鬼斬第6話「一番富籤」の感想 「ガチャとかくじにうつつを抜かしてはいけません」

感想(ネタバレあり)

今回は鳥取砂丘へ。

何でも極レア当選確率10倍という幻の七壱壱というコンビニがあるらしく

一行はそこに行くようです。

つ~か、極レア当選確率10倍って何だよ。

地方でも都会でも極レア当選確率は一緒にしろよといいたい。

まあたぶん地方だから仕入れの数が少なく

その分当たりやすくなっているのでしょうけど。

あと七壱壱ってあからさまにコンビニ業界ナンバー1の企業ですよね。

他の許可が取れそうなコンビニチェーンを使えばいいのに

と思わずにはいられません。

さて七壱壱砂丘店に到着した静御前一行。

でもそこには先客が。

そう静御前たちの仲間である

眼帯少女のかぐやが居座って

くじを引きまくっていたのです。

いますよね、

極レアが欲しくて多くのお金を投入して

後に引けなくなった人w

さてくかぐやを見てくじを引きたくなった静御前。

静御前に甘い義経が大金を用意して

静御前に思う存分くじを引かせます。

当然くじを引きたいだけで

極レアなんてどうでもいい静御前には

物欲センサーが働かず

すぐに極レアの杖げっと。

まあ物欲センサー云々より

あれだけお金を投入すればくじ全部引けますから

いずれ絶対に極レア引けるでしょうけどね。

そしてゲットした極レアの杖を静御前は・・・

まあこの先はご自身で確認してみてください。

ちなみにかぐやの眼帯はただの飾り。

どっかのダークフレームマスターに固執する中二病の高校生や

爆裂魔法ばっかり打つ紅魔族と同じw

この手のキャラクターって

可愛いと面倒が同居するので

人気が出る場合とうざがられる場合が紙一重なんですよね。

かぐやはどっちなんでしょうかねえ。

まあ眼帯を外そうがどうしようが

それで極レアの当選確率には何ら関係無いですけどw

今回のまとめ三行

・極レア確率10倍のコンビニへ

・眼帯少女のかぐやがくじにハマる

・極レアはあんまり出ないから極レアなのです

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする