銀魂第282話「フェニックスは何度も蘇る」の感想 「聖闘士星矢世代を狙い撃ち過ぎるw」

この記事は約3分で読めます。

感想(ネタバレあり)

 

いつもは銀魂の感想は書かない私。

でも流石に昨日の放送は書いた方が良いかなと思って書くことにしました。

インパクトあり過ぎ、面白すぎ、スタッフ遊び過ぎ、まさに神回と言っても良いパロディ回だったと思います。

 

スポンサーリンク

聖闘士星矢世代は大爆笑間違いなし

 

いや~、タイトルからある程度聖闘士星矢に触れるとは思いましたが、「もう止めて、笑い死にしちゃう」というくらい畳みかけて、全編聖闘士星矢ネタで終わった感じです。

 

「フェニックスとそれに関連して弟の瞬が出てくるまではあるかな?」と思ってましたがまさかジャブまで出てくるとは。

 

そしてこの銀魂パロディ回でも沙織お嬢さまに捨てられる運命だったジャブ。

哀れ過ぎますわ。

 

 

 

本来はマダオが怪談ネタを仕入れるために万屋に来た話だったはずなのに。

どうしてこうなった(/・ω・)/

 

個人的に私は初代聖闘士星矢の放送を見ていた世代なので、大変楽しませてもらいました。

というより大爆笑でしたわ。

 

 

EDは完全なパクリ仕様!そしてそこからのオチが秀逸

 

EDまで聖闘士星矢風…いや、完全にパクった仕様にしたのは凄いの一言です。

 

個人的にはあの昔ながらのスタッフロールのフォントがツボでした。

できれば最後まで貫き通して欲しかったですけど、あれぐらいが限度だったのでしょうね。

 

そしていくら同じジャンプアニメとは言え、監督とプロデューサーはおわび行脚したことでしょう(たぶん)。

 

 

でもこの話のおかげで初代聖闘士星矢のBDとか売れるようになるかも。

 

東映アニメーションさん、商機が来たかもしれませんよ。

今回の話で聖闘士星矢に興味を持ったアニメファン多いと思うので。

 

少なくとも私は聖闘士星矢久しぶりに見てみたいと思いました。

まあBDじゃなくて有料サイトでの視聴にすると思いますけどね。

 

 

スポンサーリンク

銀さんが著作権を恐れていたのは身に覚えのある所業がいっぱいあるから?

 

そういえば銀さんだけは著作権のことばかり恐れていましたね。

 

銀魂自身、何度も他の作品のパロディ…じゃなかったオマージュをやってきたのであれぐらいは慣れっ子だと思いますが。

 

今回に比べたらガンダムやスケットダンスをオマージュした回の方が余程アウトだと思いますわ。

スケットダンスの回に関してはメインの声優さんが銀魂の声優さんと一部被っていることを悪用してかなり危ないことしてましたし。

 

あの回の一番の被害者は白石涼子さんかもしれない。

できればさらにギリギリを攻めて白石さんと釘宮さんでハヤテネタまでやってくれたら言うことなしだったのに。

 

まあ、ハヤテのパロは絶対可憐チルドレンですでにやっているので、興味がある人はそっちで。

 

 

ホント著作権団体は怖いです。アニメ系ブログやっている人間からしても著作権団体が一番怖いかもしれませんね。

私も著作権に抵触しないように引用の要件を守りつつ、法令順守で感想を書いていこうと思います。

 

 

今回のまとめ三行

  • マダオがいよいよ自立?
  • 全編聖闘士星矢ネタのオンパレード
  • 本当に怖いのは著作権団体