グランクレスト戦記第16話「前哨」の感想 「すべてを捨てて侵略者と対峙した結果は?」

スポンサーリンク

 

 

感想(ネタバレあり)

 

前回システィナ島から大陸に帰還したテオ一党。

そして条約の参加する君主たちの前で

ミルザーの討伐を宣言します。

 

手始めに常闇の森を占領し、

ミルザーを煽るテオ。

 

これに対してミルザーは

テリオスの反対を押し切り

常闇も森へ兵を進めます。

 

大陸統一という目標は同じでも

その過程で対立するテオとミルザー。

 

果たして勝つのはどちらなんでしょうか?

 

 

スポンサーリンク

常闇の森はラビリンス

常闇の森へ侵攻したミルザーの軍勢。

しかしそこは文字通りラビリンス状態となっており、

ミルザーの軍勢は

人狼や白魔女、

さらには旧ヴィラール配下の君主たちの抵抗で

大きな犠牲を出すことになります。

 

グランクレスト戦記第16話より引用

 

もともとミルザーの軍勢は

砂漠の国であるダルタニア本国から

連れてきた者がほとんど。

 

当然ゲリラの襲撃に慣れておらず、

悪戯に兵士を消耗するだけとなっている感じです。

 

 

そしてやっとことで

常闇の森の城にたどり着く

ミルザーの軍勢。

 

ミルザーはテオを挑発しますが

当然テオは出てきません。

 

業を煮やしたミルザーは城攻め開始・・・

すると思ったら、

何と撤退を始めてしまいます。

 

おい、だったら何でここまで

やってきたのよ。

 

まあテリオスの献策を

ミルザーが聞き入れたからなんですけど、

それなら最初からテリオスの言うこと

聞いておけよ。

 

常闇の森への侵攻で

貴重な兵力を損耗しただけじゃん。

 

 

時間稼ぎのために

 

シルーカとしては

怒ったミルザーに城攻めをさせて

さらにミルザーの軍勢を

消耗させるつもりだったようです。

 

しかし見事に思惑が外され

違い策を考えなければいけません。

 

各君主に付いている

魔法師たちと連絡を取り

次の策を考えるシルーカ。

 

タクトで通話できるなんて

ほんとハイパーテクノロジー(?)ですわ。

 

ミルザーを倒すためには

できる限りの軍勢を集める必要があります。

そこで大事になってくるのは

その軍勢を終結させる時間。

 

ここでセルジュの契約魔法師である

エレットがその役目を引き受けます。

 

そのエレットが考えた策が

城を捨ててミルザーの軍勢を

レガリアに釘付けにする方法。

 

 

ミルザー側もテオたちが

軍勢を終結させようとするのを知っています。

当然軍勢が終結するために

確固撃破しようとするはず。

 

それを利用して時間を稼ごうというのです。

 

そしてこの作戦は見事に成功。

セルジュとその弟であるイゴールを

居城から逃亡させ、

また城内を混乱させることで

ミルザーとテリオスを騙すのに成功します。

 

 

ちなみにエレット自身は

セルジュ達に同行せず、

セルジュに見捨てられたという芝居を打ち、

セルジュ達の逃亡に真実性を持たせようとします。

 

原作ではエレットはこの時負傷するのですけど

その件はカットとなります。

まあ次のハマーンの件で

時間をだいぶん使うことになりましたからね。

 

すべてを捨てて兵の士気を上げる

 

ミルザーとそりが合わないウルリカは

ミルザーへ援軍を送らず、

この機に乗じてかねてから手を出していた

ハマーンを一機に占領すべく

大船団を率いて出兵します。

 

 

一方ハマーンの方は諦めムード。

 

そりゃあそうです。

これまでウルリカ率いるスタルク軍の

略奪を防ぐために

金品をわざと浜辺において

それで難を逃れてきましたが

もう国庫はカラ。

 

さらに今回は金品目的ではなく、

領土目的の侵攻なので。

グランクレスト戦記第16話より引用

 

 

 

打つ手無しのエドキアに

契約魔法師であるラウラはある作戦を

献策します。

 

それは兵を士気を上げるために

裸一貫で先頭に立つという方法。

 

さらに自分も衣服を捨てて

エドキアに御供すると。

 

グランクレスト戦記第16話より引用

 

 

え?

エドキアはまだわかるけど

契約魔法師なのにラウラもそこまでするの?

 

まあウルリカは

アルトゥークにトドメを刺した

ある意味ヴィラールの仇の一人なので

膝を屈したくないという気持ちと

テオ達を側面支援するため

ウルリカ率いるスタルク軍を何としても

撃破しなければいけないという決意が

あるのでしょうねえ。

 

そしてテオの従属君主である

ジュゼル・ロッシーニがスタルク軍の中に

紛れ込んでおり、

一斉蜂起する手はずを整えているので、

奴隷たちを一斉蜂起させる導火線になる

という意図もあるのでしょう。

 

 

最終的にエドキアも同意し、

1枚のべールを羽織った状態で

兵士の前に立つエドキアとラウラ。

 

グランクレスト戦記第16話より引用

 

 

そしてエドキアの演説の途中で

二人はそのベールさえも脱ぎ捨てて

生まれたままの姿に。

 

 

二人の姿とエドキアの演説に

兵士たちの士気は最高潮。

 

グランクレスト戦記第16話より引用

 

 

でも兵士まで着ているものを

脱ぐのはどうかと。

 

これからスタルク軍と対決しなければ

いけないのに。

 

 

(物理的に)裸の軍勢を率いて

ウルリカ率いるスタルク軍と対峙するエドキア。

 

ウルリカからすれば

相手は正気?と思ったことでしょう。

 

でもその一方で

城から出てきたので

城攻めの苦労をしなくても済むとも

思ったはず。

たぶん勝利も確信したと思います。

 

しかしここでウルリカの想定外の出来事が。

 

スタルクの奴隷兵士の中に紛れ込んだ

ジュゼルが

奴隷兵士の扇動を始めたのです。

 

丸裸のハマーン軍を見て即興で

演説したと思いますが

その演説で奴隷兵士の反乱が勃発。

 

さらにスタルク本国でも

奴隷たちが反乱を起こしたという知らせが

魔法師を通じてウルリカの元に。

 

もう戦闘する状態ではありません。

側近たちがウルリカを抑え込んで

無理やり撤退することになります。

 

グランクレスト戦記第15話より引用

 

 

まさかのハマーン軍の勝利。

この作戦考えたラウラが一番びっくりしているかも。

 

 

 

大軍に囲まれ孤立無援に

一角獣城の籠るミルザーの元に

悲報がもたらされます。

 

テオの軍勢に加えて

ラシックが新たに3万の兵力を連れて

包囲陣に加わったのです。

 

さらに一角獣城の入り口である橋の前には

働き蟻という2つ名が付いた

ペトルがせっせと防御用の砦を作って

一角獣城の中にミルザーを閉じ込める準備を

着々と進めている状態。

 

どうしてこうなった?

 

ミルザーはこんな気持ちに

なっていることでしょう。

 

戦闘ではほぼ無敵を誇るミルザー。

民衆を扇動するしか能がないと

テオを見下していたのに、

このままだとそのテオに負けてしまう。

 

もはやミルザーの頼みは

援軍のみ。

 

でもその援軍も

ヴァルドリンド軍は3000だけ。

 

ウルリカの方は援軍出す余裕なんて

ないでしょうから。

 

あ~あ、完全に詰みましたな。

ミルザーが勝つにはテオを一騎打ちに

引きずりこんで倒すぐらいしか

方法ないかも。

 

終わりに

今回はここで終了。

タイトル通り、

決戦前の前哨で終わりましたね。

 

しかしハマーンの件で

こんなに尺取るは思いませんでした。

 

まあ他の作品ではまずない展開なので

ここに力を入れたいのは

わからなくはありませんが、

サッと流しても良かったのでは?

と思います。

 

あとエドキアの腕太すぎw

体とのバランス取れてないw

 

 

さて、

次回こそはテオとミルザーの戦いの決着が

つくことでしょう。

 

どっちが勝つかは

今回のストーリーを見れば

ほぼ予測できますけどね。

 

 

今回のまとめ三行

・常闇の森へ兵力損耗

・時間稼ぎのために知恵を絞る

・反乱起こってウルリカ涙目