デビルズライン第9話「コマンド」の感想 「敵か味方がわからんが石丸って結構優秀かも」

感想(ネタバレあり)

今回安斎が所属する

公安5課F班に新しい班長が就任します。

新しい班長の名前は石丸。

見るからに怪しさ満載ですが、

この人、

見た目と違って優秀な人材だったのです。

新しい班長の元、

安斎はCCCの撲滅のため

ゼロナナたちと

コンタクトを取ることになりますが

果たしてどんな結果になるのでしょうか?

前回(第8話)の内容はこちらからどうぞ。

前回のあらすじとイントロダクション 前回CCCの一員である牛尾に 追い詰められて ホテルの14階から落下しそうに ...

スポンサーリンク

Aパート:新班長石丸は味方?

鬼の班員(安斎)が勝手に行動したことで

責任を取らされた沢崎は班長から一般の班員に降格。

その代わりに新班長として

A班の石丸警部補が移動し、

さらに補充要員として

沢崎とは旧知の朝海もF班に移動してきます。

朝海は菊原が怪しいと

考えているようで

そのことを沢崎に伝えますが。

デビルズライン第9話より引用

まあ、確かにいきなり

沢崎の責任を問うようなことを

言い始めた菊原に不信感持つのはわかりますが、

この浅見は本当に沢崎たちに協力しようと

しているのですかね?

案外菊原を怪しいと思わせて

実は・・・ってパターンもよくあるので。

石丸は結構優秀かも

見た目はあんまり優秀そうに見えない

新班長の石丸。

デビルズライン第9話より引用

目の下にクマがあるし、

こいつも鬼なんじゃね?

と思ったら、

ただの夜更かしのし過ぎだったようです。

ホント紛らわしいですわ。

さて石丸はF班の班員+つかさと李ハンスを

一堂に集めて、

これからの方針などを伝えることに。

そこで朝海は石丸の前で

はっきりと信用できないと

言ってしまいます。

いやいや、

石丸はあんたの上司でしょ。

さすがに信用できない発言はないわ。

普通なら激怒してもおかしくありません。

しかし全く態度が変わらない石丸は

信用できないのなら自分を調べればいいと

言い放ちます。

自分が潔白だからこそ言ったのか、

それともいくら調べてもわかるまいと

高を括っているのかはわかりませんが。

そして同時に菊原も調べるように

朝海に伝えます。

沢崎を班長から降格させ、

石丸を新班長に任命したのは

菊原です。

だから自分が怪しいと思うなら

菊原も一緒に調べるの筋。

確かに仰る通りですわ。

さらに石丸は牛尾に関しても

しばらくは上に報告しないことを

班員たちに伝えます。

仮に上に報告しても

菊原が握り潰す可能性がありますし、

さらに牛尾が逃亡したら

フリーのテロリストを野に放つだけ。

だったら警察組織内にいてもらった方が

監視しやすい。

石丸って頭がキレますねぇ。

見た目は残念なのに。

石丸は昼行燈タイプなんでしょうか?

あとつかさはゼロキューから

連絡先のアドレスを貰ったことを

安斎に伝えます。

そして速攻でそれが石丸にバレて。

石丸は情報提供を求めるため

ゼロナナとコンタクトを取るよう

つかさに要請します。

ゼロナナは情報提供するのでしょうか?

李ハンスの帰る場所

安斎とジルは

人の同行者がいないと

外出できなくなりましたが

F班の班員でない李ハンスは

当然その命令に従う必要はありません。

丁度手持ちの血液がなくなったので

協力者の元へ向かおうとします。

安斎は李ハンスに何かあっては

いけないと思ったのか、

連絡先の交換を提案します。

最初は李ハンスを嫌っているそぶりを

見せていたのに。

安斎も意外とツンデレ?

李ハンスが向かったのは

血液提供者の自宅。

そこで李ハンスの回想が始まります。

施設に収容されていた李ハンスは

さまざまな実験をさせられます。

子供には辛い仕打ち。

研究者って研究のためになら

良心などをかなぐり捨てる奴多過ぎ。

さすがに嫌になった李ハンスは

安斎ママの手助け?のおかげで逃亡に成功。

しかしこれで帰る場所を失いました。

でも今は・・・。

口では否定してますが、

李ハンスは自覚しているのでしょう。

デビルズライン第9話より引用

つかさや安斎がいる所。

それが自分が帰る場所であると。

Bパート:ゼロナナと菊原の過去

つかさがゼロキューからもらった

アドレスを使って連絡を取った石丸。

石丸は事件解決のために

ゼロナナたちと交渉するようです。

ゼロナナと菊原の接点

喫茶店で交渉を始める

石丸たちとゼロナナ。

デビルズライン第9話より引用

石丸はゼロナナを匿い、

さらにしばらく逮捕しないことで

ゼロナナに捜査協力、

つまりCCCの情報提供を求めます。

CCCは警察組織に内部にも

入り込んでいるので

CCCの人間だったゼロナナから

情報を入手して

一網打尽にするつもりでしょう。

一方ゼロナナは

自分の母を殺した鬼、

森澤研一の情報を求めます。

デビルズライン第9話より引用

森澤研一は元公安5課の警察官でした。

そしてゼロナナの母親と恋仲に。

どうやらまだ小さかった

ゼロナナとも一緒に

遊ぶようになったようですが

ゼロナナの母の早とちりによって

ゼロナナの母に拳銃で撃たれてしまいます。

普通の家にどうして

拳銃があったのか不自然ですが、

弾は森澤にあたらず。

その後銃を奪った森澤は

ゼロナナの母を射殺して、

血を吸い始めたと。

たぶん気が動転して撃ったのでしょう。

そして目の前には愛する者の血が。

結局血を吸うはじめた森澤を

ゼロナナが撃って森澤も死亡。

何か救いがありませんね。

母親が死んだ後

ゼロナナはある大学教授の元に

引き取られますが

そこでゼロナナは菊原と知り合います。

ゼロナナの家庭教師を

務めるようになった菊原に

ゼロナナは恋心を抱くようになります。

おそらく菊原もそれに気付いたのでしょう。

このパターンだとゼロナナと関係をもって

ゼロナナを操ろうとするのが一般的。

デビルズライン第9話より引用

しかし菊原は違いました。

自分はゼロナナを女として見ないと宣言。

そしてゼロナナの鬼への敵愾心を高めさせて

ゼロナナをCCCに引き込んで

ヒットマンにしたという訳。

沢崎や朝海が調査した森澤の情報を見た

ゼロナナは満足。

ゼロナナは捜査に協力することを確約し、

その手始めに

CCCの実質的なリーダーが

菊原であることを石丸たちに伝えます。

ただゼロナナの証言だけで

菊原を逮捕することはできません。

ではどうするか?

そんな時、外から何か聞こえてきました。

鬼狩りと共に落合復活!!

池袋に事件で鬼の存在に気付いた

民衆の中の一部は

鬼排除を訴え始めます。

そりゃあ、池袋事件をテレビで

見ていれば、

鬼=血を吸う獣という

イメージを持っても仕方ありません。

排除しようとする感覚もわかります。

ただ問題なのは

そういう心情を利用して

鬼を排除どころか

殲滅させようと考えている奴らです。

デビルズライン第9話より引用

警察がしっかり機能しているのに

鬼を狩るための自警団作るなんて

常軌を逸してますわ。

やっぱり裏でCCCが糸を引いているのでしょうね。

血を染みこませた布袋を

棒に釣るして

それで鬼をあぶり出そうなんて

アイデアを簡単に思いつく訳ありませんから。

ジルが心配で

朝海と共に自警団の傍までやってきた安斎。

そこで自警団に襲われていた

女性の鬼を目撃します。

警察官、

というよりは同じ鬼として

見過ごすことができなかったのでしょう。

その鬼を助けようとする安斎。

地下鉄の中まで追いかけて

何とか鬼を助けることに成功。

しかしその安斎の後ろに立つ

マスクをつけた男が。

マスクを脱ぐ男、

あ、こいつは・・・。

デビルズライン第9話より引用

つかさを襲って安斎にボコボコにされた

元大学教員の落合さんじゃありませんか。

話しぶりから

どうやら安斎に復讐するため

鬼の自警団に入って安斎が出てくるのを

待っていたようです。

さらにご丁寧にも

仲間に動画配信させてます。

仮に自分が再びボコボコにされても

その様子がネットに流れて

社会的に安斎を抹殺するつもり満々。

さすが元大学の教員、

頭だけは回ってますわ。

さあ、安斎の大ピンチ。

どうやって安斎は切り抜けるのでしょうか?

終わりに

今回はここで終了。

新班長の石丸は敵か味方がわからんし、

ゼロナナは菊原が好きだし、

つかさを襲った変態大学教員は再登場するし、

いろいろあり過ぎな回でしたね。

しかしあの変態大学教員、

よく出てこれましたねえ。

絶対に余罪もあって

しばらくはムショから出てこれないと

思ったのに。

どうせ再登場させるなら

第1話に出た秋村を再登場させた方が

視聴者大喜びなのに。

先週本作の一挙放送があって

私も見ていたのですけど、

なぜか秋村人気高いのですよねえ。

つかさは襲わなかったけど、

その捌け口に別の女性3人襲った屑なのに。

やっぱりつかさに一途だったのが

評価されているのでしょうか?

さて次回のタイトルは

「エゴディフェンス」。

タイトルだけでは

どんな展開になるかわかりませんが

早く続きが見たいです。

今回のまとめ三行

・新班長石丸が就任

・ゼロナナの過去

・つかさを襲った変態教授落合復活!!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする