【アニメ】映像研には手を出すな! 7話「私は私を救うんだ!」の感想 「水崎氏の動きへの拘り強過ぎ」

この記事は約4分で読めます。

 

 

感想(ネタバレあり)

 

今回は水崎氏の当番回。

動きの拘る水崎氏の原点を見たような感じですね。

小さい頃から動きに拘り、時にはそれが周りの人間に役に立っていた。

そんな経験があるからこそ余計に動きへの拘りから離れることができないのかも。

 

 

 

6話の感想記事を読みたい方は以下のリンクをご利用ください。

映像研には手を出すな! 6話「前作より進歩するべし!」の感想 「監督もプロデューサーもいろいろ大変」

 

6話はロボットアニメの制作のため、浅草氏と金森氏が頑張るお話。

美術部との打ち合わせする浅草氏、大変そうでしたわ。

 

 

 

スポンサーリンク

水崎氏の動きへの拘りは小さい頃から

映像研には手を出すな!7話より引用

 

動きに執着する水崎氏。

その動きに対すル拘りの原点のようなものが今回描かれました。

 

小さい頃から動きに興味を持った水崎氏。

何度も同じ失敗しても繰り返し、動きを掴んでいく。

お茶を捨てる動作の繰り返しやイスから立つ時の描写のシーンでそれが視聴者にも伝わってくるような演出は良かったと思います。

 

そしてその動きの拘りは、ベッドから立つのが辛い祖母の役に立つことに。

 

動きへの拘りが祖母のためになった。

この経験がさらに水崎氏の動きへの拘りを強くしたのでしょうね。

 

監督浅草氏の苦労は続く

映像研には手を出すな!7話より引用

 

水崎氏が動きに拘る一方、自分の納得する作品を作りたい浅草氏は周りに貧乏くじを引く感じになっています。

 

特に美術部との打ち合わせ。

勝手なことをする美術部のモジャ頭のせいで、余計な仕事をすることになった浅草氏。

監督だからもっとガツンと言えばいいのに。

まあ、浅草氏の性格だと無理か。

 

これって外注に出すより自分で描いた方がまだ苦労がなかったかもしれませんね。

 

 

あとアフレコの練習のシーン。

 

映像研には手を出すな!7話より引用

 

クライアントが声優務めるなんて。

ロボ研の部長ってこれがやりたくて映像研にアニメ発注したんじゃね~の?と思えてきますわ。

ノリノリ過ぎだろ。

 

結局これも後で浅草氏が苦労しそうな気がします。

 

 

銭湯で一時の癒しの時間

映像研には手を出すな!7話より引用

 

7話にしてようやくやってきましたサービスカット。

でも全然エロくない。

NHKだから健全という訳でなく、ただ単にキャラがエロくないだけ。

視聴者サービスには程遠い感じですが、その一方この銭湯って雰囲気が最高です。

 

1話で見た昭和のイメージが色濃く反映してますからね。

 

アニメ制作に疲れた浅草氏。

このシーンでは十分安らいだと思います。

眠りこけて水崎氏におんぶされて帰宅することになりましたからねえ。

 

水崎氏の動きへの拘りは続く

映像研には手を出すな!7話より引用

 

最後は再び水崎氏の動きへの拘り。

冒頭のシーンではボヤッと水崎氏の動きへの拘りがわかるような構成ですが、終盤のこのシーンでは動きへの拘り…というか動きの見せ方について水崎氏が語るような構成に。

 

説明に合わせて絵が変わるので動きの重要さと演出で変わることがわかりやすかったです。

 

 

映像研には手を出すな!7話のまとめ

水崎氏の動きへの拘りは生粋のもので、金森氏や浅草氏が何を言っても聞かなさそうですね。

また浅草氏は自分で苦労を背負い込むタイプであることが今回わかりました。

 

正直この二人だけなら絶対にアニメ完成しませんね。

水崎氏も浅草氏も折り合いを付けることができたいので。

 

文化祭も間近。

果たしてロボットアニメは完成するのか?

次回も楽しみです。

 

8話の感想記事はこちらからどうぞ。

【アニメ】映像研には手を出すな! 8話「大芝浜祭!」の感想 「さあロボットアニメの上映だ!」