【アニメ】食戟のソーマ 餐ノ皿(遠月列車篇)第22話「決戦の地へ」の感想 「連隊食戟が始まり、創真は寧々パイセンを動揺させる」

スポンサーリンク

 

感想(ネタバレあり)

 

今回から連隊食戟が始まります。

十傑相手に創真たちは

どのように立ち向かっていくのでしょうか?

 

また闇落ちした麗ちゃん、

どれくらい狂っているのでしょうか?

 

 

前回の内容を忘れた方はこちらで確認してください。

 

【アニメ】食戟のソーマ 餐ノ皿(遠月列車篇)第21話「荒野を拓す者」の感想 「過度の期待とプレッシャーが過去の城一郎を潰した?」
今回の主人公は創真の父城一郎です。遠月時代の城一郎は創真以上の実力で、堂島銀も中村薊(えりなパパ)も彼には敵いませんでした。まさに敵なしだった城一郎ですが、それが故に大きな挫折を味わうことになります。

 

 

スポンサーリンク

決戦の地礼文島に到着!!そして退学者の処遇は?

連隊食戟が開催される礼文島。

創真たち反セントラル側を応援するため、

十傑に敗北して退学が決まっている面々も

礼文島に降り立ちます。

 

食戟のソーマ餐ノ皿(遠月列車篇)第22話より引用

 

でもご覧の通り、

アリス以外は暗い表情。

 

そりゃあそうです。

これまで遠月学園で研鑽を積み、

将来はエリート料理人として夢見ていたのに、

まさかの退学ですから。

 

 

さらに秘書子の場合は

えりなの側近を自任していたのに

敗北してしまいえりなに合わせる顔がない。

病んだような顔をしているのも仕方ありません。

 

 

学園のアイドル麗ちゃんが再登場(洗脳済み)

 

病んでいるといえば、

久しぶりに登場した

遠月学園のアイドル麗ちゃん。

 

セントラルを応援する麗ちゃん

食戟のソーマ餐ノ皿(遠月列車篇)第22話より引用

 

しっかりと空気を読んで

セントラル側にべったり。

 

食戟のソーマ餐ノ皿(遠月列車篇)第22話より引用

 

というか、完全に目が行っちゃってますね。

原作では「洗脳済み」という但し書きがありましたが、

洗脳されたというより強い方に味方しただけのような気も。

 

 

そんな麗ちゃん、

アリスを始めとする退学者たちを

特別観覧席に案内してあげます。

 

食戟のソーマ餐ノ皿(遠月列車篇)第22話より引用

 

麗ちゃん、

ここ観覧席ちゃう、

監獄やw

 

OPでアリスたちが

監獄の中に入っているシーンがありますが

ここを暗示させていたのですね。

 

この監獄、

もちろん麗ちゃんが用意した訳では

ないでしょうけど、

アリスたちの恨みは確実に

麗ちゃんの方に向きそう!!

 

万が一創真たちが勝ったら、

麗ちゃん大ピンチになるかもw

 

スポンサーリンク

創真の相手は寧々先輩に決まり、次はテーマだが…

 

セントラル側の十傑に続き、

会場に入場するえりな率いる反セントラル側。

 

食戟のソーマ餐ノ皿(遠月列車篇)第22話より引用

 

えりな、創真、田所、タクミの4人に加えて、

一色先輩、久我先輩、美作、そして誰?

 

最後の1人は一色先輩や久我先輩と共に

十傑の席を追われた元三席の女木島先輩。

 

どういう事情でこっちに付いかは

そのうち説明があるでしょう(たぶん)。

 

これで人数では8対8のイーブンに持ち込めました。

 

さあ、連隊食戟の始まりです。

 

まずはリーダーである

えりなとえりなパパが話し合いで

1stバウトに出場する人数を決めます。

 

えりなは3人を要望し、

えりなパパも受けいれたので

1stバウトは3対3に決定。

 

次は出場者の発表。

セントラル側は新十傑2人と寧々先輩。

まずは反セントラルの出方を見る

という感じでしょうか?

 

一方の反セントラル側は

一色先輩、女木島先輩、創真。

最初から主力を投入です。

こちらは1stバウトから勝ちにいってますわ。

 

そして創真の相手は寧々先輩に決定です。

 

創真のクジ運が寧々先輩を辱める

 

寧々先輩は老舗ソバ屋の娘で

和食全般を得意としています。

 

食戟のソーマ餐ノ皿(遠月列車篇)第22話より引用

 

さらに遠月十傑の1人として研鑽を積み、

和食以外でも十分な腕を持つように。

 

その自信の現れでしょうか?

創真にテーマ食材を選ぶくじを引く機会を譲り、

どんな食材でも創真には

絶対に負けないという内容ことを

言い放ちます。

 

さてくじを引く創真。

そして引いたクジの中身は…。

 

 

食戟のソーマ餐ノ皿(遠月列車篇)第22話より引用

 

ええっと。

これ仕組まれていませんよね。

 

つ~か、

自信満々でカッコいいこと言った

寧々パイセンの立場がw

 

食戟のソーマ餐ノ皿(遠月列車篇)第22話より引用

 

どんな食材でも勝つと言って、

まさかの寧々パイセンが一番得意なそば。

言葉にしにくいですが、

こんなに恥ずかしいこともありません。

 

これも創真の心理戦の一貫なんでしょうか?(そんな訳ない)。

 

創真が作るのはカップ焼きそば?

 

王道の手打ちそばを

ちゃくちゃくと仕上げていく寧々先輩。

 

そんな寧々先輩に対して

創真が作ろうとするのが

カップ焼きそば!!

 

もうこのパターン何回目だよ。

極星寮の面々もいい加減慣れろよw

創真って本当に庶民の味が大好きですよね。

 

まあ、これが創真の持ち味であり

強みでもあります。

 

正面からぶつかっても

十傑には敵わない。

 

だから自分アイデンティティである

定食屋で出していた料理から

アイデアを引き出す。

 

まあ、カップ焼きそばは

さすがに定食屋でも出しませんが。

 

そして料理の完成度を上げるためなら

どんなもんでも使います。

 

手打ちをする寧々先輩に対して

創真は製麺機でそばを製造。

 

まあ、手打ち=上手いという訳では

ありませんからね。

 

 

スポンサーリンク

一色先輩が本気だす!!

創真がそばを作るところを

じっくり見ている一色先輩。

こんなことしているなんて

余裕ですね。

 

でもこういうことをすれば

対戦相手が煽られていると感じても

仕方ありません。

 

一色先輩の対戦相手は

新十傑第十席になったゴツいイタリア野郎。

 

どうやら一色先輩の同級生で

一色先輩の実力を認めているようです。

 

だからこそ、

真面目に料理しない一色先輩の行為に

イライラを募らせ、

極星寮に拘り十傑を追われた

一色先輩の現状を苦々しく思っているようです。

 

でも極星寮のことを悪く言うのは

いけません。

 

誰よりも極星寮を愛しているのは

一色先輩。

 

一色先輩のことを思って言ったとしても

当然…。

 

餐ノ皿 一色先輩激おこ

食戟のソーマ餐ノ皿(遠月列車篇)第22話より引用

 

あ~あ、

一色先輩怒らせちゃったよ。

 

でもこれで一色先輩の本気が見れます。

 

結果的に煽りが創真たちのプラスになったのかも。

 

 

 

スポンサーリンク

終わりに

今回はここで終了。

とうとう連隊食戟が始まりましたが、

早速創真がやっちまいましたねえ。

 

対戦相手の寧々先輩が一番得意とする

そばをチョイスするなんて。

 

まあ、結果的に寧々先輩を恥ずかしい状態に

することに成功しましたから、

結果オーライということでしょう(そんな訳ない)。

 

創真VS寧々先輩の方も気になりますが、

ゴツいイタリア野郎の煽りとも激励とも

どっちにも取れるような言葉で激おこ状態となった

一色先輩も方も気になりますね。

 

原作では一色先輩と寧々先輩の過去の話が

あるのですけど、

アニメではやるのでしょうか?

 

一色先輩のキャラを掘り下げるために

やって欲しいですけど、

今期はあと2話しかありませんからねえ。

 

ワクワクドキドキで次回を待つことにします。

 

スポンサーリンク

今回のまとめ三行

・連隊食戟が始まる

・創真の相手は寧々先輩

・一色先輩激おこで本気を出す?