トクナナ 12話(最終話)「ゼロからナナへ」の感想 「トクナナの戦いは続く」

スポンサーリンク
この記事は約5分で読めます。

トクナナタイトル画像

 

感想(ネタバレあり)

 

トクナナの戦いはまだまだ続く。

この言葉がピッタリの終わり方だったと思います。

 

正直トクナナのメンバーか、三潴ルカが死ぬと思ってましたが誰も死にませんでした。

またウォ―ロックは力を失いまさに生きる屍状態に。

 

だったらもうトクナナいらないじゃんと言いたいですけど、まだドラゴンを信仰する者がいる以上トクナナの存在意義はあるそうです。

 

正義は勝ったし、キャラは死なないし、一応ハッピーエンドと言っていいでしょうね。

何か物足りないですけど。

 

 

11話の感想記事を読みたい方は以下のリンクをご利用ください。

慎重勇者 11話「その真実は重すぎる」の感想 「聖哉が慎重な理由」

 

11話はトクナナVSウォ―ロックの戦いが始まります。

そして課長の正体がウォ―ロックと同じく竜であることが明らかに。

 

 

スポンサーリンク

ウォ―ロックは力を失い、七月はドラゴンの力を捨てた

トクナナ全員で集中攻撃。

でもウォ―ロックにはほとんど有効打にならない。

これがドラゴンと人間の力の差。

 

ただ七月は諦めません。

1万回でもウォ―ロックと戦い、ウォ―ロックを逮捕するつもりのようです。

まあ、こういう時は七月のポジティブシンキングが頼もしく見せてきますわ。

 

でもこの状態を打破する必要があります。

そんな時一ノ瀬は二条から連絡を受けて、警視庁近くの公園にウォ―ロックを連れて行くように伝えます。

この状態でどうやってウォ―ロックを連れていくの?

だいたいここを戦いの場所に選んだのはウォ―ロックであり、ウォ―ロック自身がここから動く訳ないのに。

 

しかしそれでも何とかするのが七月。

七月はウォ―ロックを抱えて警視庁の屋上からダイブ。

やることが斜め上行ってますね。

まあ、七月自身がドラゴンの力でほぼ不死身みたいなものだからできる荒行ですけど。

 

でもここからどうするの?

と思ったらまさかの精神攻撃というか、ウォ―ロックを煽り始める一ノ瀬。

さらにウォ―ロックを裏切った三潴ルカも現れて、ウォ―ロックはみるみる弱くなっていきます。

 

ウォ―ロックの力の源泉はウォ―ロックを崇拝したり恐怖したりする人間の心。

でもそれがなくなったら…。

そしてウォ―ロックの揺るがない自信も一緒になくなったら…。

 

肉体的には強いウォ―ロックも精神的には脆かったということでしょう。

最終的に七月と一ノ瀬の銃撃でドラゴンを失い、ウォ―ロックは七月に逮捕されて終わりとなりました。

終わってみればそこまで苦労しなかったかも。

ドラゴン相手なのでもっと犠牲が大きくなると思っていたのに。

 

 

あと七月は戦いの途中でドラゴンの力を放棄しました。

ウォ―ロックを逮捕すればもうドラゴンの力はいらないと思っていそうな気がしますけど、その力のおかげで怪我をしてもすぐに回復してたのに。

 

今まで12話見てきて、たぶんドラゴンの力由来の回復能力なくなったら、七月はすぐに怪我をして入院しそうな気がします。

無鉄砲な性格はそのままなので。

 

 

トクナナは存続し、彼らの戦いは続く

 

正直ウォ―ロックが負けるのは大多数の視聴者が想定済だったはず。

だから実質ウォ―ロックを倒した後が多くの視聴者の関心事だったと言えると思います。

 

今回の件でウォ―ロックを逮捕したトクナナはそのまま存続することに。

ウォ―ロックは逮捕したけど、ドラゴンを崇拝する者はまだいるし、ナインだって壊滅した訳ではないというのが理由のようです。

 

まあ、事件を解決した論功行賞の意味合いもあるでしょうし、たぶん課長が何か細工したんでしょうね。

課長も一応ドラゴンですし。

 

あと問題なのは三潴ルカ。

ウォ―ロックの洗脳のせいとは言え、犯罪に手を染めましたからね。

普通ならウォ―ロックと共に逮捕されても不思議ではありませんが、逮捕されず黒真珠の助けで海外に行くことに。

そして名前を七月にあやかったのか、ナナが付く偽名に。

七月が警官になる切っ掛けを作った本人がまさか七月にあやかりたいと思うとは。

 

三潴ルカが逮捕されなかったのは一ノ瀬が見逃したことが大きいです。

一ノ瀬が捕まえようと思ったらたぶん捕まえることができたでしょうから。でも見逃した。

 

見逃した一ノ瀬は逃走援助罪になりそうな気もしますけど、まあ、仕方ないでしょうね。

三潴ルカが捕まったら、二条も兄が犯罪者ということで警察に居づらくなるでしょうから。

 

 

ウォ―ロックは逮捕したけど、トクナナの戦いは続く。

 

新しい事件が発生し、トクナナが出動するところで本作は終了です。

 

終わりに

無難に終わったという感じですね。

文句はないけど物足りない。

ストーリーが極端に悪い訳ではないし、絵だって悪くないし、キャストの演技も問題なし。

でも全部合わせたら何か足りない感じ。

 

展開が読めない予想の斜め上を行くようなストーリーにしろと言う訳ではありませんが、もう少しパンチがないと面白いというところまで行かないということでしょうかねえ。

 

まあ、飽きずにずっと視聴できたことは確か。

その点から言えば平均以上の作品だったと思います。

製作スタッフのみなさん、ありがとうございました。