それが声優!第11話「自己管理」の感想 「ライブを前にイヤホンズに最大の危機が訪れる」

感想(ネタバレあり)

社会人なら絶対注意しなければいけないもの。

それが体調。

当然声優だって同じです。

スポンサーリンク

信用失墜の危機と考えるべき

今回双葉は新番組で

番組レギュラーをゲットします。

それにもかかわらず風邪をひいてしまう双葉。

周りの人たちは優しいですが

結構信用に響くのですよね、

どうしても「体調管理」もできないのかと思われて。

さらに声優という職業上、

仮に他の同業者に風邪を移してしまったら。

考えるだけでも恐ろしいですが

下手をすればアフレコの計画が狂い

最悪製作会社に

大損害を出す可能性だってあるのですから。

音響監督さんも労わりの言葉を

掛けていましたが、

それもたぶん1回までですから。

仏の顔は三回までですが

社会人の顔は一回までです。

さて今回本人役ゲストだった白石涼子さん、

ご自身が喉の手術されたことを

お話されていましたが、

体調を悪くすると

自分も「仕事が無くなる」

という恐怖感に苛まれてしまいますからね。

この話は声優に限った話ではありません。

私たちも十分気を付ける必要があります。

話変わりますけど、

音響監督の声って中田譲治さんでしたね。

中田さんの声って聞いているだけで

心が癒されます。

個人的に大好きですわ

(銀英伝のシューマッハ大佐を

演じられていた時からのファンです)。

やっぱり起こったアクシデント

さてイヤホンズは

ファーストライブを開催することに。

海原Pが頑張ってキャパ500人という

なかなか大きい会場を抑えたにもかかわらず、

売れたチケットが12枚w

でもここで落ち込んでいても

仕方がありません。

他のラジオで宣伝したりして

何とか52枚までいきましたが

まだまだ。

そこで海原Pの力で

アニソンオータムフェスティバルの会場で

宣伝できることに。

海原P凄い!!!・・・

と思ったら会場外でのビラ配りでした。

さすがギャグアニメ

落とすところはちゃんと落とします。

でもその効果か

チケットは200枚まで売れました。

あとちょっとというところで

いちごにアクシデントが・・・。

最終回に向けての

王道パターンに入ってきました。

今回のEDはネギまでしたね。

EDのキャスト見て気付いたのですけど、

本編に出ていたAice5は

みんなご本人が声を当てていたのですね。

そうすると

今回の本人役ゲストは白石さんを入れて6人!!

なにげに豪華な回でした。

次回のタイトルは「ライブ」。

果たして上手く行くのか。

今から気になります。

今回のまとめ三行

・風邪を引いて迷惑をかける双葉

・12/500で大爆死の予感が・・・

・ED直前でアクシデント

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする