RELEASE THE SPYCE(リリスパ)第1話~第12話(最終話)の感想 「萌え系スパイものとしては秀逸な作品かも」

この記事は約58分で読めます。

リリスパタイトル

リリスパ第1話より引用

 

感想(ネタバレあり)

 

RELEASE THE SPYCE(リリスパ)第1話から第8話の感想記事をまとめたものです。

ストーリー的には萌え系が入った女性スパイもので結構面白かったですね。

ただ放送クール的に激戦すぎて埋没したのが痛かったです。

 

スポンサーリンク
  1. RELEASE THE SPYCE(リリスパ)第1話「ゴールデンスピリッツ」の感想 「新人さんは舐めるスペシャリスト」
    1. モモに友達ができた
    2. 勇気を振り絞って知り合いを助けようとしたら「ツキカゲ」に誘われたでござる
    3. 第1話を視聴し終わって
    4. 今回のまとめ三行
  2. RELEASE THE SPYCE(リリスパ)第2話「第1の挑戦」の感想 「仕込みのおかげで試験は楽勝?」
    1. ツキカゲって少数精鋭なのにいろいろ豪華
    2. 修行は厳しいけどモモは根性で付いて行くことに
    3. ツキカゲの中にスパイがいる?
    4. 試験を見事やり遂げてモモが正式加入
    5. 第2話を視聴し終わって
  3. RELEASE THE SPYCE(リリスパ)第3話「モウリョウ」の感想 「失敗続きで意気消沈?でも最後は決める!!」
    1. モモは頑張るも空回り
    2. ツキカゲとモウリョウ、相手の裏を読もうとするのが面白い
    3. 第3話を視聴し終わって
  4. RELEASE THE SPYCE(リリスパ)第4話の感想 「命と楓の師弟愛が喧嘩でさらに強まる」
    1. 近くで見るから余計にイライラする
    2. やっぱり二人は最高の師弟コンビ
    3. 第4話を視聴し終わって
  5. RELEASE THE SPYCE(リリスパ)第5話の感想 「師匠の愛が重い」
    1. 美しいドルテさんとの戦闘
    2. 半蔵門先輩ってどうみてもストーカーです
    3. 第5話を視聴し終わって
  6. RELEASE THE SPYCE(リリスパ)第6話の感想 「初芽とテレジアとの再会!!でもその親友は」
    1. 初芽とテレジアの過去
    2. 初芽の想いとは裏腹に
    3. 第6話を視聴し終わって
  7. RELEASE THE SPYCE(リリスパ)第7話の感想 「ツキカゲで一番強い人物は?」
    1. 散布実験開始!!そして五恵が巻き込まれる
    2. ツキカゲで一番強い(戦闘力が高い)のは五恵だった
    3. 第7話を視聴し終わって
  8. RELEASE THE SPYCE(リリスパ)第8話の感想 「沖縄ですれ違う師匠と弟子!!焦りのせいでモモに厳しくなった?」
    1. 初芽は万能!!テレジアは素直になれない
    2. 沖縄で五恵が出会った少女はバイキング?
    3. 半蔵門先輩の時間は残りわずか!!それがモモにきつくあたる理由?
    4. 第8話を視聴し終わって
  9. RELEASE THE SPYCE(リリスパ)第9話の感想 「師匠とモウリョウのボスとの因縁のお話」
    1. 半蔵門先輩の師匠との馴れ初め
    2. モウリョウのボスとの因縁について
    3. 第9話を視聴し終わって
  10. RELEASE THE SPYCE(リリスパ)第10話の感想 「裏切り者が正体を現す!!そしてツキカゲ壊滅?」
    1. 決戦前の一時!!師匠と弟子がそれぞれの時間を過ごす
    2. 裏切り者の正体は命!罠に嵌ってツキカゲは壊滅状態へ
    3. 第10話を視聴し終わって
  11. RELEASE THE SPYCE(リリスパ)第11話の感想 「モウリョウの拠点へ殴り込みだ!!」
    1. 拷問官から逆に情報ゲット
    2. モウリョウの計画を止めるために九天サイエンスへ
    3. 第11話を視聴し終わって
  12. RELEASE THE SPYCE(リリスパ)第12話(最終話)の感想 「師匠からの最後のミッション」
    1. カトリーヌと命の2人で仕組んだ計画
    2. 半蔵門先輩から最後のミッションを果たすモモ
    3. 師匠となったモモのしごきが始まる
    4. 第12話を視聴し終わって

RELEASE THE SPYCE(リリスパ)第1話「ゴールデンスピリッツ」の感想 「新人さんは舐めるスペシャリスト」

数か月前から

ニコ生などで番宣を積み重ねてきた

リリスパがようやく始まりました。

 

第1話は主人公のモモが

「ツキカゲ」にスカウトされるお話です。

 

アクションあり、

カーチェイスあり、

舐める行為あり、

と見どころ満載でしたわ。

 

モモに友達ができた

ある日の夜、

空を飛ぶ一団を見かけるモモ。

 

RELEASE THE SPYCE第1話より引用

 

この一団の名はツキカゲ。

丁度どっかの工場に忍びこんで

情報を奪取してきた帰り。

 

スパイスを舐めて

ドーピングしているヤバい奴ら。

 

まあ、正義のためなら仕方なのでしょう。

別に薬じゃないですからね。

あくまでスパイスですから。

 

それにしてもツキカゲの面々は

かなり遠くを飛んでいたのに

まさかモモに目撃されるなんて。

 

モモって目がいいのですねえ。

でもモモの存在を半蔵門先輩も

気付いたようですが。

 

翌日学校への通学途中、

やな感じの男たちが

禁煙場所でタバコを吸っているのを

目撃するモモ。

 

モモとしては

注意したい気持ちもありましたが

注意する勇気が出ません。

 

まあ、JKが注意して

逆切れでもされたら怖いですからね。

躊躇するのはわかります。

 

ただアニメのキャラがこんな感じだと

視聴者はイライラしますけどねw

 

結局ガラの悪い男は

商店街のおばさんに注意されて

簡単に従うチキン野郎でした。

これならモモが注意しても

従ったかもしれませんね。

結果論ですが。

 

 

学校に到着したモモ。

でもクラスに友達はいません。

前からボッチだった訳ではなく、

クラス替えがあり、

親友たちと離れ離れに

なってしまったのです。

 

ボッチなモモ。

何か可哀想。

 

このまま次のクラス替えまで

ボッチ確定?かと思ったら、

同じクラスの命ちゃんと

五恵ちゃんが話掛けてくれます。

 

すぐに二人と打ち解けたモモ。

まあ、ほとんど二人のおかげですけどね。

さらに学校の中で

憧れの先輩たちとエンカウントする幸運に。

 

RELEASE THE SPYCE第1話より引用

 

まあね、

この人達みんなツキカゲの

団員なんですけどね。

 

これって完全に

監視されているってことやろ。

 

その後は五恵ちゃんの

バイト先のお店でだべることに。

 

こういうの楽しいですよねえ。

楽しすぎて

ペラペラしゃべってしまうのがデフォ。

モモも昨日見たことを

命ちゃんたちに話します。

 

さらにモモの特技、

舐めて相手の

体調や心情がわかることまで

披露することに。

 

目がいい、

鼻がいい、

舐めて相手のことがわかる、

ちょっとチートじゃね?

 

 

勇気を振り絞って知り合いを助けようとしたら「ツキカゲ」に誘われたでござる

 

死んだ父に憧れがあるのか、

モモは警官志望。

しかしいざという時

勇気が出ない自分が

警官になれるのか

かなり落ち込んでいる様子。

 

そして事件が起こります。

 

モモは知り合いの婦警さんと

会う約束をしていたのですけど、

ずっと待っているのに

婦警さんが来ない。

 

そこでモモは探しにいきます。

匂いを頼りに。

 

あ~あ、

これは巻き込まれるパターンだ。

 

そして案の定、

婦警さんがごっつい女性たちの

明らかに悪そうな組織を思われる

奴らに捕まっている。

 

助けなきゃ!!

 

でも今回も勇気が出ない。

 

しかしこのままだと

婦警さんの命が。

 

さすがにこの状態で

躊躇するわけにはいきません。

 

悪人たちの顔を写メで撮り、

さらに警察に通報したと嘘を言って

悪人たちをかく乱しようとします。

 

でも非力なモモでは

そこが限界。

 

RELEASE THE SPYCE第1話より引用

 

悪人たちに捕まり万事休す。

スマホは潰され、

モモ自身も海に放り出されます。

これでジエンド…と思ったら、

半蔵門先輩がモモを救うことに成功。

 

実は命ちゃんたちは

モモを監視しており、

一部始終を見ていたという訳。

 

その後派手なカーチェイスをやりながら

スカウト活動が始まります。

 

モモが勇気を振り絞って

知り合いの婦警さんを助けたことで

ツキカゲの一員に迎えるだけの

資質ありと判断されたのです。

 

しかしここでまたモモは躊躇。

 

まあ、半蔵門先輩の言葉に感化されて

ツキカゲに入りますけど

大丈夫なのでしょうかねえ。

 

RELEASE THE SPYCE第1話より引用

 

 

まあ、消極的だった

モモがやる気を出したところは

よかったと思いますけどね。

 

第1話を視聴し終わって

 

今回はここで終了。

 

モモは一歩踏み出す勇気がない

いわゆる視聴者をイライラさせる

タイプかと思っていましたが、

知り合いの婦警さんために勇気を振り絞る

ところがよかったですねえ。

 

ただ楓ちゃんとの関係は

どうなるのでしょうかねえ。

 

まあ、何か契機があれば

モモに対する評価が

180度ひっくり返って

逆に付きまとわれる可能性も

ありそうですが。

 

第1話は手堅く、

個人的には良かったです。

 

今回のまとめ三行

  • モモがツキカゲの面々を目撃
  • モモが勇気を振り絞る
  • モモがツキカゲに加入

 

RELEASE THE SPYCE(リリスパ)第2話「第1の挑戦」の感想 「仕込みのおかげで試験は楽勝?」

前回ツキカゲに

スカウトされたモモ。

 

そして今回正式に

ツキカゲに入るため

2か月の修行を行うことに。

 

心身ともに甘ちゃんだった

モモはどのように変化したのでしょうか?

 

今回の内容を三行で表すとこんな感じでしょうか。

 

  • 半蔵門先輩直々にモモを鍛える
  • ツキカゲに裏切者がいる?
  • 試験を突破し正式に加入

 

まさかツキカゲの中に

裏切り者がいるなんて。

 

モモを入れて全部で6人しか

いないのに。

 

そういえばOG(カトリーヌさん)も

入れたら7人か。

 

作画のタッチとは違い

結構シリアス路線になりそうか気も

してきましたわ。

 

ツキカゲって少数精鋭なのにいろいろ豪華

 

「オリジナルカレー蜂蜜抜きガラムマサラマシマシ」

 

という合言葉を教えてもらい

例のカレー屋「ワサビ」にやってきたモモ。

 

合言葉を

亭主のカトリーヌさんに伝えると

店の奥に通して貰います。

だいぶん噛みまくって

ちゃんと言えてませんでしたけどw

 

動き出すエレベーター。

そしてモモの目に飛び込んで来たのは

地下都市!!

 

リリスパ第2話より引用

 

秘密組織にお約束、

地底の秘密基地ですねえ。

さすがポイント押さえておりますわ。

 

地下の中心にある屋敷には

すでに残りの5人が集結済で

モモを大歓迎します。

正確には1人歓迎してませんけどw

 

屋敷の中で招かれたモモは

ツキカゲの全貌を教えてもらうことに。

私的な情報機関で

同じような世界中の組織とネットワークを構築。

その上警察とも仲良くやっている。

 

ただし構成員は現在は5人。

スパイスを噛んで

その効果が薄れてきたら

卒業というルールで、

自分が卒業する前に

自分の後継者を育てるのがお約束みたいです。

 

ちなみに卒業したら

ツキカゲの記憶をすべて

捨てて平穏に過ごすか、

ツキカゲのOGとして

協力者になるか

どちらかを選ぶことができるようです。

 

カレー屋のカトリーヌさんは

後者を選んだのですね。

 

さてスカウトされたモモですが

まだ正式採用された訳ではありません。

 

これから師匠となって

半蔵門先輩の元で修行して

合格すれば

ようやく正式採用となるようです。

 

憧れの半蔵門先輩の元で

修行ができる。

 

リリスパ第2話より引用

 

大喜びにモモですが、

この手の展開だと

あとは地獄になるのが

お約束なんですよねえ。

 

 

修行は厳しいけどモモは根性で付いて行くことに

 

早速始まった修行ですが

半蔵門先輩はかなりのスパルタです。

少し油断すると

すぐに可愛いハンコを

モモの顔に押してくるし。

 

まあね、

修行と聞けば普通

身体を鍛えるのがメインですけど、

スパイには強い精神力も必要。

そんな訳で

街中で連絡先をゲットしてくるように

命じられるモモ。

これってナンパして来い

という意味ですよねえ。

 

JKがナンパってかなり大変。

ただでさえ、モモって

気が弱いところあるのに。

 

丁度同じ学校のメガネっ子が

通り掛かり、

何とか連絡先をゲットしたモモ。

 

遅すぎると半蔵門先輩に

怒られていましたが、

連絡先ゲットできただけでも上出来だと

思いますよ。

 

最近は個人情報保護に

一般人も気を付けるように

なりましたからね。

 

モモのような可愛いJKに

連絡先教えてと言われても

まずは新手の詐欺か?と

疑う人が多いと思います。

 

ツキカゲの中にスパイがいる?

 

モモが半蔵門先輩に

しごかれている頃、

ツキカゲと敵対する組織の

人間たちがあることについて

相談しています。

 

リリスパ第2話より引用

 

相談の内容は

ツキカゲの中にいる

スパイの情報について。

 

おいおい、

ツキカゲって少数精鋭主義のくせに

裏切りもんがいるのかよ。

 

まあ、二重スパイか

家族が病気で

治療のためにお金が必要とか

そういう類での裏切りだと

思いますけど、

一体誰が裏切っているの

でしょうかねぇ。

 

一番怪しいのは

カレー屋があんまり儲かっているように

見えないカトリーヌさんですけど、

大穴で半蔵門先輩とか。

 

モモとコンビナートを見ながら

意味深な会話してましたからねえ。

 

 

試験を見事やり遂げてモモが正式加入

 

2か月びっちり鍛えられた結果、

心身ともに見違えたモモ。

 

リリスパ第2話より引用

 

顔つきもりりしくなってる!!

 

そして明日はいよいよ

試験の日です。

2か月の修行の集大成、

必ず試験を突破しなければ

いけません。

 

でもどうすればいいか?

そんなことを考えるモモは

お肉屋さんとの会話で

あるヒントを得ることに。

 

リリスパ第2話より引用

 

それは「仕込み」。

試験は命ちゃんを規定時間内に

捕まえることです。

それ以外には何ら気かされていません。

つまり捕まえるためなら

事前準備もOKということです。

 

そして試験本番、

前日に仕込んだ罠で

見事命ちゃんを捕まえたモモ。

 

これで試験は合格。

ツキカゲに正式採用です。

コスチュームと刀を与えられたモモ。

 

さあ、これから

モモの活躍が始まります。

 

ただしその前に

裏切り者との対決があるかも

しれませんが。

 

 

第2話を視聴し終わって

 

今回はここで終了。

 

結構王道なストーリー展開でしたね。

そして明らかになる

裏切り者の存在って

これは完全にスパイものあるある。

 

次回いきなり裏切り者が

明らかになるか、

少しづつヒントを小出しに

していくかはわかりませんけど、

次回以降も目が離せませんわ。

 

 

RELEASE THE SPYCE(リリスパ)第3話「モウリョウ」の感想 「失敗続きで意気消沈?でも最後は決める!!」

今回の内容を三行にするとこんな感じになります。

 

  • モモは失敗続き
  • 弟子の不始末は師匠の責任
  • モモが金星をあげるが敵もなかなかやりやがる

 

今回はモモの

空回りに目が行がちですが、

個人的には敵である

「モウリョウ」のしたたかさの

方に感心しましたわ。

 

ドジで失敗ばかりの敵より

有能な敵と戦う方が

作品が盛り上がると思うので

個人的には願ったりの敵ですわ。

 

 

モモは頑張るも空回り

初任務にやる気満々のモモ。

新人ですから良いところを見せたいと思うのは

当たり前です。

 

でもこういう場合って空回りするのがデフォ。

案の定、自分の考えて動いたモモは失敗続き。

 

リリスパ第3話より引用

 

モモとしては自分が叱責されるのはまだ

我慢できそうですが、

自分のせいなのに師匠である半蔵門先輩が

他のメンバーに謝罪したのが結構堪えたようです。

 

ただ新人ってそんなもんですからねえ。

失敗を繰り返して成長するものですし、

先輩(師匠)が弟子の責任取るのが当たり前ですので。

 

決定的な失敗じゃなくて

よかったと思うべきだと思いますわ。

 

 

さてその頃、

ツキカゲの敵である「モウリョウ」は

ツキカゲを倒すために傭兵を使うことに。

 

どちらが任務に就くか?

同じ傭兵である白虎とドルテが対決しますが、

ドルテが一発で失神。

 

ドルテのCVは早見沙織さんなのに

まさかの噛ませかよw

 

リリスパ第3話より引用

 

これで任務は白虎がやることに。

その前祝いではありませんが

貰ったゼリーを平らげる白虎。

 

何かありそうですね、

このゼリーは。

 

 

ツキカゲとモウリョウ、相手の裏を読もうとするのが面白い

 

密輸の現場に急襲を掛けるツキカゲ。

危ない任務は師匠組がやるみたいですね。

 

でも呆気なさすぎる。

もちろんこれは罠。

 

ドルテに勝利し

ツキカゲ討伐の任務を受けた白虎は

獲物を物色します。

 

どうやら白虎はメインでッシュを

最後に残しておくタイプみたいで

まずは一番弱そうなモモを狙います。

 

防戦一方のモモ。

そこに楓ちゃんが援軍に。

 

仲悪いと思っていたら

案外連携が取れてます。

 

やっぱり仲悪そうなのは

表面だけで

楓ちゃんはツンデレなんでしょうね。

 

ただモモと楓ちゃんは

スパイス服用している状態なのに対し、

白虎はまだノースパイス。

 

ここで白虎はスパイス服用。

形勢が一気に逆転します。

 

五恵ちゃんの援護射撃があっても

それを物ともせず

押しまくる白虎。

 

しかしここでモモの事前の仕込みが

役に立つことに。

 

仕込みは大事。

第2話でモモが実感したことですが

今回も役に立ったようです。

 

リリスパ第3話より引用

 

白虎を捕らえたツキカゲ。

白虎は情報を吐こうとしませんが

所詮はガキ。

半蔵門先輩がちょっと本気を出したら

すぐに恐怖し、

全部白状…とはいきませんでした。

 

 

どうやらドルテと戦った後、

モウリョウの幹部から貰ったゼリーが

恐怖を感じると記憶を消す作用が

あったようなのです。

 

せっかく情報を得る機会だったのに、

モウリョウの方が一枚上手だったようです。

 

モウリョウは今回の取引を囮にして

別の取引を成功させましたし。

 

ただツキカゲも負けてはいません。

白虎の靴に付いていた砂から

モウリョウの拠点と思われる施設を特定します。

 

次回はこの施設が舞台になりそうですね。

たぶん改造されたドルテが

立ち塞がりそうですけど。

 

 

第3話を視聴し終わって

 

今回はここで終了。

モモの頑張りが最後の最後で

実を結んだ感じですね。

 

ただモウリョウも有能なので

一筋縄ではいきません。

 

それにしても捕らえた白虎は

どうなるのでしょうか?

 

薬で記憶がなくなったので

このままツキカゲ入団ということに

なりそうな気もしますが、

ツキカゲって定員決まってましたよね。

 

ということは

白虎が入団するなら

一人脱退する可能性も。

 

オリジナルなので

どうなるかわからないのも

本作の魅力。

 

次回はどうなるか。

次回も楽しみです。

 

 

 

RELEASE THE SPYCE(リリスパ)第4話の感想 「命と楓の師弟愛が喧嘩でさらに強まる」

今回のお話を三行でまとめるとこんな感じとなります。

 

  • 命と楓は同棲中
  • 命と楓が喧嘩
  • 仲直りしてガチでヤバい悪党を倒す

 

 

今回は命楓師弟のお話。

しっかりものの楓と

どっか抜けている命ですが。

 

 

近くで見るから余計にイライラする

 

頭は良いのに貧乏のせいで

選択肢が限られる。

 

中学時代の楓は

進路で悩んでいました。

そんな楓を見かねて

声を掛ける一人のストリートミュージシャン。

これが命と楓の出会い。

 

命と楓の出会い(リリスパ第4話)

リリスパ第4話より引用

 

この出会いで

楓の人生は大きく変わることに。

 

 

そして現代。

未だにストリートミュージシャンを

続けている命。

 

どうやらこれで

生活費を稼いでいる様子ですが、

稼いだお金をすぐに浪費してしまうことに。

 

まあ、命なりに

モモと五恵ちゃんをもてなしたいという

気持ちが強いのでしょうけど、

当然同居している楓はオカンムリ。

 

浪費癖が抜けない命に楓が激怒(リリスパ第4話)

リリスパ第4話より引用

 

そりゃあそうです。

命がお金にだらしない上に

ストリートミュージシャンの収入って

たかが知れていますからね。

 

家計を預かっている?楓が

怒るのも無理ありません。

 

師匠はもっとしっかりとして欲しい。

弟子なりにそう考えているのかも

しれませんね。

 

さて、空崎市では

また薬が出回っているようです。

ただまだツキカゲに

出る幕はなく、

しばらくは静観することに決定しますが、

偶然取引現場を見つけた楓が

一人で追跡を始めます。

 

コスプレしての潜入、

そして情報入手。

 

ツキカゲの中で最年少ながらも

さすがに優秀。

 

これならモモに

イライラするのもわかりますわ。

 

ただ犯人の元締めと思われる

ヤバい奴を追跡中、

運悪く半蔵門先輩たち師匠組に

見つかってしまいます。

 

当然反発する楓。

もうちょっとで親玉を

とっ捕まえることができたのに。

 

まあ、これが過信という奴ですが

焦っている様子の楓が

理解する訳ありません。

 

たぶん楓は

新人のモモがツキカゲに入ってきたこと、

命の生活態度がちゃらんぽらんすぎて

自分がしっかりとしなければならないと

変に義務感に囚われているのでしょうね。

 

責任感の強い人が

やりそうなことです。

 

ただその楓の焦りが

命の負傷させることに。

 

 

やっぱり二人は最高の師弟コンビ

 

部屋に帰ってきた命。

でもそこに楓はいません。

 

楓は実家に帰ったようです

さすがに一緒にいるのはバツが

悪いのでしょうねえ。

 

でも戻ってくる楓。

どうやら教科書を忘れたようです。

 

高校生って普通

教科書は学校の机に

置いておくものと思ってましたが。

楓って真面目ですね。

 

当然命と鉢合わせ。

そして自分の想いをすべて話す楓。

 

どうやらちゃらんぽらんな

師匠に我慢できなかったのではなく、

自分を一人前に

扱ってくれないと感じていたようです。

 

家を出る楓(リリスパ第4話)

リリスパ第4話より引用

 

理由そっちかよ。

予想が完全に外れたわw

 

実家に帰った楓は

ルームメイト(命のこと)を

妹に話します。

 

楓が言ったことを本気にとれば

命はホントダメな奴。

 

でも本当は…。

 

距離を置いたことで

お互いのことをよく考えることが

できたのでしょう。

 

今回は過去と現代のシーンを

織り交ぜて視聴者にも

感じとれるようにする演出みたいですね。

 

過去と現在を

混ぜこぜにすると

混乱する視聴者もいるでしょうけど、

楓の制服や天気で

区別できるようにしているのは

よかったです。

 

 

駅前で歌っている命。

そこのやってきた楓が

渡したものはギターのピック。

 

これで仲直り、

チョロいと言えば

チョロいですけど、

これぐらいチョロい方が

人間関係上手くいくような気がします。

 

今回はここで終わっても

良さそうですけど、

あとはご都合主義で

薬の親玉のヤバい奴を発見。

 

あとは命と楓のコンビネーションで

ヤバい奴を倒してエンド。

 

楓が陽動攻撃準備(リリスパ第4話)

リリスパ第4話より引用

 

命と楓の師弟コンビの

絆は強くなったとさ。

 

 

やっぱり最後はなくても

良かったかも。

 

だってあれ見ていると

死亡フラグって思えてきますもん。

 

ここまで穿った見方するのは

私だけかもしれませんが。

 

 

第4話を視聴し終わって

今回はここで終了。

モウリョウの話が全然進まんかった。

 

せっかく前回の最後に

CVはやみんのドルテさまが出てたのに。

 

来週こそはドルテが

出ることを希望します。

 

次回の楽しみに待ちましょう。

 

 

RELEASE THE SPYCE(リリスパ)第5話の感想 「師匠の愛が重い」

前々回半蔵門先輩とモモ、前回命と楓と来たので今回は初芽と五恵の当番回。

と思ったら、また半蔵門先輩とモモの当番回でしたね。

 

ただ半蔵門先輩、

あなたどう見ても

モモのストーカーですよ。

モモへの愛が重すぎです。

 

 

美しいドルテさんとの戦闘

九天サイエンスの潜入するツキカゲの面々。

しかしモウリョウと繋がる情報はなし。

 

一方モウリョウは時間稼ぎのために

イタリアンマフィアを使うことに。

 

リリスパ第5話より引用

 

 

前々回に怪しいと睨んだ

九天サイエンス。

 

今回ようやく潜入することに。

ただまさか2話で出てきた

あの透明になるクリームを

使うことになるとは。

 

楓以外全員透明になって

九天サイエンスへの潜入成功。

 

たぶん楓が持っていた

スーツケースの中身は

モモたちの服なんでしょうね。

 

だからセキュリティチェックも

潜り抜けることができたと。

 

でもあの時、

中身までチェックされてたら

どうするつもりだったのでしょうか?

 

案外バレたら

強行突入していたのかもしれませんね。

 

さて潜入こそ成功しましたが

結局モウリョウと繋がる情報を

全く得ることができませんでした。

 

それもそのはず、

どうやら潜入の情報が

事前にモウリョウに

漏れていたようなのです。

 

しかしそれだったら

九天サイエンスのビルの中で

待ち伏せして

一挙にツキカゲを殲滅すれば

いいのに。

 

たぶん九天サイエンスと

モウリョウが繋がっていることが

バレるとヤバいのでしょうね。

 

一方モウリョウは

ツキカゲの目を別に向けさせるため、

イタリアンマフィアを使うことに。

 

ホントにモウリョウのボスは

頭良いです。

やっぱり敵は無能より

有能な方が盛り上がりますわ。

 

イタリアンマフィアは

モウリョウをバックとして

空崎市で薬の密売を始めますが

すぐにそれをツキカゲが察知。

 

さっそく売人の後を

つけることしますが、

そこに出現したのはCVはやみんの

美しいドルテさまw

 

美しいドルテさま登場(リリスパ第5話)

リリスパ第5話より引用

 

やっぱり改造されとる。

 

以前はしっかりとした自我が

ありましたが、

今回は自我がほぼなく、

マシーン化しとります。

 

ドルテに対し

1人で迎撃するモモ。

 

しかしドルテの前では

モモは赤子同然。

 

でもどうして弟子のピンチに

師匠である半蔵門先輩が

すぐに来ないのでしょう?

 

これだけ派手に戦闘となれば

簡単に気付くでしょうに。

 

もしかして

スパイって

半蔵門先輩?

 

と思ったら、

ようやく半蔵門先輩が登場で

何とかドルテを撃退します。

 

ドルテは川の中に落ちましたが

これで終わりではないでしょうね。

 

 

そういえば白虎はまだ

ツキカゲの本部に滞在中でした。

 

リリスパ第5話より引用

 

保護という名目ですが

完全に下働きされとりますw

 

 

半蔵門先輩ってどうみてもストーカーです

師匠のためにもトレーニングに取り込むモモ。

しかし師匠の言葉を思い出し、友人たちに誕生日を祝ってもらうことに。

 

リリスパ第5話より引用

 

 

半蔵門先輩から

休むのも大事と言われたモモ。

 

しかし「二度と師匠に頭を下げさせない」

と誓うモモは

明らかに過剰訓練をしています。

 

確かに訓練も大事ですけど、

楓が言ったように

訓練のし過ぎで

いざという時に役に立たないと

問題だと思いますけどねえ。

 

結局楓の言葉ではなく

師匠の言葉を思い出し、

友人に誕生日を祝ってもらうモモ。

 

これが良い息抜きになったのでしょう。

イタリアンマフィアへの拠点の襲撃では

楓並みの活躍をすることに。

 

イタリアンマフィアの退治に成功し、

ツキカゲのみんなにも

誕生日を祝ってもらったモモ。

 

ただ良いことが起こった後に

悪いことが起こるのがお約束。

 

何とドルテさん、

モモの匂いを頼りに

モモの居場所を突き止めて

襲撃してきたのです。

 

執念深すぎるわ。

 

一撃で吹き飛ばされるモモ。

でもここはツキカゲ本部の入り口。

カトリーナさんがいますし、

何より師匠がいる。

 

ドルテさまに半蔵門先輩激おこ(リリスパ第5話)

リリスパ第5話より引用

 

すべてが終わり、

モモが目を覚ますとそこは師匠の家。

 

ドルテさんを撃退したと聞き

安心するモモですが、

このシチュ危なくない?

 

この後めくるめく

百合の世界になっても

おかしくない状態なんですけどw

 

 

それはともかく、

本当にドルテを撃退したのですかねえ。

個人的には

半蔵門先輩は怪しいし、

後あのカトリーナさんも

今一つ信用できないのですけど。

 

スパイ作品って

一番信用している人間が

簡単に裏切ることが多いので

やっぱり半蔵門先輩が

物凄く怪しいと思いますわ。

 

第5話を視聴し終わって

 

今回はここで終了。

Cパートはなかなか衝撃的でしたね。

 

ただあれで

あの人がそのままスパイ確定とは

いきません。

だってモウリョウのボスの話し方だと

スパイからあの人が

ツキカゲの一員だという情報を

得たような感じでしたので。

 

個人的には

半蔵門先輩が一番怪しそうですが

果たして?

 

RELEASE THE SPYCE(リリスパ)第6話の感想 「初芽とテレジアとの再会!!でもその親友は」

今回は初芽のメイン回。

モウリョウのボスの腹心である

テレジアとの過去の経緯が

明らかになります。

 

典型的な

行き違いですけど、

テレジアがそれに気付くまでが

大変そうですね。

 

 

 

初芽とテレジアの過去

 内通者から初芽がツキカゲの一員であるとの情報を得て、それを確かめるためモウリョウはテレジアは空崎高校へ潜入させる。

しかし初芽とテレジアにはある過去が。

 

リリスパ第6話より引用

 

内通者の情報を確かめるため

モウリョウはテレジアを

空崎高校に潜入させます。

 

テレジアと初芽の再会(リリスパ第6話)

リリスパ第6話より引用

 

ただ人選的にどうなんでしょうね?

モウリョウはテレジアと初芽が

面識あることを知らなかったでしょうか?

 

初芽がテレジアのことを覚えて入れば

確実に怪しまれるのに?

 

もしかしてそれが狙いなんでしょうか?

モウリョウってこれまでも陽動作戦を

使ってましたからね。

 

前回もイタリアンマフィアを利用して

時間稼ぎしてましたし。

 

それ以外だと

テレジアが優秀だから

怪しまれても大丈夫と

安心している可能性もあります。

 

まあ、白虎も食べたあの記憶がなくなる

ゼリーをしっかりテレジアに

食べさせていたし、

もしもの備えも大丈夫と思っているんでしょうね。

 

 

そういえば

未だに本部に匿われている白虎。

とうとう故郷から永久追放されました。

 

これで行く当てがなくなって

ツキカゲ本部に居候するという形に

なりそうです。

 

まあ、そのうち欠員出て

その補充要員となる可能性も

ありますけどね。

 

今回の話見てたら

結構初芽当たりがヤバいかも。

 

個人的にはテレジアか初芽か

どっちかが死にそうな感じしますわ。

 

 

初芽の想いとは裏腹に

初芽とテレジアの不幸な過去。

テレジアはそのせいでまだ初芽を恨んでいた。

そしてモウリョウは行動を開始する。

 

リリスパ第6話より引用

 

テレジアが初芽を恨んでいる理由。

それは初芽がテレジアを

見捨てたと思っているから。

 

テレジアと初芽(リリスパ第6話)

リリスパ第6話より引用

 

もちろんそれは思い込みですが、

信じていた人物に裏切られたと

一回思ったら、

それを改めるのは難しいですからね。

 

大好きだったからこそ、

それが恨みに代わるってよくありますし、

それの是正はよほどのことがないと。

 

初芽からテレジアの話を聞き、

半蔵門先輩はテレジアを警戒します。

 

そりゃあそうですよね。

普通に考えたら怪しすぎですもん。

 

普通誘拐された子供が

無事に解放されるなんて

ほぼありえませんもん。

特に外国だと。

 

そういえばこのシーンで

半蔵門先輩はツキカゲの中に

内通者がいるかも?と考えていますが、

こういう考えを持つということは

半蔵門先輩は内通者じゃないみたいですね。

 

内通者ならこんなことを

考える訳ありませんので。

 

初芽に続き半蔵門先輩も

たぶんシロ。

 

ということは

後怪しそうなのはカトリーナさん

ですかねえ。

今回初芽と話すシーンありましたし。

 

初芽と話すカトリーナ(リリスパ第6話)

リリスパ第6話より引用

 

 

あと今回出番があんまりなかったモモ。

でも最後の方でやってくれましたね。

テレジアの想いを知るために

久しぶりのペロリをw

 

あんなことすれば

完全に怪しまれるやん。

 

そういえばモモと五恵を

テレジアが知っている

という設定でしたけど、

あれって命とテレジアが

同じクラスというのが前提ですからね。

 

命とテレジアが同じクラス。

そして命と五恵とモモも同じクラス。

だからテレジアと五恵とモモも

同じクラスという訳。

 

これ忘れていると

どうしてテレジアが

五恵とモモを知っているの?

ってなってしまいますので。

 

 

さてテレジアとツキカゲが

相手の出方をうかがっているころ、

モウリョウが何か行動を起こすようです、

何かの散布実験するみたいですけど

何を散布するのでしょうか?

 

第6話を視聴し終わって

 

今回はここで終了。

初芽回、1回で終わりませんでしたね。

 

前述したように

この流れだと初芽かテレジアが

死んで、

その直前に仲直りするというパターンに

なりそうな気がします。

 

べたべたですけど、

泣けますからねぇ。

 

できればそういうルートではなく、

初芽とテレジアが生きて仲直りする

ルートをみたいですわ。

 

次回もどうなるか目が離せません。

 

 

RELEASE THE SPYCE(リリスパ)第7話の感想 「ツキカゲで一番強い人物は?」

敵味方に別れてしまった

初芽とテレジアの再会。

今回もこの話がメインになると

思ったら、

メインのお話は五恵ちゃんの

師匠への想い

 

これは意外な展開でしたわ。

 

できればテレジアと初芽の

話に決着付けて欲しかったですけど、

これだけ引っ張るということは

それだけのものを用意しているのでしょうね。

 

散布実験開始!!そして五恵が巻き込まれる

テレジアとデートを楽しむ初芽。

そんな中空崎の街中では、モウリョウによる薬品の散布実験が始まる。

 

リリスパ第7話より引用

 

弟子たちのシーンがいっぱいあった

アバンとAパート。

ただ五恵だけがイマイチ元気がない様子。

 

そりゃあ、大好きな初芽師匠が

テレジアの方ばかりに

気を向けていますからね。

 

自分だって師匠とイチャイチャしたいという

気持ちが強いのでしょう。

 

そしてそれを視聴者に

印象付けるために

わざとモモ半蔵門コンビの

イチャイチャシーンや

楓が命を自慢するシーンを

流したのかもしれませんね。

 

この手のシーンをたくさん見たら、

五恵だけ可哀想って

イメージを視聴者が抱くはずですから。

 

さらに白虎を巡る話で

白虎と初芽が仲良くなったという話を

することで、

初芽がいろんな人と仲良くなる。

つまり初芽が五恵だけのものではなくなると

暗示しているようにも感じました。

 

まあ、考えすぎかもしれませんけどね。

ツキカゲで一番強い(戦闘力が高い)のは五恵だった

モウリョウが散布した薬品で暴徒と化す民衆。

そしてその中には五恵の姿が。

任務を外れていた初芽はテレジアの自分の正体をばらす。

その目的は…。

 

リリスパ第7話より引用

 

 

初芽もテレジアも

相手を探り合っている状態。

これではラチがあきません。

 

ただ先に尻尾を出したら

それに付け込まれる

可能性がありますからね。

 

だから初芽が自分から

正体をバラシ、

さらにテレジアのことを

疑っていると宣言するのは

意外でした。

 

正体をバラす初芽(リリスパ7話)

リリスパ7話の感想

 

そしてこいつ甘すぎ!!

と思いましたが

そこは間違ってましたね。

 

だって初芽はかなり計算した上で

このような行動に出たのだと

思いますわ。

 

普通自分から正体をバラす奴なんて

いません。

だいたいバラされた方は

何かの罠ではないか?と疑います。

 

そして罠がないかどうか調べるために

行動が慎重となり、

逆に騙されやすくなるのです。

 

今回で言えば

テレジアは初芽の毒の話を

信じましたからね。

 

テレジアが普通の状態なら

空崎で起こったことに

初芽の気が向いており、

毒のことも嘘だと感づいたかも

しれません。

 

実際のところこの時

初芽の意識は

テレジアよりも五恵の方に

向いていた感じでしたからねえ。

 

さて散布された薬品のため

混乱状態の五恵は

何を思ったのかやくざの事務所を

襲撃します。

 

どうしてここを襲撃したのでしょうかねえ。

そこがイマイチわかりませんでした。

 

まあ、襲撃されたやくざは

鉄砲やバズーカで応戦しますが

五恵の前では赤子同然。

 

そりゃあそうです。

だって五恵の強さは横綱級。

大関級の半蔵門先輩より各上の

強さなんですもん。

 

一番空気だった五恵が

実は一番強かったなんて…。

 

これ、どうやって

正気に戻すの?

 

と思ってたら、

師匠である初芽の説得で

終了。

 

五恵が初芽の言葉に動揺する(リリスパ7話)

リリスパ7話より引用

 

首を絞められたり

初芽は酷い目に合いますが

そんなことより弟子である五恵の

ほうが大事なようです。

 

これだけ五恵や仲間のことを大事に思い、

テレジアのことさえ心配する初芽って

ツキカゲで一番強いのかもしれませんね。

もちろん純粋な戦闘力という意味ではなく、

精神的にという意味ですが。

 

そして解決した後はイチャイチャタイム。

デレる五恵可愛い。

 

今度はどんどん師匠に

甘えてほしいですね。

 

それこそテレジアの前で甘えて

テレジアが嫉妬するくらいに。

 

第7話を視聴し終わって

 

今回はここで終了。

終わってみれば五恵の

当番回でしたね。

 

他の師弟コンビが

結構いちゃいちゃしていたのに

初芽五恵コンビがそこまで

親しげなシーンがなかったのは

この回のためだったのかも。

 

後、モモや楓に比べると

五恵は我慢強すぎて自分の中に

鬱憤が溜まっていたのかもしれません。

自分だって師匠とイチャイチャしたいのに

って風に。

 

まあ今回の一件は

良い息抜きとなったことでしょう。

五恵が暴れて潰されたやくざの組は

ご愁傷さまですが。

 

次回は沖縄に生きそうな気配ですね。

弟子たちは水着を買ってましたし、

まさにベストタイミング。

 

次回は水着シーン満載の

ご褒美回かも。

 

次回も楽しみです。

 

 

RELEASE THE SPYCE(リリスパ)第8話の感想 「沖縄ですれ違う師匠と弟子!!焦りのせいでモモに厳しくなった?」

 

今回は沖縄に行ったお話。サービスシーンがしっかりある一方で、半蔵門先輩の残り時間が少ないことが明らかに。またテレジアと初芽の関係の拗れたままでこの先どうなるのか?

 

 

 

初芽は万能!!テレジアは素直になれない

テレジアと戦い、勝利した初芽。

テレジアが目を覚ますと、自分が施術台の上にいることに気付くが…。

 

リリスパ8話より引用

 

アバンでいきなり戦闘やってる

初芽とテレジア。

テレジアとしては早くケリを

付けたいところですが、

初芽が予想外に強く

まさかテレジアが負けてしまうとは。

 

発明だけでなく

普通に強かったのですね初芽って。

 

五恵といい、

初芽といい、

ツキカゲで一番影が薄いと

思っていた人たちが

実は結構強かったってパターン

個人的には好きかも。

 

さてテレジアが目を覚ますと

そこは施術台の上で

横には手術服を着た初芽。

 

テレジアから毒物を取り除いた初芽(リリスパ8話)

リリスパ8話より引用

 

まあ、誰だってこのシチュだったら

混乱しますわ。

 

一定以上の年齢の方なら

ショッカーに改造された仮面〇イダ―を

想起したことでしょう。

 

でも初芽がやったことは

テレジアにとってはいいこと。

 

だって初芽のおかげで

自爆する飲料を体外に排出させて

もらったのですから。

 

ホントはテレジアも

初芽に感謝しているでしょうが、

今まで汚い仕事をしていたテレジアは

今更初芽に感謝を言ったり

初芽の仲間になることはできません。

 

あ~あ、

これはフラグですわ。

初芽を守ってテレジアが

ヤバいことになりそうな気がします。

 

こういう予想は

外れればいいのですけどねえ。

 

沖縄で五恵が出会った少女はバイキング?

沖縄にやってきたモモ達弟子3人と半蔵門先輩。

そこで彼女たちは王香という名前の少女と出会う。

王香の言葉が気になった五恵は後を追いかけるが。

 

リリスパ8話より引用

 

さあ、沖縄です。

視聴者へのサービスタイムです。

 

水着ではしゃぐモモたち可愛いです。

そして空崎待機組もプールではしゃぐシーンを

用意するとは。

 

監督や制作スタッフさんたちわかってますねえ。

 

さて沖縄でモモたちは

1人の少女と出会います。

名前は王香。

 

五恵と王香(リリスパ8話)

リリスパ8話より引用

 

バイキング帽を被り

バイキングの末裔と称する少女ですが

完全にチョロい系です。

 

チョロい系はすでに白虎がいるのにw

 

まあ、この段階で五恵と絡ませる気満々だと

思いましたわ。

 

半蔵門先輩の時間は残りわずか!!それがモモにきつくあたる理由?

王香を五恵に任せて、敵のアジトに潜入したモモたち。

敵のボスとエンカウントしたモモは、逃亡しようとせず戦うことを選ぶが…。

 

リリスパ第8話より引用

 

敵のアジトは仕掛けがいっぱい。

これ、敵の構成員はどうやって

仕掛けを避けているんでしょうかねぇ。

 

絶対1人や2人は死んでいるような気がしますが。

 

さて、今回もスパイスを決めている

半蔵門先輩ですが

どうやらスパイスの効果時間が

短くなっているようです。

 

半蔵門先輩(リリスパ8話)

リリスパ8話より引用

 

スパイスの効果時間が

短くなるのは卒業まで

あんまり時間がない証拠です。

 

スパイスが効かなくなると

卒業するのがツキカゲの掟ですから。

 

だからこそ

半蔵門先輩はモモを厳しく

指導しているのかもしれませんね。

 

半蔵門先輩からすれば

モモは大事な大事な弟子。

せめて一人前にしないと

命を失うかもしれませんから。

 

ただモモにはその想いが

伝わっていないような気がします。

 

モモからすれば

敵のボスを倒したのに

師匠である半蔵門先輩から

怒られたのですから。

 

こういうすれ違いは

結構フラグになったり

しますからねえ。

 

まあ、半蔵門先輩は

モモがそんなに心配なら

カトリーヌさんみたいに

ツキカゲのバックアップ要員として

組織に残ればいいのに。

 

そしてそこで少しづつ

モモを鍛えればいいと

思いますけどね。

 

 

第8話を視聴し終わって

 

今回はここで終了。

沖縄までやってきたのに

ほぼ収穫ゼロでしたね。

 

まあ、五恵は

新しい友達ゲットしましたけど。

 

今のところ、

  • 半蔵門先輩の残り時間
  • テレジア問題
  • 内通者

この3つが現在進行形。

テレジアの方はそろそろ決着つけても

良いと思いますけどね。

 

次回はどんな展開となるのでしょうか?

次回も楽しみです。

 

 

RELEASE THE SPYCE(リリスパ)第9話の感想 「師匠とモウリョウのボスとの因縁のお話」

今回は1話丸ごと

半蔵門師匠の過去のお話。

 

過去の話をたっぷりすることで

次の話に視聴者が感情移入しやすいように

したのでしょうねえ。

 

しかしまあ、師匠の師匠である藤林長穂の

CV桑島法子さんって

完全に狙ってキャスティングしているだろw

 

 

 

 

半蔵門先輩の師匠との馴れ初め

半蔵門雪に誘われ出かけるモモ。

モモは半蔵門から彼女の師匠藤林長穂との出会いの話を聞くことに。

 

リリスパ9話より引用

 

 

モモに厳しい半蔵門先輩。

てっきり半蔵門先輩にあんまり時間が

ないことが理由だと思ってましたが

他にも理由があったのですね。

 

そしてそれを説明するために

モモを誘って、

自分の師匠の話をモモに聞かせたのでしょう。

 

半蔵門先輩とモモ(リリスパ9話)

リリスパ9話より引用

 

しかし過去の半蔵門先輩って

藤林師匠のことが

本当に大好きだったのですねえ。

 

まるで今のモモを見ているかのようです。

 

それまで友達が初芽しかいなかった

半蔵門先輩。

自分が強くなることだけを

考えていた結果ですけど、

藤林師匠と出会ったことで

世界が広がって感じでしょうか?

 

半蔵門先輩の嬉しそうな姿を見ると

余計にこの先大変なことが起こるのだろうなぁ

と思ってしまいます。

 

楽しいシーンで視聴者の気持ちを高めて

過酷なシーンでドンと落とすのが

ある意味お約束なので。

モウリョウのボスとの因縁について

半蔵門雪はモモに空崎の沖に浮かぶ廃墟がモウリョウの拠点だったこと、そしてそこで起こったことについて話し始める。

 

リリスパ9話より引用

 

藤林師匠と共にミッションをこなし、

ますます藤林師匠が好きになっていく

半蔵門先輩。

でも楽しい時は突如として終わりを告げました。

 

モウリョウが総力を挙げて実行した

衛星ハッキング作戦を

潰すため、

空崎の沖合に浮かぶ拠点に潜入する

ツキカゲのメンバー。

 

藤林師匠と半蔵門先輩(リリスパ9話)

リリスパ9話より引用

 

 

ある意味この時が最強の布陣のような気もしますね。

まだカトリーヌさんが現役だったし、

藤林師匠はモモや楓よりも遥かに有能そうですので。

 

ただある人物が

モウリョウの増援として駆けつけたことで

形勢が逆転することに。

 

それが今のモウリョウのボス。

肩に文鳥を乗せている人です。

 

この時は般若の面を被っていますけど、

ここは文鳥のお面とかの方が

首尾一貫していてよかったのに。

 

まあ、この手の敵って

だいたい手練れで、

味方が大苦戦に陥るがお約束。

 

 

案の定、

藤林師匠も半蔵門先輩も

般若の面の敵に太刀打ちできず

万事休す。

 

瀕死の藤林師匠は

自分の素顔を見られないため、

そして半蔵門先輩を助けるために。

 

まあね、

藤林師匠のCVが桑島法子さんだから

こうなるのはある意味お約束なんですよ。

 

たぶん製作陣もそういう風に

取られることを狙っていたのでしょうね。

 

こういうのが嫌いな方もいるかも

しれませんが

個人的にはこういうのが大好きなので

この設定は評価しますわ。

 

 

第9話を視聴し終わって

 

今回はここで終了。

半蔵門先輩が

モモに自分の師匠の話をしたことで

わだかまりはなくなり、

さらに師弟の絆が強まった感じがします。

 

そしてモモのお手柄により

モウリョウのボスが

半蔵門先輩の師匠の仇だと判明。

 

さあ、盛り上がって参りました。

次回以降どうなるか本当に楽しみですね。

 

そういえば今回テレジアの話が

ほぼありませんでした。

 

テレジアの話も引っ張るだけ

引っ張ってますけど、

これはテレジアがクライマックスに

絡んでくるからかもしれません。

 

次回予告を見ると

半蔵門先輩がヤバそうですけど、

視聴者はハラハラさせて

モモが寸で助けるパターンならば

いいのですけどねえ。

 

 

RELEASE THE SPYCE(リリスパ)第10話の感想 「裏切り者が正体を現す!!そしてツキカゲ壊滅?」

今回は一気にストーリーが

動きました。

まさか裏切者が

あの子だったなんて。

 

そして裏切り者の情報漏えいで

罠に掛けたつもりが

罠に嵌ってツキカゲ壊滅?

 

衝撃的すぎますわ。

 

 

 

決戦前の一時!!師匠と弟子がそれぞれの時間を過ごす

モウリョウが作戦決行の準備をしている頃、ツキカゲのメンバーたちは師匠と弟子で楽しい時間を過ごす。

後にあのような事態が待っているとも知らずに。

 

リリスパ10話より引用

 

決戦前の最後のひととき、

師匠と弟子が一緒に楽しい時間を過ごします。

 

五恵は初芽のために

ご飯を作り、

今度はテレジアと一緒に3人で

ご飯を食べるつもりですし、

 

命と楓は命が卒業した後の話で

盛り上がります。

 

そしてモモと半蔵門先輩は

一緒にデートw

 

モモと雪のデート(リリスパ10話)

リリスパ10話より引用

 

各コンビとも決戦前の

最後の憩いの時間って感じですが

どうして全コンビとも

死亡フラグを立てるのでしょうか?

 

つ~か、

絶対に狙って立ててるだろと

勘ぐってしまいます。

 

まあ、ある意味外れては

いませんけどね。

 

 

裏切り者の正体は命!罠に嵌ってツキカゲは壊滅状態へ

敵のボスである烏丸文子の捕獲に成功したツキカゲ。

後は本部で尋問するだけ。

しかし文子は余裕綽々。

なぜなら…。

 

リリスパ10話より引用

 

 

藤林師匠を倒した仇である

烏丸文子をあっさり捕まえたツキカゲ。

 

烏丸文子の捕縛に成功(リリスパ10話)

リリスパ10話より引用

 

もしかして偽物?と思ったら

嘘ついているだけでした。

 

こんな時はモモの

舐めて相手が嘘ついているか

どうか判別できる能力が

重宝します。

 

でもさすがモウリョウのボス。

怖がった顔色使ってしらっと嘘をつくとは。

一筋縄ではいきそうにありませんね。

 

しかし捕まった以上

どうしよもできないだろうと

思ったら、

一気に形勢逆転。

 

本部(というか本部の上にあったカレー屋)

が爆発して、

そこにいたカトリーヌと白虎の

生死不明。

 

さらにモウリョウの機械人形に

囲まれて一気に危機に。

 

こうなった理由は裏切り者の存在。

まさか命が裏切り者だったなんて。

 

裏切り者は命だった(リリスパ10話)

リリスパ10話より引用

 

個人的には楓が一番怪しいと

思っていたので、

外れてちょっと悔しいですわ。

 

 

ただ空崎のカオス状態が

好きだから裏切ったなんて

理由がいい加減過ぎるわ。

 

何か二重スパイの香りが

プンプンしてきます。

 

だって弟子3人は

生きたまま捕らえたし、

初芽は海に落ちて生死不明。

 

半蔵門先輩だけはばっさり切られて

出血多量で結構ヤバめですけど、

藤林師匠と違って自爆しなかったし。

 

あと文子から貰ったゼリーを

食べてましたけど、

あれってテレジアが食べたやつと

一緒ですよね。

 

確か自爆するやつ。

命だってツキカゲのメンバーなので

初芽を通してゼリーの情報を

聞いているでしょうし。

 

わざわざ食べたと言うことは

怪しまれないようにするためとしか。

 

まあ逆に

命自身に自爆願望があり

それを満たすために飲んだという

可能性もゼロではありません。

 

ただ確かなのは

命の裏切りにより

ツキカゲが事実上壊滅したということだけ

 

 

まあ、この手の作品の場合

もう一度くらい大どんでん返しが

あるでしょうから、

それに期待です。

 

このままあと

胸糞過ぎますから。

 

あと何気に

テレジアに裏切りフラグが

立ちました。

 

文子に信用されていないと

ショックを受けてましたからね。

テレジアに関しては死なずに

初芽とのラブラブが復活して

五恵が嫉妬するようなエンドに

なって欲しいですわ。

 

第10話を視聴し終わって

今回はここで終了。

 

正直ここ数回は

あってもなくても良いような

話だったので、

このままぬるま湯につかった状態で

終わってしまうのかしら?と

危惧してましたが

一気に話が動いてびっくりです。

 

 

さて10話終了時点の

ツキカゲメンバーの状態はこちら。

  • 半蔵門先輩:文子に切られ出血多量(一番ヤバめ)
  • モモ:捕縛(モウリョウの実験に使われる?)
  • 初芽:海に落ちて爆発に巻き込まれる(生死不明)
  • 五恵:捕縛(モウリョウの実験に使われる
  • 命:裏切り者
  • 楓:捕縛(命のペットになることが確定)
  • カトリーヌ:爆発に巻き込まれる(生死不明)
  • 白虎:爆発に巻き込まれる(生死不明)

 

ホント酷い状態です。

ただ生死不明が多過ぎ。

たぶん全員生きているでしょうね。

 

良く考えたら

カレー屋の爆発だって

ツキカゲの本部の上に

爆弾仕掛けられて

それに気付かない訳ないじゃん。

 

仮に命が仕掛けたとしても

初芽のセキュリテイを掻い潜るのは

難しそうだし。

 

やっぱり命が二重スパイで

モウリョウ壊滅させるために

一芝居打った説が濃厚でしょかねえ。

 

まあ次回には

わかるでしょうから

次回を楽しみに待ちましょう。

 

 

RELEASE THE SPYCE(リリスパ)第11話の感想 「モウリョウの拠点へ殴り込みだ!!」

今回はモウリョウの計画の

全貌が明らかになります。

 

まあ、予想通りすぎて

もうちょっと捻りが欲しかったですけど。

 

あと死んだと思われた1人が

生きていて一安心。

その代わりあのキャラが…。

 

拷問官から逆に情報ゲット

命の裏切りにより囚われたモモ、五恵、楓。

モウリョウの拷問官による拷問が始まろうとするが…。

 

リリスパ11話より引用

 

命の裏切り、

行方不明の初芽、

大出血の半蔵門先輩。

 

以上の出来事のために

モモたち弟子組は戦意喪失。

 

特にモモはヤバい。

眼光がなくなり、

しばらくは役に立ちそうにないです。

 

戦意喪失のモモ(リリスパ11話)

リリスパ11話より引用

 

まあ無理もありません。

あれだけ出血した以上、

半蔵門先輩が生きているとは

考えにくいですからね。

 

それに文鳥の人の目は

誤魔化せないでしょう。

 

しかしまあ、命はいろいろ

喋りますねえ。

自分がどうやってモウリョウと

コンタクトをして

どうやって内通したかは

そんなに細かく喋らんでも。

 

「これが二重スパイの実地」だと

楓たちに教えているのかと

錯覚してしまいそうになりますわ。

 

さて命と文鳥の人と入れ替わりで

拷問官と拷問ロボット登場。

 

これからは「ぐへへ」タイム。

まあ少なくとも薄い本なら

確実にそうなるでしょうけど、

当然ぐへへタイムにはならず。

 

どうして五恵のところの

ネジが緩んでいたのか

わかりませんが、

見事脱出に成功し、

拷問官からモウリョウの計画の情報ゲット。

 

簡単に口を割り過ぎるだろ

この拷問官は。

 

 

モウリョウの計画を止めるために九天サイエンスへ

モウリョウの計画を止めるため、九天サイエンスに乗り込もうとするモモ達の前に、死んだと思われたあの人物が姿を現す。

 

リリスパ11話より引用

 

秘密の通路から本部に入り、

準備万端で出発しようとした矢先、

あの人が合流します。

 

半蔵門雪が合流(リリスパ11話)

リリスパ11話より引用

 

合流したのは半蔵門先輩。

松葉杖を使ってますが

何とか生きています。

 

案外文鳥の人も詰めが甘いですねえ。

あの状態でトドメを刺したか

しっかりと確認しないとは。

 

ただ半蔵門先輩は

事実上の戦力外でしょうね。

そしてたぶん今回の話が終わったら

引退しそうな感じがします。

元々スパイスの効きも

悪くなっていたし。

 

さて、モウリョウの計画を止めるため

九天サイエンスに突入した3人。

 

当然刺客が待ち構えます。

五恵にはテレジア、

楓には命、

ただ両方とも勝負はうやむや。

 

特にテレジアの方が

このままツキカゲの方に

寝返りそうと思ったら…。

 

テレジアを亡きものに

するなら心臓を一突きに

すればいいのに。

 

あれだとテレジアが

生存している可能性がありますね。

というか、

文鳥の人が去った後に

初芽あたりが助けそうな気がしますわ。

 

 

そしていよいよ

モウリョウの最終計画発動です。

 

工場の地下によく

あんなもん作れましたね。

 

いくら箝口令を敷いても

絶対に漏れそうな気がします。

 

空崎の市民を洗脳してしまおうという

大雑把なモウリョウの計画。

 

もう時間がない。

さあ、モモ達はどうする?

 

第11話を視聴し終わって

 

今回はここで終了。

 

最終回直前としては

十分な出来でしょう。

 

まあ作画はちょっと危ないところも

ありましたが、

これより酷いやつを他作品で

見ているので

これぐらいは気になりません。

 

 

次回はモウリョウの計画を

潰してすべて終了って感じに

なるのでしょうか?

 

命は二重スパイなのか

ホントに裏切ったのか

イマイチ分かりづらいですけど、

やっぱり二重スパイ濃厚ですかねえ。

 

いくら設備がぼろくても

ネジが緩んでいるのが

ちょっと考えにくいですし、

直前に命が五恵に触って

ましたかね。

 

そして九天サイエンスの

ロビーで爆弾させたのも

ここには何もないと勘づいて

楓を外に出そうと思えなくも

ありません。

 

まあ、二重スパイなら

たぶん次回種明かしあるでしょう。

 

さあ残りもたぶん後1話。

すべて決着が付くのか

俺達の戦いはこれからだで

終わるのか、

ホント楽しみです。

 

 

 

RELEASE THE SPYCE(リリスパ)第12話(最終話)の感想 「師匠からの最後のミッション」

本作も今回で最終回。

この終わり方は賛否両論出るでしょうね。

でも個人的には

一番しっくりいく

終わり方だったと思います。

 

続編も作りやすい終わり方ですから。

 

 

 

カトリーヌと命の2人で仕組んだ計画

薬剤の散布が始まり、空崎の人々が次々に倒れていく。

モモたち弟子組は文鳥の人が守る薬剤の散布場所に急ぐが…。

 

リリスパ12話より引用

 

 

空崎中に薬剤が広まり、

モウリョウの計画ももう一息で成功。

でも当然邪魔をする者が。

 

それは弟子組、

そして命。

 

はい、やっぱり命さん

ダブルスパイでした

 

命がダブルスパイに(リリスパ12話)

リリスパ12話より引用

 

どうやらカトリーヌと命の

二人しか知ってなかったらしく、

他のメンバーには誰にも知らせず。

 

まさに敵を騙すにはまず味方から

ということでしょうけど、

視聴者にはバレバレ。

 

まあ、あれだけヒント出したのは

視聴者はわかってね

というサインだったのでしょうね。

 

ただ文鳥の人はすぐに

プランを立て直し。

 

敵が調子に乗って

ペラペラ喋っている間に

味方が逆転を秘策を練るってのが

王道展開なのですが、

まさか味方(命)が

ペラペラしゃべってるうちに

敵が建て直しをするとはw

 

ただ当然、

これはある意味見せ場作り。

 

最後は主人公がしっかりと

決めてくれます。

 

精神攻撃にも負けず、

カエルの助力があったとしても

各上だと思ってた文鳥の人に

勝利してしまったモモ。

 

そして最後はデッカイ花火と爆弾で

発生装置を破壊し

モウリョウの計画は潰えました。

 

そして文鳥の人は塔の上から落下。

さすがにあそこから落ちれば

死ぬと思いますけどねえ。

 

死体を見つけたとか

そういうシーンなどは

ありませんでしたから、

生きている可能性はあるかも。

 

 

半蔵門先輩から最後のミッションを果たすモモ

すべて終わり、日常を楽しむツキカゲの面々。

だがスパイスの効きが悪くなったことを自覚した半蔵門雪はモモにミッションを依頼する。

そのミッションとは…。

 

リリスパ12話より引用

 

 

すべてが終わり、

モウリョウもしばらくは

動けないでしょう。

 

そのうちにという訳では

ないでしょうけど、

ツキカゲのメンバーたちは

日常を楽しみます。

 

初芽と五恵はテレジアを

含めてイチャイチャ。

 

命と楓は

部屋でイチャイチャしようとしたら

命が文鳥の人の文鳥を連れ帰って

楓はプンスカ。

 

そして半蔵門先輩とモモは…。

 

まあこの流れは

覚悟してました。

 

スパイスの効きが悪くなったら

卒業するのがツキカゲの掟ですから。

 

でもまさか半蔵門先輩は

ツキカゲの記憶がキレイさっぱり

消える方を選ぶなんて。

 

藤林師匠のことが

トラウマになって

師匠毎記憶を消し去りたいのかも

しれませんし、

モモが一人立ちするためには

自分がいない方がいいと

考えたのかもしれません。

 

当然モモが泣きじゃくりますが

半蔵門先輩の決意は変わらず。

 

モモと雪(リリスパ12話)

リリスパ12話より引用

 

そして…。

変に視聴者に媚びたら

ここでカトリーヌみたいに

サポートに回るという

選択肢を選ばせたかもしれませんが

こっちの方が

ストーリー的にいいと思いますわ。

 

ツキカゲも新体制になったという

感じになりますしね。

 

 

師匠となったモモのしごきが始まる

半蔵門雪がツキカゲを離れて9か月。

モモは1人の少女をツキカゲにスカウトする。

新体制となったツキカゲは再び動き出す。

 

リリスパ12話より引用

 

モモも師匠となって

新体制のツキカゲが動き出します。

 

しかしまあ、モモもうだつの上がらないような

自分と同じタイプをスカウトしましたねえ

 

モモと新弟子(リリスパ12話)

リリスパ12話より引用

 

鍛えがいはあるでしょうけど、

大変だと思いますわ。

 

さて新体制のツキカゲ、

なぜか白虎とテレジアが

シレッと一緒に行動しとるやんw

 

おいおい、

ツキカゲって

6人体制じゃなかったのかよ。

 

ま、まあ、

たぶんカトリーヌと一緒で

白虎とテレジアはサポート

要員なんでしょうね。

そう考えるしか辻褄が合わん。

 

そういえばカトリーヌのお店で

あのドルテさんが働いている姿が

最後の最後で映し出されていました。

 

良かった、

やっぱり生きていた。

 

個人的にはSAO1期見てから

CVはやみんのキャラは

できるだけ生き残って欲しいと

思っているので。

例え敵キャラでも。

 

 

そしてモモと半蔵門雪が

すれ違うシーン。

 

少し笑った雪(リリスパ12話)

リリスパ12話より引用

 

あれは無意識なのか?

それとも…。

 

まあ、商店街のお婆さんが

ツキカゲの記憶がちょっとだけ

残っているような描写があったので、

もしかしたら…。

 

まあ、その方が含みがあっていいかも

しれませんね。

 

個人的にはスパッと

関係ないようにする方が良かったですが。

 

 

第12話を視聴し終わって

 

本作もここで終了です。

うん、

王道展開で進むと思ったら

その逆を入れてきたり

十分楽しめる作品でした。

 

あえて残念だったところを書けば、

商店街の人々を

もうちょっと使って欲しかったです。

 

せっかくモモに近しい人物たちとして

登場させたのに、

ほぼストーリーに絡んでくることがなくて

残念ですわ。

 

まあ尺が決まっているので

仕方ないですけどね。

 

前述したように

個人的には十分楽しめたと思います。

 

スタッフの皆さん、お疲れさまでした。