銀河英雄伝説(旧OVA版)第70話「蕩児たちの帰宅」の感想 「ルッツよりヤンの方が一枚上手でした」

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク

イントロダクション

ビュコック率いる最後の同盟宇宙艦隊が

帝国軍迎撃のため

ハイネセンを出撃した頃、

ヤンが後方から指揮する

イゼルローン要塞再奪取作戦が開始されます。

 

内部潜入によって

イゼルローン要塞を落としたことがある

ヤンですが、

要塞司令官であるルッツは

当然その警戒をしているはず。

 

果たしてヤンは

どのような方法でイゼルローン要塞を

奪うつもりなんでしょうか?

 

 

Aパート:二つの命令でルッツは大混乱

新年が明けて

帝国軍もヤン艦隊もお祝いムード。

これから戦いに望む雰囲気ではありませんね。

 

まあ、次の戦闘で戦死するかもしれないので

生きているうちに楽しみたいという

気持ちがあるのかもしれませんが。

 

 

相反する二つの命令で大混乱に陥らせる

 

新年のお祝いが終わったところで

ヤン艦隊はイゼルローン攻略作戦を開始します。

 

と言ってもまずは

下準備です。

 

現在イゼルローン要塞には

ルッツ艦隊が駐留しています。

その数1万5000隻。

 

寄せ集めな上に

数でも負けているヤン艦隊が

正面からぶつかっても

これに勝てる見込みはありません。

 

そこでヤンが考えたのは

艦隊を要塞から引き剥がす作戦。

 

ルッツは標準以上の能力を持った

提督です。

 

以前ヤンがペテンにハメた

シュトックハウゼンやゼークトのように

単純な馬鹿ではありません。

 

 

そこでルッツを誘導して

ヤンを罠にハメようと

ルッツが考えるように仕組んだのです。

 

ルッツに元に相反する二つの偽の命令を

送るバグダッシュ大佐。

 

 

出撃命令と

出撃不可命令。

 

普通なら一方がラインハルトからの命令、

もう一方がヤンの偽の命令と考えるはず。

 

そしてヤンにとってどっちが

メリットが多いかと考えれば

当然出撃させた方。

 

という訳で

ルッツは出撃命令が

ヤンの偽の命令と決めつけてしまったのです。

 

だったらそのまま

出撃しなければ良かったのですけど、

ヤンを倒す絶好のチャンスと

誘導されたルッツの選択肢は一つだけ。

 

ヤンを逆に罠にハメようと

あえて艦隊を出撃させることにしました。

 

ルッツ艦隊が出撃して、

隠れているヤン艦隊が出てきたら

ルッツ艦隊は反転。

そしてルッツ艦隊と

イゼルローン要塞のトールハンマーで

ヤン艦隊を挟み討ちにする。

 

まさに負ける訳がない手堅い作戦。

たぶんルッツはそう思ったのでしょうねえ。

 

でもルッツはもう少し考えるべきでしたわ。

例えルッツ艦隊が出撃しても

トールハンマーは健在。

ヤンがトールハンマーの存在を

無視する訳ないと。

 

だから何か策を仕込んでいるはずと

ここまで考えるべきでしたね。

 

 

Bパート:ヤンを罠にハメるつもりがヤンにハメられた

 

イゼルローン要塞の正面に現れた

ヤン艦隊。

 

ノコノコ出てきた間抜け共は

トールハンマーで殲滅だ!!

とルッツは思っていたのでしょうけど、

ヤン艦隊が意味わからん通信を

イゼルローン要塞に送ったら、

何とイゼルローン要塞がロックされちゃった!!

 

そうこれこそが

ヤンの置き土産。

 

ヤンがイゼルローン要塞を放棄した時、

 

あるメッセージを要塞が受信すると

ロックが掛かるように細工していたのです。

 

まあ、ヤンが無策で要塞攻略しようと

する訳ありませんからね。

 

ルッツがしまったと思っても

もう手遅れですわ。

 

要塞の制御を奪取成功

 

要塞内に侵入したヤン艦隊の面々は

陸戦で帝国軍をバッタバタと倒していきます。

 

ローゼンリッタ―が活躍するのは

わかりますけど、

ポプランも結構白兵戦で

活躍できるのですね。

 

地球教の施設でも

それなりに活躍していたし、

パイロット首になっても

ローゼンリッタ―に入れてもらえそうですw

 

 

さてユリアンたちは

第4制御室を占拠します。

 

司令室を奪われた訳ではないので

帝国軍はまだまだ余裕でしたが、

実はヤン艦隊の目的地は

指令室ではなく

この部屋だったのです。

 

実はこの部屋から

イゼルローン要塞のロックを解除した上で

要塞を制御できるように細工しており、

解除のパスワードを入れて

ロックを解除。

 

これでトールハンマーの制御も全部頂き。

そしてトールハンマーが急いで戻ってきた

ルッツ艦隊を直撃。

 

これにて勝負ありです。

 

しかしまあ、ここかで

いろいろ仕込んでいるなんて。

ホント酷いペテンです。

 

騙されたルッツが可哀想に感じます。

 

 

ヴェーラー中将の自決ですべて終了

 

要塞内部にはまだ

ヤン艦隊以上の兵士が残っていましたが

要塞の制御を奪われ、

頼りの味方艦隊は

要塞主砲で要塞に近づけない。

 

士気がどん底に落ちた以上、

もう勝てる見込みはなくなりました。

 

ルッツ配下で

ルッツから要塞の防御を預かった

ヴェーラー中将は、

それを感じとり、

帝国軍の兵士の安全な退去を条件に

降伏を申し出ます。

 

そして全責任を負って

ヴェーラー中将は要塞の指令室で

自決しました。

 

血で席が汚れないように

シーツを敷いて自決。

これは中々できることではありません。

よほど几帳面だったんでしょうね。

 

ヴェーラー中将自身は

要塞から艦隊を出撃させることに

反対したのに

その責任を取って自決しなければ

いけないなんて・・・。

ホント不条理ですが

誰か責任を取らなければいけませんからね。

 

 

終わりに

今回はここで終了です。

策士としては

ルッツよりヤンの方が

一枚も二枚も上手でしたね。

 

つ~か、

イゼルローン要塞を放棄した時点で

こんな仕掛けしてとは。

 

まあ、確かロイエンタールは

爆弾以外に何かやっているかも?

と言ってましたが、

その通りだったという訳です。

 

イゼルローン要塞を奪われ、

そしてトールハンマーで

艦隊を叩かれ、

ルッツはホントついてませんね。

 

これでヤンにやられた

帝国軍の提督の中に

ルッツも入ることになりました。

 

これでまだヤンに

負けてないのは

メックリンガーとファーレンハイト、

そしてケスラーだけとなりました。

 

ケスラーもう艦隊の指揮を取ることは

ないでしょうから除外するとして、

メックリンガーとファーレンハイトは

このままヤンに負けることはないのでしょうか?

 

そっちの方も気になります。

 

さて次回のタイトルは

「マル・アデッタの会戦(前編)」。

 

同盟軍と帝国軍の最後の会戦となります。

帝国軍の勝利は動かないでしょうけど、

同盟軍は一矢報いることができるでしょうか?

 

次回も楽しみです。

 

 

今回のまとめ三行

・イゼルローン要塞攻略戦始まる

・罠にハメるつもりがハマっていた

・イゼルローンが元の持主のものに

銀河英雄伝説の感想
スポンサーリンク
konwaをフォローする
スポンサーリンク



Aかん:声優・アニメ感想ブログ