【冴えカノ♭】なぜ紅坂朱音は嫌われるのか?

この記事は約6分で読めます。

衝撃の展開を見せた冴えカノ♭第9話。

まさか詩羽先輩とえりりが倫也の元を離れるなんて

 

まあ普通なら直接倫也を裏切ったえりりに非難が集まるのが普通。

 

確かにここ数日ネットの書き込みやツイッターのつぶやきを見たら、少なからずえりりを非難する意見がありました。

 

でもそれ以上に詩羽先輩とえりりを引き抜いた紅坂朱音を非難する書き込みが多かったですね。

 

ではどうして視聴者は紅坂朱音が嫌いなんでしょうか?

個人的に理由を考えてみました。

 

第9話の感想記事を確認されたい方はこちらのリンクをご利用ください。

冴えカノ♭第9話「卒業式と超展開」の感想 「加藤との和解に時間を浪費したのが仇となった?サークル崩壊待ったなし」

 

スポンサーリンク

1:義理人情を欠いたから

 

霞詩子(詩羽先輩)と柏木エリ(えりり)は倫也のサークルに参加する前から実績と名声を得ていたクリエーターです。

 

しかし倫也のサークルに参加して同人ゲームを作ったからこそ、紅坂朱音は二人の才能に気付き、自分がプロデュースするゲーム「フィールズクロニクル」にヘッドハンティングしたのでしょう。

 

でも倫也のサークルから主力二人を一気に引き抜くのですから、引き抜く前か引き抜いた後に倫也に何か言うのが筋ではないか?とみなさん思ったのではないでしょうか。

 

冴えカノ♭第9話より引用

 

 

 

全く別の業界に行くのならそれほど問題はないでしょうけど、同人ゲームと商業ゲームとはいえ同じゲーム業界ですからね。

 

「一言何か言うべきだった」と考えるのは普通です。

主力引き抜かれた倫也のサークルは崩壊するかもしれないのですから。

 

原作では二人が帰った後、引き抜きに関して倫也に断りを入れなかったことを伊織から苦言を言われています。次の第10話でこのシーンが描かれるかも。

 

 

2:詩羽先輩が断れないようにした

 

えりりはともかく、詩羽先輩には断る選択肢はありませんでした

 

 

冴えカノ♭第9話より引用

 

 

 

詩羽先輩がラノベを出している不死川書店はこれまでフィールズクロニクルシリーズ関連の書籍をたくさん出しています。

そして今回のフィールズクロニクルはシリーズ20周年記念作品であり、その関連書籍の版権は是が非でも欲しいはず。

さらに自社のお抱えラノベ作家がシナリオを手がけるとなればその相乗効果ははかりしれません。

 

当然不死川書店の経営陣は詩羽先輩にこの依頼を受けさせるつもりでいたはず。

 

もちろん詩羽先輩は自分の意思で断ることはできるでしょう。

でもその結果、不死川書店との関係は確実に悪くなります。

 

そして最悪の場合、純情ヘクトパスカルの続編が不死川から出版できなくなるかもしれなかったのです。

 

だったら別の出版社に移ればいいじゃんと思うかもしれません。

 

某作品では倫也と声が似ているラノベ作家が、知り合いの作家の伝手を使って別の出版社から小説出そうとしてましたし。

 

でも詩羽先輩の場合はあれとはちょっと事情が違います。

 

詩羽先輩の場合は「積極的に詩羽先輩の邪魔する(かもしれない)人物」がいるからです。

 

もし、同人界や出版界に広く顔が売れてる紅坂朱音が圧力かければ、他の出版社がしり込みする可能性があったのでしょう。

 

フィールズクロニクルの版権を武器に「霞歌子を受け入れるな」と言われたら拒否できる大手出版社なんてないでしょうから。

 

それに紅坂朱音の依頼を断るということは「霞詩子の担当編集町田さんの立場」を悪くすることになります。

 

これまで散々お世話になった町田さんに迷惑をかけることはできない。

変に義理堅い詩羽先輩ならそう思っても不思議ではありません。

 

以上のように詩羽先輩に選択の余地をなくした上で実際に会った時のあの暴言。

 

えりりが参加しないなら詩羽先輩に固執する必要はない。

 

詩羽先輩のファンでなくても紅坂朱音に嫌悪感を抱くでしょうね。

 

スポンサーリンク

3:偽名使って事実上のスパイしたから?

 

詩羽先輩とえりりの才能を欲しいと思ったのは倫也たちが作ったゲームをプレーしたからですが、そのゲームをプレーしようと思ったのはえりりの絵を那須高原で見てしまったからです。

 

冴えカノ♭第6話より引用

 

 

もしあの時、えりりの描いた7枚のイラストを見ることがなかったなら、倫也たちの作ったゲームをプレーしなかったかもしれません。

 

もちろんネットで話題になりましたから、それに釣られてプレーした可能性もありますけど。

 

 

あの時、紅坂朱音がドライバーを買って出たのはたぶん善意からでしょう。

そして偽名使ったのも倫也を萎縮させないためだったのかもしれません。

 

でも結果的に「偽名使っていたこと」と「えりりの絵を見てニヤけた表情したこと」でこいつ良からぬことを企んでいるというイメージを視聴者が持ち、それが引き抜いたことと一緒になって「紅坂朱音=汚い」という風にみなさん考えるようになったのかもしれませんね。

 

 

4:詩羽先輩とえりりを馬鹿にしたから

 

才能溢れるクリエーターとして同人界に君臨する紅坂朱音。

 

そんな彼女から見れば詩羽先輩もえりりもまだまだ駆け出しのヒヨッコ同然です。

しかしだからと言って第9話での傍若無人な振るまいは常軌を逸してます。

 

プロ作家である詩羽先輩に対して「えりりのやる気を引き出すことを期待している」なんてプライドを踏みにじる発言をしたと思えば、スランプで苦しんでいるえりりに暴言はいた上に「今のえりりの絵だったら真似できる」と断言。

そしてえりりの絵に似せた二次創作を見せる。それに加えてえりりに似せてやったと明らかに上から目線。

 

まあ普通の視聴者なら反発しますね。

詩羽先輩やえりりのアンチでもない限り。

 

スポンサーリンク

5:紅坂朱音が成功者だから

 

率いる同人サークルを壁サークルにまで押し上げ、有名ゲームのプロデュースを手掛ける。

当然富と名声を手にしています。

それだけで十分嫌われ嫉妬されますわ。

 

 

終わりに

 

私が思い付く理由はこれぐらいでしょうか。

もちろん紅坂朱音だって初めからこんな嫌な奴ではなかったのですよ。

どうしてこんなに捻くれたかは原作に載っているので是非原作で読んでくださいね。

 

冴えカノ♭も残り3話。

どうやって終わらせるのかホント楽しみです。