『銀河英雄伝説 DIE NEUE THESE』第4話「不敗の魔術師」の感想 「手ぶらのヤンからエルファシルの英雄へ」

この記事は約10分で読めます。

 

感想(ネタバレあり)

 

前回帝国サイドのお話でラインハルトとキルヒアイスがなぜ高みを目指している理由が明らかになりました。

 

それは「奪われた自分達の一番大事なものを奪還するため」。

そりゃあ一生懸命頑張って上に行こうとしますよ。

 

さて今回は同盟サイドのお話。

ヤンの過去が明らかになります。

 

第3話の感想記事を読みたい方は以下のリンクください。

『銀河英雄伝説 DIE NEUE THESE』第3話「常勝の天才」の感想 「姉の奪回、そして宇宙を手に入れる」

 

 

スポンサーリンク

父親の考え方がヤンに大きな影響を与えた?

 

どんな書物を読んでもルドルフは悪党とした書いていない。

でもルドルフが悪党だったらどうして民衆はルドルフに従ったのか?

 

まだ子供であるヤン・ウェンリーにはその答えがわかりません。

 

そこでヤンは父親であるヤンタイロンに質問してみます。

 

銀河英雄伝説第4話より引用

 

 

こんな面倒な質問、普通の親だったら「悪党だったから民衆が騙された」とか言うのでしょうけど、ヤンタイロンは違います。

 

彼の答えは「民衆が楽をしたかったから」

 

誰でも面倒なことを嫌います。

だからこそ、何でも簡単に解決してくれる英雄を待ち望むのです。

 

そして英雄が現れたら英雄に権限を与えて面倒事を全部押し付ける。

でもその英雄が悪党だったら?

 

つまり民衆はルドルフを英雄だと思って権力を与えたら、ルドルフは悪党だったからその権力を使って悪党になったということ。

 

ルドルフ=悪党という図式は変わりませんが、いきなりルドルフは悪党だったからと説明されるよりは理解しやすいですね。

 

 

ヤンタイロンのこういう考え方がヤン・ウェンリーにもかなり影響を与えたと思います。

 

まあ、16歳になるまでずっと宇宙船でヤンタイロンと一緒に生活していたので嫌でも影響を受けているでしょうけどね。

 

 

「手ぶらのヤン」がジェシカと出会う

 

成長したヤンは士官候補生となって士官学校に入学します。

 

本当は大学で歴史を学びたかったのですが、父親が死んで学費が工面できず、タダで学ぶことができる士官学校に入学したという訳。

もちろん士官学校に進学すれば軍人にならなくてはいけませんが。

 

何か日本の防衛大学校の制度に似てますね。

 

さて士官候補生になったヤンは読書するために図書館へ。

そこの屋上から聞こえてくるバイオリンの音を魅かれ屋上に上がるとそこには1人の女性が。

 

 

銀河英雄伝説第4話より引用

 

そして彼女はなぜかヤンをことを知っています。

ヤンが手荷物無しで寮に入ったことから付けられた「手ぶらのヤン」という異名まで。

 

実は彼女はヤンの親友であるラップの幼馴染だったのです。

名前はジェシカエドワーズ

 

すぐにヤンと打ち解けるとラップを含めて3人で遊ぶ仲に。

 

16歳までほぼ宇宙船暮らしだったヤンにとってはいろいろと新鮮だったことでしょうね。

 

楽しい士官学校生活の終わり

 

士官学校では艦隊を指揮するシミュレーションの講義があり、今回ヤンも講義の中で艦隊を指揮することに。

 

ヤンの相手は学年主席のワイドボーン。

下馬評ではワイドボーン圧倒的有利でしたがヤンはワイドボーン艦隊の補給部隊を潰して後は自滅するを待つ戦法を用いて簡単に勝利します。

 

まあ戦闘って正面から殴り合うだけではありませんからね。

 

補給部隊を潰して相手を行動不能にするのが一番こちらの被害が少なくて済むし効果は絶大。

さすがはヤンと言ったところでしょう。

 

しかしこの勝利がヤンには不本意なことを呼び込むことになります。

 

士官学校の事務次長であるキャゼルヌ大尉から呼び出しを受けるヤン。

 

銀河英雄伝説第4話より引用

 

出頭したヤンは戦略研究科への転科を命じられます。

 

学年の首席の勝つぐらいの逸材を腐らせるのは勿体ないということなんでしょう。

 

歴史を学ぶため士官学校に入ったのに。

まさか勝利がこんな結果を呼び込むなんて。

 

でもヤンが勝利して不本意な結果を呼びこむのはこれだけではありませんからね。

 

 

さて年末、みんな帰省する中、一人寮に残るヤン。

 

そして図書館で同じく帰省しなかったジェシカと再会します。

 

そこでジェシカはヤンにこう言います。

 

「私は未来を見つめていたい」

 

いろいろ意味がありそうな言葉です。

 

 

そして時が経過してヤンとラップが士官学校を卒業します。

 

 

最後の思い出に3人で写真を取ることに。

 

 

銀河英雄伝説第4話より引用

 

 

この写真は第2話で登場したものですよね。

晴れ晴れとした写真なのになぜか悲しく見えてきます。

 

現在の時間軸(アスターテ会戦終結後)だともうラップはいないので。

 

 

 

スポンサーリンク

エルフェシルの英雄爆誕

士官学校を卒業して1年後、ヤンは前線勤務を命じられ、エルファシル星系の駐留艦隊の配属されます。

 

そして運悪く、エルファシル星系の駐留艦隊は銀河帝国の艦隊と交戦して敗北。

 

同盟軍の駐留艦隊はエルファシル本星に逃げ帰ります。

この機に乗じてエルファシル星系を銀河帝国の版図に組み入れるべく、帝国艦隊もエルファシル本星へ。

 

エルファシル本星の住民は300万人。

当然この住民たちを安全なところに避難させる義務が軍にあります。

 

そこで避難計画の責任者に任命されたのがこの人、

 

銀河英雄伝説第4話より引用

 

ヤン・ウェンリー中尉です。

 

え?マジ?

士官学校出て1年しか経ってないぺーぺーに避難計画の責任者にするなんて。

 

ヤンは住民を避難させるべく一生懸命努力します。

 

その頑張りが通じたのか、一人の少女がヤンに差し入れとしてコーヒーを持ってきます。

 

銀河英雄伝説第4話より引用

 

ヤンはありがたくコーヒーを貰います。

まあ、ここで終われば良かったのですけど、コーヒーは嫌いだから紅茶の方が良かったと言ってしまうヤン。

 

それ言ってはいけないセリフ。

 

たぶん疲れていて頭が回ってなかったのでしょう。

そうだ、そう思いたい。

 

 

さてヤンの元に悲報が飛びこみます。

何とヤンの上司であるエルファシル駐留艦隊の司令官であるリンチ少将が、住民を見捨てて自分達だけで脱出を図ったのです。

 

軍人が住民を見捨てる。

軍人としてはやってはいけない行為。

 

でもヤンはこれを待っていました。

 

帝国軍としては戦力で劣るエルファシル駐留艦隊は住民を護衛しながら撤退を図るはず。

 

だからエルファシル星系から脱出しようとするのを待ち構えていたのです。

 

その一方、まさか住民を見捨てて軍人たちだけで逃げるんて予想していないから、駐留艦隊相手で手一杯ですし、そもそもエルファシル星系に対する警戒が緩んだのでしょう。

 

ヤンはこの機に乗じて300万人の住民の避難を成功させます。

 

この功績を高く評価されたヤンは大尉に昇進、そして数時間後には少佐に昇進させます。

 

それぐらいヤンのやったことは凄いことだったのです。

 

まあ、駐留艦隊の司令官が住民置いて逃亡しようとしたことを隠すためにもヤンの功績を大々的に認めなければいけないという事情もあったのですけどね。

 

ヤンは独身なのに養子ができた

少佐に昇進したヤンは引っ越しをします。

そこは士官学校で事務次長をしていたキャゼルヌが住んでいるところの近く。

 

久しぶりに再会する二人ですが、ヤンはキャゼルヌからトラバース法の話を聞きます。

 

トラバース法とは「戦争で親を亡くした孤児を軍人の家庭に預け養育させる法律のこと」。

 

孤児は路頭に迷うことがなく、国としても軍人の家庭で孤児を養育させることで軍人に憧れを抱かせ、あわよくば未来の軍人となる人材を確保できる。

 

まさに一石二鳥の法律です。

 

まあ、養育に使ったお金は奨学金のようなもので孤児が軍人にならない場合は返済しなければいけません。

そのため孤児の未来を縛る酷い法律とも言えなくはありませんが。

 

ちなみに養親には独身でもなれるそうです。

 

つまりキャゼルヌがこんな話をしたということは…。

 

 

その日の夜、テレビ電話でラップと話すヤン。

そこでラップからジェシカと婚約することを聞かされます。

 

ヤンにハッパを掛けられ再度チャレンジしてようやくOKを貰ったのですね。

 

一人酒を飲みながら物思いにふけるヤン。

一体何を思っているのでしょうか?

 

 

 

しばらくしてヤンの家を1人の少年が訪問します。

 

 

銀河英雄伝説第4話より引用

 

 

タイミング的にこの少年がヤンの家を訪問したのは丸わかりですね。

 

『銀河英雄伝説 DIE NEUE THESE』第4話を視聴し終わって

 

今回はここで終了です。

おいおい、まさか過去の話だけで1話分使ってしまうとは。

 

今回は最低でも第十三艦隊の誕生までストーリーが進むと思ってましたが見事に予想が外れましたよ。

 

このペースで進むと第1期はアムリツァ会戦終わって、ラインハルトとヤンが新しい地位に就くところで終わりそうな気がします。

 

 

丁寧に描いてくれるのはファンとして嬉しいですけど、これだと原作全部消化するには10年以上掛かるかもしれませんね。

 

 

次回のタイトルは「第十三艦隊誕生」。

ヤンがその能力に相応しい役職に就き、ある人物と再会することになります。

まあある人物って今回出てましたけどね。

エルファシルの場面で。

 

次回も楽しみです。

 

第5話の感想記事はこちらからどうぞ。

『銀河英雄伝説 DIE NEUE THESE』第5話「第十三艦隊誕生」の感想 「昇進した代わりに困難な任務を任された」

 

今回のまとめ三行

  • ルドルフが皇帝になった理由
  • 「手ぶらのヤン」がジェシカと出会う
  • エルファシルの英雄となる