宇宙パトロールルル子第4話「ひとりぼっちの空へ」の感想

bbn

感想(ネタバレあり)

宇宙パトロールOGIKUBO支部の屋上で

星々を見ているルル子とノヴァ。

ホントいい雰囲気です。

でもそんな状態長く続かないのがこのアニメ。

なんと巨大隕石がOGIKUBO目指して落下中。

そしてルル子たちに白羽の矢が立ちます。

スペースシャトルで巨大隕石に乗りつけて

何とかしろという無茶な命令が下ります。

これって昔のハリウッド映画のパクリじゃね~の?

確かブルースウイルスが出てたやつ。

あれは宇宙パトロールではなくて何かの技師だったけど。

それとOGIKUBOにスペースシャトルの発射台を作るのはどうかと。

さすがに打ち上げるたびに被害甚大と思いますけど。

先週犯罪者から宇宙パトロールに転職したミドリさんに

煽られながらルル子たち3人は一路巨大隕石へ。

と思ったらこのスペースシャトルって分離式w

一人づつ切り離して飛ばすという意味わからん仕様で

結局巨大隕石に行のはスペースシャトルの一番上にいたルル子のみ。

だからこのタイトルだったのですねw

爆弾を仕掛けたルル子は巨大隕石から離脱しようとしますが

何かに引っかかって絶体絶命。

こんなとこまで映画パクらんでもw

まあ当然このピンチをルル子は脱することになるのですけど、

その過程で謎の新キャラが登場です。

その新キャラに連れ去られるルル子。

果たしてルル子の運命は・・・

っていうところで今回は終了。

ちょっとだけ続きが気になります。

今回のまとめ三行

・巨大隕石がOGIKUBOに接近

・ルル子だけが巨大隕石へ

・新キャラは宇宙海賊?

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする