デビルズライン第3話「パラドクス」の感想 「狙撃犯のターゲットは安斎?」

スポンサーリンク

 

感想(ネタバレあり)

 

今回も事件に巻き込まれますが

安斎とつかさのイチャイチャが続く。

原作読んでない方はそう思ったことでしょう。

ところがどっこい、

後半急展開しちゃいましたね。

 

まさか安斎が連続狙撃犯に

狙われていたなんて。

 

そして最後に第1話で登場した

あの男も出てきます。

 

なお前回の内容を忘れた方はこちらからどうぞ。

 

【漫画】デビルズライン第2巻の感想(ネタバレ少しあり) 「私の血を飲んで」
感想(ネタバレ少しあり) デビルズラインの2巻の感想です。 第1巻は鬼に恨みを持つゼロナナを 結貴が追跡。 しかしゼロナナの銃撃で重傷を負い、 そこに敵か味方がわからない ...

 

 

スポンサーリンク

つかさには嬉しい誤算

 

つかさを護るために

大学の教員をボコボコにした安斎。

過剰防衛ですので

当然処分は免れません。

 

安斎の処分は停職2か月。

相手を半殺しにしたのですから

これはかなりの温情を掛けてもらった

と考えるべきでしょう。

 

普通なら懲戒免職になっても

文句は言えませんので。

 

さて安斎が処分を受けたことで

つかさには嬉しい誤算が。

 

それは安斎が頻繁につかさの

ところに来てくれるようになったことです。

 

そしていつの間にか

つかさを見守るだけだったのが

ズカズカ部屋に上がり込み、

一緒に鍋を食べる中まで進展。

 

これ完全につき合ってるじゃん。

くそ~、リア充めw

 

 

つかさは犯罪を呼び込む体質?

 

さて今日も安斎と夕食食べるために

たくさん買い込んだつかさ。

 

ところが帰宅途中で

1人のオカマがぶつかってきて

買った食材が散乱しちゃいます。

 

謝罪しながら

急いで食材を拾うオカマ。

 

 

デビルズライン第3話より引用

 

 

うん、目の下の大きなクマが目立ちますね。

このオカマもたぶん鬼。

 

第1話では鬼と人間は見分けがつかない

という話を

安斎がしてたような気がしますが

あの大きなクマでほぼ見分けることが

できちゃいますね。

 

 

さて安斎と合流したつかさは

部屋で一緒にお鍋を食べます。

 

鍋を食べながら

ニュースに耳を傾ける2人。

飲食店での刺殺事件。

 

つかさと安斎には

全く関係ないように見えますが

いきなり関係することになっちゃいます。

 

1話、2話と事件に巻き込まれたつかささん、

この3話でも案の定事件に

関係することになっちゃいました。

 

つかさって事件を引きつける

体質なのかも?

 

 

安斎さん、つかさを抱きしめて興奮した?

 

物音に気付き、

ベランダを除くと

そこにはさっきのオカマが。

 

おいおい、1階じゃないのにどうやって

ベランダに逃げ込んだんだ。

と思ったら、

このオカマも鬼なんで

安斎同様桁外れの跳躍力が

あるのでしょうね。

 

どうやらこのオカマ、

さっきニュースでやっていた

飲食店での刺殺事件に関係しているらしく

逃亡した末、

つかさの部屋のベランダに

逃げ込んだみたいです。

 

結局冤罪だったみたいで

すぐにこのオカマ「おりょうさん」を

沢崎とジルに引き渡すことに。

 

現在安斎は停職中ですので

自分で連行することが

できませんからね。

 

初めてつかさを見たジル。

つかさに対抗心を燃やしたのか

安斎をおちょくりたくなったのかは

わかりませんが

安斎と親しい関係にあると

誤解さえるような言葉を吐きます。

 

おいおい、

真面目なつかさが

本気にしちゃうでしょ。

 

そして予想通り、

安斎とジルの関係を疑い、

涙を流すつかさ。

 

さすがの安斎もこれには

アタフタ。

すぐに部屋に入って

つかさを抱きしめる安斎。

デビルズライン第3話より引用

 

つかさが疑り深い性格なら

この抱きしめる行為自体、

やましいことがあるから

それを誤魔化すためにやったと

考えることでしょう。

 

でもつかさは純粋。

抱きしめることで

安斎を信用したようです。

 

つかさチョロ過ぎだわ。

 

一方の安斎。

つかさを抱きしめたことで

興奮したのでしょうか?

目が鬼の目になってる。

 

血を見る以外でも

この目になるのですね。

 

 

連続狙撃犯の銃口が安斎を狙う

 

連続狙撃事件が発生し

すでの犠牲者は5人。

 

でもこの事件が普通の事件と

違うところは

犠牲者が全員鬼であること。

 

鬼は日本の人口の0.01%。

東京には1000人ぐらいしかいない

絶滅危惧種ということで

それを考えると犠牲者が全員鬼ということは

鬼だからこそ狙われたと

考えるのが妥当です。

 

そのため沢崎は

鬼である安斎(ハーフ)と

ジルに注意を呼び掛けます。

 

ただ狙撃犯が

警官である安斎とジルを

狙うかねえ。

 

 

まだクリスマスプレゼントのお返しを

つかさにあげてなかった安斎。

 

プレゼントを露店で

物色しますがその後方で

安斎を見ている女性が・・・。

 

 

つかさの部屋のやってきた安斎。

中に入るや否やいきなりのキス。

 

そして合わせワザで

「お前が好きだ」と言おうとした瞬間、

安斎が銃撃されてしまいます。

 

 

え?

いきなり過ぎて事態を把握できない

つかさ。

 

そして2発目。

身を挺して安斎を護ろうとする

つかさは顔を切ってしまいます。

 

 

デビルズライン第3話より引用

 

 

とっさの判断で

安斎を護るなんて

簡単にはできません。

 

これは完全に落ちてますわ。

 

 

つかさの顔の血を見た

安斎は暴走モードに。

 

つかさの血を吸おうとする安斎。

でもつかさの言葉で

ギリギリ理性が復活。

 

そしてこの事態を引き起こした

狙撃犯の追跡を開始します。

 

 

絶体絶命で現れたのは白髪の男?

 

 

狙撃犯を追い詰める安斎。

 

しかし狙撃犯の話を聞いて

動揺したところを狙われ

腹に弾を受けてしまいます。

 

絶体絶命。

そしてED流れてCパート。

 

1人の白髪の若い男性が

安斎を助けます。

 

 

デビルズライン第3話より引用

 

 

この男性は一体?

 

終わりに

今回はここで終了。

イチャイチャで終わると思ったら

急展開。

 

この展開に呆然したり驚愕したりする

視聴者が続出したかもしれませんね。

 

私も原作読んでいる時、

この展開にびっくりしたものです。

 

 

さて次回のタイトルは「モンスター」。

このモンスターとは何を指すのでしょうか?

次回も楽しみです。

 

今回のまとめ三行

  • オカマを助ける
  • 狙撃犯に銃撃される安斎
  • 白髪の若い男性が安斎を助ける?
デビルズラインの感想
スポンサーリンク
konwaをフォローする
スポンサーリンク



Aかん:声優・アニメ感想ブログ