リゼロの22話視聴して日笠さんの演技にもの足りなさを感じたけど松岡さんのペテ公見た後なら仕方無い?

xx0

感想(ネタバレちょっとだけあり)

最初に書いておきますけど、

私は松岡さんのファンです。

今回はそれを念頭に読んでください。

私自分で言うのも何ですけど、

アニメは結構見ています。

ブログに書いているのは週6本程度ですけど、

2倍速で駆け足視聴しているのを含めれば

たぶん12本は見ていると思います。

リゼロも感想書いてないけど

ずっと視聴している作品の一つ。

まあ、王選始まったからのスバルのウザさに嫌気がさして

途中で視聴するの止めようと思ったのですけど、

丁度最後に見た15話で松岡さん演じるペテ公が出てきて、

その後も視聴し続けることに。

そんで今回の22話です。

15話であれだけ大暴れしたペテ公は

ヴィル爺に真っ二つされて呆気なく退場。

あれれ、こんなもん?と思っていたら、

ペテ公みたいに見えざる手を操る女狂人が出てきて

モブを数人殺害します。

で、この女狂人の声をやっているのが

ペテ公演じる松岡さんの直の先輩である

日笠陽子さんだったのですけど、

最初その演技を見た時、

何かもの足りなさを感じてしまったのですよね。

ツイッターとか某掲示板なんかを見ると

私と同じような意見の人が結構いるようでしたね。

でも後からもう一度視聴し、

冷静に考えてみると

日笠さんの演技はあれはあれで良いと思ってきました。

あの女狂人がペテ公が乗り移ったのか、

それとも全くの別人なのかはわかりません。

だって私書籍版はおろか、

WEB版も読んでないので。

でも見えざる手って常人が使えるようなものとも思えませんので

やっぱりペテ公が乗り移っていると考えるべきだと思います。

そうすると日笠さんも松岡さんの演技を意識せざるをえません。

オリジナルとしてインパクト絶大な松岡版ペテ公より

上手い演技をしたらペテ公のイメージがグチャグチャになってしまう

恐れもありますから、

あの松岡さんの劣化コピーみたいな演技を

日笠さんがわざとしたとではないかと思います。

ネットを見るとあの女狂人役は、

小林ゆうさんや悠木碧さんにやってほしかった

という意見があるようです。

確かに狂人役だったらある意味(?)小林ゆうさんの十八番ですし、

悠木さんがオーバーロードで演じたクレマンティーヌを見ていれば

今回の女狂人役も上手く演じられたという意見が出るのも当然でしょう。

ただご両人とも自分の色を出す演技に定評がある声優さんですから、

今回のペテ公の劣化版を演じなければいけなかった

女狂人に合うかどうかは微妙ですね。

あと松岡版ペテ公を見た後だったら

小林さんや悠木さんが女狂人を演じたとしても

もの足りなさを感じてしまうとも思います。

それくらい松岡版ペテ公のインパクトは凄いですから。

まあいろいろゴチャゴチャ書きましたけど、

ペテ公松岡の演技は凄いということと、

女狂人はあれでいいんじゃね?

ということです。

あくまで私の個人的な意見ですけど。

今回のラストではいきなりラムが登場して

次回以降どのようななるか全く予想できませんけど、

できればまたペテ公が再登場して

スバルや視聴者をドン引きさせてほしいと思います。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする