アルスラーン戦記 第24話「決戦」の感想 「エトワールとアルスラーンの対決の結果は?」

感想(ネタバレあり)

アルスラーンの正体を知ったエトワール。

そりゃあ激怒しますね。

エトワールはアルスラーンに

剣で切りかかりますが、

エトワールの剣を避けようとしない

アルスラーンを身をもってエラムが守り、

エラムが負傷してしまいます。

う~んアルスラーンは大将なんですから

ここは自分を守らないと。

結局アルスラーンの

楽しい仲間たちが駆けつけ

エトワールは退却します。

アルフリードに追跡されているのに

気付かず。

アルフリードは

聖マヌエル城への秘密通路を発見し

夜明けと同時に

奇襲する手はずを整えます。

スポンサーリンク

すべては勝利のために

アルスラーンはここが勝負どころと見て

攻城戦への参加を決定。

ようやくヒルメスさんと直接対決です。

アルスラーンは兵の前で

演説を行い士気を鼓舞します。

アルスラーンの演説も

自信に満ち溢れて良くなってきました。

どっかの下ネタアニメの主人公と

同じ声の人とは思えませんw

アルスラーンのヤシャシーンの一言により

突撃を開始するパルス軍。

アルフリードの手引きにより城門が開かれ

パルス軍は聖マヌエル城内へ侵入を果たします。

一度入りこんだらこっちのもの。

一騎当千の将帥たちが乱舞し

パルス軍が戦を支配します。

それに加えてクバードまでパルス軍に参加。

もう一方的です。

ここまで追い込まれたら

ヒルメスさんも不味いと思いますが、

ヒルメスさんはルシタニアの兵がいくら死んでも

構わないと思っている模様。

さすが鬼畜のヒルメスさん。

覇道のためには鬼になるようです。

まあ所詮他国の兵ですからね。

ヒルメスさんは

アルスラーンとの一騎打ちで

勝負を決しようとしているみたいです。

でもアルスラーンが後方で待機していたなら

どうするつもりだったのでしょうか。

ちょっと詰めが甘いと感じます。

まあ、アルスラーンは

先頭を切って突入しましたけどね。

ヒルメスさんと対峙するアルスラーン。

堂々とヒルメスさんと渡り合う姿を見ると

成長したなと思います。

とても下ネタアニメの主人公と

同じ声優さんが(以下略)。

ここでヒルメスVSアルスラーンと

なると思ったら、

アルスラーンの保護者の

ダリューンが割って入りますw

もう過保護なんだから。

でもダリューンでも苦戦するのだから

アルスラーンが戦ってもやられるだけですからね。

一騎打ちの結果

ヒルメスさん、

ダリューン二人とも重傷を負いますが

ヒルメスさんはフードを着たおっさんたちに

助けられて脱出します。

アルスラーン軍の大勝利、でもまだ・・・

一騎打ちが終わるころ

軍同士の勝敗も決しました。

敗北を良しとしない城内にいたルシタニア人たちは

塔から身を投げて殉教します。

自分たちが王都を落としたとき

略奪暴行をやってきたのですから

自分たちが負けたら

同じことをされると

思ってしまったのでしょうか。

大恩あるバルカシオン伯爵を

アルスラーンが殺めたと

早合点したエトワールは

アルスラーンに切りかかります。

そして兜が取れてエトワールの髪があらわに。

あれ?

エトワールの性別もアルスラーンにバレた?

今回はここで終了。

残りは1回。

はたしてどんな結末で終わるのか

興味がわきますね。

今回のまとめ三行

・エラム負傷

・聖マヌエル城へ突入

・エトワールの性別もバレた?

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする