とは

思えません。

 

まあ、それだけなでしこが

心配なんでしょうね。

お姉ちゃん、極度のシスコンと予想w

 

 

さてお姉ちゃんに起こされ、

半分寝ぼけたままで

リンちゃんのテントに向かうなでしこ。

 

そしてチェアーに座り、

日の出を眺めることに。

 

ゆるキャン△第3話より引用

 

今回のメインはやっぱりこのシーンですからね。

これこそキャンプの醍醐味というか、

これを見るためにここでキャンプする人も

いるのでしょうねえ。

 

それと

なでしこ可愛い。

この日光を浴びているシーン、

大好きですわ。

 

念願の日の出を見たなでしこ、

ただやっぱり寝ぼけた状態。

そのままリンちゃんのテントに乱入して

再び御就寝ですw

 

 

ゆるキャン△第3話より引用

 

 

 

リンちゃんがデレた?

 

学校の図書室。

なでしこと撮った写真を眺めるリンちゃん。

斎藤さんに茶化され

いつもおクールビューティーに

徹しようとしますが。

 

ゆるキャン△第3話より引用

 

 

なでしことまったりお鍋キャンプして

普通のキャンプに関する認識を

ちょっとだけ変えたのかもしれませんね。

 

デレ始めたリンちゃん可愛いですわ。

 

 

今回はここで終了。

 

今回は原作を補うような

オリジナルシーンが結構ありましたね。

 

お姉ちゃんに頼んで

キャンプ場に連れて行ってもらうシーンや

千明ちゃんが酒屋のバイトの面接を

受けるシーンなど。

 

たぶん尺が十分あるおかげだと

思いますが、

これぐらい余裕があると

なんでもできるのだなぁと

思いましたわ。

 

次回はリンちゃんが原付に

乗りますが

アニメオリジナルでスズキ製の

バイクの乗らんかなぁ(ばくおんファンはちょっとだけ期待しているかおも)。

 

 

今回のまとめ三行

  • 担々餃子鍋美味しそう
  • せっかくの絶景も半分寝てる
  • リンちゃんがデレた

 

 

 

ゆるキャン△第4話「野クルとソロキャンガール」の感想 「キャンプする前に悪魔の誘惑が多過ぎる」

今回は野クルとリンちゃん

それぞれが冬キャンプをするお話です。

 

グループでのキャンプと

ソロのキャンプ、

メリットデメリットが比較できる

よい作りになっていたと思いますわ。

 

 

「なでしこ」がウザい

 

野クル初のキャンプに備えて

会議を行うことに。

 

会議行うなら部室でやればいいのに

なぜ外とするのか?

 

まあたぶん電気ケトルとかがないので

外でたき火を使って沸かすしか

なかったのでしょうね。

 

でも直火で沸かすと

やかんが・・・。

 

なでしこよ、

第1話でリンちゃんから

直火でわかすとやかんがすすだらけになるって

学んだでしょうが。

 

 

それはともかく、

千明ちゃんが何が言うたびに

質問して話の腰を折るなでしこ。

 

ゆるキャン△第4話より引用

 

 

 

千明ちゃんでなくても

キレますわw

 

 

さて野クルが初キャンプをするにあたり

キャンプ道具を揃える必要があります。

幸い各自家から道具を持ってくる算段が付いたので、

ある物を除き大丈夫そう。

 

しかしどうしても揃わないものが。

それが寝袋(シュラフ)。

野クルには夏用の物はあるのですけど、

冬に使うのは自殺行為。

 

でも冬用の寝袋ってお高いのです。

そこで野クルの3人は

夏用の寝袋に工夫を凝らして

冬でも使えないか思案します。

 

そして出来上がったのが

こちら。

 

 

段ボールに伝票とかを

ひっ付けて完全に荷物状態。

 

外で試行錯誤していたくせに

わざわざ部室まで運んでいやがるw

芸が細かいですわ。

 

 

なでしこの体力は無限大?

 

いよいよキャンプ当日。

遅刻したなでしこと合流し

野クルのメンバーたちは

キャンプ場を目指します。

 

ただ3人とも徒歩でキャンプ場に行きますから

当然途中でグロッキー状態に。

 

そりゃあ、

重たいキャンプ道具を持った状態で

歩くのですから

普通疲れ果てますよ。

 

大抵のキャンパーって

車などの輸送手段を用意してますからね。

リンちゃんだって

3話までは自転車、

この4話ではバイクを使ってます。

 

野クルで次回キャンプする場合は

何かしらの輸送手段を確保すべきですね。

 

一番可能性高そうなのは

なでしこのお姉さんに車を出してもらう

方法でしょうか?

 

なでしこのお姉さん、

なでしこに甘々のシスコンみたいですので。

 

キャンプ場の手前の公園で

休むことにした野クルメンバー。

 

しかしここはまさに天国。

屋内で甘いスイーツに舌鼓したと

思ったら、

次は温泉へ。

 

おい、

こんなところに長居したら

キャンプできるなくなるぞ。

 

まさにキャンプ前の悪魔の誘惑。

野クルメンバーこの誘惑に勝てるのでしょうか?

まあゆる~いサークルだから

負けてもいいのでしょうけどね。

 

 

リンちゃんはソロで豪勢な食事を

 

一方のリンちゃん。

今回から

移動手段が自転車から

バイクにチェンジ。

 

CV東山奈央さんとリンちゃんと言えば

当然スズキのバイクじゃなきゃダメ!!

というばくおん!ファンも多いと

思いますけど、

どうやらゆるキャン△のりんちゃんが

スズキ至上主義者ではなかったようです。

ちと残念。

 

さて野クルメンバーが山梨で

キャンプをするのに対して

リンちゃんがキャンプするのは

長野県の霧ヶ峰周辺。

 

山梨からは結構距離があると

思いますけど、

移動手段をバイクに変えたからこそ

行けるようになったのでしょうね。

 

あとなでしこたちが

来れないように遠くにした可能性も。

 

現地に到着したリンちゃん。

野クルメンバーのスイーツに触発されたのか

リンちゃんも腹ごしらえを。

 

ロッジ風のレストランで

リンちゃんはボルシチとキャラメルラテを

注文します。

 

前回キャンプ場の入場料2000円に

苦悩していたリンちゃん。

しかし今回は本屋のバイト代が出たばっかりで

気持ちに余裕があります。

だからこそ、

1300円のこのセットメニューを頼んだのでしょう。

 

 

見るからに温かそうな

ボルシチをほうばるリンちゃん。

こっちも至福の時ですなぁ。

 

そしてしっかりとボルシチに画像を取って

なでしこに送るリンちゃん。

ここら辺は自分もしっかりと食べている

アピールをしたいのでしょうね。

なでしこを安心させるためでなく、

競争心の方が強いような感じもします。

 

 

霧ヶ峰のライブカメラで

自分が霧ヶ峰に来ていることを

野クルメンバーに教えて

今回は終了。

 

実際のキャンプは

次回に持ち越し。

 

リンちゃんはともかく、

野クルのメンバーは初キャンプ

問題なくできるのでしょうか?

次回も見逃せませんわ。

 

今回のまとめ三行

  • 野クルとリンちゃんがそれぞれキャンプ
  • なでしこの体力は伊達ではない
  • ライブカメラでアピール

 

 

スポンサーリンク

ゆるキャン△第5話「二つのキャンプ、二つの景色」の感想 「違う場所にいるはずなのに近くにいるみたいな感じ」

野クルとソロキャン。

その続きです。

前回はスイーツとボルシチという

美味しそうなもんが比較されてましたが

今回も美味しいそうな料理と

夜空が出てきました。

 

 

集団とソロ、

どっちも甲乙つけがたいですわ。

 

 

 

やっぱり悪魔の囁きに負けた

 

野クルのメンバーは

温泉へ。

ここまで歩いてきて

くたくたの体に

この温泉はたまりません。

 

さらに露天風呂からは

絶景を眺めることができ、

ここは極楽浄土か?と

思えてきます。

 

この時リンちゃんは

まだ目的に付いておらず、

スクーターで寒い道を

突き進んでいるのに。

 

温泉からあがった3人は

そのまま食事ができるスペースへ。

食券の販売機前に来たところで

ようやくここで食事をしては

いけないことを思い出します。

 

もしここで食事をしてら

キャンプ飯が食べられなくなりますからね。

 

ギリギリのところで

踏みとどまった3人と思ったら、

後方から悪魔の囁きがw

 

ゆるキャン△第5話より引用

 

販売員のお兄さんの声に負け、

温玉揚げを食べる3人。

キミがドロ~と出てきて

良い半生ぐあいで

見ているだけでお腹の音が鳴りそうw

 

美味しい食べ物、

温かい温度、

休憩室でこんな状態になれば

当然そのまま寝てしまいますわ。

 

 

リンちゃんのLINEで

なでしこが起きた時、

時間はすでに16時w

 

飛び起きて

キャンプ場に向かう3人。

ここ原作のおまけ4コマでは

販売員のお兄さんの声を聴いて

また温玉揚げを買うのですけど

やっぱりカットされてましたわ。

 

 

温泉からキャンプ場へ約1キロ。

何とか目的地イーストウッドキャンプ場に

到着です。

 

管理人のおじさんから

注意事項を聞いた後

テントなどの設営に入ります。

 

2話でテント張りの練習をしたおかげか

今度はポールを折ることなく、

2つのテント張りに成功します。

 

やっぱり練習は大事ですねえ。

 

このキャンプ場は

水は管理人さんが持ってきてくれて、

さらに薪が使い放題。

 

ここで千明ちゃんが

薪を使ってウッドキャンドルという

トーチみたいなもんを作って、

暖を取ります。

 

でもウッドキャンドルを

縛っている紐みたいなやつが熱に弱いので・・・

これ場合によっては大参事になる可能性も。

見よう見まねだけで

やってはダメよということでしょうか?

 

さて次はご飯です。

調理担当のなでしこが作るのは

カレー鍋。

 

ホントにカレーや鍋ばっかりw

 

隠し味にインスタント麺の

余った豚骨スープを入れたおかげで

普通のカレー鍋とは違った味に

なっているみたい。

 

そこから雑談が盛り上がる3人。

仲間たちと一緒にキャンプする醍醐味を

思う存分味わっていますね。

 

 

そしてあっという間に就寝時間。

じゃんけんで負けたなでしこが

1人で寝ることに。

寂しいなでしこは

リンちゃんにLINEを送りますが・・・。

 

 

温泉が潰れてもこの景色が見れれば

 

今度はリンちゃんのターン。

前回霧ヶ峰のライブカメラで

なでしこに自分がいるところを

アピールしたリンちゃん。

 

でもリンちゃんの目的地は

霧ヶ峰ではありません。

 

さらに遠い、

高ぼっち高原が目的地なのです。

 

なでしこからのLINEを見るたび、

早く目的地に着いて

温泉に入ることを決意するリンちゃん。

 

しかしそうは問屋が卸しません。

 

 

ゆるキャン△第5話より引用

 

 

温泉潰れているやんw

 

野クルの3人が極楽浄土にいるのに

なぜリンちゃんだけこんな仕打ちを。

 

しかしここで落ち込んでいても

どうにもなりません。

 

せめて景色だけでもという訳で

高ぼっち山の山頂へ。

 

最初に見た方向は雲がいっぱいで

下の景色が良く見えませんでしたが

別の方向を見ると

 

 

ゆるキャン△第5話より引用

 

ホント本作って

風景に手抜きがありませんね。

力を入れる場所を間違ってないので

安心して視聴できますわ。

 

 

さてキャンプ場に行くには

まだ時間があるので

夕食を作ることにするリンちゃん。

 

前回の反省を踏まえ

今回は材料も調達済み。

 

そんなリンちゃんが作るのは

スープパスタ。

ゆで汁もそのまま利用する

お手軽キャンプ飯。

 

こっちも十分に美味しそうですね。

 

当然LINEでなでしこに送信。

 

ゆるキャン△第5話より引用

 

 

もしこの時

リンちゃんがLINEを送らなければ

なでしこたちは眠ったまま

夜になってキャンプできなかったかも。

 

野クルの3人はリンちゃんに

感謝しなければいけませんね。

 

 

 

体は遠距離、でも心は隣に

 

一人寂しく

テントに寝ているなでしこは

リンちゃんにLINEを飛ばします。

 

そしてなぜか

絶景の夜景を見せ合う二人。

絶景ポイントまで結構距離あるのに

わざわざ向かってLINEの送り合いを

するなんてどれだけ仲良しなんだ。

 

なでしことリンちゃんが出会って

それほど時間が経っていないのに、

もうホント夫婦じゃん。

 

そして最後には。

 

ゆるキャン△第5話より引用

 

 

山梨と長野、

結構距離が遠いところに

いるのにこのシーンですよ。

まさに心が近くにいるという

意味なんでしょうね。

 

今回はここで終了。

 

野クルのキャンプと

リンちゃんのソロキャン。

どっちも良さそうですね。

 

まあリンちゃんの方がちょっと

過酷な感じもしますが

誰にも邪魔されず

好きに出来るのはやっぱり魅力的。

 

一方野クルのように

仲間同士でワイワイやるのも

やっぱり楽しそう。

 

どっちにしろ

キャンプは楽しいよ

ということを示しているのでしょうね。

 

EDでは

リンちゃんが帰りに

温泉に入っている絵が。

リンちゃんも温まることができて

よかったですわ。

 

 

原作通りに進むと

次はまたなでしこと

リンちゃんがキャンプにすることに

なりますが。

 

次回も楽しみです。

 

今回のまとめ三行

  • 天国を満喫する野クルメンバー
  • 温泉に入れず悲嘆に暮れるリンちゃん
  • 夜景の見せ合いで心が近くに

 

 

ゆるキャン△第6話「お肉と紅葉と謎の湖」の感想 「二人で焼き肉キャンプへ」

 

前回は

なでしことリンちゃんが

別々にキャンプに行った話でしたが

今回は二人で

ある場所にキャンプしに行くことに。

 

ソロキャンパーだったリンちゃんが

なでしこの影響を受けて

少しずつ他人とのキャンプに

興味を持ち始めた感じが

何気に良いですね。

 

賽銭箱ならぬたき火用グリルを買っちった

 

自分以外誰もいない図書室で

本を読んでいるリンちゃん。

 

そして本を読み終わると

自分のカバンに目を向けます。

そこにあったのは

長野のおみやげ。

 

そう、なでしこのために

リンちゃんが購入したのです。

 

何やかんや言って

なでしこに振り回されっぱなしの

リンちゃんですが

やっぱり楽しいと感じたのでしょうね。

 

そういえば

前回第5話のEDで

スタッフクレジットと一緒に

リンちゃんが長野の温泉入っている

静止画が流れましたが

今回改めてそれが出てきましたね。

 

やっぱり画面いっぱいで見たいという

ファンの願いを予想して

この6話で流したのかもしれません。

 

さてリンちゃん、

なでしこへのお土産と共に

カバンに何か入っているに気付きます。

 

実は今日の朝、

寝坊して半分眠ったままで

登校したリンちゃん、

家に届いた荷物をリンちゃんママから

預かって

カバンに入れて持ってきたしまったのです。

 

それほど大きくない荷物ですが

もっと早く気付けよw

 

リンちゃんも中身がわからないらしく

早速開けてみます。

 

中身はたき火用グリル。

 

 

誰もいないことを良いことに

早速組み立てるリンちゃん。

 

そして組み立て終わって

その雄姿を見たリンちゃんは

思わずこう言ってしまいます。

 

「買っちった」

 

ゆるキャン△第6話より引用

 

 

ドヤ顔でこのセリフ。

リンちゃん大満足のようです。

 

しかしそれを見ている者が。

何と一部始終を斎藤さんに

見られていたのです。

 

これは恥ずかしい。

さらに斎藤さんは

このキャンプ用グリルを見て

「メタル賽銭箱?」

という頓珍漢な回答をw

まあ、見えなくもないけど。

 

そして一通り、

斎藤さんとキャンプ焼き肉の妄想をした後、

 

ゆるキャン△第6話より引用

 

リンちゃんは

斎藤さんに野クルの部室に行って

買ってきたお土産をなでしこに

渡して欲しいと頼みます。

 

リンちゃんは

どうやらあの野クルのノリが

苦手のようです。

 

まあ、苦手なのは

野クルじゃ無くて

それに属するある人物

1人だけなんですけどね。

 

しかし斎藤さんは拒絶。

さすが斎藤さん、

リンちゃんを甘やかしません。

 

この辺はリンちゃんの保護者みたい。

 

斎藤さんが去った後、

図書委員の仕事に勤しむリンちゃん。

そしたら何と

本棚が置いてある通路に

JKが倒れている姿が。

 

まさかここで路線変更して

日常系からサスペンスになるの?

 

と思ったら

なでしこが寝ているだけでした。

 

ゆるキャン△第6話より引用

 

よくもこんなところで眠れるね。

 

どうやら

リンちゃんと斎藤さんが

楽しく喋っていたので

終わるまで待つつもりが

いつの間にか寝てしまったようです。

 

案外なでしこの視点からは

リンちゃんの1番は斎藤さんと

映っているのかもしれませんね。

 

視聴者から見ると

すでになでしこの方が1番だと

思いますけど。

 

だって斎藤さんにはお土産ないのに

リンちゃんにはお土産あるのですからねえ。

 

さて、

なでしこの方から

やってきたこの状況

リンちゃんには好都合です。

 

早速お土産を渡すリンちゃん。

大喜びのなでしこを見ると

視聴者も嬉しくなりますわ。

 

さて、なでしこも

たき火用グリルに気付きますが

まさか同じように賽銭箱という

感想を漏らすとは。

 

でもリンちゃんから

用途を聞いたなでしこも

これを使ってみたくなったのでしょう。

週末にキャンプに行くことを

決めてしまいます。

 

リンちゃんもグリルを使ってみたかったので

この展開は願ったり叶ったりだったかも。

まあ、林ちゃん自身は

自分の家の庭で試してみようと

思っていたのかもしれませんけどね。

 

 

焼き肉キャンプへ

 

次の週末、

なでしこのお姉ちゃんが

運転する車がリンちゃんの家に。

今回はなでしこと一緒にキャンプ。

 

前回のように

自分だけスクーターで

現地に向かう訳にはいきません。

 

そのため

なでしこのお姉ちゃんに

キャンプ場に送っていってもらうことに。

 

 

ゆるキャン△第6話より引用

 

本当になでしこのお姉ちゃん、

妹に甘いです。

いくらドライブ好きでも

ここまで妹のためにはやりませんもん。

 

やっぱりこの人、

シスコンなんでしょうね。

なでしこに一見厳しのも

愛情の裏返しでしょうから。

 

 

なでしこのお姉ちゃんの車に乗せてもらい、

改めて車の便利と楽さを実感するリンちゃん。

 

スクーターも悪いわけではありません。

でも冬の冷たい冷気を浴びないだけでも

車の方に一日の長がありますね。

 

こりゃあ、

18歳の誕生日を迎えたら

リンちゃん確実に車の免許取りますわ。

 

そして免許を取ったら取ったで

いつも助手席になでしこが乗って

毎週毎週キャンプに行く未来が・・・。

結構ありそうな未来ですわ。

 

さて、一行は材料調達のために

スーパーゼブラへ。

 

しかしここで悲しい現実が。

季節は冬。

当然バーベキュー需要が減る季節ですので

バーベキュー用の肉なんて

ほとんどないのです。

あったのは定番のものばかり。

 

せっかくの焼き肉キャンプが・・・。

 

こういう時、

リンちゃんって引きずるタイプなのですね。

一方のなでしこはすぐに立ち直り

代替手段を考え出します。

 

バーベキュー用の肉がないなら

肉串で代用すればいいじゃない。

 

なでしこの提案に

リンちゃんも立ち直り、

ハンバーグも買っていくことを提案します。

 

この二人、

欠点を補える良いコンビですねえ。

 

ただリンちゃんが立ち直ったことで

安心したのか

なでしこがいつものポンコツに戻ってしまい、

お惣菜のメンチカツを買ってしまいます。

 

今からキャンプ場に行って

キャンプ焼き肉するのに。

 

そしてレジに行くと

ご都合主義というか何というか

葵ちゃんが働いているではないですか。

 

ゆるキャン△第6話より引用

 

ここって葵ちゃんが

バイトしているスーパーだったのですね。

 

野クルのノリに付いていけない

と言っていたリンちゃん。

でも葵ちゃんとは普通に喋っていますから

リンちゃんが苦手にしているのは

もう一人なんでしょうねえw

 

ちなみにもう一人の野クルのメンバーは、

次のキャンプ地を物色中。

そしてそこで謎の老キャンパーを発見する

千明ちゃん。

さまになっていますねえ。

ホント何かのCMに出てくるような

風景が目の前に現れて

千明ちゃんでなくてもガン見しますわ。

 

ゆるキャン△第6話より引用

 

ステーキ肉を焼く老キャンパー。

そして千明ちゃんに気付くと

千明ちゃんに一口お肉をあげちゃいます。

 

当然その味に大満足の千明ちゃん。

次の野クルのキャンプでは

ああいうお肉持ってきそうですね。

 

なでしこ一行は

今回利用する四尾連湖のキャンプ場に到着。

早速その綺麗な風景を目の当たりに。

山梨ってホント綺麗な場所が多いですねえ。

こりゃあこのアニメの効果で

観光客の増加は確実かも。

 

ただ難点も。

実はキャンプできる場所は

湖の対岸。

車では行けず、

自分達で荷物を運ばなければいけません。

 

やっぱり決め事があるので

この景色を守れるのでしょうね。

 

 

 

キャンプ本番は次回のお楽しみ

 

キャンプする場所に向かう

なでしことリンちゃん。

こういう道具を運ぶ手段が

完備されてあると楽でいいですねえ。

 

道すがら二人は雑談しますが

そこでリンちゃんのある一言を発します。

それは「牛のお化けが出るらしい」。

 

この言葉を聞いて腰を抜かすなでしこ。

なでしこってそういうのがダメだったのですねえ。

 

ゆるキャン△第6話より引用

 

 

第1話では

キャンプ場のトイレから出てきたリンちゃんを

脅かしたくせに。

 

楽しいキャンプだったはずが

なでしこにとって恐怖のキャンプに

なってしまうのでしょうか?

 

今回はここで終了です。

またいいところで終わりますねえ。

 

次回こそは焼き肉キャンプ本番。

しかし原作通りだと

リンちゃんは

理想と現実に直面することに。

 

そしてリンちゃんのピンチ

(というか焼き肉キャンプのピンチに)

ある人の助けが。

 

飯テロ必至の次回、

今から楽しみですわ。

 

 

今回のまとめ三行

  • キャンプ道具買っちった
  • 謎の老キャンパーに肉を貰う千明ちゃん
  • キャンプ本番は次回

 

 

ゆるキャン△第7話「湖畔の夜とキャンプの人々」の感想 「牛のお化けホントに出やがった」

前回コンパクト焚火グリルを

ゲットしたリンちゃん。

早速なでしことキャンプをすることに。

キャンプする場所は四尾連湖。

ここには牛のお化けの伝説が残っており、

それを知ったなでしこがかなり怖がっていますが、

果たして本当に牛のお化けが出現するのでしょうか?

 

またコンパクト焚火グリルの威力は如何に?

 

 

お隣さんはカップル?

 

リンちゃんから牛のお化けの話を聞いて

ビビりまくっているなでしこ。

そこまでの怖がりだったなんて。

 

前々回、リンちゃんに夜景を見せるために

1人夜道を歩いてましたけど、

あの時かなり無理していたのでしょうね。

 

でも牛のお化けが出るかもしれない

丑三つ時より前に寝てしまえば

いいんじゃね?という

リンちゃんのアドバイスを聞くと

怖い気持ちがどっか行ったようです。

 

なでしこってホントちょろいですわw

 

 

さてキャンプ場は

リンちゃんたち以外は1組だけ。

人がいっぱいいるのが嫌なリンちゃんにとって、

これは好ましい状態。

 

リンちゃん嬉しそうです。

 

さてキャンプを張るところについたら

早速設営です。

 

リンちゃんが早いのはわかっていましたが

なでしこもしっかりと設営できたみたいですね。

 

第2話では野クルの3人で悪戦苦闘していたのが

嘘のようです。

 

なでしこも成長するのですね(失礼)。

 

さて次はグリルの火おこし。

その間になでしこは写真取りに出かけます。

 

そしてついでにもう1組のキャンパーさんに

ご挨拶。

なでしこの物怖じしない性格が羨ましいですわ。

 

さてもう1組のキャンパーさんは

カップルのようで

オシャレなキャンプ道具でいっぱい。

 

ゆるキャン△第7話より引用

 

これはなでしこでなくても

憧れますわ。

 

 

備長炭に火がつかない

 

今回のキャンプの目的は

コンパクト焚火グリルのお披露目。

 

着火剤を敷き、

その上に備長炭を乗せて火を起こします。

 

でも備長炭に火が付かない。

着火剤をケチったのが理由と思った

リンちゃんは

着火剤をたくさん入れて再チャレンジ。

 

でもやっぱり火が備長炭につかない。

動画を見て予習してきたリンちゃんですが

この事態にイライラしてきます。

 

ホントこういうのイラつきますよね。

私もリンちゃんの気持ちわかります。

本番で失敗しないように予習をしていたのに

本番で上手くいかないなんて

これほどストレスが溜まることなんて

ありませんから。

 

ゆるキャン△第7話より引用

 

 

イライラしているリンちゃんを見たなでしこ。

何か解決策がないか考えて

あるアイデアを思いつき実行します。

 

それはあのキャンパーさんに

助けてもらうこと。

 

挨拶したことがこんな繋がりになるなんて。

早速やってきたキャンパーさんの

おかげで見事に備長炭に火がつきます。

 

さすがベテラン。

なでしこやリンちゃんでなくても

尊敬しますわ。

 

ちなみにこのキャンパーさんの

声を担当しているのは

國立幸さん。

おそ松さんでチビ太の声を

担当している方です。

 

声をしっかりと聴けば

チビ太の面影がありますけど、

チビ太と違って落ち着いた演技を

されているので

なかなか気付かないでしょうね。

私もEDのクレジット見るまで

気付きませんでした。

 

 

恩人へ御裾分け

 

火がついたところで

ようやく晩飯の開始です。

 

リンちゃんがどんどん肉を焼く間に

なでしこはお鍋作り。

 

前回までは1品のキャンプ飯ばかりでしたが

今回はいきなり豪勢ですね。

 

焼き肉の醍醐味

ファイヤーの見れて個人的にはご満悦。

 

さあ準備ができました。

飯テロの始まりです・・・と

思ったら、

その前にあることをします。

 

それは先ほど助けてもらった

キャンパーさんに御裾分け。

 

ゆるキャン△第7話より引用

 

リンちゃんしっかりしてますねえ。

たぶんお母さんの教育の賜物なんでしょう。

それとも冒頭で出たお爺ちゃんの

影響でしょうか?

 

しかしリンちゃんと

前回登場したダンディな爺さまが

親族だったなんて

世間って狭いですねえ。

 

ついでに言うと

今回登場したキャンパーさんの姉の方、

今後なでしことたちと絡むとか絡まないとかw

こんなとこでも縁があるなんて

ホント世間は狭いですわ。

 

 

キャンパーさんに御裾分けしたら

なぜか御裾分け返しをして貰った二人。

御裾分けしてもらったジャンバラヤも

美味しいそう。

 

そして今度こそ

スーパー飯テロタイム開始です。

 

どんどん焼いてどんどん食べる。

JKなのに体重は気にしなくていいの?

と思わずにはいられませんが

これぐらい食べないと

キャンプする体力が維持できないのかも

しれませんね。

 

ゆるキャン△第7話より引用

 

 

そして〆でハンバーグを食べて

フィニッシュ。

最後の〆はほとんどなでしこが

食べたみたいですが。

 

牛のお化けとエンカウント

 

なでしこと話して

なでしこが引っ越し先に移動中、

居眠りしなければ

出会わなかったことを知ったリンちゃん。

 

出会わなかったらそれはそれで

ソロキャンプ三昧だったことでしょう。

 

でもやっぱりなでしこと出会ったことで

ワイワイ複数でやるキャンプの楽しさを

知りましたからね。

 

リンちゃん的には

どっちの方が幸せだったかわかりませんが

視聴者として見ていると

なでしこと出会って良かったのでは

と思いますわ。

 

さて水分を取り過ぎたリンちゃんは

夜中トイレに行きます。

 

そして帰り道、

四尾連湖を見ていると・・・。

 

牛のお化け出たーw

つ~か、招待キャンパーのお姉さんかよw

 

でもそれに気付かないリンちゃん。

まさかこういう展開になるなんて

リンちゃんも思いもしなかったでしょう。

恐怖におびえるリンちゃんが

取った行動は?

 

まあそうなりますね。

 

麓キャンプ場では

なでしこがリンちゃんのテントに

潜り込みましたが

今回は逆の展開に。

 

ずっと見ている視聴者としては

ニヤニヤがとまりませんわw

 

ゆるキャン△第7話より引用

 

終わりに

 

Cパートで部屋キャンが流れて

今回はここで終了。

 

今回は新キャラが登場して

さらに酷い飯テロ回でした(褒め言葉)。

 

いつも以上に解説も多いかったですが

役に立つ知識ばかりだし、

1回の開設の長さも適切だし

ストレスに感じないのがいいですね。

 

次回のタイトルからすると

次回は学校での日常回みたい。

次回も楽しみです。

 

 

今回のまとめ三行

・火がつかない

・飯テロがいつも以上に酷い(褒め言葉)

・牛のお化けと思ったら?

 

ゆるキャン△第8話「テスト、カリブー、まんじゅううまい」の感想 「ショッピング後の饅頭最高」

前回焼き肉キャンプを堪能した

なでしことリンちゃん。

 

今回は

キャンプの場面無しの日常回。

最近出番が少なかった

野クルのメンバーがたくさん登場です。

 

美しい自然の風景はありませんが

これはこれでほっこりしますわ。

 

 

道具の手入れは大変

 

部室にやってきた葵ちゃん。

その葵ちゃんが見たのは芋虫姿の千明ちゃん。

どうやら寒いので

寝袋に入ってみたけれど、

それでも寒いので体を動かしている最中、

葵ちゃんがやってきたようです。

 

しかし見られたのが葵ちゃんで

良かったですね。

これが他の生徒だったら

野クル=変わり者という噂が

学校中に撒き散らされたかも

しれませんので。

 

さて、現在はテスト期間直前。

葵ちゃんも本音は部活やっている暇

ないのですけど、

親友である千明ちゃんにはつき合って

あげないといけないと考えているのでしょうね。

 

ちなみになでしこは

テス勉のために一足早く下校。

ただし至るところで写メ取って

千明ちゃんに送ってきます。

 

あとで明らかになりますが

なでしこって勉強はそこそこできる

みたいなんですよね。

あのビジュアルとあの性格ですから

絶対に劣等生だと思ってたのに。

 

まあホントに劣等生だったら

転入は無理か。

 

 

さて話を戻しましょう。

千明ちゃんはあるものを葵ちゃんに

見せびらかせます。

それがこのキャンプ道具。

 

ゆるキャン△第8話より引用

 

 

普通に買い揃えたら数千円する

品ぞろえですが、

千明ちゃんは2000円ちょっとで

買いそろえるの成功。

 

もしかして千明ちゃんは

やりくり上手なんでしょうか?

 

しかし安いものって

何かしら問題があるのですよ。

 

そしてそれを目ざとく見つけてしまう

葵ちゃん。

 

葵ちゃん、自分で帰宅できないように

してるじゃんw

 

 

科学室にやってきた

千明ちゃんと葵ちゃん。

 

目的は木皿のラッカーを削ることと

鉄なべのシーズニング。

 

 

 

テスト直前なのに

また時間が掛かるようなことを。

 

葵ちゃんもしっかりつき合わされます。

まあ木皿の弱点を指摘したの葵ちゃんですから

ある意味自業自得です(ちょっと違う?)。

 

黙々と作業する二人。

そこに偶々斎藤さんが通りかかり

助っ人参戦することに。

 

案外斎藤さん、

こういうことするのが好きなのかも

しれません。

 

そんな斎藤さんを日帰りキャンプに誘う

千明ちゃん。

 

もしかして斎藤さんをたらし込んで

部員にしようという腹なんでしょうか。

 

野クルが正式な部活に昇格するには

あと1人部員が必要。

 

ソロキャンパーのリンちゃんは

難しそうなので

斎藤さんに目を付けたのかもしれませんね。

 

 

ショッピング後の買い食いは当たり前

 

テストが終わり、

解放的な気分となった野クルのメンバーたち。

まあ若干1名ギリギリだった人がいましたが

気にしない気にしない・・・じゃね~よ。

おい、昔からメガネっ子は

勉強できると相場が決まっとるんじゃ。

それを覆しやがって。

 

それはともかく、

今日は野クルメンバーでキャンプ道具の買い出しです。

 

ゆるキャン△第8話より引用

 

これはヤバい。

特につい最近キャンプにハマった

なでしこにとって

誘惑が多過ぎ。

 

すぐに目移りするなでしこですが

肝心の先立つ物が・・・。

 

流行りバイトしなければ

いけない流れですね。

 

リンちゃん、千明ちゃん、葵ちゃん、

メインキャラはほぼバイトしてますから。

 

なでしこがバイトを始める話とか

今後来るかもしれませんね。

 

バイトと言えば、

ちょっと場面が前後しますが

千明ちゃんがバイトしている

酒屋さんにやってくる

ある女性のことを

話題にします。

 

その女性とは

新しい歴史の先生。

 

ゆるキャン△第8話より引用

 

見るからに性格が良く

男子生徒が憧れそうな美人の先生。

 

でも千明ちゃんのバイト先で

毎日ビールを買い込んでいる姿が

目撃されているため、

いつの間にかバイト先の店員たちは

「グビ姉」というあだ名をつけているそう。

 

どう見ても飲んだくれという意味ですよね、

グビ姉ってw

 

なでしこはこの先生、

どこかで会ったことがあるような

ことを言っていますが。

 

うん、わかる人にはわかりますよね。

でも初登場した時と顔が全然違うから

原作読んでないとわからないかも。

 

 

ショッピングした後は

地元名物の饅頭を買い込み

みんなで買い食いです。

3人とも美味そうに食いやがる。

 

ゆるキャン△第8話より引用

 

今日はキャンプシーンないから

飯テロもお休みだと思っていたのに。

 

出来立ての饅頭が美味くない訳ありません。

お店の人のご厚意でお茶も頂いて

言うことなし。

 

ホント羨ましいですわ。

 

 

そういえば今回はリンちゃんの出番少なめ。

まあ今回は野クル回のようなものですので

仕方がないと言えば仕方ないかも。

 

終わりに

今回はここで終了。

Cパートの部屋キャンで

まさかグーグルカーのフラグをしっかりと

回収するとは。

まあこれは原作にもあるので。

 

今回なでしこが提案したクリスマスキャンプ。

もしかしてこれが1話冒頭の

野クルメンバー+リンちゃん+斎藤さんの

シーンに繋がるのでしょうか?

 

次回はリンちゃんが一人で

温泉に入っているシーンが映し出されましたが

またソロキャンパーに戻った?

 

次回も楽しみですわ。

 

 

今回のまとめ三行

  • 安い木皿は手入れが大変
  • クリスマスキャンプやる?
  • 饅頭とお茶は美味いずら

 

 

 

スポンサーリンク

ゆるキャン△第9話「なでしこナビと湯けむりの夜」の感想 「夢で見るくらい意識してる?」

前回はオール日常回でしたが

今回はキャンプ回(のはず)。

 

今回はどこでキャンプするのでしょうか?

でもタイトルの「なでしこナビ」

って何?

もしかしてなでしこが

ナビゲーションしてキャンプ行くの?

 

 

ソロキャンパーとナビゲーション

 

 

一人愛車のバイクに乗って

上伊那を目指すリンちゃん。

 

実はなでしことキャンプ行く予定が

なでしこが風邪を引いてしまい

ソロキャンすることになったのです。

 

なでしこでも風邪引くんですねぇ。

ああ、別になでしこが馬鹿だとか

そういう意味ではありませんよ。

 

第1話で外で寝ているシーンがあって

あれで風邪引かなかったから

なでしこって純粋に体強いと思っていたので。

 

さてリンちゃんは

上伊那に向かうに当たり近道を選択します。

近道使えば30キロも短縮。

そりゃあ誰だって近い方を選びますよ。

ただし山道ですけどね。

 

順調に進むリンちゃん。

ここでOPの曲が掛かって

このまま一気に目的地に到着・・・

って行くと思ったのに、

まさかの夜叉神峠が通行止めw

 

曲がぶつ切りに終わり、

絶望のどん底に叩き落とされるリンちゃん。

ここの演出最高ですわ。

 

まあ通行止めは

山道あるあるですね。

でもここで足止め食ったおかげで

山ガールのお姉さんとお喋りできて

さらにほうじ茶貰えたのですから。

 

ゆるキャン△第9話より引用

 

 

 

LINE(たぶん)で

リンちゃんが通行止めを

食らったことを知ったなでしこ。

丁度熱も下がったことだし、

リンちゃんのためにナビゲーションすることに。

これがタイトルの「なでしこナビ」

なんですね。

 

いろいろと情報をリンちゃんに

教えるなでしこナビ。

 

でも何かおかしい。

なでしこはここまで

押しは強くないはず。

 

つ~か、

声変わっとるしw

 

実はなでしこのお見舞いに来た

千明ちゃんが

なでしこナビの話を聞き、

自分もナビゲーション役を

買って出たのです。

 

ゆるキャン△第9話より引用

 

リンちゃんの役に立ちたい

という気持ちより

面白そうという気持ちが大きいと思いますわ。

 

でもこういうノリに

付いていけないリンちゃん。

だからリンちゃんは千明ちゃんが

苦手なんでしょう。

 

まあさすがに

なでしこと一緒にいる

千明ちゃんに嫉妬している・・・

ということはたぶんないでしょうね。

たぶん。

 

そこからは二人のなびで

旅を続けるリンちゃん。

勧められるまま

わんこが祀ってある寺に

言ったり、

温泉入ったり、

ソースカツ食べたり

旅を満喫することに。

 

 

なでしこ一家総登場で千明ちゃんにプレッシャーが

 

 

一方なでしこ家。

なでしこのために

ほうとうを作ることになった

千明ちゃん。

 

なでしこに食べさせるものですから

ちゃちゃっと作ればいいと

簡単に考えてました。

 

しかしなぜか

千明ちゃんが台所を借りて

料理を作り始めると

次々となでしこ一家の面々が

集まってきて

全員ほうとうを食べる流れに。

 

ゆるキャン△第9話より引用

 

一家4人分+千明ちゃんの分。

お見舞いに持ってきた

ほうとうで足りるの?

 

スマホでモノホンのレシピを

見ながら作ったほうとうが完成。

そして実食です。

 

なでしこ姉以外は

美味しそうに食べますが

なぜかなでしこ姉だけ怖い顔。

 

まさか、口に合わなかった?

と思ったら、

その逆だったようです。

わざわざレシピ教えて?と

千明ちゃんに頼むくらいですから。

 

美味しいものを食べたら

あんな顔になるのでしょうねえ。

 

なでしこを意識するから夢で見る?

 

 

さてソースカツセットを食べるリンちゃんの前に

一匹のワンコがやってきて

リンちゃんのサラダを食べてしまいます。

そしてなぜか現れる髭を生やしたなでしこ。

これ、さっきのワンコ寺に祀ってあった

早太郎の伝承じゃん。

 

あれ?

もちろんこれ現実ではないですよね?

あ・・・。

 

飛び起きたリンちゃん。

でも辺りはもう真っ暗。

 

あまりの気持ち良さに

眠ってしまったようです。

 

そりゃあ朝早くから

バイクで走ってきたのですから

疲れていない訳ありません。

 

温泉入って

美味しいもの食べたら

誰だって寝ちゃいますよ。

 

それにしても

リンちゃんはなでしこを

かなり意識しているのかも

しれませんね。

 

だって夢で見るなんて

相当意識しているって

証拠じゃないでしょうかねえ。

 

まあ純粋に

なでしこと一緒だと

楽しいから

なでしこを意識するのでしょうけど。

 

 

終わりに

 

今回はここで終了。

残念ながらキャンプシーンは

ありませんでしたが

十分楽しめました。

 

ただ今回はいろいろ情報量が

多過ぎたかも。

聖地巡礼する人はかなり大変かと。

 

 

今回のまとめ三行

  • 通行止めのおかげで山ガールと出会う
  • 千明ちゃんがなでしこ一家にほうとうを作る
  • リンちゃんが寝過ごして周りは真っ暗

 

 

ゆるキャン△第10話「旅下手さんとキャンプ会議」の感想 「野クルの顧問の正体は?」

今回は前半が

リンちゃんのソロキャンの続き、

そして後半が

クリスマスキャンプの作戦会議と

鳥羽先生が野クルの顧問になる話です。

 

 

まさか千明ちゃんが助けることになるなんて

 

食事処で寝てしまい、

辺りが真っ暗な中

キャンプ場に向かうリンちゃん。

これは大変ですねえ。

 

慣れた道でも夜になると

雰囲気が変わって迷いやすくなるのに

来たことがない道だと猶更大変。

 

悪戦苦闘しながらも

何とかキャンプ場の近くまできますが

そこでリンちゃんを待ち構えていたのは

無常な通行止めの看板。

 

ゆるキャン△第10話より引用

 

リンちゃんでなくても

こんな顔になると思います。

 

迂回路はさらに30キロ近くあり、

キャンプ場に着くのがさらに伸びてしまいます。

 

頭を抱えるリンちゃん。

そこに千明ちゃんがアドバイスを。

 

そのアドバイスに従うリンちゃん。

そしたら無事キャンプ場に到達。

 

まさか千明ちゃんのアドバイスに

リンちゃんが助けられる日が来るとは。

 

ちなみに千明ちゃん、

このアドバイスは自分の実体験が

元になったみたいですね。

 

千明ちゃんがいてよかった。

この時はリンちゃんもそう思ったことでしょう。

 

だが断る…と思ったけどやっぱり考える

 

千明ちゃんに感謝を示すリンちゃん。

これはチャンスとばかりに

千明ちゃんはリンちゃんを

クリスマスキャンプに誘います。

 

この流れだったらもしかして?

 

だが断る!!

 

ですよねえ。

リンちゃんの勧誘失敗。

やっぱり千明ちゃんには荷が重かった。

ここはなでしこで再度勧誘か?と

思ったら、

意外な人物が。

 

自分もキャンプに参加することを

リンちゃんに伝える斎藤さん。

 

リンちゃんが千明ちゃんの誘いを

断ったことを知ると、

斎藤さんによる説得工作が始まります。

 

というか、

斎藤さん云々より決め手は、

 

ゆるキャン△第10話より引用

 

斎藤さんの愛犬「ちくわ」でしたけどねw

 

犬派のリンちゃんはこの攻撃に耐えることが

できず簡単に陥落。

 

ここで千明ちゃん<ちくわ

ということがハッキリと確定しました。

 

 

千明ちゃんがちくわを超える日が来ると

いいですねえ。

たぶん無理だけどw

 

 

ゆるキャン△第10話より引用

 

クリスマスキャンプの作戦会議

部室でクリスマスキャンプの作戦会議を始める

なでしこたち。

ここであおいちゃんから重大発表!!

何とあおいちゃん、

懸賞が当たって

高級な牛肉をゲットしたのです。

A5 等級の黒毛和牛2キロ!!

何と羨ましい。

 

でもこれでクリスマスキャンプの

メインの食材が決まりましたね。

 

そんな話をしている時に斎藤さんが

部室にやってきます。

 

さすがに4人で会議するには部室は狭い。

そこで会議の場所を校庭へ。

 

野クル名物(?)たき火しながら会議開催です。

 

そこでいろいろ話すますが、

当初日帰りと考えていた斎藤さんが

泊まりに変更。

そのために寝袋買ったと。

そしてそのお値段は・・・45000円!!

 

斎藤さんってブルジョワだったのね。

 

高いものを買おうとすると

鼻血を出す千明ちゃん。

どうやら人のものでも

高い値段のものを買ったと聞いたら

鼻血を出すようです。

 

千明ちゃん、めっちゃ庶民。

何だか親近感が沸きますわ。

 

本作の登場キャラの中では

人気下位の千明ちゃんですが、

前回と今回でかなり人気が

上がりそうな気がします。

 

リンちゃん押しの私の中でも

かなり好感度が上昇してますわw

 

野クルの顧問爆誕!ついでに正体がバレた

なでしこたちが

校庭でたき火をしているのを

見つけた鳥羽先生。

 

当然鳥羽先生は

なでしこたちを注意しますが

なでしこたちは

登山部の先生に許可を貰っていると

主張します。

 

そこで確認にいく鳥羽先生。

そしたらホントに許可貰ってました。

 

しかしこの行為が藪蛇となります。

実は鳥羽先生はまだ

部活の顧問をやってなかったのです。

一方野クルは顧問がいない。

だったら

鳥羽先生に野クルの顧問になってもらえばいい。

 

当然の帰結。

野クルの顧問爆誕です!!

 

でもこれで終わりません。

野クルの作戦会議に強制参加となった

鳥羽先生。

 

クリスマスキャンプの場所の名前を聞き、

ベーコンとビール・・・

と呟きます。

 

それを聞いたなでしこ。

その言葉であることに気付き、

自分が撮った写真にスマホペンで

カキカキすると・・・、

 

ゆるキャン△第10話より引用

 

四尾連湖で出会った

酔っ払いお姉さんじゃんw

 

まさかこんなことでバレるなんて。

 

校庭でのたき火は危ないと

注意するつもりが、

いつの間にか顧問に就任し、

自分の正体までバレる。

 

これも運命だったのでしょうけど、

ホント人生って何が起きるか

わかりませんわ。

 

終わりに

 

今回はここで終了。

しかしまあ、

よく酔っ払いお姉さん=鳥羽先生って

わかりましたね。

なでしこの観察力に脱帽です。

いくら鳥羽先生が口を滑らせても

あの言葉だけでは

普通気付きませんわ。

 

でもこれで鳥羽先生は

野クルメンバーの前では

猫を被る必要がなくなりましたね。

野クルのキャンプに鳥羽先生が付いて来たら

生徒たちそっちのけで

酒盛りする可能性大ですわ。

 

それはそれで視聴者は楽しいですけど、

なでしこたちが大変になりそうな気が

しますわ。

 

今回のまとめ三行

  • リンちゃんが悪戦苦闘
  • 千明ちゃん<ちくわ
  • 鳥羽先生の正体をなでしこが見破る

 

 

スポンサーリンク

ゆるキャン△第11話「クリキャン!」の感想 「みんなでワイワイやるキャンプも楽しい」

前回鳥羽先生が野クルの顧問になって、

同時になでしこたちが

四尾連湖で会った酔っ払いお姉さんだったことが

判明。

 

そして今回、

野クルはリンちゃんと斎藤さんを一緒に

クリスマスキャンプ、

略してクリキャンに繰り出すことになります。

 

 

みんな集合時刻より早くやってきた

集合時刻は午後2時。

それよりも2時間前に到着した

千明ちゃんとあおいちゃん。

 

どうやら鳥羽先生に

乗せてきてもらったようですが、

その鳥羽先生、

すぐに酒盛り始めて

ベロンベロンに。

 

おい、引率者じゃないのかよ。

この辺はWORKINGのこずえ姉さんを

思い出しますねえ。

声担当している人同じだしw

 

さて、受付をすませた

千明ちゃんとあおいちゃんは

近くの牧場でスイーツタイム。

 

バイトしているコンビなので

軍資金が豊富みたいです。

 

さらにそこでたき火用の木材が

安価で売られているのを発見。

 

やはり予定より早くやってきた

リンちゃんのバイクでこの木材を

運ぼうとしますが、

リンちゃん1束だけ残して

さっさと行ってしまいます。

 

ゆるキャン△第11話より引用

 

前回千明ちゃんを見直したリンちゃん。

今回のリンちゃんの行動、

親友に悪戯をしたようにも感じました。

それだけ千明ちゃんを

認めているということでしょう。

 

本当に打ち解けていないのなら

3束のうち1束だけ残して

千明ちゃんに自分で持っていけなんて

言いませんからね。

 

なでしこや斎藤さん並みに

打ち解けているからこそ

できることだと個人的には

思います。

 

そういえばなでしこは

今回も姉さんに連れてきてもらいますが

車の中でおにぎり4つ食べたのに

すぐにお腹が減った描写が。

 

ほんと、フードファイター並みに

消化が良いのでしょうねえ。

今回の主役はちくわだった?

一番最後にやってきた斎藤さん。

まあこれが普通ですよね。

 

そして斎藤さんと一緒にやってきたちくわ。

 

ゆるキャン△第11話より引用

 

 

このちくわにみんなメロメロ。

 

ただでさえ可愛いのに

うさ耳つけるなんて反則すぎる。

 

キャンプ場に来ていた子供たちも一緒になって

ちくわと遊ぶ面々。

 

ちくわ的にもいっぱい遊べて

なでしこたちも可愛いちくわに癒されて

どちらもウインウインですわ。

 

 

 

今回の飯テロは破壊力抜群

 

ちくわといっぱい遊んだ後は

いよいよキャンプ飯の時間です。

夕ご飯担当はあおいちゃん。

そう、今回のキャンプの目玉、

A5ランクの黒毛和牛を使ったご飯ですよ。

 

何を作るかと思ったら

おもむろにすき焼きを作り始めるあおいちゃん。

なんでも献立を考えている時、

特別な日はすき焼きを食べるものと主張した

あおいちゃんのお婆ちゃんの意見を採用したとのこと。

 

キャンプですき焼きはあんまりイメージ

沸きませんが、

高級牛肉の味を堪能するなら

すき焼きという選択肢は悪くありませんね。

 

関西風の先に肉を焼くスタイルで

すき焼きを作っていくあおいちゃん。

もうこの時点で美味しそう。

 

作っている間、

秘密結社ブランケットが勢力を拡大したり、

組織のリーダーにちくわが就任したりありましたが

ほどなくしてすき焼き完成です。

 

 

ゆるキャン△第11話より引用

 

 

そして完成したすき焼きを食べる6人。

感想は聞くまでもありません。

 

それにしてもリンちゃんって

しっかりと順番を決めて

すき焼きを食べる派

だったのですね。

 

でもこういうたくさんの人間で

食べる時は

一番人気があるものを

最初に確保しておかないと

食べれなくなるから

あんまりお勧めしませんねえ。

 

やっぱりソロキャンパーで

他の人と一緒に食べる機会が少ないので

そういう危機感がないのでしょう。

 

すぐになくなったすき焼きですが

当然これで終わりではありません。

 

次はトマトを使った変わりだねすき焼きです。

これはこれで美味そう。

普通のすき焼きを食べたばっかりなのに

みんながっつきます。

 

肉の力も大きいでしょうが

あおいちゃんの味付けも

絶妙なんでしょうね。

 

 

普通の人間ならここで満腹に

なりそうですが、

最後の〆まで考えていたあおいちゃん。

 

最後に残り汁でパスタなんて

豪勢過ぎる。

 

しかしここでハプニングが。

 

 

みんなと一緒のキャンプも案外楽しい

 

最後の最後でハプニング。

なんとカセットコンロのガスが

切れてしまったのです。

 

ガスってそう簡単に切れないイメージが

あったのですが、

すき焼き2連発で結構長時間使用したからでしょうか?

 

原因はともかく、

この事態になでしこがパニックに。

 

何しろ明日の朝、

食事でみんなをおもてなしするのは

なでしこだったのです。

 

もちろんカセットコンロを使うのが

前提だったのでしょうね。

 

朝ごはん作っておもてなしすることで

クリスマスプレゼントの代わりだったに。

 

親友のピンチ。

ここで助けなきゃ女が廃る・・・

とリンちゃんが思ったかどうかはわかりませんが

この中でただ1人

移動手段をもっているリンちゃんが

カセットコンロのガスを買いにいくことに。

 

 

バイクを運転しながら

今回のキャンプのことを考えるリンちゃん。

 

みんなでやる

ワイワイキャンプの楽しさを

噛みしめているようです。

 

ゆるキャン△第11話より引用

 

 

今回はここで終了。

ホント体感時間が短い作品だと

思いますわ。

始まったと思ったらすぐに終わり。

この続きをすぐに見たいという気持ちになれるアニメって

最近では少ないかも。

 

次回はいよいよ最終回。

どういう終わり方をするか

楽しみです。

 

 

今回のまとめ三行

  • ぐび姉のあだ名は伊達じゃない
  • ちくわにみんなメロメロ
  • ワイワイキャンプも楽しい

 

 

ゆるキャン△第12話(最終話)「ふじさんとゆるキャンガール」の感想 「そして二人は思い出の場所で再び出会う」

今回で本作も最後。

今回はクリスマスキャンプの続きからです。

クリキャンはここからが本番。

なでしこたちがキャンプを楽しむ姿を

視聴者も堪能しましょう。

 

 

野クルメンバー+リンちゃんの未来?

コンロ用のガス缶を買いに行っていた

リンちゃんが戻ってきたようです。

でもリンちゃんのバイクが違うような。

何かリンちゃんのおじいちゃんが乗っていた

バイクに似ています。

 

メットを外すリンちゃん、

心無しかちょっと大人びて美しくなった感じ。

短時間でこんなに変わる?

 

ゆるキャン△第12話より引用

 

と思ったら、

変わったのリンちゃんだけじゃない。

野クルのメンバーと斎藤さんも

大人になってるじゃん。

 

そして一人遅れて到着するなでしこ。

って、

空飛ぶテント!!

 

OPのテントが飛ぶシーンが

まさか現実だったとは・・・。

 

そんな訳ない。

どうやらなでしこの空想だったようです。

 

そりゃあそうでしょうよ、

流石になでしこが起業して

企業のCEOに就くなんて

荒唐無稽にもほどがあるわw

 

でもなでしこですからねえ、

意外と起業ぐらいは

やってしまうかもしれませんわ。

 

 

四尾連湖で会った火おこしお兄さんの正体

食事が終わり、

交代でお風呂タイムです。

 

千明ちゃんたち3人が

先に入っている間、

なでしことリンちゃんは

鳥羽先生をお喋りします。

 

そしてその中で驚愕の事実が

判明するのです。

 

四尾連湖で鳥羽先生と

一緒にいたあの火おこしお兄さん。

 

実は鳥羽先生の妹さんだったのです!!

あの風貌で女性だったなんて。

こりゃあ夏コミでは姉妹カプの

薄い本が発売されるかもしれませんね。

 

いやいや、

そんなことはどうでもいいです。

 

何でも鳥羽先生たちの親御さんが

キャンプ好きだったらしく、

その影響で鳥羽先生たちも

時々キャンプをするようになったとか。

 

やっぱり誰かの影響を受けたのですね。

 

リンちゃんもお爺さんの影響を受けたし、

なでしこはある意味リンちゃんの影響受けているし。

 

 

さて千明ちゃんたちと交代して

お風呂に入った後は、

何と動画鑑賞会。

 

この日のために千明ちゃんが

いろいろ準備していたのです。

 

まあ準備したのは有料動画サイトに

登録したくらいですけど。

 

みんなでワイワイガヤガヤ

見る動画って楽しいですからね。

千明ちゃんグッジョブですわ。

 

ゆるキャン△第12話より引用

 

朝食そして日の出

 

翌朝、

先に起きるリンちゃん。

まだ寝ているなでしこを起こしてあげます。

 

今朝の料理当番はなでしこ。

美味しい料理を作ってもらうためにも

起きて貰わなければ。

 

なでしこが考えた朝食は日本の朝ごはん。

味噌汁に和のおかずにご飯。

見てるだけでも食欲が沸いてきますわ。

 

そして食べ終わったところで丁度

朝陽が富士山の横から顔を出します。

 

ゆるキャン△第12話より引用

 

まさに絶景。

これもキャンプの醍醐味ですね。

 

 

 

 

年が暮れていく

 

クリキャンも終わり、

後は年越しのみ。

 

部室は狭いので

掃除は簡単。

この部室の数少ないメリットですね。

 

そういえば千明ちゃん、

クリキャンの時に

斎藤さんを野クルに勧誘したそうです。

 

実際にキャンプを経験して

テンションが上がっているはず。

タイミングとしては最適だったはずですが

見事に撃沈。

 

斎藤さんも

リンちゃん並みにブレませんね。

 

来年もこの部室のままの可能性大ですわ。

 

さて、

千明ちゃんたちと部室の大掃除を

終えたなでしこの元に

リンちゃんからLINEが。

 

何と斎藤さんが郵便局でバイトするらしく、

なでしこも誘ってきたのです。

リンちゃんを媒介にして。

 

バイト探しに苦労していたなでしこには

渡りに船です。

二つ返事でOKするなでしこ。

 

これで念願のキャンプ道具を

自分で働いたお金で揃えることができますね。

 

 

思い出の場所で再び出会う

季節が移り、

たぶん春。

 

なでしこは1人自転車でどこかに向かっています。

トンネルを超えた先に見えた看板。

そこに書かれていたのは本栖湖。

 

そう、なでしこは

リンちゃんと最初に出会った本栖湖のキャンプ場に

やってきたのです。

それもソロキャンプで。

 

たぶんリンちゃんの影響で

ソロキャンやりたくなったのでしょうね。

 

テントを設営し、

テーブルとチェアーも設置。

そしてテーブルの上に置いたのは

なでしこが欲しがっていたランプ。

 

郵便配達のバイトしてようやく

買えたのでしょうかねえ。

 

ゆるキャン△第12話より引用

 

なでしこが一息ついたところで

リンちゃんからLINEが。

 

どうやらリンちゃんも

ソロキャンをするらしく、

キャンプ場に向かっている途中のようです。

 

そこでなでしこは

互いにキャンプ場の写真を撮って

どこのキャンプ場か当てあいすることに

します。

 

なでしこが画像を送った後、

リンちゃんも画像を送ってきますが

その画像に写っていたのは・・・。

 

 

初めて出会った場所で

再び出会うなでしことリンちゃん。

 

いいですねえ、

最後のシーンとしては最適ですわ。

 

そしてこのシーンで

本作は終了です。

 

終わりに

終わっちゃいましたね。

ホント本作は体感時間が短いです。

 

普通に視聴していて

短いと感じるのは

面白い証拠ですからね。

 

この先

なでしこやリンちゃんや

千明ちゃんやあおいちゃんや

斎藤さんやチクワがどうなるか?

気なる方は是非原作を買いましょう。

 

また何度も見返したい方は

BD&DVDを購入するのもいいでしょう。

いろいろ付録が付いているようなので。

 

さらにアニメが終わっても

舞台となった山梨を中心に

様々なイベントが用意されていますので

まだまだ楽しむことができます。

 

そして最後に。

良い作品を作って頂き、

原作のあfろ先生や

アニメスタッフのみなさんに感謝です。

 

今回のまとめ三行

  • テントが飛んだ(なでしこの空想の中で)
  • 火おこしお兄さんは女性だった
  • 思い出の場所で再び出会う