殺し愛 第1話の感想「美女とウザいストーカー」

スポンサーリンク
この記事は約4分で読めます。

殺し愛第2弾PVより引用

 

感想(ネタバレあり)

 

個人的な推し声優である大西沙織さんが主役演じてなければたぶん視聴しなかった作品。

ダンまちのアイズのようなクールな大西さんの演技が好きな私としては十分に堪能できました。

 

では大西さんファン以外の方にお勧めできるか?

1話の時点ではわかりません。

 

作品の内容的に1話で判断下せるようなモノではないので。

 

ただ1話の引きはちょっと弱いかもしれませんねえ。

「リャンハやシャトーには謎だらけ」というのをプンプン匂わせているのですが、「続きが気になる」というところまで達しないかと。

 

 

殺し愛第2弾PVより引用

 

ED前のシーンで、眠っている少女のシーンがありましたが、あれはやっぱりシャトーですかね。

シャトーと見せかけて別人とかだったら面白いのですが、そういうタイプの作品じゃないかと。

 

 

テンポ的には悪くはないです。

説明セリフはそれなりにありましたが、ポンポンと進む感じで。

セリフだけでなく絵でも説明する方法は嫌いじゃないです。

 

 

作画的にも十分合格点ですかね。

まあ、1話は気合入れて作っているのが普通なので、今後このクオリティを維持できるかわかりませんけど。

 

演出は良かったと思いますが、1点だけ気になって点が。

それが美人局の片言言葉。

インド人みたいな事務員さんも片言なのにそこでかぶせる必要は無かったかと。

原作通りなのかもしれませんが、個人的に気になりました。

 

 

否定的な話ばっかり書いてますが、個人的には視聴を継続しますよ。

今期はなろう系の冒険ものばっかりで、本作のようなタイプの作品が少ないので。

それに大西さんをはじめ声優陣の演技は良いですから。

 

 

 

 

感情に乏しそうな美女シャトー

殺し愛第2弾PVより引用

 

一応主人公ポジションなんですかね。

賞金稼ぎを生業とするクールな美女。

 

声はダンまちのアイズ系統ですかね。

アイズもクールビューティですが、アイズは天然系。

 

それに対してこっちのシャトーは感情を押し殺している感じでしょうか。

リャンハに反応して時折見せる感情のシーンはより魅力を増しているように思えます。

 

ストーカーまがいのリャンハをウザがっていますが、消そうとはしません。

殺しの腕的にリャンハに敵わないと感じているのでしょうけど、それだけとは思えませんね。

 

1話の時点でなぜ賞金稼ぎをしているかは不明。

また前述したようにED直前のシーン出てた少女がシャトーだったら、何か重大な秘密があるの確実でしょう。

案外リャンハと繋がってたりして(たぶん間違いない)。

 

 

 

 

ウザいストーカーだけど謎がありそうなリャンハ

殺し愛第2弾PVより引用

 

本業は殺し屋。

20以上の同業者や賞金稼ぎから狙われているようなので、有能&煙たい存在なんでしょう。

 

そして同時にシャトーのウザいストーカー。

CV下野紘さんでウザイキャラと言えば鬼滅の善逸を思い出しますが、こっちのリャンハはウザいけど、何かわざとウザくやっているような気配がしてきます。

 

リャンハに関してはウザい時とシリアスな時の声が一緒なのに、全然違うような感じがするのは下野さんの演技力の賜物かと。

 

 

シャトーと同様、いろいろ秘密がありそう。

シャトーをストーキングするのも一目惚れという訳だけではないでしょうね。

 

おそらく過去に何か因縁があるのでしょう。

それが少しづつにわかってくるストーリー構成なんでしょうね。

 

殺し愛第1話を視聴し終わって

第1話の内容を簡単にまとめるとこんな感じ。

 

  • シャトーとリャンハが出会う
  • リャンハがシャトーのストーカーになる
  • シャトーとリャンハにはそれぞれ謎がありそう

 

この手の作品に多い謎をを匂わせて続きが気になるようにさせる1話だったかと。

だた引きがちょっと弱く感じましたが。

 

まずは1回視聴することをお勧めします。

 

 



殺し愛の感想
スポンサーリンク
Aかん:声優・アニメ感想ブログ